2018年 12月 17日

【VANVAN】フロントフォーク組立

e0159646_02354168.jpg

さぁ、いよいよフロントフォークまできました。
VANVANのフォークは昔ながら(?)の変わった構造をしてまして、ダンパーがフルードではなくグリースが採用されています。
グリースの粘性で減衰力を発生させているのです。
この構造を見て私が考えたことは、

「これ、チキソグリースにしたら、良いんじゃね!?」

というものでした。

e0159646_02502830.jpg


通常のリチウムグリースなどは、高速摺動によってグリスがせん断され液状になるので、減衰力を発生させるものとしてはあまり適していません。粘性が変化するからです。

しかし、私が愛用しているチキソグリスはせん断による液状変化が極めて少ないので、運動前の粘性を連続使用においても保つことができるのです。
とはいえ、極圧系の固いグリスとは違い、シリコングリスのようになめらかな粘性なので、減衰力を発生させるものとしてかなり有効なのではないかと考えたのです。

また、低温特性も極めて優れているので、寒風にさらされるフロントフォークにおける使用でも問題無いと言えます。

今回、VANVANのフォークに使用するにあたって新たに1本購入したのですが、ちょう度は#2番なので、すこし柔らかくします。

e0159646_02554379.jpg

本当は、GRP製の添加剤と混ぜるのが良いのですが、さすがに勿体無いので今回は余っていたモチュールのフォークフルードと混ぜることにしました。
化学合成油なのでちょっとどうかな〜・・・とは思ったのですが、まぁものは試しに。

e0159646_03005003.jpg

最初の状態よりもかなりトロトロに柔らかくしています。雪道走行なので、ダンパーの効きはかなり弱くても良いはずです。
これをフォークのカートリッジ内にベタベタに塗り、組み立てていきます。

e0159646_03033100.jpg

今回組み立てるにあたって、フォークブーツも新しくしました。
とはいえ、形もサイズも全く違う物です。CD90用の物でした。純正品は販売されておらず、汎用品のなかでも同サイズの物が見つけられなかったので、一番近いサイズの物を選んだというわけです。

長さはそれほどでもありませんが、上下の径が合わないので、

e0159646_03065267.jpg

このようにアルミテープを巻いて穴のサイズと合わせることにしました。
バンドで無理やり締め付けることもできますが、そうするとシワが入って美しく無いので、やはりここは手間を惜しまず作業をします。

e0159646_03091148.jpg

フォークシールも同様に、純正品は手に入らないので、NOKで同サイズの物を選定しました。
しかし、往復摺動用ではありますが、高速摺動用では無いので、おそらくすぐダメになってしまうと思いますね。
とはいえ、カートリッジに充填されているのはフルードではなくグリースなので、そこまでシビアになる必要もないと考えました。
それもあって、フォークブーツでしっかりと密封したのです。

e0159646_03142076.jpg

作業中はグリスで手がベトベトだったので、写真はすでに完成後となります。
ブーツが黒光りしてるので、なんか引き締まって良いですね☆

そして気になるフォークの動きですが・・・・まぁ、こんなモン・・・でしょ・・・?
tmやDB7のフォークの動きを知っているので、それと比較すると「んん???」ってなってしまいますが、まぁ45年前の90ccのマシンであることを考慮すれば、十分過ぎる結果と言えるのではないでしょうか。

将来的に、もし気が変わったら、またグリスのちょう度を変えて遊んでみるのも悪く無いですね♪

さぁ、日曜日はあと1回!
フォークをクリアして重作業はほとんど終わり、残す作業は簡単な組立だけとなりました。
とはいえ、各部を見直したり、『アレ』や『アレ』なんかもありますので、次の日曜日でそれ全部終わらせるのはかなりキツイだろうなぁ〜・・・

こりゃ平日の残業も必須だなぁ・・・

いやぁ〜なんでこういつもいつも時間が足りないんだ(笑)


by tm144en | 2018-12-17 03:26 | SUZUKI VANVAN90 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 【VANVAN】残作業覚書      借金完済への道!! >>