<   2011年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 22日

棚から、、、、?

先日、『デジイチ欲しい欲しい病』を克服する為に、『RICOH GRD-Ⅲの研究』と題して第1話を書きました。GRDⅢは素晴らしいカメラなので、その事だけを考え、追求する事でデジイチの事を忘れると共に、今の僕には必要が無い。そう思える様になりました。

そして、その研究の記事が100件を突破した暁には、思い切って高いデジイチでも買おう!!と決めたのです。

そんな矢先。。。



















e0159646_251466.jpg


あれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!?


これは何〜〜〜〜〜〜〜〜〜!?!?!?


、、、、いやはや(汗)

これぞ、まさに『棚からボタモチ』ならぬ、『棚からデジイチ』ですわ(汗汗)

全く予期せぬ所から、ふっと沸いてきたのです。

Nikonの『D80』という古い型のもので、格安中古って事でふわっと僕の所へ舞い込んできました。

ちなみにレンズは、

e0159646_295337.jpg


18~200mmのワイドレンジな物が付いてました☆


が、しか〜し!!

とりあえず、RICOH GRDⅢの研究は続けます。これは写真そのものの研究でもありますし、やはりこのカメラの方が愛着ありますから。

ただ、それと平行して『Nikon D80の研究』もしていこうと思います。
記事数は少ないとは思いますが。。。

2つのカメラを追求していくことで、明確な使用方法の線引きも出来そうですし。

そもそも普段使いでデジイチの出番は殆どないでしょう、多分。

で、2つ平行しながら研究していって、GRDの方の記事が100件いったら、その時は新車のバイク買える位のカメラでも買おうかと企んでいます。
使いこなせるとかそういうのじゃなくて、ただ、ステータスとして(爆)
そろそろ欲しいバイクも無さそうですし(笑)

ま、先の事は先の事として。

『バイク』に『カメラ』に忙し過ぎて、仕事のことなんか、1mmも考えるヒマありませ〜ん(爆死)

by tm144en | 2011-02-22 02:20 | PENTAX K-5 | Comments(0)
2011年 02月 21日

【DR】フラっとニセコツーリング♪

日曜日は富良野の吹き上げ温泉にでも行こうかなぁ〜と、ずっと思っていたのですが直前になって、

あっ!ニセコ!!


e0159646_2385144.jpg


ということで出発☆

向かうは、ニセコの『甘露の森』。数年前に一度だけ行ったことがあり、その時の思い出を探しに行きます。

富良野の吹き上げ温泉も捨て難いのです。真冬の寒空の下で入る絶景露天風呂ですから、野性味溢れてとても気持ちが良いのですが、その場合入浴後の『マッタリタイム』を取ることが出来ないのが難点なのです。
何を隠そう昼寝をしたいので、ココはお金を払う施設がやはり都会的でよろしいのかと。。。


本日のルート(結果論)

e0159646_2533423.jpg


(*クリックで拡大します。)

札幌から国道230号線で中山峠を通り喜茂別に入ります。
『ニセコ』とは『ニセコ町』であり、羊蹄山の左下周辺地域の事を言います。しかし僕の中では、羊蹄山が見渡せる地域全てを『ニセコ』と勝手に呼んでおり、多分他のライダーさんも同じ様な見解だと思います。

なので、喜茂別はもう『ニセコ』です。

そこから羊蹄山の下側ルートを通り、『甘露の森』へ向かいます。あ、『甘露の森』は温泉施設のことです、はい。

天気は札幌から喜茂別ら辺までは結構降ってましたが、ニセコ町に入る頃には納まり、晴れ間もチラホラ垣間見る事が出来る程でした。


ーーーニセコと言えば!!


e0159646_35368.jpg


ミルク工房のソフトクリームですよねぇ〜☆外気温が低いからソフトが融けないので、のんびり撮影出来ました(笑)

実はウチで働いてるバイトの子の親戚が、このミルク工房を経営されてる方で、その子も以前はココで働いてたそうなんです。
なんかそれを聞いてから、勝手に親近感持っちゃってマス☆

そんなミルク工房からの絶景が、

e0159646_3133167.jpg

(*クリックで拡大します)

悩みに悩んでコレ。
4枚程撮ったのですが、まぁどれもこれも駄作で、消去法でコレって感じなんですが。

だめですわ。まだまだ『撮りたい』よりも『走りたい』の気持ちの方が強いので、良い写真を撮れるようになるまでは時間が掛かります。
よって、デジイチの必要性もありません!(←と自分を説得)


一通りしたら出発します。
『甘露の森』はココからほど近い場所です。


e0159646_3185687.jpg


ねっ☆(、、、って何が!?)

