カテゴリ:未分類( 878 )


2020年 03月 30日

ケンちゃん

さすがに、ケンちゃん亡くなっちゃったのは悲しいなぁ・・・・

ただテレビで見てただけの人で、会ったことも話したことも無いというのに・・・・


今は亡きおじいちゃんの家で、毎週欠かさず見ていた『8時だよ全員集合』と『カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ』

祖父を亡くして久しくなるが、志村けんという存在は私をあの頃に連れ戻してくれた

幼い頃に過ごした、祖父の家での多くの時間・・・・


またひとつ、大事なものを失ったような気になるが

それでもなお、私は歩き続ける

私の中で生き続ける想い出と共に・・・・



by tm144en | 2020-03-30 15:52 | Comments(3)
2020年 03月 01日

だいちゃんガレージ2020

だいちゃんガレージ2020


だいちゃんガレージ2020_e0159646_00432983.jpeg

また新たな伝説が始まる……




by tm144en | 2020-03-01 00:44 | Comments(4)
2020年 02月 22日

『哲』不足

現代人は『鉄』不足と言われ、食生活を見直す必要があるのかもしれませんが、今回はテツはテツでも哲学の『哲』のほうのお話。

現代人は、というかネットが普及してから加速度的にだと考えているのですが、圧倒的に『哲学』が不足しているのではないかと最近よく思うようになりました。

科学が発達する遥か前、古代ギリシアの頃なんかだと、『科学的な考え方』よりも『哲学的な考え方』の方が重きをおかれていました。
まぁ正確には、当時の人たちは「科学がまだまだ発展してないから、哲学的に考えるべー」と思っていたわけではなく、哲学的な考え方が『当たり前』だったと推察します。
物事の真理を考える時、実験や情報からアプローチすることが出来なかった時代ですから、ソクラテスのような人が「こうである」と語ったことが、世の中の真理だと考えられていました。

この『哲学的な考え方』というのは、科学がかなり発展した戦後もしばらくは比較的重要視されていたと思いますが、インターネットが普及し子供の頃からSNSを扱うようになると、明らかに衰退していったように感じます。

その原因は、『哲学的な考え方』に意味が無いからだと思います。なぜなら、ネットを見れば正解と『思わしき』モノがすぐ見つけられるから。つまり、自分で考える必要がないから、どんどんそれが当たり前になり、やがて物事を考える力が失われていく。

『哲学的な考え方』とは極論、『答えの無い問い』について考えるということですから、考える力は最大限必要と言えます。

しかし、情報過多の現代において、『答えのない問い』を考えている暇などなく、やりたいこと、やるべきことに押し流され日々を過ごす人が大半だと思います。

だから、例えばネット上のコメント欄などで言い争っているのをみると、哲学が不足しているが為ただの揚げ足取りの罵声大会になってしまうことが殆どです。
それはなぜかというと、言葉を表面的にしか捉えることができなくなってしまっているからで、筆者の言わんとすることを『汲み取る』という能力が欠落しているからではないかと思うのです。

物事を体系的に捉え、整理し、答えを導き出す。そういった『科学的な考え方』はむしろ昔の人よりも今の人の方が得意になっていると思いますが、じゃぁなぜ中国はあんなことをするのか?といったことは、もはや哲学でしか答えを導き出すことはできないと私は思っています。
論理的に正論を言っても、相手はそれを受け入れないのですから、科学的な考え方など無意味なのです。

そうではなく、「なぜ中国は、そういった行動にでるのか?彼らの心の中にはどういう思いがあるのか?」そういう観点で考えていかないと、「だって、俺たちの領土だし!歴史的にそうだし!」と言ったところで彼らには届かないのです。

それと、『科学的な考え方』にとらわれ過ぎている人も要注意で、例えば死後の世界があるのか無いのか。
「いやいや、そんなの科学的に解明されていないから、無いに決まってるじゃん!」と考えてしまう人が多いと思いますが、これも『今の科学では』解明されていないだけで、1000年後には死後の世界はあるのが『常識』になっている可能性だって十分にあります。

