カテゴリ:BIMOTA DB7S( 457 )


2019年 09月 25日

【DB7】フロントカウル補修(塗装その5)、サイドカウル補修(下地作りその3)

【DB7】フロントカウル補修(塗装その5)、サイドカウル補修(下地作りその3)_e0159646_11442940.jpg

なんか、スゲー目立たなくなりました☆

【DB7】フロントカウル補修(塗装その5)、サイドカウル補修(下地作りその3)_e0159646_11445569.jpg

スマホのカメラじゃもはや写しきれないレベルじゃないでしょうか?

パールの上塗りを何度も塗り重ねただけなんですが、これが意外とボカシ効果があったようで、ボカシ剤だけの時より全然目立たなくなりました。

まぁ、見る角度や光の加減で判るっちゃ判るんですが、僕はもうこれで十分満足ですヨ♪

あとはこのパールの上塗りの表面を磨いて、クリアを厚塗りしてさらに磨けば完成ですね☆


==========

【DB7】フロントカウル補修(塗装その5)、サイドカウル補修(下地作りその3)_e0159646_11491708.jpg

サイドカウルの方は、前回盛り付けたパテの表面を均す作業から。
こちらはフロントカウルよりも面積が広く、なおかつパテ以外の部分も削る必要性があるので、面で磨けるように厚手の硬いスポンジにペーパーを巻きつけて作業しました。

#240である程度削り落としたあと、#400で仕上げていきました。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その5)、サイドカウル補修(下地作りその3)_e0159646_11525416.jpg

指先の感覚を頼りに、可能な限り表面に凹凸が出来ないよう丁寧に磨きました。

それでも、わずかな凹みや傷なんかがあったので、

【DB7】フロントカウル補修(塗装その5)、サイドカウル補修(下地作りその3)_e0159646_11544556.jpg

余った塗料を吹き付けました。

で、この塗料を吹き付けて思ったのですが、

「アレ?塗装でもイケたんじゃね!?」


by tm144en | 2019-09-25 11:57 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2019年 09月 20日

【DB7】サイドカウル補修(下地作りその2)

【DB7】サイドカウル補修(下地作りその2)_e0159646_06243455.jpg

さて、サイドカウルの下地作りの方を進めます。
前回、ステッカー剥がしと木用のオービタルサンダーで荒く研磨する所までやりました。サイドカウルはラッピングフィルムを貼るので、下地は平らになってさえいれば良いと考えています。

しかし、その『平ら』が簡単ではなくて、カーボン層まで削れてしまった箇所は一番ヒドい所ではカウルの形が変わってしまいましたし、そうでない所でも切り欠き溝が出来て強度が落ちていることが考えられます。

というわけでこちらもフロントカウル同様、パテで下地を補修します。

【DB7】サイドカウル補修(下地作りその2)_e0159646_06324918.jpg

かなり大げさに塗ったくってしまったので、削るのが大変そうですが(汗)
でも、塗装と違ってヤスリがけは得意なので、こちらは綺麗に仕上げるよう頑張ります☆

問題はラッピングフィルムだよな〜・・・

①ヒーターガンをあてながら

②カウルを支えながら

③フィルムを貼る


手が足りない(笑)

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

あ、いーこと思い付いた( ´艸`)www







by tm144en | 2019-09-20 06:38 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2019年 09月 19日

【DB7】フロントカウル補修(塗装その4)

やり直す!!

【DB7】フロントカウル補修(塗装その4)_e0159646_04295793.jpg

やはり、直線的な切れ目があるのがどうしても納得行かなかったので、ペーパーで削って下地の白から塗りなおすことにしました。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その4)_e0159646_04314272.jpg

今度はマスキング無しで、しかも塗る範囲もかなり広く吹き付けました。
DB7のロゴの部分や赤い部分、果てはハンドルの方にまで塗料が飛び散っています。

でも、その甲斐あってか、

【DB7】フロントカウル補修(塗装その4)_e0159646_04332478.jpg

色の境目は全くと言って良い程判らなくなりました。その出来栄えに気持ちも高ぶったのもつかの間・・・・

【DB7】フロントカウル補修(塗装その4)_e0159646_04351935.jpg

表面を磨いていったことで、水たまりのシミのようにうっすらと境目が判るようになってしまいました。
これは・・・・これ以上は無理なのか・・・・

確かに、塗装した直後の状態は境目は殆ど判別できない状態ではありましたが、単純に塗装として美しい仕上がりではありませんでした。表面はザラザラでしたから。
なので、極細のコンパウンドで磨いていったのですが、それをやればやるほどだんだんと境目が目立つようになってきてしまうのです。
おそらく、あの表面がザラザラの状態のままパールの上塗りとクリアー吹き、磨いて仕上げれば『補修の痕が目立たない』状態にはなったのかもしれませんが、それでは奥の深い艶感が失われているので別の場所の色味との差異が出てしまう可能性もあるかもしれません。