駐車場にマシンを止め、何気なく目線を下に向けると、

e0159646_3201948.jpg


うわぁ〜!
チェ、チェーンがぁ!!


そう言えば、なんかカランカラン音がするなぁとは思ってましたが(汗)ダルンダルンです(爆)

始めからなってたっけ?今日の走り始めには確認してなかったです。最後に確認したのは、前回朱鞠内湖にいくですから、もしかしたらその時からかもしれませんね(汗)

いやはや、超初心者級の整備不良じゃないですか。。。いくら国産とはいえ、限度がありますね。

ま、『限度』を超えてないから、走ってこれたんですけど?

とにかく、

e0159646_3245521.jpg


張るしかないでしょう。エキセントリック式(とは言わないのかな!?)の、シャフトを回転させてチェーンの張りを調整するタイプなのですが、『3』の表示から『5』の表示まで回しましたから、相当なもんです。
どの位かと言うと、スプロケットの歯の高さを余裕で上回る程の緩み。チェーンガイドがあるからなんとかなったものの、無ければ数秒で外れるでしょう。
そう考えると、チェーンガイドって偉大ですねぇ☆

しかし、なんでココまで伸びたのでしょう?最後の調整から300km程しか走行してませんし、チェーンそのものも3000km程。
塩カルに遣られたか!?

ま、気にしない気にしない♪

さて、早速温泉ですが、『フラっと』出発してきたので、忘れ物が多かった!『パンツ』『歯ブラシ』『洗顔料』が無い!!

この中でどれ!?って言われたら、、、、


e0159646_3362212.jpg


洗顔料ですねぇ。
ちょっと良さげなのをチョイス☆お会計でビックリ!!

「1980円になりま〜す」


げげ!!入浴料より高けぇ〜じゃん!!

せめて5〜600円かなぁ〜と思ってましたが、考えが甘かった(涙)
ま、払いましたけどね。何食わぬ顔して。心では泣いて。

露天風呂はかなり小さな湯船で、一人で入ってる分には充分ですが、知らない人と2人で入るには狭過ぎますね。内風呂は広いですが。

そしてサウナ室も狭め。

そのサウナ室で、我慢バトルが勃発!無謀にも、この僕に戦いを挑んでくるヤツ。ははは、愚か者め!返り討ちにしてくれるわ!!

そして圧勝〜☆

ダテに毎日暑い焼き場で働いてないぜ!!


さて、その人が本当に戦いを挑んだのかは定かではありませんが、戦いの後の、

e0159646_3455668.jpg


飲むヨーグルト!!先程のミルク工房でこっそり買ってました♪
暑い夏喉が渇いてたら、アイスよりコッチの方がオススメですヨ☆☆☆

さて、温泉入って汗流して、ヨーグルト飲んだら後は、

e0159646_3483755.jpg


しばしの睡眠zzz...


起きて下に降りていくと、高校生の修学旅行でごった返してました。

寝起きのブスッとした顔に、

e0159646_3555139.jpg


こんな髪の人が突然現れたので、面白い程

「シ〜〜ン。。。」


となったのが、ちょっと快っ感♡
(セーラー服と機関銃風で)

ただ、「おい、アイツ殺っちまおうぜ!」ってならないかが、ちょっと不安でした(爆)