例えば今から1000年前、太政大臣になった藤原道長にスマホを渡して、「これで紫式部に連絡とったら?」って言ったら、多分頭のおかしいヤツだと思われて斬り殺されてしまうでしょう。
さらに1000年前、縄文時代の人に天下統一の話をしても、やはり意味が通じないでしょう。

つまり、1000年という月日は、今ある常識は全て覆されているといって過言ではないのです。
藤原道長にとっては、遠く離れた人と話ができるという『概念』すら無いのです。

したがって、たかだか今の科学知識程度で判断し、死後の世界は「無い」と決めつけてしまうのは、我々が藤原道長に思い抱く感情を1000年後の人たちに思われてしまうということになるかもしれないのです。

しかし、哲学的に考えるということは、人間は死んだ後いったいどうなるのか?魂は存在するのか?前世や来世は巡っているのか?そういった思考展開になっていきますから、もしかすると1000年後の科学に一歩でも近づける可能性は十分にあります。

そう。つまり、哲学は時として科学をも超越し、来るべき未来の指標として十分に機能する『学問』だと私は思っています。
しかし、明確な『答え』がないから、知識の豊富な現代の人に哲学的な考え方を説いても、逆に変な人扱いされてしまうのが『オチ』です。
現代人は往々にして『わかりやすきこと、正義なり』という考えになってしまっていますから、科学的に解明されているといった解りやすいことでないと、受け入れることが出来なくなっているのです。

どんなことも解りやすく解明すればするほど、実はその本質からどんどん遠ざかっている

私はそう考えます。
丸い物が丸く見えるのは、私が丸いと思って見るから丸いのであって、その物体は本当は丸では無いのかもしれないのです。

例えばアナログ時計の秒針。不意にパッと見た時、「あれ?秒針止まってる?」と感じたことがあると思います。あれがまさにポンコツ大脳の仕業なのです。
秒針を見続けている時は、1秒ごとに動く物体をみて、情報処理を1秒ごとに更新させ「次はこう、次はこう」という予測の元に映像化しているのです。
なので、突然見ると、それが1秒ごとに動くものなのかどうかの判断がつかないので、一瞬止まって見えるのです。

余談ですが、交通事故で相手の人と話が噛み合わないのはこれが原因だと思います。あと、事故の瞬間が止まって見えるのもこれ。



人間の大脳皮質で考えたことなんて、たかだか数百年程度の蓄積でしかないのです。地球が誕生して46億年、生物が誕生して5億年以上経ちますが、DNAに組み込まれた『データ』はその頃から蓄積しています。
大きな音にビックリするとか、明るいところが眩しいなど、5億年の生命本能に比べれば、大脳皮質なんてゴミカス以下でしかないのです。
解っている『つもり』になっているだけであって、実は私たちは何も解っていないのです。指にタコが出来ることすら、科学では解明されていないのですから。

だからこそ、『哲学』なのです。









by tm144en | 2020-02-22 07:32 | Comments(3)
2020年 02月 21日

欲しいモノシリーズ

も〜欲しいものがイッパイあり過ぎて困っちゃうんですが、楽しい悩みです(笑)

ただ、色々ありすぎてとても全てをいっぺんに購入することはできないので、優先順位をつけて順番に買っていかなければなりません。

というわけで、今の段階でめぼしいものをとりあえず整理しておきます。


まず、なにより最優先なのが『ヘルメット』

欲しいモノシリーズ_e0159646_04205919.jpg
欲しいモノシリーズ_e0159646_04210988.jpg

次はスコーピオンのヘルメットを狙っているのですが、まぁスゲーカッケーっす♪
最近の流行りはやはり後ろ側のエアロダイナミクス効果を狙っているであろう形状が魅力的ですね。

今まで使用していたnexxのヘルメットはフルカーボン製で、重さは実測で1300gとかなり軽量なので、こと同じか軽いのじゃないと満足いかないのですが、なかなか無いんですよね〜。
カーボン製だと普通カーボン柄の真っ黒けっけ〜のばかりで、派手派手カラー好きの私としてはナシなんですよね。

このスコーピオンのEXO-R1 AIRだとカーボンではないっぽいんですが、重さは1280gとなっているので、XLの帽体でも1300g台で収まるかな〜と考えています。

カラーリングもまぁまぁ良いので、色々見た中では今の所消去法でコレですね。

ブランドは、珍しいモノ好きの私としては国産ブランドは論外で、AGVやSUOMY、Airohはもう飽きたのでそれ以外でそこそこのブランドとなるとこのスコーピオンかなぁ〜って感じでした。

最初はずっとシューベルトで考えていたんですが、なんかドイツ製ってデザインが地味というかなんか心を揺さぶるものがないんですよねぇ。
やっぱ刺激的なのはイタリアっしょ!


