タグ:買い物 ( 147 ) タグの人気記事


2020年 03月 02日

【tm250ESEN】新たなる刺客



【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14295481.jpg


ぱんぱかぱ〜〜〜ん\(^o^)/☆☆☆☆☆

tm250ESEN参上!!

し・か・も・・・

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14311686.jpg

オーリンズ仕様☆☆☆☆☆

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14320344.jpg

トップキャップがもう・・・・

カッコ良すぎっ!!!!!!

正確には、スウェーデン製オーリンズのイタリア輸入元である、アンドレアーニ製ということになります。
純正カヤバのアウターとインナーチューブに、アンドレアーニのダンパーカートリッジが入ってる状態になります。

ちなみに・・・・

tmとアンドレアーニは会社がご近所同士で、昔からの仲良し。

どれくらい近いかといいますと、

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14394220.jpg

イタリアのこの辺の・・・


【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14381762.jpg

これくらいの距離感。車で約12分の場所です。
イタリアのペーザロという場所にあります。

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14401693.jpg

こちらがtm本社。
社名の看板がずいぶん控えめですが、場所が路地の奥に位置しているので、

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14414411.jpg

表通りに向かって大きな看板を出してます(笑)

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14422005.jpg

で、こちらがアンドレアーニ。

あ・・・・(察し)
アンドレアーニの方が大きい・・・・


ちなみにちなみに、

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14433754.jpg

ビモータはここ。ペーザロからもすぐ近くの場所でした☆

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14460611.jpg

リアももちろんオーリンズ☆



【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14464704.jpg


tmレーシングジャパン25周年記念モデル☆
うえさか貿易さんあってこその、tmです。

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14545166.jpg


カックイイ〜☆

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14563376.jpg


カァックウィ〜〜☆☆

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14570187.jpg

スプロケは純正の削り出しではなく、アルミとスチールのハイブリッドにしました。
理由は簡単。『青い』から☆☆☆

カァァァッックウーーイーーーー!!!!!!

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14582894.jpg

一旦左に「ムニッ!」となる、250のチャンバー☆

ケックイーーーーー!!!!

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_14593374.jpg

ブレンボのキャリパーも、進化してます☆

そしてそして・・・・

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_15000791.jpg

キャブ仕様にしました!
インジェクションと悩みに悩んで、悩んで悩んで悩んで、最後の決め手は「やっぱキャブだべ!」という所でした。

たまたま目にした記事で、「フェラーリはやっぱキャブが良い!」という一文で心が決まりました。

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_15044479.jpg

シリンダーはインジェクションと共通になっており、インジェクターを挿す場所の『型』がついています。

【tm250ESEN】新たなる刺客_e0159646_15070104.jpg

さぁ、これから忙しくなるよ〜〜〜〜!!!


by tm144en | 2020-03-02 15:39 | tm250ESEN | Comments(2)
2020年 02月 21日

欲しいモノシリーズ

も〜欲しいものがイッパイあり過ぎて困っちゃうんですが、楽しい悩みです(笑)

ただ、色々ありすぎてとても全てをいっぺんに購入することはできないので、優先順位をつけて順番に買っていかなければなりません。

というわけで、今の段階でめぼしいものをとりあえず整理しておきます。


まず、なにより最優先なのが『ヘルメット』

欲しいモノシリーズ_e0159646_04205919.jpg
欲しいモノシリーズ_e0159646_04210988.jpg

次はスコーピオンのヘルメットを狙っているのですが、まぁスゲーカッケーっす♪
最近の流行りはやはり後ろ側のエアロダイナミクス効果を狙っているであろう形状が魅力的ですね。

今まで使用していたnexxのヘルメットはフルカーボン製で、重さは実測で1300gとかなり軽量なので、こと同じか軽いのじゃないと満足いかないのですが、なかなか無いんですよね〜。
カーボン製だと普通カーボン柄の真っ黒けっけ〜のばかりで、派手派手カラー好きの私としてはナシなんですよね。