ーーーさて、ココまでの行程ですが、
7時:出発
10時:甘露の森到着
11時〜13時:入浴
13時〜17時:仮眠

となってまして、走行距離はたったの100km。ニセコって近いですねぇ〜。

近過ぎて物足りないので、遠回りで帰る事にしました。
上の地図にもありますが、積丹半島ぐるり旅。

出発前に一応、チェーンを点検。『念』だけ込めておきました。

e0159646_416267.jpg


ツララが☆


後半戦はなんのことは無い。ただ『淡々と』走ってきただけ。気温もそれほど低く感じず、気持ちよく走り続けられました。

『積丹半島』は、僕の感覚ですが北海道の中で唯一神秘的な印象を受けます。異国というか、北海道にいる感覚を失う、そんなような感じです。
積丹半島では『積丹岬』や『神威岬』が有名で、泊原発も半島の付け根部分に位置します。

そんな中で僕が一番好きな場所が、『神恵内』です。泊原発から20キロ程走らせた所で、余市から当丸峠を越えた出口ら辺です。

積丹とはアイヌ語で、「シャック、コタン」と言い、『夏の、場所』という意味。
神恵内は「カモイ、ナイ」で『神秘の、沢』の意。

夏に神恵内に来ると、必ずと言っていい程晴天に恵まれます。少なくとも僕は一度も雨に当たった事はありません。

この場所に何か霊的なモノがあるのか、はたまた僕の魂のルーツがあるのか、それは定かではありませんが、ここに来ると気持ちが「キュッ」と引き締まる思いに駆られます。

いつもは昼間にしか来た事が有りませんでしたが、真っ暗闇の中で海岸にうっすらそびえ立つ奇岩が、昼とは違う不気味な様相を呈してました。神秘的な気分にさらに輪をかけてきます。


ふと見上げた夜空に、一段と綺麗にオリオン座とその周辺の星達が輝いてました。
しばし見とれてましたが、はっと我に返り慌ててマシンを停めてカメラを用意するや否や、あっという間に雲に隠されてしまいました。。。

幸運のチャンスを掴むタイミングは一瞬で、迷いがあると掴み損ねてしまう。
普段から、己の判断力の俊敏性を鍛えておく事が、幸せな人生を歩む一つの方法かもしれないですね。。。


今回、地図は一切見ませんでした。ここ最近マイブームの『地図無しツーリング』です。
やっぱ、地図見ないで走るのが一番良いですね☆道に迷ったり、合ってるのか間違ってるのか不安になったり、ガソリンが無くならないかドキドキしたり、新しい道で新しい発見をしたり。

同じ土地でのツーリングに慣れてくると、いつしか行程、行動が『ワンパターン化』してきてしまいます。
それはそれで楽しいのですが、『ドキドキ』や『ワクワク』がありません。『安らぎ』はありますが。

日没後に走る事も滅多にしません。その時間帯では気分が『ノらない』からです。けど今日は久しぶりのツーリングということもあり、また、冬はむしろこの時間帯の方が走り易いというのも手伝って、淡々と走っていられました。

ま、なんにせよ、バイクに跨がってる時間こそが、この上ない人生の一時なんですねぇ。。。

その時間を壊さない為の『整備』です!!

チェーンメンテはしっかりと!!

by tm144en | 2011-02-21 04:30 | SUZUKI DR250R | Comments(2)
2011年 02月 19日

【フサベル】煩悶のキックスターター

まずは、

e0159646_1122358.jpg


クラッチボスのセンターナット回り止めワッシャーの修復から。
買ったって大した金額ではありませんが、部品番号調べて発注しての手間が掛かるので、直せるのなら直します。

ま、単純に、

e0159646_11245065.jpg


バイスで挟んで平らにし、ストーブで暖め、冷やします。
変形した金属は内部でひずみが生じており、それに熱処理を加えることで組織が軟化し、展延性が向上するというものです。(by wiki)

このワッシャーは曲げて使う物で、今回はそれを一旦元に戻し、再度曲げを行わなければなりません。
なので、焼き鈍しすることで再利用による破断のリスクを和らげることになります。

最近この理屈を当ブログをご覧頂いてる方から教わり、なにかと多用してます♪
うっすらそんな感覚はありましたが、『焼き鈍し』という『理論』として認知したことが一番の収穫でした。

