タグ:チャレンジ車検ストラテジー ( 5 ) タグの人気記事


2011年 07月 02日

【チャレンジ】車検ストラテジー ザ ファイナル☆

合格〜☆


無事合格しましたぁ♪
いやぁ〜、ヨカッタヨカッタ☆

車検なんて何度もやったことありますが、それでも毎回検査官の合格印貰った時は

「ヨッシャ〜!!」

ってなりますね☆
2輪の免許受かった時と同じ感覚です♪


==========

さて、詳細ですが、まずは朝イチで車両を陸運支局まで搬送。

e0159646_10112750.jpg


かなり早めに着いたのですが、すでに2台並んでましたね。
8時45分受付開始、9時検査開始となってます。

で、問題の車体番号ですが、ここにきてなんと秘策を発見!

e0159646_10131670.jpg


フェアリングフレームを完全に外さなくても、なんとズラしただけで番号を確認することが出来たのです!!なんで気が付かなかったんだろう!
気持ちが「外さなきゃ!」になってたから、見落としてたんですね。やっぱ思い込みはイケマセン。

検査官が番号確認後、車体廻りを採寸、検査等をしている間に、ズラしたフェアリングフレームを元に戻します。

あとは通常通りです。

自作の地図パネルやミラーなんかが不安要素ではあったのですが、なんの問題も無しでした。
注意すべき点がズレている様な気もしますが、まぁ古い法律が尾を引いてるんでしょう。

ま、通っちゃえばこっちのモンです(笑)

検査が終わりましたら、次にやるのが、

e0159646_10211048.jpg


構造変更の書類作成です。先程の検査官が採寸した数値を記入していくのです。

構造変更をすること、すなわち『車検を受ける』という概念のようです。
車検(継続検査)と構造変更を同時に行う、、、、と考えていたのですが、どうやら違うようですね。

書類を作成、提出し、新しい車検証の交付を受けます。

e0159646_10315660.jpg


今回変更されたのは『高さ』です。
つまり、僕のチャレンジ君はこの先ずっと『ラリーフェアリング』の高さが基本になるということなんです。


e0159646_10344857.jpg



さぁ!旅立とう!!

by tm144en | 2011-07-02 10:35 | BMW G650x challenge | Comments(4)
2011年 07月 01日

【チャレンジ】車検ストラテジー 3 車検予約&ブレーキ交換

メンドクサイ事は後回し。

これ、僕の基本スタイル。で、ギリギリになって慌てるタイプ。
チャレンジ君の車検も例外ではありません。

7月17日から使用するというのに、未だに車検が取れてないどころか、検査の予約すら入れてない状況。この時期は検査予約はビチビチなので、早めに入れておかないと後の祭りになってしまうのです。

予約を入れるだけなら、ネット上で出来るのでとても楽なのですが、それすらのびのびにしてきた次第。

で、今朝ようやっと重い腰を上げ(といっても、インターネット 汗)、陸運支局の検査予約のHPを開きます。
すると、案の定、12日まで検査予約がビッチリ詰まってるではないですか!!12日って、ギリギリじゃん!!万が一検査通らなかったら、アウトです。

だから言わんこっちゃない!!


予約だけでもさっさと入れておけば良かったんだ。





おや?

おおぉっと!!

7月1日の第1ラウンドが、ラスト1台空いてるじゃぁないですか!!

なんたるキセキ!!

ラス1っすよ、ラス1!!

どんだけ〜

しかも、明日(記事作成現在、数時間後)ですよ!

こうしちゃいられません!書類を作成しに、陸運支局にいかねば!

あ、自賠責払わなきゃ!

あ、車税まだ払ってなかった!

ああぁ〜お金が飛んで行く〜〜。。。

=============

ということで書類作成も無事終わり、あとは1日朝イチの寝坊だけ気を付ければオッケー☆

時間が少しあまったので、フロントのブレーキパッドと液交換をしておきます。

e0159646_3492417.jpg


去年、パッド同じ向き事件がありましたが、先日ちゃんと取り替えておきました☆今度は、何度も何度も確認しましたよ(笑)
やっぱ、なんでも自己責任です、ハイ。

e0159646_3512826.jpg


残溝も僅かでした(冷汗)

e0159646_35273.jpg


新品を取り付ける前に、キャリパーの清掃をします。
特に、

e0159646_3525020.jpg


ピストンとキャリパー本体の隙間!
シリコンスプレーの噴射の勢いで、細かい砂粒を掻き出します☆この作業好きなんです♪

キャリパー清掃が終わったら、新品パッドを組み付け、

e0159646_3545213.jpg


ブレーキ液の交換をします。

e0159646_3555910.jpg


チャレンジ君のブレーキキャリパー固定ボルトは、M10なので45Nで締め付けます。
フサベル君やtm君はM8なので25N。

チャレンジ君はオフ車ですが、エンデュランサーより大きめのブレーキキャリパーが装着されています。まぁ、車重が重いですしね。

余談ですが、

e0159646_3593719.jpg


ロータックスって、オーストリア製なんですね☆
ということは、KTMかぁ。。。

e0159646_415431.jpg


よっしゃ!!準備万端!!

ワクワクしてきたぜ〜☆

by tm144en | 2011-07-01 04:02 | BMW G650x challenge | Comments(0)
2011年 06月 22日

【チャレンジ】車検ストラテジー 2 職権打刻 不可

e0159646_4421471.jpg


さぁ、チャレンジ君の車検作業に着手しますよ!

