カテゴリ:未分類( 817 )


2018年 10月 21日

朝焼けの空

e0159646_06252325.jpeg
e0159646_06253201.jpeg
300mmはイイね☆


by tm144en | 2018-10-21 06:26 | Comments(0)
2018年 10月 11日

D-DAY

これ面白かった!!





第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦については、映画でちょっと見聞きした程度で全く深い知識が無かったのですが、この動画をみたら様々な観点で詳しく描かれていて知識欲が大変に満たされました☆

戦争の是非はともかく、話として面白かったです。


by tm144en | 2018-10-11 05:13 | Comments(0)
2018年 10月 03日

☆☆☆☆祝☆記事数3000件☆☆☆☆☆

今年の11月で、ブログ開設から丸10年になるのですが、その前に・・・

e0159646_04274439.jpg

今までの総記事数が3000件を突破しました!!!パチパチパチ♪

紆余曲折はありましたが、『継続』することが大の苦手な私が、人生で唯一と言っていいほど長く続けてくることが出来たのがこのブログだけ。
バイクを乗る、イジるモチベーションとして、このブログの存在は大変に大きなものになっています。もしブログを始めていなければ、あるいは今バイクに乗っていない可能性だってあるかもしれません。

そしてそれは、こんなブログを見に来てくださる皆様のお陰です。本当にありがとうございます!!

これからも『普通』とは一味違った記事を、まずは11月の10周年へ向けてバリバリ更新していき、その先の15年、20年をめざしていこうと思いますので、どうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします!!!


by tm144en | 2018-10-03 04:24 | Comments(5)
2018年 09月 12日

127時間

「自分だったらできるか?」

普通に生きている人は、これを観てもあまり現実的に捉えることはないだろう。

しかし、オフロードバイクで一人山を走り無茶と言えるようなことをして、時に遭難めいたことになってしまう私にとっては、これはまさに明日の自分・・・

e0159646_05075780.jpg
これは、一人の若者が誰もいない渓谷で岩に腕を挟まれてしまい、身

動きが取れなくなってから127時間後に生還するまでを描いた真実の

物語。

自分だったら、「生きる」ということを諦めず、最後まで戦うことができるか・・・



by tm144en | 2018-09-12 05:08 | Comments(0)
2018年 09月 07日

平成30年北海道胆振東部地震

前日の台風の影響が気になっていた。

いつも通りに仕事を終え、ガレージに向かう準備をしていた。
自宅を出発する前にトイレに入り、大きな用を足していたその時だった。
ウォシュレットを使いながら、全体のまだ7割程度しか排出されていない状態でその揺れは起きた。
40年近く札幌で過ごしてきたが、明らかに経験したことの無い揺れだった。家がきしむ音やガラスの割れる音が聞こえた。

ただごとで無いことは直ぐに理解した。
しかし、私はまだトイレから出られない。ドアが開かないのではなく、「終わって無い」のだ。

ウォシュレットのムーブ機能がいつも以上にムーブメントする中、自身の尻を積極的に水圧に寄せていく様は、オフロード走行で鍛え上げられた下半身のなせる技だったかもしれない。

まだ心残りはあるものの、ひとまずトイレから出ることにしたまさにそにタイミングで、停電となった。


e0159646_02021350.jpeg

e0159646_02092852.jpeg

揺れによる店の被害は皆無と言って良く、一升瓶が2本割れただけで済んでいた。
アルコールの匂いが立ち込める中、ライトの明かりを頼りに床に散らばった酒を拭き取る作業をした。
しかしその間も頭の中は、ガレージのことで一杯だった。

一刻も早く確認したい

姫が、DB7姫にもしものことがあったら……

床の掃除をあらかた済ませ、急いで車に飛び乗り、ガレージへと走らせた。

街は暗闇と化し、信号機も作動していなかった。
この時間にしては車通りが多かった。皆、注意しながら交差点を通過していた。

大きな交差点の信号機は、自家発電システムなのか一部作動している箇所もあった。
しかし、大きな交差点で信号機の作動していない箇所では、警察官による交通整備が行われていた。
それ以外の信号交差点では、基本的に大きな道路側を優先とする流れで、ある程度統制のとれた交通がなされていた。見える範囲での交通事故も無く、比較的スムーズな流れとなっていた。