ただ、生兵法は怪我の元ですから、充分気を付けたい所ではあります。

そもそも、ストーブの熱程度で良いものやら。。。


さて、本題です。
麗しの、じゃなく悩ましのキックスターター。

多分原因はこれです。

e0159646_1142761.jpg


キックスターターシャフトの『引っかかり』の部分が斜めに欠けてしまっているのです。これは以前クランクを逆回転させた時に出来たキズで、気になってはいたのですがなんの対策もしなかったのです。

新しい部品を買う事も考えましたが、簡単に直せそうでもあったので今回これを修復します。

e0159646_11445527.jpg


まずは一旦取り外します。

e0159646_11451968.jpg


この部分だけがボルト2本で簡単に外せるようになっているのです。多分、この様なことが起きるのが想定済みなんでしょうね。

で、修復方法は単純。

e0159646_11465897.jpg


リューターで削るだけ。斜めに削れた部分が平らになるまで行います。

e0159646_11475368.jpg


出来上がりはこんな感じ。大した作業ではありません。

そしてこれを、

e0159646_11484448.jpg


早速取り付け、シャフトの当りを確認します。確かにしっかり当たってる感触がありますね☆
削り込んだ分、シャフトの戻り量が大きくなってしまうことになりますが、それほど影響はしないでしょう。レバーの位置が合わなければ、スプラインを一個ズラせばいいわけですし。

一応この場所は、

e0159646_11512697.jpg


クラッチカバーの裏側とピッタリ合わさる部分なので、ズレてしまうことはない場所なんですが、今回の様に作業途中で外れてしまったら、泣くしかないですからね。次外れたら、発狂しますよ(笑)


、、、、ということで、スゴロクで言う所の『5つ戻る』な感じになってしまいましたが、ま、何事も経験です。お金貰って仕事でやってる訳ではないのですから。

言ってしまえばそもそも論。

そもそもエンジンバラす必要が無かったのですから。。。

by tm144en | 2011-02-19 11:56 | HUSABERG fe650e | Comments(0)
2011年 02月 19日

【CAMERA】絞りと被写界深度

さて!いつまで続くかな!?

============

記念すべき第1回目は、

カメラの『絞り』と『被写界深度』

についてまとめていきます。
一応自分の中では理解しているつもりなので、今回の記事を書くにあたってはソース無しです。
間違いが御座いましたら、笑って下さい(恥)
そして、心優しい方がいらっしゃいましたら、是非ご指摘願います☆


============

デジイチや、高性能コンデジには『絞りの調整』という機能があります。これは、カメラに入って来る映像の、入口の大きさを調整する事を意味します。

どういうことかというと、

e0159646_4464076.jpg


この様な感じです。
Aが絞りを『開放した』状態。
Bが絞りを『絞った』状態。

AとBで、出来上がり写真の構図は変わりません。違うのは『写り方』です。

では、どのような違いが生まれるのか?

例えば、こんな経験はないでしょうか?
遠くの物が見えづらい時、目を細めるとピントがあって見易くなる。
テレホンカードのパンチ穴越しに覗くと、視界がくっきりはっきり見える。

これがいわゆる絞りを『絞った』という状態なのです。
『絞り』を絞ると、写りが鮮明になるのです。

この時、ある1点にピントを合わせ、その前後も『ついでに』ピントが合ってる範囲の事を『被写界深度』と言います。

e0159646_50970.jpg


この範囲が広い事を『被写界深度が深い』と言い、逆に狭い事を『被写界深度が浅い』と言います。

そして、この範囲を自在に操る事が『絞りの調節』なのです。

『絞り』とは通称『F値』と呼ばれ、GRDはF1.9〜F9の範囲で、14段階任意に選ぶ事が出来ます。
f=6.0mmなどの『f』とは別物なので注意が必要です。(『f』についてはまた今度。。。)

それでは実際に、どんな写り方をするか例を挙げます。


e0159646_583893.jpg




e0159646_592367.jpg




e0159646_5101142.jpg



3枚の違いがお解りになるでしょうか?

