<   2018年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 31日

【tm125EN】エンジン組立(その11)完成!

e0159646_904265.jpg


さて、なんやかんやでケースの方は組み合わさっておりまして、

e0159646_92941.jpg


いよいよピストンを取り付けます。
さすがtm!!最初からモリブデンショット(?)が施されてますね〜☆

ちなみにこのピストン。前乗ってた144より良いヤツですね。モリブデンもそうですが、リングも2本になってます。前は1本でした。
まぁ、リングの数が多ければ良いと一概に言えるものではありませんが、レスポンスを重視しなければ2本の方が気密性も上がりますからその点で『良い』と言えるのではないでしょうか・・・

e0159646_953177.jpg


相変わらず、tmのピストンピンは入れやすい。さほど抵抗感無く入りますね。
熱膨張の分を考慮しているのか?は解りませんが・・・

e0159646_982526.jpg


ヘッドカバー取り付け。

・・・

・・・

・・・

はい、そうですね。逆ですねすみません(笑)

e0159646_991863.jpg


スキッシュ計測。

e0159646_994228.jpg


なんと!!!いきなりビンゴじゃぁないっすか!!
ガスケットの厚み適当にしていしたのに!!

こりゃもうけた!今日はここで終わりのつもりでしたが、先に進めます!!

e0159646_911293.jpg


さて、ピックアップの位置調整。点火タイミングが上死点前1.3mmとのことなのですが・・・・はてさて・・・・

ピックアップの拾う位置が、

e0159646_9185133.jpg


ローターの凸とピックアップコイルが完全に重なる部分なのか、はたまた、

e0159646_9201226.jpg


ピックアップコイルに差し掛かる部分で拾うのか??

ローターの磁性に反応するのですから、入りかけのような気もしますが、調整の範囲をみると、完全に重なる位置のような気もしますし、ネットで調べると完全に出た位置と書いてあるものもある・・・・

う〜ん・・・

試しにこの状態でプラグに点火させて、カメラのスローモーション撮影でタイミングを計測してみようとグッドアイデアをひらいめいたのですが、残念ながらエンデューロモデルはカバーの方にコイルが巻いてあるので、開けたままの状態ではプラグに点火できませんでしたチャンチャン!

というわけで、とりあえず完全に重なる位置で固定しておきました。これで様子見て、調子悪ければまた調節し直せばよいでしょう。

e0159646_9251365.jpg


メインジェット交換。
#185→#188に変更。棚落ちの原因が、おそらく高回転時のガス不足ではないかと考えたので、番手を上げて対処することにしました。
まぁ、もうあんなことは二度としませんけ・ど・ね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

e0159646_9294688.jpg


やっっっっっっっっっっっとこ完成\(^o^)/☆

もう夜の9時になってしまいましたが、いてもたってもいられないので早速試運転してきます。

まずは緊張のエンジン始動・・・・

オイルを塗りすぎたのか、なかなかかかりませんでした。
「チョークON&アクセルOFF」では全くかかる気配がなかったので、「チョークOFFアクセルON」に変更したらすぐにかかりました。

しばらく様子を見て、問題なさそうなので早速走り出します。

シフトチェンジも問題なく操作できました!

e0159646_9364188.jpg


夜の川っぷちを20KM程試走。殆ど直線の道を6速アクセル4分の1位で走ります。

いろいろ思う所はありますが、とりあえず無事に走行を終えようやく積年の思いが晴れた気がします。

・・・

・・・

・・・・

・・・。・


e0159646_941459.jpg


ガス欠を除いては

by tm144en | 2018-05-31 09:41 | tm125EN | Comments(2)
2018年 05月 27日

【tm125EN】RESTART POiNTER

e0159646_22402466.jpeg

頂点へ再び、狂い咲け


by tm144en | 2018-05-27 22:43 | tm125EN | Comments(0)
2018年 05月 25日

作業台製作(その2)

e0159646_10133072.jpg


エンジンスタンドの足。首振りのキャスターを加工して取り付けました。
これを、


e0159646_10142637.jpg


この位置で固定させます。

e0159646_1015781.jpg


奇跡的に水平がバッチリ!
だって、なにも計測なんかしてないんですよ!?持ってきた鉄の扉をエンジンクレーンの上に載せて、反対側は落ちてたエンジンスタンドの足に落ちてたキャスター取り付けただけな・の・に!!

e0159646_101795.jpg


ハンドドリルを別の場所に持って行ってしまったので、卓上ボール盤での作業。これがかなり大変でした。ボール盤の稼働域がありますし、なんと言っても50kmの鉄板を上へ下へ右へ左へと動かすのです!

先ほどのキャスターと別々に穴を開け、ボルトで固定します。

e0159646_10202176.jpg


前側はクレーンの足に固定。

e0159646_10211031.jpg


足はかなり太いので、これまた大変!

