タグ:故障修理 ( 107 ) タグの人気記事


2018年 12月 14日

【VANVAN】シートチャレンジ!(最終章)

さぁ!いよいよシート張りだ!

e0159646_04155258.jpg

・・・・と、その前にまず、シートベースの『フチ』を保護します。

e0159646_04165973.jpg

こんな感じです。この上からシートレザーが被さるので、フチで切れてしまわないようにします。純正もゴムが被さっていましたが、ふやけてブヨブヨになっていたので交換します。


e0159646_04173208.jpg

さぁ!いよいよシート張りだ!!


e0159646_04203377.jpg

・・・・と、その前にまず、シートスポンジの裏を綺麗にしなければなりません。
シートベースの錆がそのままスポンジにくっついてしまっているのです。これをこのまませっかく綺麗にしたシートベースに密着させるのは忍びないにも程がある!

しかし、この錆がまたやっかいなことに、ビッタシくっついちゃってぜんぜん剥がれてきません。あまり強くこすると、スポンジがボロボロになってしまうので、どうすることもできないのです。

どうするか考えた末、とりあえず一番簡単な方法をとることにします。

e0159646_04254404.jpg

シートベースをビニールシートで覆い、

e0159646_04261437.jpg

その上から被せる、っていう・・・


・・・まぁ、これでいいでしょう。
せっかくあそこまでシートベースの補修を頑張ったのに、最後の詰めが甘〜い(笑)

シートベースに空けられた穴やあの錆具合から察するに、きっとシートレザーの隙間から染み込んだ雨水がスポンジを通り抜け、シートベースの穴から下に流れ落ちていくという設計ではないかと思うのですが、そうだとするとビニールで覆ってしまうのは如何なものでしょう。
ただ、私の場合、雨ざらしで置きっぱなしにすることは殆どないでしょうし、そもそもVANVANは冬にしか乗らない予定ですし、仮に濡れたとしてもシートを上げた状態で置いておけば大丈夫じゃないかと考えました。

さぁ!それではいよいよシート張りだ!!!

e0159646_04350616.jpg

張りました☆

e0159646_04361594.jpg

シートレザーはリベットで固定しました。

e0159646_04370482.jpg

純正はボルトとナットで固定されていたのですが、それならリベットの方が手早くできますね。

e0159646_04384641.jpg
e0159646_04384641.jpg

シートカバーを被せた状態でシートベースに穴を空けて、リベットで固定するとう作業は思うほど簡単な作業ではありませんでしたが、それなりにちゃんと仕上がりましたね。

e0159646_05585800.jpg

今回は使用済みレザーの再利用という張り替えでしたので、新品を張るよりは簡単だったのかもしれませんが、初めての作業だったわりにはちゃんと綺麗に出来たので良かったです。
シワにならないようかなり念入りに頑張った甲斐がありました☆

スイングアーム、シートレザーと大きな課題を無事クリアし、残す難題はフロントフォークと『アレ』だけとなりました。あ、あと『アレ』もありますね・・・

年越しまで日曜日はあと2回。果たして、無事VANVANは完成するのでしょうか!?そして、無事初日の出ツーリングには行けるのでしょうか・・・!?


by tm144en | 2018-12-14 06:05 | SUZUKI VANVAN90 | Comments(0)
2018年 12月 05日

【VANVAN】シートチャレンジ!(その2)