・・・・とまぁ色々考えはしたものの、いかんせん塗装の経験値が低いものであくまで推測の域を出れないのですよね〜。
むしろ『今』経験値を蓄えてる最中って感じですね(笑)

「私が練習台かよっ!」

という姫のお怒りの声が・・・

いやぁ〜でも、私の性格上ぶっつけ本番じゃないとヤル気でないんで、しょうがないっス〜

ーーーーーというわけで、境目が気にはなるものの、そのままパールの上塗りを吹き付けてみると、幾分マシにはなったので、「これでいっかナ〜・・・」とも思い初めている今日この頃でして。

なんつ〜か〜

飽きてきた

K1のミッションシムや、姫の配線処理をした時のような集中力が全然出てこないんですよね〜。
なんか、こう、マシンの機能に直接影響するような、シビアな作業であればあるほどヤル気が出て集中もするのですが、カウルの傷とか正直どうでも良いというか・・・・いや、まぁ、綺麗な状態を保ちたいという強い思いはあるんですよ。洗車もワックスがけも欠かしませんし。

ただ、やはり難易度というか、そもそも純正の色とかなり似ているとは言え違う色を塗っておきながら『境目を目立たなく』などという狂ったことをやってるわけですから、そりゃ出来ないものは出来ないわけですよ。

さ〜て、どうしたものか・・・・


by tm144en | 2019-09-19 04:56 | BIMOTA DB7S | Comments(3)
2019年 09月 15日

【DB7】フロントカウル補修(塗装その3)

さてフロントカウルの補修ですが、これまで

パテによる成形→下地処理→塗装1→塗装2

と行ってきました。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その3)_e0159646_13302394.jpeg

というわけで、2回目の塗装が乾きました。下地のデコボコもうまく埋められたので、表面を均していきます。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その3)_e0159646_13325783.jpeg

今度はこれを使用します。タオルにつけてひたすら磨きます。
綺麗に均されたら、

【DB7】フロントカウル補修(塗装その3)_e0159646_13341134.jpeg

パールの上塗りを塗布。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その3)_e0159646_13371424.jpeg

う〜ん・・・

【DB7】フロントカウル補修(塗装その3)_e0159646_13373127.jpeg

画像では判りにくいですが、パールを塗ったことでかなり周囲の色と同調はしましたが、やっぱマスキング貼ったのがまずかったようで、直線の切れ目がハッキリ見て取れます。
もちろん、その切れ目部分をコンパウンドで磨いたのですが、切れ目が消えることはありませんでした。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その3)_e0159646_13393372.jpeg


【DB7】フロントカウル補修(塗装その3)_e0159646_13394590.jpeg

クリアも塗ってさらに磨きましたが、とても満足できる状態にはなりませんね。わずかに良くはなりましたが、やはりボカシ剤を使うべきでしたね。

いや、まぁ、ボカシ剤の存在は知っていたのですが、なんか使わなくてもイケるような気がしたんですよね・・・
それに、ボカシ剤のあのボケた感じが『直しました感』があってイヤだなぁ〜というのもあります。

ただ、そこんところはやはり能力の問題でしょう。
整備歴20余年と言えど、塗装歴はギュッと圧縮したら1年にも満たないですから(笑)

やっぱ塗装ニガテ〜_(:3」z)_


by tm144en | 2019-09-15 13:48 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2019年 09月 14日

【DB7】チェンジペダル取付

【DB7】チェンジペダル取付_e0159646_05341030.jpg

さて、ペダルを取り付けるに当たっては、締め付けボルトの通る凹みを作る必要があります。製作コストを削減するという理由で敢えて加工依頼はしませんでした。

ボルトの通り道は1箇所であるにも関わらず純正の形状は円周上全てが凹まさってるのは、製作上の都合や組み立て時の都合からでしょうし、それでいて取り付け強度も十分保たれているのでしょう。
もっと言えば、取り付けの強度が保たれているのであれば軽量化の観点から考えても良いかもしれません。