さて、お次は、

欲しいモノシリーズ_e0159646_04385234.jpg

TCXブーツ。オフ用ですね。
TCXがブランド名のようになってますが、これは足首の『ダブルフレックスコントロールシステム』のパテント名が『TCX®』ということで、もとはといえば『オクスター』のブーツです。
ただ、TCX®を世に広める為ブランドロゴもろとも『TCX』なっちゃって、。オクスターは何処へやらって状態なのです。

青黄色のカラーリングが私のど真ん中に突き刺さりますし、スニーカーソールを一度履いてみたかったので、このブーツは絶対『買い』ですね。

ただ、ヘルメットと違って今履いてるフォルマーのブーツがあるので、必ずしも買わなければいけないわけではありません。
しかし、2020モデルからはこのカラーリングがラインナップされていないので、在庫がある今のうちに買ってしまわないと無くなってしまう可能性が非常に高いのです。

ブーツも、アルパインスターやガエルネといった有名ドコロは選ばず、敢えてちょっとマイナー路線を行きたいですね〜。


そして本日最後は、

欲しいモノシリーズ_e0159646_04493447.jpg

マクナウェアー。
ツーリング用ジャケットで、主にチャレンジ用ですね。今持ってるツーリング用ウェアーはBMWのアトランティスしかないので、k1なら良いですが、チャレンジにはちょっと似合わないので、こういったテキスタイルウェアーが1着欲しいのです。
礼文島ツーリングの時に着てった、今はtm乗る時に着ているUFOのエンデューロウェアーは、やはり北海道のロングツーリングに使用するにはちょっと通気性が良すぎて寒いので、もう少し密閉度が高く無いとだめなんですよね。

ウェアーはドイツ製じゃ無いとまともなのなかなか無いのですが、いかんせんデザイン性は良いにしてもカラーリングがイマイチなのばっかりなんですよね。
もっとギラギラ青とか黄色とかの面積広くしてくれれば良いのに、なんかワンポイント的な使い方しかしないし、というかそもそも黒とかグレーばっかり。オフ走るんで、やっぱ奇抜なカラーリングじゃないとワクワクしないんですが、ツーリングカテゴリーで奇抜なやつは敬遠されるんで仕方が無いですね。

ブランドはヘルドかマクナかな〜って探してたんですが、ちょっとこのマクナウェアーが気になったので一度試してみたいですね。

いや〜、天の邪鬼はつらいぜ〜笑




by tm144en | 2020-02-21 04:59 | Comments(0)
2020年 02月 08日

目の錯覚

本日は目の錯覚のお話。


まずは、下の図をご覧ください。




目の錯覚_e0159646_07375725.jpg

これは有名な目の錯覚の図で、誰しも一度はご覧になったことがあると思います。
上下とも同じ長さの線ですが、両端の形の違いがあることで上の線の方が長く見えるように『錯覚』してしまいます。

つい先日、たまたまこの図を目にした時に、いったいどれ位の割合を『錯覚』しているのか気になったので、今回パソコンで正確に作画して比較検討してみることにしました。


長く見えている上の線を、10%ずつ短くしていきます。


目の錯覚_e0159646_07435153.jpg


まずは90%。下の線の長さよりも10%短くして中心の位置は合わせています。
まだ上の方が長く見えると思います。


目の錯覚_e0159646_07450634.jpg

次に80%
個人差もあるかもしれませんが、私にはまだギリギリ上の方が長いように見えますね。



目の錯覚_e0159646_07460087.jpg


70%。
ここまでくると、上の方が短く見えてるのではないでしょうか?