e0159646_04213942.jpg

さて、この横の部分。朽ち果てちゃって形がなくなっているのですが、ここにシートカバーを留めなければならないのでなんとかしなければいけません。

というわけで、

e0159646_03125640.jpg

なんとかします。
多分亜鉛だと思われる建築資材が転がっていたので、これで形を作っていきます。

e0159646_03153193.jpg

板金バサミで適当なサイズに切っていきます。

e0159646_03161596.jpg

L字にして使用します。

e0159646_03170274.jpg

切り込みを入れ、シートの曲線に合わせていきます。

e0159646_03175526.jpg

縦の切れ込みを入れることで上下方向、横の切れ込みで左右方向に曲げることができるようになるので、3次元曲線に合わせることができます。大体ですが。

e0159646_03204121.jpg

なかなか良いアイデ〜アじゃないでしょうか☆

e0159646_03214495.jpg

朽ち果てた箇所に全部合わせました。

e0159646_03230162.jpg

細かい凹凸はさておき、おおまかな曲線には大体合わせることができました。金づちで叩いてさらにシートベースの形にフィットさせていきます。

まぁ、こんな感じで良いかな〜という所までいったので、取り付ける前にまず、

e0159646_03243507.jpg


シートベースを塗装しちゃいます。
自己流防錆処理の効果に期待します(笑)

e0159646_03261529.jpg

何度か塗装を重ね、乾ききった所で先ほど形取った補助・・・金具・・・?・・・補助・・・ステー・・・?なんつーんだ?(笑)
・・・合わせるヤツを合わせます。

e0159646_03304262.jpg

固定はリベットで打ち付けます。

e0159646_03313065.jpg

シートベースの方が脆くなっているので、リベットの座面をシートベース側にします。

e0159646_03325130.jpg

とはいえ、亜鉛プレートを押し付けなくてはいけない場所もあったので、そこはリベットを逆に打ちました。まぁ、どっちでも良いでしょう。

固定が終わったら、
e0159646_03335916.jpg

高さの余った部分を切除して、形を作ります。

e0159646_03350678.jpg

最終的には、この亜鉛プレートにシートカバーを固定する形になります。

e0159646_03372977.jpg

最後に亜鉛の部分も塗装して完成〜♪
他にも錆びて穴の空いた箇所や欠損してる部分がありましたが、修繕するほどでもなかったので今回はこの左側部分だけにしました。
塗装したらバビッとしたので、テンション上がってきましたね☆☆☆

・・・

・・・

・・・

・・・

ただ、まぁ・・・

シート貼りしたこと無いんですけどね・・・


by tm144en | 2018-12-05 03:40 | SUZUKI VANVAN90 | Comments(0)
2018年 12月 04日

【VANVAN】シートチャレンジ!(その1)

e0159646_03585489.jpg

バンバンちゃんのシートベース。サビてひどいことになってます。車体左側、サイドスタンドで傾いて下側になる方が特にヒドい。
ヤフオクで安いものを探しても、状態は同じ様なものばかりなので、だったらこのシートベースをなんとか補修して使うしかありません。

e0159646_04003438.jpg

まずはとりあえず、真鍮ブラシで磨きました。とはいえ、表層を落とした所で根は深く、やはりさび止めの処理をしなければなりません。
サビ止めの処理なら、サビ置換剤の『サビキラー』が定番ですが、あれ結構高いので今回は悩み所。

そこで今回試してみるのが、

e0159646_04065331.jpg

名付けて、

『赤錆炙って黒錆び作戦!!』

です(笑)

一般的に『錆び』とは、いわゆる『赤錆』のことで、この状態のままだと錆びが進行してしまいます。
そこで、この赤錆をバーナーで炙ることで、『黒錆び』に変化させ、錆びの進行を止めようという考えです。

ですが、『鉄』の状態のものを炙って黒錆びにさせるのならわかりますが、赤錆にそれを行って果たして意味はあるのでしょうか・・・

e0159646_04141109.jpg

・・・・って、もう炙っちゃったけど(笑)
ガスバーナー3本使っても、全部炙りきれませんでした。炙るといっても、真っ赤っかにしないと意味無いですから。

e0159646_04203565.jpg

集中的に炙った部分と、そうで無い所とで、若干色に違いがありますね。白っぽく見える所が真っ赤になるまで炙った場所です。

e0159646_04213942.jpg

この朽ち果ててる所はかなりしっかりと炙ったのですが、炙れば炙るほど表面が剥がれていってしまうので、これ以上どうしようもありません。

まぁ、この上から塗装すれば大丈夫じゃね!?(←かなりいい加減)


by tm144en | 2018-12-04 04:27 | SUZUKI VANVAN90 | Comments(0)
2018年 09月 22日

【k1】ラジエターホース補修

e0159646_07063671.jpeg

ホースジョイント部分からの漏れですが、ホースにテープを巻いてその上からバンドで固定する方法で取り敢えず対処してみました。
既存の状態だとホースバンドの締め込みの量に制限があったので、テープを巻くことでホースの径を太くし、よりキツく締め込んだということになります。
テープが巻いてある事でホースへにダメージも減らせますし、これは案外良い方法かもしれません。