そこまで考えていて、なぜ多少の工賃をケチってでも同じ形状にしなかったかと言いますと、それはできる限りペダルの締め付け部分は『面』で接触させたかった、という思いがあったから。
それはもう、論理的な理由ではなく感覚的な理由。「そうしたい!」という、子供じみた言い訳に過ぎないのです。


ーーーーーーーーーというわけでボルトの通り道の作り方ですが、当初の考えではペダルシャフトに取り付けた状態でボルトの穴からドリルで削ろうというものでしたが、いらない傷が増えそうなので却下。

【DB7】チェンジペダル取付_e0159646_03320153.jpg

場所をマーキングして、普通に削ることにしました。

【DB7】チェンジペダル取付_e0159646_03484730.jpg

非常に安直な仕上がりですが、必要十分。

【DB7】チェンジペダル取付_e0159646_03493120.jpg

取り付けも問題無く行うことができました☆

おっ♪イイネイイネ♪
それに、純正の形状よりもシンプルでカッコイイです☆純正はペダルの位置調節ができるように、オフセットされた構造になっていたので、デザイン的にあまり美しくはなかったのです。

【DB7】チェンジペダル取付_e0159646_03545598.jpg

位置的には違和感が無いので、私にはこれで十分です。
・・・・あ、そうか。ボルトの凹みは、こっち側は位置を変更する為に回転させるからという理由もありましたね。

さて、最後の仕上げに上図の17番のボルトが必要なのですが、M5で座面が13mmのボルトというのがなかなか見つけられませんでした。プラスの頭のヤツやワッシャーを挟むというのは論外なので、最後に意外な所でつまづいてしまいました。

そしてさまざま探した所、唯一見つけることができたのが・・・・そう『METALIZE』さんでした。

【DB7】チェンジペダル取付_e0159646_04005478.jpg

チタンでっせーーーーー\(^o^)/☆☆☆☆

ガッゲーーーーーーーー!!!!!!!!!!

「チタン」と聞くだけでお漏らししそう〜(?)

「月1チタンボルト化計画」を2年程前に立ち上げましたが、まだ1回しか買ったことがありませんでした(笑)
しかし!ここにきてまさかのチ・タ・ン❤️

【DB7】チェンジペダル取付_e0159646_04043203.jpg

あ、ヤバ・・・

チョーカッケー(涙)

なんか『イイモン付いてる感』がひしひしと伝わってきますねぇ〜!

まぁチタンボルトは、車両に使用される全てのボルトをチタン化することで『軽量化』という意味が大きく現れますので、1箇所2箇所変えた位ではただの『お飾り』程度に過ぎないと言っても良いでしょう。特にM5やM6ならなおさら。

しかし、千里の道も一歩から。

全てのボルトをチタン化する為にはとんでもない費用がかかりますので、いっぺんに全部購入するのはよっぽどの勇気がいります。
だからこその『月1チタンボルト化計画』なのです。この1個がなければ、明日の2個目は永遠に来ることはないのですから・・・・・・




キマッター


by tm144en | 2019-09-14 04:14 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2019年 09月 12日

【DB7】シフトペダルゴム製作

【DB7】シフトペダルゴム製作_e0159646_05225945.jpg

A5052のワンオフシャフトの強度に確証が得られたので、お次はシフトペダルにつけるゴムを作ることにします。
材料はウレタンの硬度95にしてみました。純正が天然ゴムかウレタンか判断がつかなかったのですが、ウレタンの方が耐久性が良いのでこれにしました。
ただ、硬度は95だとちょっと硬すぎました。純正も結構硬いように感じたのですが、90か、それより下でも良かったかもしれません。

でも、まぁ使えないこともないので今回はこれでやってみることにします。

さて、K1の時のように、これをこのまま被せて「はい、出来上がり」でも良いのですが、やはりここはお姫サマ。ちゃんと美しい仕上げをこだわります。

【DB7】シフトペダルゴム製作_e0159646_05285965.jpg

純正の形状はこのように『樽型』になっているので、同じ形に成形します。

【DB7】シフトペダルゴム製作_e0159646_05294554.jpg

先ほどのウレタンパイプをボール盤に取り付け回転させ、荒目の棒ヤスリを当てて削り出していきます。


【DB7】シフトペダルゴム製作_e0159646_05301128.jpg


頑張りました(+o+)