このスコーピオンのEXO-R1 AIRだとカーボンではないっぽいんですが、重さは1280gとなっているので、XLの帽体でも1300g台で収まるかな〜と考えています。

カラーリングもまぁまぁ良いので、色々見た中では今の所消去法でコレですね。

ブランドは、珍しいモノ好きの私としては国産ブランドは論外で、AGVやSUOMY、Airohはもう飽きたのでそれ以外でそこそこのブランドとなるとこのスコーピオンかなぁ〜って感じでした。

最初はずっとシューベルトで考えていたんですが、なんかドイツ製ってデザインが地味というかなんか心を揺さぶるものがないんですよねぇ。
やっぱ刺激的なのはイタリアっしょ!


さて、お次は、

欲しいモノシリーズ_e0159646_04385234.jpg

TCXブーツ。オフ用ですね。
TCXがブランド名のようになってますが、これは足首の『ダブルフレックスコントロールシステム』のパテント名が『TCX®』ということで、もとはといえば『オクスター』のブーツです。
ただ、TCX®を世に広める為ブランドロゴもろとも『TCX』なっちゃって、。オクスターは何処へやらって状態なのです。

青黄色のカラーリングが私のど真ん中に突き刺さりますし、スニーカーソールを一度履いてみたかったので、このブーツは絶対『買い』ですね。

ただ、ヘルメットと違って今履いてるフォルマーのブーツがあるので、必ずしも買わなければいけないわけではありません。
しかし、2020モデルからはこのカラーリングがラインナップされていないので、在庫がある今のうちに買ってしまわないと無くなってしまう可能性が非常に高いのです。

ブーツも、アルパインスターやガエルネといった有名ドコロは選ばず、敢えてちょっとマイナー路線を行きたいですね〜。


そして本日最後は、

欲しいモノシリーズ_e0159646_04493447.jpg

マクナウェアー。
ツーリング用ジャケットで、主にチャレンジ用ですね。今持ってるツーリング用ウェアーはBMWのアトランティスしかないので、k1なら良いですが、チャレンジにはちょっと似合わないので、こういったテキスタイルウェアーが1着欲しいのです。
礼文島ツーリングの時に着てった、今はtm乗る時に着ているUFOのエンデューロウェアーは、やはり北海道のロングツーリングに使用するにはちょっと通気性が良すぎて寒いので、もう少し密閉度が高く無いとだめなんですよね。

ウェアーはドイツ製じゃ無いとまともなのなかなか無いのですが、いかんせんデザイン性は良いにしてもカラーリングがイマイチなのばっかりなんですよね。
もっとギラギラ青とか黄色とかの面積広くしてくれれば良いのに、なんかワンポイント的な使い方しかしないし、というかそもそも黒とかグレーばっかり。オフ走るんで、やっぱ奇抜なカラーリングじゃないとワクワクしないんですが、ツーリングカテゴリーで奇抜なやつは敬遠されるんで仕方が無いですね。

ブランドはヘルドかマクナかな〜って探してたんですが、ちょっとこのマクナウェアーが気になったので一度試してみたいですね。

いや〜、天の邪鬼はつらいぜ〜笑




by tm144en | 2020-02-21 04:59 | Comments(0)
2019年 12月 08日

ヒーターグローブ (記事訂正!)