①F1.9
②F5
③F9

の値で撮り比べた物です。フォーカスは手前のマシン(デスモセディチ)に合わせて撮りました。

①はセディチにのみピントが合い、奥の2台は完全にボケています。
②は真ん中のマシン(999R)まで、かろうじてピントが合っています。
③は一番奥(1098S)もややハッキリしてきました。

このように、F1.9とF9とでは、まったく違った画像となるのです。

どのような写真を撮りたいかで、F値を決めていく事になるのです。


=================

で、GRDの性能を『研究』する為、それぞれの被写界深度を数値化すべく、

e0159646_520198.jpg


このようなものを用意してみました。

1個当りの厚さ(奥行き)が1.9cmのマッチ箱を少しずつずらして並べ、F値ごとの撮影をし、被写界深度の変化をみようという試みです。


、、、が


被写体が小さ過ぎて、ピントが合っているかどうかの判断が付けられないという『オチ』が付いてしまいました(爆)

e0159646_532830.jpg
e0159646_5323178.jpg


拡大で見ても、ピントが合ってないのか、画質が荒れているのかが判断できないのです。

良いアイデアだと思ったんだけどな〜(涙)
用意するの結構大変だったのに。。。。

ま、でもしかし、得たものとして、F9なら被写界深度は約130cm程度あるということが解りました。


====================

ちょっと初日から飛ばし過ぎました(大汗)
もちょっとお気楽な内容にしないと続かないですね。

次回は、絞りとシャッタースピードの関係のお話です☆

御精読ありがとう御座いました☆☆☆

by tm144en | 2011-02-19 05:45 | PENTAX K-5 | Comments(0)
2011年 02月 18日

【フサベル】マジで!?

e0159646_12542021.jpg


クラッチプレート類を全部組み込み、さてスプリングを付けていくかという時。何気なくクラッチ本体を手で「グッ」と力を入れた瞬間。。。

「バチ〜ン!!」



という音が!?

e0159646_12564656.jpg


まさか?
、、、と思い調べてみると、案の定。。。。

キックスターターのバネが外れてる!!!

なんてこった!!

e0159646_12583430.jpg


キックスターターはクラッチハウジングの後ろ側に隠れる位置なので、ハウジングを外さなければ修正することが出来ません。

つまり、

やり直し

ですわ(爆死)

あの、ネジロックした部分も勿論、ロックワッシャーまで外さなければなりません。

とはいえ、嘆いたって何も解決しません。ただ無心でバラすのみ。
プレートを全て外し、センターナットを外し、クラッチボスを抜き取ります。

e0159646_1301130.jpg



さぁいよいよハウジングを外そうと力を入れるが、びくともしません。

「あれ?」

どうやら、キックスターターにテンションが掛かっているのか、ギアががっちり噛み合ってしまっているようです。もともとそうだったので、なおさらなのでしょう。

レバー等であおるのは大人げないので、ここは、

e0159646_1334061.jpg


ギアプーラーの出番です。
ところが、それでもびくともしません。

「おかしいな?」

若かりし頃なら、力任せにプーラーにテンションをかけてたことでしょう。しかし今は違います。すんなりいかないという事は、何かが間違ってるという事を知っているので、一旦プーラーを外し状況を確認します。

すると答えは直ぐに見つかりました。

e0159646_1365251.jpg


「おっと危ない!!」

ハウジングの抜け止めのワッシャーが付いたままでした。アブナイアブナイ!!

ワッシャーを外し、今度はすんなりハウジングを抜き取り、

e0159646_1385542.jpg


やっとキックスターターまで辿り着く事が出来ました☆
メデタシメデタシ。。。。。








っじゃねーじゃん!!

by tm144en | 2011-02-18 13:10 | HUSABERG fe650e | Comments(0)
2011年 02月 18日

【リコー】RICOH GRD-Ⅲの研究

デジイチ欲しい欲しい病を克服すべく、考え出した結論が、

RICOH GRD-Ⅲの研究

です。


e0159646_231042.jpg




デジイチの大型センサーも良いですが、僕はまだGRを使いこなしていない。写真のイロハも知らない。
そんな状態でデジイチ買ったって、文字通り『宝の持ち腐れ』。というか、すでにGRを持ち腐れ状態。

