2020年 02月 12日

【tm125EN】125返り咲きプロジェクト(ウォーターポンプ取付)

【tm125EN】125返り咲きプロジェクト(ウォーターポンプ取付)_e0159646_04253706.jpg


さて、ウォーターポンププロペラのクリアランスの件ですが、ある方法を思いつきました。

前回、パワーバルブの制御ギアの位置がズレることでプロペラのクリアランスがなくなってしまうんじゃないか説を検証しましたが、構造上それはあり得ないことが解りました。

ではなぜ擦れてしまうのか?

あと考えられるとすれば、プロペラのねじ込み量が増えてしまうからではないか?という点。
プロペラはシャフトにねじ込んで取り付けられており、作動時は左に回転しているので、水の抵抗で自動的に締め付けられるようになっています。
しかし、シャフトには段差があり、そこにワッシャーを介して当たる様になっているので、締め付け量が増えるというのも考えにくい構造ではあります。

ただ、パワーバルブが『わずかに』動く分と、締め付け量が『わずかに』増える分が運悪く合わさると、クリアランスがゼロになって擦れてしまう可能性も出てくるのかもしれません。

いずれにせよ、この2つの要因からしか考えられなかったので、今回はその観点から対策を施してみることにしました。

【tm125EN】125返り咲きプロジェクト(ウォーターポンプ取付)_e0159646_06522851.jpg

まずは、クリアランス確保の為に、既存のワッシャーにもう一枚重ねることにします。

【tm125EN】125返り咲きプロジェクト(ウォーターポンプ取付)_e0159646_06534956.jpg


プラス0.5mm位ですが、これで見た目にもかなり安心できるクリアランスになりました。
逆に、設計にない変な隙間が出来たことで何か弊害が出る可能性もあるかもしれません。カバーに当たることはありませんでしたが、例えばポンプの働き効率が悪くなったり、あるいはシールへの負担が大きくなったりといったことも考えられます。

とはいえ、擦っちゃうのは論外ですので、それに比べたら0.5mm程度の変化は取るに足らないと考えて良いでしょう。

さて、これでクリアランスに保険をかけたことになりますが、さらにもう一回り施します。
取り付け自体は以前もそうでしたがネジロック剤を使用していますが、それだけでは心もとないので今回はより強固に固定するために、

【tm125EN】125返り咲きプロジェクト(ウォーターポンプ取付)_e0159646_07004292.jpg

イモネジを用意しました。

【tm125EN】125返り咲きプロジェクト(ウォーターポンプ取付)_e0159646_06531374.jpg

これを真ん中の穴から締め付けていき、要するにダブルナットの逆の概念で固定させました。これならプロペラが締め込み方向に力が加わっても、イモネジに当たって位置がズレることは絶対にありません。ネジロック剤もつけているので、もう完璧です!

もしかしてもともとついていたのでは!?と思いパーツリストを確認しましたが、部品の設定はありませんでした。

もともとの設計にないことをしているので、多少不安がありますが、擦れていたのは事実なのですからとりあえず今回は自分の考えを信じてみようと思います。




by tm144en | 2020-02-12 07:12 | tm125EN | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 2ストロークの燃料噴射の難しさ      【tm125EN】125返り咲... >>