ではちょっとだけ長くして、

目の錯覚_e0159646_07473071.jpg


75%。
私の目では、これで上下がほとんど同じ長さに見える様になりました。


目の錯覚_e0159646_07483193.jpg

両端の線を外すと一目瞭然。これだけの差を『錯覚』させられていたとは驚きです。その差25%!

ただし、両端の線の角度や長さ、また上下の線の離し具合や線の太さ、果ては色の違いなどによっても『錯覚』の割合は変わってくると思いますので、今回の検証結果はあくまで『今回の条件』でのみの話になります。

それ以外の要素での比較検討は・・・・またいつの日か(笑



by tm144en | 2020-02-08 07:53 | Comments(0)
2020年 01月 12日

ボーリング

今週はちょっと忙しくしておりまして、全然記事の更新ができませんでした。
というのは仕事が忙しかったのではなく・・・そう。

ボーリング

してたんです(笑)

水曜日から毎日、仕事が終わってからいそいそとボーリング場に一人で出かけていたのです。
なんでまたボーリングなのかと言いますと、本日ドカ札さん主催の新春ボーリング大会があるので、それに向けての特訓ということになります。
まぁ実際、バイク屋さん主催のボーリング大会でそんなにムキになる必要もないので、例年は事前特訓もすることなく参加していました。

私がボーリングをするのは、このドカ札さんのだけなので、要するに1年に一回しかしません。したがって、ヘタクソなのです。100本倒すのもやっとって感じで、過去最高が子供の頃にマグレで出した156本のみ。

そんな感じではあるのですが、別に人より下手でも全く気にしないので「まぁいいや」と思っていました。

しかし、みんなでボーリングを楽しんでいる時に、80本そこそこのなんともコメントしずらい成績だと、場がしらけちゃうということに今更ながら気がついたのです。

そこで一念発起。今年は「ホンキ」を出すことにしたのです。

とはいえ、立ち上がったのは水曜日のことで、残された日数は5日しかありません。
そこから出来ることなどたかが知れてます。

そんな状態ですので、作戦としては徹底して「ストレート」に磨きをかける。これ1本に絞ります。
ボーリングでストライクを出すためには、カーブを投げて「ポケット」と呼ばれる1番と3番ピンの間を狙うのがセオリーですが、今からそんなことをマスターなど出来ません。
しかし、「ストレート」さえ投げることができれば、スペアの確率が断然上がりますし、マグレ当たりのストライクも何度か出れば、180本くらいなら視野に入ってきます。

というわけで、バイクも同様。基本は「姿勢」からですので、YouTubeやネットの解説でプロの方のアドバイスを学び、短期間で徹底的に体に叩き込みました。

水曜日に5ゲーム、木曜日は9ゲーム、そして金曜日に12ゲームを投げ込み、何度も何度も反復練習をした結果・・・・


親指の爪が剥がれかかってしまいました(笑)

イタイ・・・




by tm144en | 2020-01-12 11:20 | Comments(0)
2020年 01月 09日

ガレージ水周り整理整頓完結

ガレージ水周り整理整頓完結_e0159646_08094207.jpg

これ以上、貴重な休日を潰すわけにはいかないので、平日の内に水周りの整理整頓を終わらせました。
かなりゴチャついていた水周りでしたが、まぁまぁ整頓されたように感じます。
なにより、横に置いてあったメタルラックを無くすことができたのが良かったです。というのも、出入り口のすぐ横だったので、tmやシェル子を出す時に邪魔になっていたんですよね。
オフ車ならわざわざシャッターを開けなくても、人間用のドアから出すことができるのでそっちの方が楽なのです。それに、シャッター前にk1や姫を置いているので、なおさら。

とはいえ、今は出すことはないので、その代わりジェットヒーターを鎮座させてますが(笑)

ガレージ水周り整理整頓完結_e0159646_08180080.jpg

ブラシ類はカラーボックスにぶら下げました。
カラーボックスはメタルラックより強度は劣りますが、いろいろ改造して使うことができるのでこっちの方が便利が良いですね。
メタルラックは、重たい大きい物やコンテナボックスに分けた物を置いておく場合には便利ですが、こういった小物をしまうと隙間に落ちたり、倒れたり、横から落ちたりするので向いてません。
ぶら下げ系は、S字フックなどを利用すればできますが、カラーボックスなら釘やネジで同じことができますし、その方が安定しているのでコスパが良いですね。