この状態で試しにエンジンをかけ水温を上げてみましたが、クーラントが滲んでくる様子はありませんでした。
まぁ短時間の観察でしたので、何時間も走ったら漏れて来る可能性はあるかもしれませんが……

とはいえ、先日の100km程の走行であの程度の漏れなのであれば、10倍の1000km走ったとしてもたかが知れてます。リザーブタンクには満タンのクーラントが入ってるわけですし、1回の走行で液が足りなくなってオーバーヒート………というのは考えにくいでしょうね。
カウルが汚れると言った被害さえ気にしなければ、さしたる問題ではないかもしれませんね。


………よっしゃ\(^o^)/

っつーことで、今度の日曜日はどこ行っかーーーーーーーー\(^o^)/


by tm144en | 2018-09-22 07:17 | BMW K1 | Comments(0)
2018年 08月 03日

【tm125EN】走行前準備

もう、乗りたくて乗りたくて乗りたくて乗りたくて!!

144の時は、乗りたくてもその気持ちを抑えて整備に重きを置いてました。走行毎にヘッド開ける位の意気込みです。フサベルなど他に乗れるマシンがあったからできたようなものです。

しかし、今乗れるのは125しかありません。いや、無いわけじゃないのですが、乗れる状態にないので、実質。
それなのに乗りたくて乗りたくて乗りたくて乗りたくて仕方が無いものですから、殆ど整備不良のまま乗ってるって感じですね(笑)しかも、お金も無いからなおさら(涙)

まぁ、ここでいう整備不良とは、「tm本来のポテンシャルをスポイルしている」という意味で、走行に危険が及ぶレベルでは無い・・・・と思っています・・・

ただですね、今みたいな『乗り方』をしていたら、tmというマシンはどうなるのか?というのを実験的に試してると言えなくも無いのです。
144の時の様に、過剰整備すればそりゃ良いに決まってるわけです。それはそれで知っていることなので、逆にあまり重整備をしないとどうなるのか?というのは気になる所ではあるのです。そういう乗り方は今までしてこなかったですから。
それに、ちょっとそういうのに憧れがあるんですよね。なんでもかんでもお金で解決するんじゃなくて、創意工夫で乗り切る感じ。(悪く言えば貧乏くさい感じ笑)

ま、楽しみ方は一つじゃないってことです。

e0159646_09282773.jpg

さて、先日凹んでしまったツールボックスの修復。

e0159646_09302157.jpg

さほど大きな損傷じゃなくて良かったです。中に工具が入ってますから、これ以上凹みようが無いって所でしょう。

e0159646_09392389.jpg

ぴったりサイズの木の板が落ちてたので、これを叩き入れて成形してみようと思います。

e0159646_09402180.jpg

かなりガッチガチに叩き入れる感じでしたね。
で、今この記事書いてて思い出したのですが、このツールボックステープで固定してるだけだったんだ!
木が割れる位の力で叩き入れる感じだったのに、よくテープ切れなかったなぁ〜!

e0159646_09422952.jpg

凹みの修正はなんとかご覧の通りですが、ケースの形が微妙に変わってしまって、工具の収納具合がちょっと変わってしまいましたね。
そういうのが、なんかヨーロピアンな感じがして良いです♪

あと残った時間は、

e0159646_09441850.jpg

ディスクの穴を掃除してました。

ところで、先日の遭難事件で『ロープ』を持ち歩いた方が良いと思ったので、

e0159646_09455409.jpg

ベルトループの金具を取ってロープだけの状態にして、これを

e0159646_09465746.jpg

SAMURAIの上にロープで固定しました☆

崖から引き上げる時や、落ちそうな時などにロープがあれば便利ですし、それ以外にもシチュエーションによって活躍する時があるでしょう。それほどの重量物でもありませんし、お守り程度に持っておいて損はありません。