ヒーターグローブ (記事訂正!)_e0159646_05465310.jpg

ジャジャーーーン☆☆☆

ヒーターグローブ、買っちゃいました♪

去年辺りからホーマックで扱い始めたバッテリー式のヒーターグローブ。買い物に行くたびに気になってはいたのですが、なんせお値段が8000円もするので二の足を踏んでおりました。
バイク用は以前購入したRSタイチのがあるので、今回のこれは主に雪かき用となります。

たかだか雪かきにこんな大層なグローブを買うのもためらわれたのですが、私の右手の人差し指と中指は血流が悪化して自己発熱しなくなってしまったので、こういった外部から温めるものでないと冬場は冷たくてどうにもならないのです。
通常の手袋は、自分の体温を保温することで暖かさを保つのが基本設計になっているので、血流が滞って体温が低くなっている場合は意味をなさないのです。

ネットで安いものはゴロゴロありましたが、雪かきに使用するとなるとそれなりに強度が必要になるので、ある程度生地の丈夫な物が必要でした。

ヒーターグローブ (記事訂正!)_e0159646_05574639.jpg

このグローブは、手のひらの部分の生地がそこそこ丈夫そうな感じがしたので、長い目で見てこれにした次第です。

ヒーターグローブ (記事訂正!)_e0159646_05585357.jpg

キットにはグローブ本体とバッテリー、及び充電器が入っています。

ヒーターグローブ (記事訂正!)_e0159646_05593769.jpg

電源スイッチはRSタイチの物と全く同じなので、電熱グローブ界隈では定番なのかもしれませんね。

ヒーターグローブ (記事訂正!)_e0159646_16145863.jpeg

全然違いました(笑)

ヒーターグローブ (記事訂正!)_e0159646_06005993.jpg

初期充電をすませ、早速試してみました。

室温で試したので、暖かさを実感するほどではありませんでしたが、ジワーと暖かくなるのは確認できました。
バッテリーの寿命が『強』だと2時間しか保たず、『弱』だと4時間なので、長丁場の雪かきの時は『弱』にする必要があります。
そのパワーで果たしてどれほど指先を温めてくれるかは今の所未知数ですが、『暖かい』というよりは『冷たくならない』というのが重要なので、これくらいでも十分かな?とは思います。

履き心地に若干の違和感がありますが、これは使っていくうちに慣れていくでしょうか。

黒がキライな私にとってデザイン製はサイアクなのですが、こういった製品にカラフルなものは殆ど存在しないので致し方ありません。

さーて!雪もそこそこ積もってるようですし、早速活躍してもらいましょうかね!




by tm144en | 2019-12-08 06:11 | ウェアー | Comments(0)
2019年 12月 06日

【tm125EN】125返り咲きプロジェクト(交換部品第1弾到着)

【tm125EN】125返り咲きプロジェクト(交換部品第1弾到着)_e0159646_05492633.jpg

早っ!!

いや、速っっっ!!!

注文した翌日に届いちゃいましたよ☆
アマゾンより速い!!

しかも、

【tm125EN】125返り咲きプロジェクト(交換部品第1弾到着)_e0159646_05500493.jpg

こんだけの量ですよ!
もし、外車エンデューロを購入するに当たって、『純正部品の供給』という部分で二の足を踏んでおられる方がいましたら、tmなら大丈夫ですよっ!


いや〜それにしても、やっぱ新品部品はイイね〜〜!!しかも今回、ベアリングやシャフト、ボルトまで交換しますから相当動きが「シャキッ」とするんじゃないでしょうか!?いや、してもらわにゃ困るで〜!!

こりゃ今度の日曜日は、リンク組み立てちゃうか!?ちゃうか!?やるんちゃうか〜〜!?


by tm144en | 2019-12-06 06:07 | tm125EN | Comments(2)
2019年 11月 24日

エロ本

エロ本_e0159646_03240667.jpeg
エロ本買っちゃっター\(^o^)/

めっちゃドスケベなヤツやでー(//∇//)

一番の目的は、「燃料噴射方式の可能性」の項目。300ページある内容の中のたかだか数ページ分の内容ですが、今一番知りたいことだったので思い切って買っちゃいました。
廃盤になってる本なのでプレミア価格になってましたが、フンパツしました。