ガレージ水周り整理整頓完結_e0159646_08260987.jpg

メタルラックをよけてジェットヒーターを置けたことで、作業スペースを広げることができましたし、水周りも整頓されて大変快適になりました☆






広〜〜いガレージのほんの一角ですが・・・・


by tm144en | 2020-01-09 08:28 | Comments(2)
2020年 01月 07日

除雪・ヒーターグローブ・ガレージ整理

除雪・ヒーターグローブ・ガレージ整理_e0159646_04183818.jpg

近年まれに見る雪の少ない年越しでありましたが、お天道様も思い出したのか、ここ数日でドサッと積もりました。
2020雪かき戦争の始まりです。

除雪・ヒーターグローブ・ガレージ整理_e0159646_04203525.jpg

そして、ようやくここにきてヒーターグローブの性能を試すことができました。
気温はマイナス11°C。3時間程の除雪作業でしたが、『中』の温度設定でとても快適に作業することができました。
血流が滞ってしまい、通常の防寒グローブでは寒さをしのぐことの出来なくなってしまった右の人差し指と中指ですが、このホーマックヒーターグローブのおかげで快適な雪かきが約束されましたね。

ただ敢えて言うとするならば、グローブ内に仕込まれている熱線が微妙に違和感があり、ちょっと気になりますね。痛いというかイズいというか。
まぁ、手に馴染めばそのうち気にならなくなるかもしれませんし、作業に支障が出るほどでもないので今の所は問題はないです。
あとはバッテリーの寿命とグローブの耐久性ですね。

ーーーーーさて、雪かきを終えていざバイク整備でもしようか・・・・・と思ったのですが、雑然としているガレージを見て作業意欲がわかず、急遽ガレージ整理の日に変更しました。

基本的に作業に夢中になっていると、どんどんガレージ内は散らかっていってしまうので、こうやって定期的に整理整頓模様替えを行う必要があるのです。
作業に集中しているときは、使ったものをきちんと戻すとか、そういう思考回路は働いていないので、どうしても散らかってしまうんですよね。
毎回、作業が終わったら片付ける、という風にすれば良いんでしょうけど、いつも時間ギリギリまでやるのでなかなかそうもいきません。

と、言い訳をひとしきり述べた所で本題。

除雪・ヒーターグローブ・ガレージ整理_e0159646_04334487.jpg

今回の課題はこの水周りスペース。
以前作った自作流し台周りと、その隣の棚です。
洗剤やらブラシやらジョッキやらカップやら漏斗やら油さしなんやらかんやら、なんとも言えない細々としたもので散らかっています。色んな作業をする中でなんかかんか必要になるんですよね〜。

というわけで、まずは水周り。
ポリ缶に入れた水で手を洗ったりするのですが、使い勝手が悪かったわけでは無いのですが少しレベルアップさせます。

除雪・ヒーターグローブ・ガレージ整理_e0159646_04383530.jpg

ポリ缶専用の棚を作り、そこからホースをのばして使えるようにしました。

除雪・ヒーターグローブ・ガレージ整理_e0159646_04391341.jpg

ポリ缶の口の部分に、それようの蛇口を取り付けてそこにホースを継ぎ足した形になっています。

除雪・ヒーターグローブ・ガレージ整理_e0159646_04411504.jpg

一旦物を全てどけて、必要な物の優先順位を考えながら少しずつ整理していきました。

が、まだこれで完成ではありません。

除雪・ヒーターグローブ・ガレージ整理_e0159646_04422980.jpg

なんかまだごちゃごちゃしたものがいっぱいあります(笑)
たまに使うもの、あれば使うもの、いつか使うもの、何かに使えるかもしれないもの。そういった物の整理整頓が難しいんですよねぇ〜・・・

物は、あればあった分だけ新たな発想やアイデアにつながるので、余程のゴミで無い限り基本的に『捨てる』ということをしないんですよね。
それでもたまに「えいや〜!」って捨てたりしますが、そういう時に限って後々「あ!!失敗した!!とっとけばよかった!!!」ってことを何度も何度も経験してきたので、やっぱり物は捨てられない。