ツールボックだけならまだしも、SAMURAIにこのロープにと、レーサーの美しい外観を損なう装備になっていますが、この姿がなかなかたくましくて結構気に入ってます♪

早く走りテェ〜〜〜!!


by tm144en | 2018-08-03 09:53 | tm125EN | Comments(2)
2018年 08月 01日

スコットゴーグル補修(その2)

e0159646_09194392.jpg

さて、以前ゴーグルのスポンジ部分を隙間テープで補修しましたが、先日の走行で顔への当たりがちょっと固くて気になったので、別のスポンジに変更することにしました。

e0159646_09222921.jpg

次はコレ。前回より、厚さと幅を2倍にしました。

e0159646_09242227.jpg

材質は前回のEPDMからポリウレタンフォームに変更。
スポンジそのものの触り心地はEPDMの方が低反発で優しい感じがしたのですが、顔に当てる場合はその幅で感じる硬さに影響が出るので、今回はサイズ重視で選びました。

とはいえ、ホームセンターにそれほど多岐にわたる種類があるわけではないので、この極端にサイズの大きいものになってしまいました。

e0159646_09282333.jpg

幅が2倍に太いので、当然台座部分からはみ出てしまいます。
これを、スポンジの幅を狭めながら無理やり貼り付けていきます。

e0159646_09293400.jpg

かなりムッチリとした仕上がりになりました(笑)

e0159646_09301304.jpg

無理やり貼り付けた割には、綺麗に収まりましたね。
着用した感じもは、スポンジ自体にちょっとザラつきというか、荒さを感じますが、接触面積が広いので肌への当たりは優しい感じがします。

場合によっては、スポンジ部分を少し削って調節してもいいかもしれませんね。
あとは、同じサイズ同じ材質で『高密度』というタイプもあったので、今回のこれが気に入らなかったら、次はそれを試してみようと思います。

そのうち、ゴーグル買った方が安く済んだーーーーっていうオチがあるかも!?爆


by tm144en | 2018-08-01 09:36 | ウェアー | Comments(0)
2018年 07月 21日

ゴーグル補修

e0159646_06175793.jpg

SCOTTのゴーグルなのですが、

e0159646_06182564.jpg

スポンジが加水分解して、ボロボロになってしまいました。
リペアのスポンジがあるのかもしれませんが、ちょっと思いついたことがあるので試してみることに・・・

e0159646_06195122.jpg

と、その前にまずはスポンジ剥がしから。これがなかなか大変でした・・・

e0159646_06202743.jpg

YOUTUBEを見ながらダラダラやっていたので、綺麗にするのに1時間30分かかってしまいました!

さて、このあとどうするかといいますと!!

e0159646_06214850.jpg

ザッツ SUKIMAテーーープ☆

これでやってみようと思ったのです。

e0159646_06223162.jpg

スポンジはEPDMの防水タイプで、低反発な手触りのタイプです。これを上手に貼っていきます。

e0159646_06235567.jpg

おおぉ♪いい感じじゃないっすか!?!?

ただちょっと、今回選んだ幅が15mmだったので、若干ボリューム感に欠ける感じになってしまいましたが、つけ心地は問題無かったので、今度の日曜日はこれで行ってみようと思います♪

いや〜、安く済んだね☆ゴーグルは結構高いからねぇ。

金欠はアイデアの母なり☆


by tm144en | 2018-07-21 06:26 | tm125EN | Comments(0)
2018年 06月 28日

【tm125EN】クラッチレバー補修改善

e0159646_4252290.jpg


私のtm姫のクラッチレバー。さきっちょの丸い部分が折れているので、ヤスリで綺麗に処理された状態になっていました。
まぁこれでいいや、と考えていたのですが、先日このレバーを見た方に「レバーそうやってやってる人が転倒した時に、指に刺さって貫通したから取り替えた方が良いよ〜」という、とても恐ろしいことを教えていただきました。