で、全体の形ができたので、お次は溝を掘っていきます。

【DB7】シフトペダルゴム製作_e0159646_05322313.jpg

今度は細い棒ヤスリを使って慎重に削っていきます。
溝の間隔はアバウトに・・・

【DB7】シフトペダルゴム製作_e0159646_05334683.jpg

できたー\(^o^)/

【DB7】シフトペダルゴム製作_e0159646_05341030.jpg

まぁまぁイイんじゃないでしょうか!?
ボク、これくらいで満足できる子なので\(^o^)/☆☆

さーて次回はいよいよ車体に取り付けまっせ〜♪


by tm144en | 2019-09-12 05:36 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
2019年 09月 10日

A5052 H34 破壊実験

「やってみるに勝るものは無い」

A5052 H34 破壊実験_e0159646_05082840.jpg

というわけで、A5052材調質H34の丸棒を入手したので、これで破壊実験をしてみることにしました。

今回、姫のワンオフシフトペダルの材質に選んだものと同じになります。ただし、シフトの方の太さは8.4mmですが、丸棒は規格品の為8mmとなります。

実験の方法を色々考えたのですが、やはりシフトと同じ環境を設定することは困難だったので、

A5052 H34 破壊実験_e0159646_05120651.jpg

単純にバイスで掴んで固定させるだけにしました。
状態としては、シフトよりも過酷であることが言えます。シフトの方は、シャフトの径全体で固定されているのに対し、この方法ではバイスで挟んでいるほぼ『点』による固定になるからです。
また、シフトは足で操作した際に動いてから止まるのに対し、この方法ではその『遊び』がありませんので、力が直に伝わってしまいます。

ただ、実際よりも過酷な状態でもし良い結果が得られたのなら、それはそれで問題はないので、とりあえず今回はこれでやってみることにします。

具体的な方法ですが・・・・・単純に『蹴る』のみ(笑)
鉄芯の入った靴を履いて、つま先でガンガン蹴りました。

始めはシフト操作で与えるであろう力加減で蹴ってましたが、まるで曲がる様子もないので、思いっきり蹴ってみると、少しずつ曲がっていきました。

A5052 H34 破壊実験_e0159646_05201341.jpg

曲がってからも数回蹴り続け、ようやくこの角度にまで達しました。

シフト操作ではありえない程の衝撃を加えての結果なので、この時点でA5052H32の選定に問題は無かったと言ってよいのではないかと思うのですが、せっかくなのでもう少し考察を進めることにします。

まず、曲がった状態のまま元に戻らないということは、『塑性変化』をした、ということになります。

A5052 H34 破壊実験_e0159646_05375820.jpg

この図は、応力ひずみ曲線をかなりアバウトに記したものですが、塑性変化とは上降伏点を過ぎた状態を言います。
弾性域とはバネをイメージするとわかりやすいのですが、曲げても(歪んでも)元に戻る状態ですが、塑性域に入るともう元には戻れなくなります。(付き合った男女が、もう出会う前の2人には戻れないね、ていうのと同じです)(付き合う前の弾性域が一番面白いし、何事もなかったことにできる)(度を過ぎて愛し合うと破断します)(これを男と女の応力ひずみ曲線と言う)

蹴って曲がったA5052のシャフトは、まさにこの塑性域に入ったことになります。
で、ここからややこしくなるのですが、この塑性変化を起こした金属は、『加工硬化』という内部変化を起こします。つまり、塑性変化を起こす前の状態より『硬く』変質するのです。

この話は説明できるほど詳しく理解していないので割愛しますが、簡単にいうと、金属の同じ場所を繰り返し何度も降り続けると、その部分がポキっと折れるというのは誰しも経験があると思います。
その実態が『加工硬化』なのです。硬いから『折れた』のです。しなりがある(柔らかい)と折れないのです。
ガラスをハンマーで叩くと割れるのは『硬い』から。鉄板をハンマーで叩いても割れないのは『柔らかい』から。

強い、弱いは『硬い』『柔い』の一言で表すことはできません。
しなりがある、『柔い』から『強い』ともいうことができますし、逆に『柔い』と『剛性が低い』とも言われます。


そこで今度は、曲がった部分を逆から蹴りました。つまり、まっすぐの状態に戻そうとしたのです。

A5052 H34 破壊実験_e0159646_05224682.jpg

そしてその結果がこれ。
『元に戻りました。』

実は、これが今回一番感動した点になります。

A5052材の特質の一つに、『疲労強度に優れている』というものがあります。
その性質だけでこの結果になったというのはいささか早計かと思いますが、当たらずも遠からずだと考えています。