理解したらここでウンチク語らしていただきまーーす\(^o^)/


by tm144en | 2019-11-24 03:31 | Comments(0)
2019年 07月 24日

【DB7】プレゼント☆

姫様にプレゼント買ったった〜〜
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

【DB7】プレゼント☆_e0159646_05333112.jpg

DIESELの時計やで〜〜☆☆☆イタリア〜のやで〜〜〜☆☆☆

【DB7】プレゼント☆_e0159646_05345444.jpg

デザイン重視で文字盤見えづらい所とか、BIMOTA感あって最高ですわ〜〜☆☆☆

で、どこにどうやって取り付けるかですが・・・・

【DB7】プレゼント☆_e0159646_05365124.jpg

とりあえず最初にイメージしてるのはこの辺ですかねぇ〜・・・
ジュラルミンのトップブリッヂと時計の質感が違和感なく収まってると思うんですが如何でしょう!?
時計の方はステンレスなんでアレですが、表面の仕上げがつや消しになってるので、アルミっぽくもあるのです。

できればメーターパネル付近につけたかったのですが、ちょっとサイズがデカすぎるので収まりが悪いんですよね。
フォークのトップキャップのマルと3つお揃いで悪く無いかなーとは思いますね。

とりあえずここに取り付けてみて、気に入らなければ他の場所も考えることにします。

いや〜、姫様喜んでくれたかなぁ〜♪


by tm144en | 2019-07-24 05:42 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2019年 06月 14日

ニュースピードライト

ニュースピードライト_e0159646_01454177.jpg

っちゅーことで、新しいスピードライト買ったった〜\(^o^)/☆☆☆
激安中華製品でっせー\(^o^)/

今まで使用してきたペンタックス純正品が約50000円なのに対し、今回購入したのはたったの3000円!桁1つ違うじゃん笑
安かろう悪かろうで全然いいじゃん!

・・・・とはいえ、ですよ、

ニュースピードライト_e0159646_01483795.jpg

見た感じの雰囲気というか素材感というか質感には殆ど遜色がありません。

ニュースピードライト_e0159646_02013003.jpg

いやむしろ、壊れやすい箇所がしっかりと補強されて、頼もしい限り。


ニュースピードライト_e0159646_01493705.jpg

ペンタックス純正(左)の方が細かい設定が出来るという部分で、確かに価格相応の性能を有してる、と言うことは出来るのですが、悲しいことにそれらの機能は全く理解していないので猫に小判状態。
だったら、シンプルな機能で十分ということになります。

当時、ペンタックス純正スピードライトをヨドバシで購入した時は、ニコンやキャノンにはある社外品の安いヤツ(10000円位)がペンタックス用のがなくて、「純正品しかない!」という店員さんの言いっぷりだったのですが、いやはや。7年の月日が流れ、中国の製造技術も向上し、インターネットショッピングが身近なものになり、たったの3000円で私にとって『同等品』がたやすく手に入るようになったのです。

さて、肝心の写りの方ですが、

ニュースピードライト_e0159646_02053335.jpg

あ〜〜・・・・・

いや、なんというか、悪くはないし、ちゃんとした仕事してますが・・・・

なるほど。ここが、プロデュースドバイチャイナですね。

いや、全くもっての私感でしかないのですが、フラッシュの質とシンクロ率が純正に『ちょっと』劣ってる気がします。
まず、フラッシュの『質』ですが、単純に明るさがちょっと弱い。純正の『最強』と新しい方の『最強』との比較ですが、露出にして半段〜1段分位の違いがあるような『気』がします。
というのも、正確なテストを行ったわけではなく、撮った画像を見た直感によるので『気』という言い方になりますが・・・

とはいえ、数千枚は優に超えるガレージ撮影を行ってきて、設定したシャッター速度、絞り、ISO感度から得られる露光量が「なんかちょっと暗いな〜」と感じて、絞りをF4からF3.5に変更して撮り直したのが上の画像なのです。