作業開始から5時間・・・

e0159646_10225156.jpg



やっとの思いで完成〜〜〜☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

e0159646_10234865.jpg


いいねいいねぇ〜♪

e0159646_10241931.jpg


もちろん、マシンを載せてもビクともしません。
いや、ビクともしないということはないけど、壊れそうな感じは微塵もありません笑

e0159646_10254544.jpg


マグネットトレーも大活躍☆

e0159646_10261985.jpg


マシンを載せたまま、楽々移動♪
これは、普通のリフトでは出来ないことです。

そして、さらに、

e0159646_1027185.jpg


サブクレーンの使い勝手が向上します!

e0159646_1028986.jpg


今まで、サブクレーンの足とタイヤが干渉して、クレーンの位置に制約があったのですが、下に空間が出来たことで解消!好きな位置でマシンを釣ることができるようになりました\(^o^)/

e0159646_10293531.jpg


しゃがんだ位置で、ちょうどリンクが目線の高さに来るので、メンテナンス性がかなり向上しました☆

あとは実際に様々な作業をしていって、使い勝手を知ることにはなりますが、十分満足のいくものだと感じています。

さらにさらにオプションとして、あんなことやこんなこともできる可能性も秘めているので・・・・今後にご期待あれ!!!


by tm144en | 2018-05-25 10:32 | Comments(0)
2018年 05月 24日

作業台製作

e0159646_354455.jpg


鉄の扉。
只今実家のリフォームをしてまして、玄関の鉄の扉が廃材として出たのですが、これだけ重量感のある鉄の塊はそうそう手に入るものではありませんので、捨ててしまうのは勿体無い。何かに使えるはずなので貰ってきたのです。
1枚50kgの扉が全部で3枚。初めは鉄くずとして売るつもりだったのですが、キロ13円と言われたのでバカらしくてやめました。

使い道が色々ありすぎて、むしろどれを優先させるかに悩みましたが、なによりまず作りたかったのが、

e0159646_359757.jpg


バイクの作業台です。
現在は、エンジンクレーンで吊るした状態で作業しているのですが、バイクは地面の高さなので作業性は悪いのです。
バイク用リフトに憧れる所ではあるのですが、マシンの固定はエンジンクレーンで上から吊るすのが一番良いので、一概にバイク用リフトにしてしまうわけにもいきません。

そこで、この鉄の扉を作業台として利用できないかと考えた次第であります。

製作する前に、まずは強度試験。

e0159646_443877.jpg


一番の重戦車であるK1を載せてみましたが、ビクともしません。
ただ、センタースタンドをかけてみると、さすがにその部分は若干くぼむ感じではありました。鉄の扉といっても、中は空洞(強度を出すための仕切りは付いている)なので、荷重を一点に集中させると強度は弱くなります。

e0159646_485822.jpg


センタースタンドから降ろす時に「ガリッ」という音で凹んで削れてしましました。

ただ、この鉄扉を作業台として利用した際に想定される最大限度の荷重でこの程度の損傷ですから、タイヤで普通に載せる程度では全く問題無いと言って良いですね。

そんなわけで、早速製作を開始することにしました。

e0159646_4125984.jpg


完成予想図はこんな感じです。
エンジンクレーンと合体させて使おうというもの。高さは固定です。さすがにパンタ式の物を作るだけのモチベーションはありません笑

果たして、無事完成するのでしょうか〜・・・?



by tm144en | 2018-05-24 04:15 | Comments(2)
2018年 05月 21日

【サンバー】オイル交換(52064km)エレメント有

e0159646_09154092.jpeg

やっと晴れの日曜日がやってきてくれましたので、タイヤとオイルの交換が出来ました☆
天気が良いので外で脱着作業♪

サンバー丸には最低限の手しかかけて無いので、あちこち錆びが発生してきてますし整備状態も不安になりますけど、なんやかんや丈夫に働いてくれますねぇ☆
頼もしい親方です\(^o^)/
ガレージの娘たちのことよろしくねー!


by tm144en | 2018-05-21 09:25 | SUBARU SAMBAR | Comments(2)
2018年 05月 17日

【tm125EN】エンジン組立(その10)クラッチケース組立

e0159646_418171.jpg


問題なくシフトチェンジができるようになったので、このまま組み立てを進めていきます。

ケースはいつの間にか合体してましたw

余談

シフトチェンジですが、ニュートラルへは2速からしか入れないみたいですね。1速からではどうしても2速に入ってしまいます。
そういえば分解する前からそうなっていました。
今回、分解した状態でドラムの動きをみても、どうやっても1速からはアプローチできませんでした。
こういう仕様だったか?144の時はどうだったか?謎が深まりますが、さしたる問題でもありません。


e0159646_4213729.jpg


キックのギア。
フサベルはワンウェイクラッチが採用されていましたので、ペダルを下ろしたままの状態でもエンジンがまわりましたが、このtmはそうはいきません。
キックによって奥からギアがスライドしてきてアイドルギアと噛み合うようになっているので、ペダルを下ろしたままの状態ではエンジンが回転できません。
したがって、エンジン始動後は即座にペダルは上に戻さなければなりません。