普通のコンデジならまだしも、GRはコンパクトながら相当ポテンシャルの高いカメラです。

ということで、GRのポテンシャルをとことん追求し、『完璧』と自分自身思えるようになったら、その時はデジイチに惜しげも無くお金を使おうと。そう決めました。

このブログで、GRを通して『写真』というものを研究していき、それを随時記事にまとめていく所存です。
そこでまずは、その記事数を『100件』を目標にし、その時が来たら、デジイチ買っちゃおうかと思います。

途中で飽きる可能性も十分あります。(オートバイのサスペンションネタのように。。。汗)
また、あっという間に100件いってしまうかもしれません。

そしたらその次は、そのデジイチを研究した記事をまとめていき、100件ごとにレンズを追加していくというのも面白いかもしれませんね♪

とにもかくにも、B型なので熱し易く冷め易いのがたまにキズですが、やれるだけやってみましょう☆☆

=============================

で、研究を進めていくやり方として、まずはGRの『機能』を全て、完璧に理解する所から初めなければなりません。それだけでもかなりの日数が掛かるでしょう。順番は適当に、その時の気分で進めます。

そして、機能を完璧にマスターしたら後はひたすら写真を撮りまくるだけです。構図の研究です。

そもそも写真の善し悪しを決めるのは、半分以上が『構図』と言っても良いでしょう。

しかしながら『正解』というものが無いのもまた事実。ある程度の範囲はありますが、それ以上は好みや伝えたい事の違いでしかありません。
なので、『永遠のテーマ』と言えるでしょう。


よっしゃぁ〜!!燃えてキター!!


(*ちなみに、上の写真は鏡に反射したGRを撮ったのですが、どちらも固定していたのにも関わらず、ブレたような写りになっています。ブレというよりは、『お化け』的な何かだと思いますが。
これもそのうち研究テーマになりそうですね 笑)

by tm144en | 2011-02-18 02:22 | PENTAX K-5 | Comments(2)
2011年 02月 17日

パドルタイヤ、、、、、

キター☆

e0159646_13462591.jpg


パドルタイヤ!!!

予定よりも2週間も早く来ました☆これで今週末は、ベータでアツい走りが出来るぜ!!!











、、、、、って、

がび〜〜〜ん!!


e0159646_1348452.jpg


サイズ間違えてんじゃん!!!

、、、、ってのは、到着前に分ってたんですけどね(爆)

発注確認のメールには、既に『110/90R19』となってたんですが、ちゃんと確認しなかった僕が悪いんです(涙)
サイズはコピーして発注したから、数字を間違えるはずはないので、アチラ側の入力ミスである事は間違いないのですが、確認しなかった僕が悪いのはまぎれも無い事実です。

その後、改めて『110/90R18』を頼んだんですが、またサイズ間違いの確認メールが来ましたし(汗)
ま、今度はちゃんと指摘しましたけどね。

皆さんもお気を付け下さいませ!!

===============

さて、このパドルですが、

e0159646_13555841.jpg



アメリカ製の『Sedona DUNATIK SAND PADDLE』というヤツです。

以前、フサベルに買ったヤツは中国製の『Cheng Shin C899 』というやつでしたが、それに比べてパドルの形状がかなり『エグい』ですね!!

e0159646_13581817.jpg


比べると明らか。

e0159646_13584216.jpg


手間側は中国製。
パドルの部分に若干の『盛り上がり』があるのがお解りになるでしょうか?
この分で、パドルの『エグさ』の印象がかなり違います。当然奥のアメリカ製の方が良く利くでしょう。
中国製は、所詮『パクリ製品』ですね。ま、でも、良く言えば、マシンへの負担は中国製のこの形状の方が少ないでしょうけど。。。それは本末転倒ですね。

、、、、と、言う事で、RR君のパドル化計画は、もうしばしのお待ちを。。。

by tm144en | 2011-02-17 14:02 | Comments(1)
2011年 02月 17日

【フサベル】クラッチ組み付け

e0159646_4314154.jpg


クラッチハウジングにクラッチボス収め、センターのナットを120Nで締め込みます。

回転軸のナットなので、こちらも当然

e0159646_4333467.jpg


ネジロック!!
また品番違うし!!