というのも、アルミの特性は、先ほどの応力ひずみ曲線でいうところの『弾性域』が非常に狭い性質をもっており(これがアルミが剛性が高いと言われる所以)、加工硬化の影響も鉄より大きいと思っていました。(事実はわかりません)

つまり、アルミは曲げ戻しを繰り返すと、鉄より早く折れるというのは、なんとなく経験的にそう感じる所で、おそらくこれも当たらずも遠からずだと思います。

そう思っていたアルミが、このA5052のH34だと、たった一度ではありますが、曲げ戻しを行ってもヒビ一つ入らなかったというのが私の想定を上回って感動を呼び起こした所になるのです。

もし、このA5052を採用する場所が、寸分の狂いも許されない箇所に使用されるのであれば「破断さえしなければ良い」という考え方はできませんが、今回このA5052を採用した箇所はシフトペダルであるので、「破断さえしなければ良い」と言ってしまって良いのではないでしょうか。
万が一度重なる操作のうちに曲がってしまったとしても即破断してしまうことは無く、さらにはその状態からもまっすぐに戻しても大丈夫である、ということが今回の実験で解りました。(しかも加工硬化で少し硬くなって次は曲がりづらくなっている)

材料選定の基本に『安全率』という考え方があり、今回の材質はその観点で考えてると安全率を十分取れている、とは言い難いかもしれませんが、クラッシャブルゾーンという考え方をふまえ、通常使用に差し支えない程度であることは、今回の実験で明らかにすることができました。

話が大分ややこしくなってしまいましたが、要するに・・・

A5052 H34で大丈夫\(^o^)/


by tm144en | 2019-09-10 06:18 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2019年 09月 05日

【DB7】クラッチレバー補修作戦!

【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_02440904.jpg

さて、美しい姫の左指にあたるこのクラッチレバー。bimotaのロゴが刻印されている、(おそらく)ジュラルミン削り出しの逸品です。

そんなクラッチレバーが、

【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_02460390.jpg

かの転倒によってこのように削り取られてしまいました。
折れたり曲がったりすること無くこのように削れただけで済んだのは、ひとえに材質の剛性の高さに因る所だったと考えられるでしょう。

傷さえ気にしなければこのまま全く問題無く使用できますが、そこは美しい姫のか弱い(?)指ですから、なんとか治してあげたい所です。
純正部品の取り寄せはアテになりませんし、社外品に交換するのは『デチューン』に等しい。

強度的に全く問題無い状態ですので、ここはなんとか『補修』でうまいこといかないだろうか?

そう考え今回試してみるのが・・・・


【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_02555700.jpg


『アルミのロウ付け』

初・体・験❤️❤️❤️

【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_03161037.jpg

YOUTUBEでやり方のお勉強をしてから、レッツトライ♪

【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_03014410.jpg

要領は半田付けと同じです。母材をしっかり熱してアルミのロウ棒を充てていくだけ。

やり始めた直後は「お!ええやん!ええやん♪」と思ったのですが、やっていくうちにこの手法には欠陥があることが判明。
それは、溶けたアルミの表面張力を超えた分は横に流れて広がってしまう、という点です。やる前のイメージ的には、削れた箇所に溶かしたアルミで肉盛りしていくという感じでしたが、実際にやってみると、盛り付けても盛り付けても横に広がり、しまいには滴り落ちてしまうのです。
母材のクラッチレバーは合金なので融点が違いますから、溶けているのはあくまでロウ棒の方だけではあります。

じゃぁ、ということで削れている箇所を下に向けて下からロウ付けをやってもみましたが、そうすると横がすぼまってひょうたんみたいな形になってしまいます。

ならば、と母材の温度を低めにしてロウだけを溶かしてやってみると、モリモリ盛り付けできるのですが、力を加えると「ポリーン」と剥がれてしまいます。

温度が高すぎても、低すぎてもダメ。

絶妙な熱し具合を模索しながら、なんとか

【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_03155107.jpg

『それなりに』モッコリさせることができました。

ここまできたら次は、

【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_03183026.jpg

ベルトサンダーで削って形を作ります。

【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_03194257.jpg
【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_03200391.jpg