ただ、整理整頓できていなければ、持っていることを忘れてしまうので、それでは取って置いてる意味がありません。それで重複して買ったものもチラホラ・・・・

上に書きました『何かに使えるかもしれないもの』。これが一番厄介なのです(笑)
使う目的が明確であればたとえ使用頻度が少なくとも持っている意味はありますが、『何かに使えるかもしれないもの』は、いつ出番がくるかは未知数なので、その来るべき日が来るまでず〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・・っと持っておかなければならないのです。

まぁ、物をいっぱい持ってることが私の精神安定剤にもなっているので、とりあえず整理整頓だけちゃんとすれば問題はないのです。はい。


除雪・ヒーターグローブ・ガレージ整理_e0159646_04553361.jpg


by tm144en | 2020-01-07 04:55 | Comments(0)
2019年 11月 24日

エロ本

エロ本_e0159646_03240667.jpeg
エロ本買っちゃっター\(^o^)/

めっちゃドスケベなヤツやでー(//∇//)

一番の目的は、「燃料噴射方式の可能性」の項目。300ページある内容の中のたかだか数ページ分の内容ですが、今一番知りたいことだったので思い切って買っちゃいました。
廃盤になってる本なのでプレミア価格になってましたが、フンパツしました。

理解したらここでウンチク語らしていただきまーーす\(^o^)/


by tm144en | 2019-11-24 03:31 | Comments(0)
2019年 11月 23日

怪我の経過報告(その4)

怪我の経過報告(その4)_e0159646_07502019.jpg
『月と青信号』

さて、怪我をしてからかれこれ3ヶ月以上が経ちました。
真っ二つに折れた肩甲骨ですが、そのままの状態で少しずつくっついていってるようです。穴の空いていた部分はそのままで、その部分に骨が形成されるのはまだまだ先のようです。

痛みはといえば、まぁもう散々オフを走ったり倒木切ったりしてるくらいですから基本的にはもう『治った』と言っても良い位の状態です。

しかし、五十肩の方というか、骨折してしばらく変な動きで生活した『クセ』がまだ抜けず、それによって衰えた筋肉を使用することの痛みが若干残っています。
具体的には、車でカバンを助手席に置く時と、エプロンを付け外しする時に後ろに手を回した時に少し痛みが走ります。
おそらく、その姿勢で使う筋肉が衰えているのだと思います。衰えた筋肉を使おうとするから痛む、といった具合です。

なので、これはかばったり安静にしたりするのではなく、むしろ逆にどんどん使って筋肉を鍛えていかなければならないので、頑張るしかないということになります。

あとは肩を特定の動かし方をした時、折れて飛び出た骨と筋肉とがコスれることで「コリコリ」とした感触が肩の中で起こるのですが、これはヤスリと同じ原理で均してそのうち平らになるとのことでした。

リハビリ時は、とにかく正しい姿勢で肩甲骨周りを意識して筋肉を動かすという方法なのですが、これがまた難しい!
数多くある筋肉のなかから、「コレとコレ」だけを選んで動かすというのがなかなか出来ることではありません。格段痛みがあるわけでもないですから、動かせる様に動かせば良いとも言えるのですが、そうすると長い時間をかけて徐々に体の姿勢が変わってきてしまいます。
まさに、右足の前十字靭帯断裂をほったらかしにして10年以上経った今、左足に全体重を乗せるクセと、それに伴う背骨の曲がりがもう元には戻せないレベルになってしまっているのですから、治療後のリハビリがいかに大切か痛感している所であります。

しかし、リハビリも1回1100円かかるので、そんなにしょっちゅう行く気にもなれません。2回行けばH1R1本買えるのですから(笑)
それに、平日の昼間に病院に行くのとかそもそもシンドイ。夜の仕事してると、ほんとこういう世間の時間に合わせるのが大変です。リハビリ行けば行くほど肩は綺麗に治っても、体に疲労が蓄積して別の病気になってしまいますよ(笑)

そんなことより、早く姫の方を治してあげねば〜〜〜〜〜!!

怪我の経過報告(その4)_e0159646_08135140.jpg

『圧縮された夜の街』


by tm144en | 2019-11-23 08:16 | Comments(2)