ナックルガードがあれば、レバーが指に刺さる危険性は極めて少ないと考えられますが、こともあろうに最近私のアイデンティティだったナックルガードをやめてしまったので、他人事ではありません。
ましてこの日、右側に一度転倒してるので、よもや指切断の危機に直面していたと言えなくもないのです。

というわけで早速新しいレバーを発注・・・・といきたい所ですが、悲しくなるほど貧乏生活しておりレバー代もケチりたい今日この頃。
とりあえずなんとか補修できないかやってみることにしました。

e0159646_4352629.jpg


先端部分をバイスで掴み、バーナーでキンキンに熱します。

e0159646_436446.jpg


それで「クイッ」とね☆

(余談)

レバーを熱し、室温で緩やかに空冷させるとアルミの性質が柔らかくなるので、転倒の衝撃が加わった時に、折れずに曲がるようになるのではないか?と思いました。
スチールのレバーは転倒しても大抵は曲がるだけですが、アルミは折れます。
焼きなましで調節して柔らかい性質に変えてしまえば、レバーが折れて走行不能にならずにすみますね。


e0159646_4445630.jpg


ちょっと不格好ですが、課題であった危険性は除去できたのではないかと思います。

e0159646_4454116.jpg


まあ、悪くはない・・・

e0159646_446238.jpg


サイズ的にもちょうど2本指仕様になり、しかもひっかかりがあって非常に操作性が向上しました☆これは思わぬ報酬♪純正よりも『改良』されたと言えますね。

もし新しいレバーを購入したとしても、これからは敢えてこの形にしようかとすら思います。

いやぁ〜、いろいろやってみるもんだねぇ〜☆


by tm144en | 2018-06-28 04:51 | tm125EN | Comments(2)
2018年 05月 31日

【tm125EN】エンジン組立(その11)完成!

e0159646_904265.jpg


さて、なんやかんやでケースの方は組み合わさっておりまして、

e0159646_92941.jpg


いよいよピストンを取り付けます。
さすがtm!!最初からモリブデンショット(?)が施されてますね〜☆

ちなみにこのピストン。前乗ってた144より良いヤツですね。モリブデンもそうですが、リングも2本になってます。前は1本でした。
まぁ、リングの数が多ければ良いと一概に言えるものではありませんが、レスポンスを重視しなければ2本の方が気密性も上がりますからその点で『良い』と言えるのではないでしょうか・・・

e0159646_953177.jpg


相変わらず、tmのピストンピンは入れやすい。さほど抵抗感無く入りますね。
熱膨張の分を考慮しているのか?は解りませんが・・・

e0159646_982526.jpg


ヘッドカバー取り付け。

・・・

・・・

・・・

はい、そうですね。逆ですねすみません(笑)

e0159646_991863.jpg


スキッシュ計測。

e0159646_994228.jpg


なんと!!!いきなりビンゴじゃぁないっすか!!
ガスケットの厚み適当にしていしたのに!!

こりゃもうけた!今日はここで終わりのつもりでしたが、先に進めます!!

e0159646_911293.jpg


さて、ピックアップの位置調整。点火タイミングが上死点前1.3mmとのことなのですが・・・・はてさて・・・・

ピックアップの拾う位置が、

e0159646_9185133.jpg


ローターの凸とピックアップコイルが完全に重なる部分なのか、はたまた、

e0159646_9201226.jpg


ピックアップコイルに差し掛かる部分で拾うのか??

ローターの磁性に反応するのですから、入りかけのような気もしますが、調整の範囲をみると、完全に重なる位置のような気もしますし、ネットで調べると完全に出た位置と書いてあるものもある・・・・

う〜ん・・・

試しにこの状態でプラグに点火させて、カメラのスローモーション撮影でタイミングを計測してみようとグッドアイデアをひらいめいたのですが、残念ながらエンデューロモデルはカバーの方にコイルが巻いてあるので、開けたままの状態ではプラグに点火できませんでしたチャンチャン!