信号の待ち時間が全くなかった為、いつもより早い時間でガレージに到着することができた。
急いで鍵を開け、ドアノブに手をかけ、一呼吸を置いた。
ヨシ、と意を決しガレージの中へと入った。

そこは、いつもと変わらない光景だった。
何一つ落下物も、転倒したものもなかった。特に地震対策を施していたわけでもないのだが、あの揺れの中で何一つその位置を変えずに留まっていたのだ。

運が良かったのだろう。

今後の余震に備え、マシン達が倒れないように手を施しておいた。
それから、全てのマシンからガソリンを抜き取り、サンバー丸へと移しいれた。混合も混ざっているが、問題は無い。
ガソリンスタンドの復旧も望めない状況で、取り敢えずの燃料を確保した。

一通りの作業を終え、外も大分明るくなった所で、また自宅へととんぼ返りした。
次は店の対策をしなければならない。
先程の揺れでは殆ど被害を受けなかったが、次にさらに大きな揺れが来る可能性も残っているので、出来ることはやっておくことにした。

割れる物や壊れる物を片っ端から安全な位置に移動させた。
停電が長引くようでは、冷凍庫の食材が心配だが、致し方なかった。
1ヶ月以上ゆうに食べられる量が備蓄されてはいるが、電源が入らなければ3〜4日でダメになってしまう。皮肉な話だ。

地震の揺れは大きかったとは言え、目に見える倒壊などの被害は殆ど無かった。
コンビニやスーパーに殺到する人々や、リュックサックを背負い道行く人々を眺めながら、今後に自分が取るべき行動を考えていた。

e0159646_02100250.jpeg


不謹慎ながら、 非日常を楽しんでいる自分がそこにはいた。





by tm144en | 2018-09-07 02:07
2018年 09月 06日

地震

家もガレージもバイクも体も、全て無事です




by tm144en | 2018-09-06 07:34 | Comments(6)
2018年 09月 01日

オンの左、オフの右

『オンの左、オフの右』
これは何の事かといいますと、私の『苦手なコーナー』です。

一般的に、右利きの人は右コーナーが苦手と聞いたことがありますが、私はオンの場合は右コーナーの方が得意なんですね。

これは、コーナーレイアウトの問題ではなく、ポジションの問題。
つまり、リーンインを取りやすいのが右、リーンアウトを取りやすいのが左ということなのです。

オンはリーンイン、オフはリーンアウトですので、それぞれ得意なコーナーが逆になってしまうのですね。

で、なんでそんなことになってしまったかといいますと、おそらくですが前十字靭帯の断裂がきっかけになっているのだと思います。
右膝の前十字靭帯を断裂してしまい、以来切れたままの状態で数年経ちましたので、体の姿勢のバランスが崩れてしまっているのです。無意識のうちに右膝をかばうような動き方や体勢を取り続けてきましたので、体の左右のバランスが崩れるのも仕方の無いことでしょう。鏡で見ると、明らかに背骨が左に曲がっています。

で、その背骨の曲がり方が、右のリーンインポジション、あるいは左のリーンアウトポジションにピタリとはまる曲がり方になっているのだと思うのです。
なので、その逆が苦手、というよりはむしろ『出来ない』と言っていいくらい、体がそのポジションにならないのです。

あとは、オフの場合は右コーナーでマシンが挙動を乱すと右足を地面に着くことになるので、それに対する恐怖感というのもあると言えます。
断裂して10年以上経ちますので、日常生活では殆ど支障はないのですが、たまに階段を踏み外したりするなど、予想外の動作があった時に右膝が外れるような感覚になってヒヤッとすることがあるので、オフで走る時なんかは特に注意を要します。