そう考えてみれば、キックを「何度も何度も踏み下ろそうとした時、なんかギアが引っかかる感触がありましたが、この構造をみれば明らかですね。

e0159646_4331690.jpg


クランクシャフトに接続するギア。
普通このギアは半月キーが付いているはずですが、tmにはありません。

e0159646_4345484.jpg


エンジンの回転力の全てをここで受けるのに、テーパーが切られているとはいえこのようにボルトで固定するだけではあまりにも無謀。

というわけで、

e0159646_4343027.jpg


ストーブの天板で温め(のってませんけどw)

e0159646_437271.jpg


スチャッと接続。これだけでビクともしません。
「敢えて」半月キーではなく、精度を高めることで素晴らしいパフォーマンスを発揮するのでしょう。

e0159646_4392217.jpg


クラッチハウジングを取り付け、

e0159646_440920.jpg


クラッチケースを取り付けます。

e0159646_441782.jpg


ここはM5のボルトが使われているので、慎重に締め込んでいきます。

e0159646_4415964.jpg


ようやくここまでたどり着きました・・・
組み立て後に「あれ?あそこ大丈夫だったかなぁ?」ということが無いように、いろいろ確認しながら、考えながら組み立ててますので、作業スピードはかなり遅いです。

まぁ、でもここまでくればあとは慣れた作業なのでチャチャッと組み上がるでしょう・・・(失敗フラグw)


by tm144en | 2018-05-17 04:45 | tm125EN | Comments(2)
2018年 05月 15日

【K1】ラジエターファン点検

近々連休があるので、久しぶりにどこか遠くへ行こうと思い、今すぐ乗れるマシンを考えた所、

e0159646_6104341.jpg


K1しかありませんでした。
姫もチャレンジも車検。姫に至ってはバッテリーも買わなければいけません。

K1は、ラジエターホースを交換し、ファンを回るようにすれば少なくとも乗れるので、取り急ぎ整備することにしました。

e0159646_6134980.jpg


ヤフオクで購入した中古のホース。

e0159646_6155021.jpg


交換は無事完了。

e0159646_618813.jpg


で、問題なのはファン。ファンが回らなくなってしまったのです。
最初の頃はちゃんと回っていたのを確認しています。

ヒューズか?断線か?もしかしてECUかも?

様々な憶測が飛び交う中、とりあえずファンに直接電圧をかけて回るかどうかを確認することにしました。

e0159646_6194317.jpg


コネクター部分から、直接バッテリーと繋ぎます・・・・

・・・

・・・

・・・

ん?

うんともすんとも言わない・・・・

回ら・無い

えええええええええええええ!!!!!

いきなりコケた〜〜〜〜〜〜〜〜笑


ファン自体が回ることを確認して、配線やECUを疑っていく順番だったのにーーーー

もしやと思い、隙間から手を入れて直接回してみると、やはり回らない。手で回してもちょっとの力では回らないではないですか!!!

もしかしてどこかにぶつかっているのか?

e0159646_6221447.jpg


というわけで、もう外しましたよ!

e0159646_6235129.jpg


コイツだコイツ!!
この状態でもやはり回らない。回り方が以上に思いのです。こうなるともう、モーターの中で何かが起こってるとしか考えられません。

e0159646_6251734.jpg


ファンをコアから取り外し、

e0159646_6253989.jpg


カバーを外して唖然・・・

e0159646_6261286.jpg


磁石のブラシ?
なんかよく解りませんが、取り敢えず溶けてたー\(^o^)/

しかも、モーターはやっぱり回らないー\(^o^)/

分解出来ないー\(^o^)/

ツーリングオワターーーー\(^o^)/


by tm144en | 2018-05-15 06:27 | tm125EN | Comments(2)
2018年 05月 06日

【tm125EN】あ━━━━━━━━━━━

あ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

e0159646_12231415.jpg

なんかー、2ndのギア入れ忘れてたっぽい\(^o^)/wwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwww



by tm144en | 2018-05-06 12:24 | tm125EN | Comments(2)
2018年 05月 04日

忙し過ぎて意味分かんない\(^o^)/

by tm144en | 2018-05-04 08:50 | Comments(0)
2018年 05月 01日

【SHERCO】夜の散歩

e0159646_4543921.jpg


tmの作業が思うようにいかず、行き詰まった気持ちを晴らしに、暗がりの中ターンの練習をひたすらしました。
体がなまってしまってひどいのですが、これ以上腐らせるわけにもいかないので、定期的に少しでも乗るようにしてます。

ちょっと乗るのであれば、やはりトライアル車が一番良いですね☆
河原が近くにあるので、気軽に、身軽に乗れるのが最高に楽しいです。

そしてトライアル車であれば、ライディングの基礎をしっかりと固めることができますので、tmやその他のバイクに跨る時に応用が効かせられますしね。

シェル子のサスペンションの動きはしなやかなので、前後ピッチングモーションが掴みやすく乗っていて気持ちが良いです。

シェル子さいこー\(^o^)/


e0159646_55770.jpg


by tm144en | 2018-05-01 05:05 | SHERCO ST250 FACTORY | Comments(0)