2018年 12月 25日

【VANVAN】DC昇圧コンバータ考察

取り急ぎVANVANのエンジンをかけれるようにして、例の昇圧コンバータのテストを行いました。

e0159646_00084203.jpeg

結果は上々。出力側からはちゃんと安定した12vが発生しています。やはり以前のテストでは、バッテリーの電圧が低かったのがだめだったのでしょう。
VANVANのアイドリング時の電圧は8v程発生しているので、このコンバータにちょうどいい電圧であると言えますね。

であれば早速、

e0159646_00153206.jpeg

グローブを接続してテスト。途中にテスターもはさみ、電流も測定します。

グローブの温度設定は『急速』『強』『中』『弱』があるので、そのそれぞれを試します。
まず、『弱』でテストしてみると、安定して使用可能。電流も0.7A程なので問題無いと思われます。

しかし、『中』と『強』では一時的には使用可能で、電流も最大1.5Aまで流れるのですが、数十秒程でグローブの電源が落ちてしまいます。

このコンバータの内部抵抗は1Ω、VANVANの発電電圧が8vなので、入力電力は8wとなります。
それが効率96%で少し減るので7.68w。それを12vに昇圧するので、

7.68w÷12v=0.64A

となります。

なので、『弱』設定であれば供給される電流とほぼ同等なので安定した使用が出来ますが、それ以上となると電流が足りないのでグローブ側の内部回路が『異常』と判断して強制切断されるのだと考えられます。

e0159646_00293421.jpeg

念の為グローブに故障がないか、昇圧コンバータ抜きで車用バッテリーにつないでテストしてみた所、こちらでは全温度設定で至って安定して使用可能でした。やはり、昇圧コンバータは理論通りに発生アンペア内での使用しか出来ないということがわかりました。

あとは、『弱』の使用で走行中にどれほどの効果があるか、という部分だと思いますが、保険的な意味でも別に12vバッテリーを積載したほうが良さそうですね。

バッテリーの電圧が12v以下まで減って来たら、この昇圧コンバータでバッテリーを充電することが出来るのであれば、2つを併用するという作戦もありかもしれません。

いやぁ〜、色々試してみると勉強になっていいですね〜☆


…………時間押してますけど(爆)


by tm144en | 2018-12-25 00:37 | SUZUKI VANVAN90 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 【VANVAN】タイヤチェーン...      【VANVAN】トップブリッヂ... >>