しかし、調べてみるとどうやらロックタイト社では、新『243』と『263』の2種類でかなり幅広く使用用途をカバー出来るようになったみたいですね。在庫無くなり次第随時差し替えもしてるみたいですし。

====

僕の想像としては、やはり不況が影響しているのかな?と。

ケースバイケースでネジロックの種類を増やしていくのは簡単ですが、それだと在庫過多になってしまいますから、単純にコストが掛かってしまいます。
ロックタイト社も、各機械製品メーカーも然り。

双方の意見の合致と言えるのではないでしょうか。

あとは技術の向上も勿論あるでしょうけど、ロックタイト社の在庫コストがやはり1番なのではないでしょうか。。。

====

で、結局の所、今持ってるヤツで代用したんですけどね。
耐油性の低い種類のやつなので、しっかり脱脂してから塗布しました。『新243』なら、脱脂の手間を省く事が出来ます。

このナットを締める場合、

e0159646_4481981.jpg


クラッチボスが空転してしまうので、サービスマニュアルには、

e0159646_4491495.jpg


ハウジングとボスの動きを一体化させるスペシャルパーツを使え!!、、、、となってるんですが、これは使わず、

e0159646_4512426.jpg


フライホイールプーラーのバイスの回り止め(?)で、無理矢理ボスを押さえ込んでセンターナットを締めました。
120Nもの力を掛けるのに、この手法だと力が2点に集中してしまうので、本体が破損しないかヒヤヒヤしながらやりました(冷汗)
冷や汗かくくらいなら、特工買えよ!って話ですが。。。

中古のクラッチプレートとフリクションプレートが有れば、このスペシャルパーツは作る事が出来るので、次回O/Hの時は新品クラッチに交換ですね☆

ネジロック、120N、さらに、

e0159646_4571224.jpg


緩み止めワッシャー!

クラッチの方がエンジンより回転力の変化が激しいですから、ナットを緩ませる力もやはり多大です。
この位厳重にするのも当然ですよね。

ところで、フサベルのエンジンで初めて見たのですが、

e0159646_504452.jpg


フリクションプレートとクラッチボスとの『引っかかり』の部分が、この様なピンでなされているのです。
僕が今まで触って来たマシン達は皆、『ギザギザ』でしたから、この構造が珍しく思えてしまいます。当然何か意味があるのでしょうが。。。
ギザギザ構造の方が、重量的には軽量でしょうけど?

オイルの潤滑が、この方が良さそうな気はしますが、はてさて!?
ご存知の方いらっしゃいますか??

そのフリクションプレートですが、

e0159646_554257.jpg


なんか、回転とは無関係と思わしき『キズ』が無数についていました。しかも、外側2枚のみ!!!それより内側は、ゼロではありませんが圧倒的に少ないです。

何キズなんでしょうねぇ?半クラが原因なんでしょうか!?でも焼けてはいませんから、異物混入!?でもそれなら円周状にキズになってるなら判り易いのですが。。。?

というか、やはり外側のプレートの方が仕事量が多いんですね!プレッシャープレートが外側だから、当然と言えば当然なんでしょうけど、あまり意識したことがありませんでしたから。。。

とにもかくにも、

e0159646_5131144.jpg


プレート類を全部収納しました☆
ちゃんと1枚1枚チェックしながら、オイル塗りながら♪オトナになったなぁ〜。。。

そして、

e0159646_515885.jpg


プッシュロットをセンターの穴に入れるのですが、、、、マニュアルに『NOTE』(注意)の文字があったので翻訳してみると、、、

e0159646_5163447.jpg


『insert the thinner』→『シンナーを挿入せよ』????????

シンナー?、、、て『あの』シンナー?シンナーの同音異義語ってありましたっけ?

挿入って、どこに?