【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_03192175.jpg
【DB7】クラッチレバー補修作戦!_e0159646_03191084.jpg

まぁまぁいい線行ったのですが、どうしてもやはり欠損部分が出てしまいました。熱し方が足りなくて剥がれてしまった所ですね。

う〜ん・・・・

どこまで綺麗に直せるかわかりませんが、な〜んか「直しました感」がにじみ出てたら貧乏臭くてヤダな〜笑

どうすっかな〜・・・・


by tm144en | 2019-09-05 03:25 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2019年 09月 03日

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)_e0159646_03441860.jpg

塗装が乾いたので、#1000のペーパーで表面を均していきます。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)_e0159646_03452044.jpg

下地が出てきました。
下地のパテも、完璧に磨いたつもりでしたが、わずかなへこみや穴などがあったので、今回の塗装をその部分を埋める役割としました。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)_e0159646_03481199.jpg

再度塗装。今回は塗装範囲を広げたので、マスキングテープを使用しました。パテの部分だけで塗装すると境目が目立つので、純正の塗装と重ねてグラデーションのようにできればと考えました。
塗装乾燥待ちなので、この日はこれにて終了。

続いては・・・

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)_e0159646_03510217.jpg

サイドカウルに取り掛かります。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)_e0159646_03513520.jpg

ステッカーを剥がさなければなりませんが、クリアーの下に貼られているので、軽くヤスリをかけます。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)_e0159646_03522797.jpg

スクレーパーでぐいぐい剥がしていきます。
いや〜、精神的に結構シンドイ。。。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)_e0159646_03530699.jpg

ただ、もっと過酷なのはコッチ。
ステッカー部分には殆ど傷が入ってないので、これを剥がすのは身を裂く思いです。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)_e0159646_03544800.jpg

しかし、姫を美しく蘇らせる為、心を鬼にして剥がしました。

ただ、これだけでは終わりません。むしろここからが戦いなのです。

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)_e0159646_03560480.jpg

これで・・・・

【DB7】フロントカウル補修(塗装その2)、サイドカウル補修(下地作りその1)_e0159646_03561945.jpg

ガッシガシ磨きました。
もうここまでくると、ただの『物』になってしまったので、感情が揺さぶられることはありませんでしたね。
とにかく表面を平滑にすることだけに神経を尖らせました。

一部、カウルのカーボンが削れて形が変わってしまってる部分がありますが、当初の想定よりもはるかに狭い範囲に止まっていました。
滑った距離が短かったのもあるでしょうし、私の肩や膝で支えていた分もあるのでしょう。いずれにせよ、これほどの軽症で済んだことは幸運に値しますね。

いっぺんに作業すると雑になるので、この日はここでやめておきました。先は長いですから、ちびちびやっていきましょう♪


by tm144en | 2019-09-03 04:02 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2019年 08月 31日

【DB7】ワンオフシフトペダルシャフト到着☆

【DB7】ワンオフシフトペダルシャフト到着☆_e0159646_07394032.jpg

わっしょ〜い\(^o^)/♪

ついにキタぜ〜!
左が今回野方電機さんに造って頂いた物です。なんすか!瓜二つじゃないっすか!!

【DB7】ワンオフシフトペダルシャフト到着☆_e0159646_07405815.jpg

根元部分のなだらかな曲線もちゃんと作ってくれてます。

いや〜〜〜楽しみだわい\(^o^)/

=======

さて、今回のこのシャフト。材質をA5052のH34にしたのですが、シフトペダルとしての強度はちゃんとあるのか?という部分を『理論的に』計算してみました。今更ですが笑

ですが、『理論的に』計算するとなると、私の小さい脳みそでは全く理解の範疇を超えてしまいました\(^o^)/

とりえず、2時間で理解できた所だけのまとめ・・・

(1)
A5052 H34の引っ張り強さは

260N/mm2

であり、シャフトの細い部分の断面積は約55.4mm2なので、シャフトとしての引っ張り強さは

14408N

となる。

(2)
成人男性の足で踏む力は最大で

1000N

とされている。

(3)
曲げ応力

σmax=M Z

を求める。
シャフトの断面係数は、

Z=π/32×8.4×8.4×8.4=58.18

曲げモーメントは、

M=1000N×0.037m=37N・m

なので、曲げ応力は

0.635N・m

・・・・・・・・

・・・・・・・・

は?







by tm144en | 2019-08-31 07:59 | BIMOTA DB7S | Comments(0)