それもあって、オフの場合の乗車姿勢は99%がスタンディング。とにかく、地面と足の不意な接触だけは避けるように心がける必要があるのです。

膝が外れるような感覚になるとき、膝の中ではおそらく半月板に圧力がかかっている状態になっているので、それを繰り返すと半月板を損傷し、それがさらに進むと足の上下の骨の軟骨が直接ぶつかることになるので、そうするともうまともに立つことは出来なくなってしまいますね。
なので、私はこれを『半月板貯金』と言っています(笑)

基本的には、足の筋肉で膝を支えているので、想定の範囲内の動作であれば強さに関わらずしっかりと踏ん張ることができるのですが、不意な時には筋肉が間に合わないので、関節に直接衝撃が行ってしまうのです。
(余談:この筋肉と関節の密接な関係は、サスペンションのスプリングとダンパーの関係に似ているような気がします 笑)

靭帯再建の手術を行えばこんなことにはならなくて済んだのでしょうが、仕事を休むこともできませんでしたし、リハビリとかも面倒でこのままきてしまいましたね。

しかしながら、捨てる神あれば拾う神ありとはまさにこのことで、前十字靭帯断裂がきっかけでフサベルを買い、本物のエンデュランサーというものを知り、そしてtmと出逢い、ブログを始めることに繋がったので、悪いことばかりとは言えないですね。
もしあの時怪我をしていなかったら、もしかすると未だにRMXとか乗ってるかもしれませんし、ブログも始めず、世界も広がっていなかった可能性がありますね。

それに、背骨が曲がっているおかげで、オンの右、オフの左は切れ味鋭く曲がることができるので、その逆が苦手だとしても相殺できますしね。

とはいえ、最近はそれでもなんとかオフの右コーナーをもう少し鋭く出来ないかと試みているのですが、やはり体に染み付いた恐怖心と物理的現象を超えるのは容易なことではありませんね・・・

まぁ、コーナー速度を上げた所で、リスクが高くなるだけで良いことなんて何も無いですから、これ以上頑張る必要も無いんですけどね。

速く走ることだけが唯一『楽しさ』というわけではないので、マシンと対話しながら、景色を眺めたり、冒険をしたりと、総合的にバイクを楽しむのが、私にとっては重要な『価値』と言えますね。

そしてなにより

乗り続ける

一時期、一瞬だけ楽しむのではなくて、その命続く限りバイクに乗り続けるというのが、最も大切なことだな〜と思う今日この頃でした。


by tm144en | 2018-09-01 04:00 | Comments(0)
2018年 08月 20日

肝に銘じる





肝に銘じたいと思います。

思いますけど・・・・

いや、さすがにこんな危険な場所に一人で行かないですよ・・・

山って言っても、ゆーて林道ですから・・・

まぁ、ですので、歩けなくなるような怪我さえしないようにすることがまず第一ですね。

その為には、

1)無茶な走りをしない

2)プロテクターの装備、潤沢な飲料水の持参

3)マシンの整備を怠らない

4)挙動が鈍感で、信頼性の高いマシンに乗る

って所でしょうか。

山を走ることは、ある意味『危険』を楽しんでいるとも言える訳ですが、それは『無謀』であってはいけないのです。

ご利用は計画的に・・・


by tm144en | 2018-08-20 05:22 | Comments(0)
2018年 08月 19日

2T125

久しぶりにテンション上がる動画に出会った!!




ガレージから自走でコースまで行ってってシチュエーションがイイね☆

うおーーーー!!乗りてーーーーーー\\\٩(๑`^´๑)۶////


by tm144en | 2018-08-19 04:15 | Comments(0)
2018年 07月 23日

だいちゃんガレージ10周年!!!

実は今年の11月で、当ブログ『だいちゃんガレージ』がめでたく10周年を迎えることとなりました!
これもひとえに、読者の皆様のお陰であります。ありがとうございました。
これからも拙く細々と続けて参りますので、お付き合いの程よろしくお願い致します。

さて、これまで数々の『伝説』が刻まれてきた『だいちゃんガレージ』ですが、今回新たに記念すべき10周年に相応しい史上最強の『伝説』が刻まれることになりました。

乞うご期待!!

e0159646_01504483.jpg



by tm144en | 2018-07-23 02:00 | Comments(0)