、、、、、で、よくよく考えてみると、多分、

e0159646_5204731.jpg


先程塗った『ネジロック剤』が、ここからはみ出ているから、これを『シンナーで良く拭き取れ!』って意味なんじゃないでしょうか!?
じゃないと、プッシュロットが接着剤でくっ付いてしまいますから。うん。そうだ。きっとそうだ☆


いやはや。。。『たかがクラッチ』と思ってましたが、結構楽しめましたね☆いろいろ疑問に思う所がありましたから♪

その分、時間掛かっちゃったので、これにて終了ですが(爆)

by tm144en | 2011-02-17 05:24 | HUSABERG fe650e | Comments(2)
2011年 02月 16日

気になる。。。

『カメラ』に対しては、いつまでも片思いしてるのが安全でいいのでしょう。



====================================

なんか、常日頃「カメラ欲しい〜カメラ欲しい〜」って欲求が止まらない(汗)
特に具体的ではなく、逆に言えば必要性が無いってことなんでしょうけど。今持ってるリコーのGR-Ⅲを超えられる『必要性』のあるカメラは、今の所ありませんから。(同じボディーサイズで、デジイチ並みの大型センサー、フルハイビジョンムービー、防水対衝撃、オプションレンズ交換、、、、とか?)

デジイチで『カメラマンゴッコ』もしたいけど、ポケットサイズじゃなきゃ嫌だし。

そう、だから無理なんすよね。

「車のトランクに入る、フルサイズオフロードバイクが欲しい」って言ってるようなモン。


、、、、、、、で、最近ふと目に止まったとあるカメラ。。。

e0159646_7393926.jpg


ビクターの『GC-PX1』という機種。

何が気になるかって、最大の売り文句が、

ハイブリットカメラ


だっちゅうんです。『ムービーとカメラが高次元で融合』って。

なんかいかにも「おおぉ〜!」って感じなんですが、、、、、あれ、?っつーか、普通『融合』してますよね。ムービー買っても、カメラ買っても、どっちの機能も殆ど必ず付いてますよね。
それをいまさら『ハイブリットカメラ』等と唱うからには、『高次元で融合』の次元が気になりますねえ。。。
ビデオカメラしか造ってないメーカの、カメラの技術って???

しかし、見た所ムービーの機能は良いのですが、カメラの機能は???なんです。
『レンズ交換』が出来る!!、、、、なんて代物ではなく、絞りの調整とかあるの???ってレベル。いや、判りませんけど。
それでいて価格が、価格.COM調べで10万近い。新発売もあるかもしれませんが、それじゃソニーの

e0159646_7484851.jpg


nex5に全くもって『劣ってる』ざんすよ!?
1眼クオリティーで、フルハイビジョンムービーですから。

ビクターの方の、カメラ機能が『オマケレベル』なら、そんなムービーどこにでもあるわけで。。。

そうなると、デザインだけってことなんでしょうかね?ムービーだけど、持ち方はカメラ風。性能はコンデジレベル。ムービーとしては撮りにくい。

なんかおかしくね!?

商品開発者は、なにをお考えで!?
それともまだ『ウラ』があるのでしょうか!?

ただ、このデザインなんか『グッ』とくるんですよね☆

カメラの機能如何では、やばいことになりそうな予感。。。

でも、だったら、ソニーですよね(爆)

by tm144en | 2011-02-16 07:57 | Comments(2)
2011年 02月 15日

【フサベル】リアショック入院

e0159646_14115441.jpg


入院します。

ただ単純なオーバーホールにするか、自分の体型や乗り方に合わせたオリジナル設定にするか悩み所です。


、、、が!


自分の『好み』を正確に伝える事が難しそうです。サスペンションって、詰まる所『良い』『悪い』というのが無く、『好き』『嫌い』が判断基準となるので、困った所です。
ましてオフロードなんて、アバウトこの上ないですから。。。

だったら、ただのオーバーホールでいいかなぁ。。。

でも、『オリジナル』というステータスも捨て難い。。。

悩むなぁ。。。

by tm144en | 2011-02-15 14:16 | HUSABERG fe650e | Comments(4)