というわけで、とりあえず完全に重なる位置で固定しておきました。これで様子見て、調子悪ければまた調節し直せばよいでしょう。

e0159646_9251365.jpg


メインジェット交換。
#185→#188に変更。棚落ちの原因が、おそらく高回転時のガス不足ではないかと考えたので、番手を上げて対処することにしました。
まぁ、もうあんなことは二度としませんけ・ど・ね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

e0159646_9294688.jpg


やっっっっっっっっっっっとこ完成\(^o^)/☆

もう夜の9時になってしまいましたが、いてもたってもいられないので早速試運転してきます。

まずは緊張のエンジン始動・・・・

オイルを塗りすぎたのか、なかなかかかりませんでした。
「チョークON&アクセルOFF」では全くかかる気配がなかったので、「チョークOFFアクセルON」に変更したらすぐにかかりました。

しばらく様子を見て、問題なさそうなので早速走り出します。

シフトチェンジも問題なく操作できました!

e0159646_9364188.jpg


夜の川っぷちを20KM程試走。殆ど直線の道を6速アクセル4分の1位で走ります。

いろいろ思う所はありますが、とりあえず無事に走行を終えようやく積年の思いが晴れた気がします。

・・・

・・・

・・・・

・・・。・


e0159646_941459.jpg


ガス欠を除いては

by tm144en | 2018-05-31 09:41 | tm125EN | Comments(2)
2018年 05月 17日

【tm125EN】エンジン組立(その10)クラッチケース組立

e0159646_418171.jpg


問題なくシフトチェンジができるようになったので、このまま組み立てを進めていきます。

ケースはいつの間にか合体してましたw

余談

シフトチェンジですが、ニュートラルへは2速からしか入れないみたいですね。1速からではどうしても2速に入ってしまいます。
そういえば分解する前からそうなっていました。
今回、分解した状態でドラムの動きをみても、どうやっても1速からはアプローチできませんでした。
こういう仕様だったか?144の時はどうだったか?謎が深まりますが、さしたる問題でもありません。


e0159646_4213729.jpg


キックのギア。
フサベルはワンウェイクラッチが採用されていましたので、ペダルを下ろしたままの状態でもエンジンがまわりましたが、このtmはそうはいきません。
キックによって奥からギアがスライドしてきてアイドルギアと噛み合うようになっているので、ペダルを下ろしたままの状態ではエンジンが回転できません。
したがって、エンジン始動後は即座にペダルは上に戻さなければなりません。

そう考えてみれば、キックを「何度も何度も踏み下ろそうとした時、なんかギアが引っかかる感触がありましたが、この構造をみれば明らかですね。

e0159646_4331690.jpg


クランクシャフトに接続するギア。
普通このギアは半月キーが付いているはずですが、tmにはありません。

e0159646_4345484.jpg


エンジンの回転力の全てをここで受けるのに、テーパーが切られているとはいえこのようにボルトで固定するだけではあまりにも無謀。

というわけで、

e0159646_4343027.jpg


ストーブの天板で温め(のってませんけどw)

e0159646_437271.jpg


スチャッと接続。これだけでビクともしません。
「敢えて」半月キーではなく、精度を高めることで素晴らしいパフォーマンスを発揮するのでしょう。

e0159646_4392217.jpg


クラッチハウジングを取り付け、

e0159646_440920.jpg


クラッチケースを取り付けます。

e0159646_441782.jpg


ここはM5のボルトが使われているので、慎重に締め込んでいきます。

e0159646_4415964.jpg


ようやくここまでたどり着きました・・・
組み立て後に「あれ?あそこ大丈夫だったかなぁ?」ということが無いように、いろいろ確認しながら、考えながら組み立ててますので、作業スピードはかなり遅いです。

まぁ、でもここまでくればあとは慣れた作業なのでチャチャッと組み上がるでしょう・・・(失敗フラグw)


by tm144en | 2018-05-17 04:45 | tm125EN | Comments(2)