撮り直す前のF4はと言いますと、

ニュースピードライト_e0159646_02155978.jpg

こんな感じでした。
いつもなら、全体像ならF4でいけてたのですが、なんかちょっと暗い、F3.5でももうちょっと足りない感じですね。

おそらく、フラッシュの光量が弱いか、シャッターとのシンクロにズレがあるのではないかと考えられます。

とはいえ、所詮この程度。製品としての完成度は文句無いレベルで、あくまで私の『慣れ』の部分に引っかかった、というだけのことなんですけどね。
全く同じ環境で、全く同じような写真を撮り続けてきたからこそ感じた違和感なのでしょう。

これが例えば、新しく買った純正品がこうだったとか、そういうことでしたら気になって許せないレベルですが、10分の1以下の値段の製品なのですから、有り難さはあっても文句なんて一言も出ませんね。

いやいや、というかですね、純正品よりフラッシュの立ち上がりが断然速いので、連続撮影でもサクサク撮れちゃうんですが、これはペンタックスがもうすでに老衰してたから・・・?



ガレージでの作業風景写真に人生捧げてる感があるので、スピードライト無しの撮影なんてありえなかったのですが、たったの3000円で解決できて本当に良かったです。
一昨年にカメラの方を60000円かけて修理した手前、スピードライトを諦めるわけにもいかず、かといって今50000円の出費は鼻血でるレベルだったので救われました。

ホンマ中国とアマゾンに万歳!


by tm144en | 2019-06-14 02:29 | PENTAX K-5 | Comments(2)
2019年 06月 10日

【DB7】オイルタイヤバッテリー

【DB7】オイルタイヤバッテリー_e0159646_06382658.jpeg
オイルドーン!



【DB7】オイルタイヤバッテリー_e0159646_06390013.jpeg
タイヤドーーン!!




【DB7】オイルタイヤバッテリー_e0159646_06394598.jpeg
バッテリードーーーン!!!



【DB7】オイルタイヤバッテリー_e0159646_06401132.jpeg
お財布カラッポーーーーーーン!!!!!
_:(´ཀ`」 ∠):_


by tm144en | 2019-06-10 04:37 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2019年 03月 21日

ペグとハンマーとワタシ

ブルーアルマイトに弱い
ペグとハンマーとワタシ_e0159646_03024721.jpg


しかも、ちょっと空色に近い感じだとマジ卍\(^o^)/

ペグとハンマーとワタシ_e0159646_03035089.jpg

というわけで、先日のVASTLAND
アルコールストーブとお揃いのペグも買っちゃいまちたー\(^o^)/卍卍卍

テント用ペグですけど、ど〜〜〜〜〜〜〜考えても勿体なさすぎて、これを土に埋め込むなんて、ワタシにはできない!!


ペグとハンマーとワタシ_e0159646_03050642.jpg
1本当たりの重さはわずか13g。昔購入したマグネシウム製のVペグが1本8gでしたので、まぁそれよりは重いですけど全然軽い方です。

形状は手裏剣のような断面をしているので、かなり抜けにくいものと思われますね。

しかし、その形状ゆえ

ペグとハンマーとワタシ_e0159646_03070989.jpg

vペグの様には重ならず、束にしてもそこそこかさばります。

っつーか、多分キャンプで実際に使うことはないでしょうね(笑)
持ってくけど、地面に打ち込まないでテントの飾り付けにでもしようかな。

『ブルーアルマイト』というだけで反射的にポチってしまったので、私にAmazonを見せないでください(笑)

そして、、、
ペグとハンマーとワタシ_e0159646_03141024.jpg
ハンマーも購入☆
青い部分だけアルミ製なので、サイズの割に軽量。こちらはアルマイトではなく塗装だと思われますが、『青いハンマー』というだけでポチッとね・・・

こちらはキャンプで活躍してもらう予定です。
今までは、これより大きくて重いヤツとか、小さくて打ちづらいヤツとかを使っていたので、サイズ感と重量感がとてもイイ感じです。