とりあえず、ラリーフェアリングのフレームを外してみる所から。

e0159646_4435918.jpg


カウルを外します。

e0159646_4443545.jpg


この部分ですね。フェアリングフレーム事態は、ボルト4本で止まってるので外すのは簡単です。
ただ、配線やらメーターやらが複雑に絡み合ってるので、完全な取り外しは困難を極めるのです。

固定してるボルト4本を外し、

e0159646_4481642.jpg


取り付けプレートを外します。。。


おおっと!!

e0159646_4511890.jpg


けっ削れてるっ!!

固定プレートがフレームのネック部分を『銜え込んでる』形になるのですが、その部分が削れてしまい、しかもフレームナンバーの『WB101』の『1』の字を綺麗に削り取っちゃってますね。

いやはや、これはまずいのでは!?

、、、と、いうことは、ますます『職権打刻』をしなければならないかもしれません。
『職権打刻』とは、フレームナンバーの刻印を打ち直す行為のことです。

とりあえずここで悩んでても答えは出ないので、一旦フレームを仮止めし、マシンを軽トラに載せ、

e0159646_4574633.jpg


陸運支局まで出向きました。
そして事情を説明すると、以外な展開に!!

まず、1文字削れた位では職権打刻をする必要は無いとのこと。つまり、1文字位なら大丈夫って事。

次にフェアリングフレームで隠れてしまう件ですが、ボルトオンパーツであるならば、通検時に取り外して確認すれば良いとの事なのだそうです。
つまり、フレームナンバーが隠れる事は、なんら問題ではないのです。見えないのであれば、外せば良い。ただそれだけのことだったのです!!

実際問題として、通検時にフェアエリングを外したり取り付けたりする作業はなかなか手間の掛かる事ではありますが、ラリーフェアリングそのものを外してしまう(純正に戻す)ことから考えたら、容易い話です。

後は構造変更だけやれば万事オッケーという訳です。

なんか兆しが見えて来ましたね☆

by tm144en | 2011-06-22 05:09 | BMW G650x challenge | Comments(2)
2011年 04月 29日

【チャレンジ】車検ストラテジー 1 『職権打刻』

今日、改めてフレームナンバーの視認性を確認してみましたが、

どう考えても無理!!


見えません。
『Aパターン』撃沈orz...

ーーーーーというか、コレって普通に乗ってましたけど実は結構ヤバいのでは?

例えば、走行中お巡りさんに職質されて、免許証や車検証の確認を求められた場合、車台番号を確認しようとする所に、「いやぁ〜コレ付けてるんで見えないですねぇ〜 汗」ではたして済むのでしょうか?
そのお巡りさんや状況次第にはなるでしょうが、何かと問題が発生しそうです。

つまり、車検の為だけに純正の形に戻す、、、という『B2パターン』をとったとしても、後々しこりが残ってしまうことになります。

となると、残るは『B1パターン』ですが、どうやらこれも無理そう。
構造上、『打刻のあるネック部分をしっかり挟み込んで固定』という方式なので、打刻部分を見える様にするという行為自体が矛盾してしまうことになります。なりそうです。なるでしょう。

じゃぁどうすれば!?

と、ここである事を思いつきました。

職権打刻
という方法です。

事故車や盗難車、フレーム交換車等の車台番号を、運輸局が再打刻(打刻済みプレートの発行)するというシステム。
どうやらこれに希望を託すしかないと考えられます。

ただ、今回のような、『カスタムパーツ取り付けによるもの』という理由で果たして発行してくれるのでしょうか?
はたまた、そもそもラリーフェアリングは車検に対応しているのでしょうか?

先は長そうだな〜。。。

by tm144en | 2011-04-29 12:45 | BMW G650x challenge | Comments(2)
2011年 04月 29日

【チャレンジ】車検ストラテジー 0

フサベル君にうつつを抜かした日々が続き、他の子達の整備が全くもって滞っておりました。もう5月です。ヤバいです。

やらなければならない作業は山の様にあるのですが、とりあえず一番の大物から取りかかる事にします。

e0159646_3505874.jpg


そうです。チャレンジ君の『車検』なのです。遂に来てしまいました、この時が。。。
5月に切れてしまうのですが、まぁそれ自体は問題ありません。毎年恒例の『DFDE』(だいちゃん4デイズエンデューロ)にさえ間に合えばよいのです。

とはいえこの車検、一筋縄では行かせてくれません。

e0159646_3562265.jpg


こんな変なモノが付いてるお陰で、大変な事になりそうな予感。。。

一番の問題は、

e0159646_3574199.jpg


フレームナンバーの打刻の上から、ラリーフェアリングのフレーム部分を取り付けているので、文字を読み取る事が『ホボ』出来ないのです。

『ホボ』というのは、最後の下4桁位が見えない位の感じなので、検査官によってはもしかしたら大丈夫かもしれないとのこと。
とりあえず、検査官がどんな反応するか一旦陸支まで見せに行ってみようと思います。

そこで、、、、

Aパターン
フレームナンバー確認『OK』の場合

ラリーフェアリングの装着による、構造変更を伴う継続検査。


Bパターン
フレームナンバー確認『NG』の場合

《B1パターン》フェアリング固定フレームの改造。ナンバー確認が出来る様な形状に加工ないし、新設。
その後『Aパターン』

《B2パターン》フェアリング固定フレーム改造の断念。純正戻しによる継続検査。

====================

Aパターンで行ければ、かなり楽なんですが、無理っぽそうだなぁ〜。。。

by tm144en | 2011-04-29 04:18 | BMW G650x challenge | Comments(0)