2020年 03月 24日

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00172871.jpg

さてさて、ここのセルモーターを外した場所ですが、せっかくこんなスペースが空いたのですから有効利用しない手はありませんよね♪

というわけで・・・

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00184407.jpg

ツールケース作っちゃうぜぇ〜\(^o^)/☆

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00191911.jpg

ケースのメインとなるのは、このA5052材のパイプ。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00205744.jpg

直径60mm、厚さ3mm、内径54mmで、長さは悩んだ挙句150mmにしました。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00220650.jpg

エンジン側に空いた『穴』を塞ぐのに右のカラー、メインパイプのエンド部を塞ぐのには左のプレートを利用します。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00233920.jpg

ツールケースの『蓋』の役割を果たすのは、径の違うこちらの3枚のプレートとOリングです。

これらを使用して、果たしてうまく作れるでしょうか!?

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00290110.jpg

まずは蓋の製作から。
3枚のプレートの中心に3mmの穴を空けます。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00294661.jpg

1枚は皿ネジの頭が収まるようテーパー状に削っています。

ちなみにサイズですが、一番外側のφ60、パイプの内径に入るφ54、そしてOリングの溝となるφ47となっています。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00315814.jpg

パイプの内径とプレートの直径は同じ54mmにしましたが、公差の関係ですんなりとは入りません。いやむしろこれで良かったのです。これが逆でスカスカだったら残念でしたから。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00335497.jpg

というわけで円周部分をペーパーで削り、『ピッタリ』のサイズになるよう調節します。この手応えで蓋の精度が決まりますので慎重に削っていきます。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00354409.jpg

文字通りピッタリ・・・・いや、まだちょっとキツいかな?って感じの手応えですが、とりあえずこの状態で先に進めます。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00364225.jpg

蓋の取っ手にするアルミのパイプ。
蓋の固定方法をどうするかあれこれ悩み、いまだ快心の答えを出せていないのですが『とりあえず』これでやってみることにします。
作りながら考えるというか、殆ど手探り状態での作業です(笑)

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00372130.jpg

取っ手のパイプに固定する為の穴を空けます。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00392966.jpg

蓋の内側からボルトを挿し、パイプの中でナットで固定します。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00410654.jpg

プレートの合わせ面とボルトの部分に、防水対策としてあめ合い用ロックタイトを塗ります。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00424502.jpg

こういう状態です。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00431386.jpg

取っ手をつけます。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00434592.jpg

なかなかイイ感じじゃないでしょうか。

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00443104.jpg

あとは、溝にOリングをハメて完成〜☆

【tm250ESEN】ツールケース製作(その1)_e0159646_00454694.jpg

ハマりもバッチリ!・・・・いや、ちょっとキツいので、これはのちのち調整します。
むしろこのハマり具合だと、十分走行中に外れないレベルなのでこのままでもいっかな〜・・・とも思うのですが、逆に開け閉めが大変なので微妙ですね。それに、いくらキツくて外れにくいとはいえ、物理的に外れてしまう状態のままオフを走るというのは、やはり気が気ではないでしょう。
このハマり具合でいくなら、紐か何かで落ちないようにする程度の保険で良さそうですね。

逆にもっと削ってハマりをユルくするのであれば、蓋がガタつかないようにゴムバンド的なもので圧着させるような固定方法をとる必要もあるかもしれません。
まぁOリングつけてるんでそこまで強く圧着させる必要はありませんが、ある程度の密着はさせないといけませんね。

125のツールケースの蓋はタイラップによる固定にしましたが、あれはあれで良かったのですが、タイラップを切る工具をポケットに入れておかなければいけないというデメリットがあるので、今回はなんとかそれを解消するために別の方法を考えることにします。

当初、丸ゴムを取っ手の穴に通して固定する方法で考えていたのですが、途中からどうもイマイチな気がしてきたので今別のアイデアを思案中です。

とりあえず蓋の固定方法は後にして、続きを作っていきましょう〜

はたして、うまくいくでしょうか〜・・・




by tm144en | 2020-03-24 22:16 | tm250ESEN | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 【tm250ESEN】ツールケ...      【tm250ESEN】カウル補修 >>