いや〜〜〜キャラフル〜でオッサレ〜なキャンプゥ〜♪



by tm144en | 2019-03-21 03:20 | Comments(2)
2019年 03月 15日

ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆

ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆_e0159646_05175864.jpeg


わっしょーーーい\(^o^)/
アルコールストーブデビューしましたー☆☆☆

ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆_e0159646_05191014.jpeg


なんスカこのカッコよさ!!!最高過ぎでしょ!!
私のセンスにビンビン刺さるこのカラー☆

ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆_e0159646_05224607.jpeg

アルコールストーブは、この入れ物の中にアルコールを注ぎ火を点けるという、至って単純な構造。
周りの青い部分がゴトクになっているので、コッヘルを乗せて煮炊きが出来ます。

ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆_e0159646_05243978.jpeg


フタ部分が回転スライド式になっており、「一応」これで火加減の調節が出来るそう。

今までキャンプでの煮炊きと言えば、プリムスのポータブルガスコンロが主で、つい最近ではカセットコンロなんかを持ち出したりもしていました。

今回Amazonを徘徊して、当然その手のガスコンロを買うつもりでいたのですが、ふとこのアルコールストーブというものが目に入りました。

そこで「ピーン」ときたのです。「これだ!」

アルコールストーブはその性質上燃焼時の音がしません。ガスコンロは結構な音がするので、静かなキャンプ場では雰囲気を壊す要因になります。
この「無音」が、いかに価値のあることか!

そしてなおかつ、煮炊き以外でも「眺めて楽しむ」ことも出来るではありませんか!
「ゴォ〜」と燃え上がるガスコンロの炎じゃ、風情もへったくれもありませんからね。
バイクのキャンプツーリングで焚き火をするのはなかなか面倒ですが、このアルコールストーブならお手軽に焚き火が楽しめるのです!

真っ暗なキャンプ場。満天の星空。揺らめく炎の灯り………


ええやん!ええやん!

テンション上がるでしょ!

そんな期待に胸を踊らせ、今回試しにこれを買ってみたのでした。

そしてもう一つ。

ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆_e0159646_05351963.jpeg

コッヘルも購入。
さすが、中華製だけあって、

ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆_e0159646_05361468.jpeg

収納の収まり具合が悪いw

ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆_e0159646_05364233.jpeg

重ねて入れてある、内側の取っ手がパツパツなのが原因のようです。
この被せてあるビニールを剥がせば、おそらく問題ないでしょう。

ーーーーところで、今までSnow peak製のコッヘルを使っていました。
ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆_e0159646_05382949.jpeg

このコッヘルで数々の思い出を築いてきたのですが、実は一つ欠点があるのです。
それは、フタが外側に被さるタイプであるという点。
この構造ですと、お米を炊いている時どうしても溢れた煮汁が外側にこぼれてしまい、側面や下のコンロを汚してしまうのです。
知り合いの登山家さん一押しの商品だったのですが、唯一、この点だけが残念だったのです。

ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆_e0159646_05430041.jpeg

そんなことがあり、今回、内蓋式の物を購入した次第なのであります。
この構造であれば溢れた煮汁は鍋の内側でとどまり、下に垂れ落ちることがありません。

アヤシイ中華製のアヤシイテフロンコーティングに一抹の不安を覚える所ではあるのですが………安さには勝てませんw
いや、ホント、Amazonと中国のコンビプレイは最強っすwww

ちなみに、

ヴァストランド製アルコールストーブデビュー☆_e0159646_05460618.jpeg

アルコールストーブは中に余裕で収納が出来ます。
予備のアルコールも持ち歩く必要があるので、出来ればこの中に収まる丸い密閉容器があれば文句なしですね。

さて、それでは次回、実際にこのセットでお米を炊いてみることにしますのでお楽しみに〜♪



by tm144en | 2019-03-15 05:48 | Comments(0)