2018年 08月 09日

【tm125EN】完全燃焼ツーリング(その3)

e0159646_02305643.jpg

さて、このムッチリゴーグルですが、やはりムッチリしすぎてフィット感がイマイチでした。
両サイドのアタリが多すぎるので、少し削ってみることにします。

e0159646_02324129.jpg

いや、手でちぎったわけじゃないっスよ笑
ちゃんとカッターで削ったんですが・・・・

でも、まぁ、さっきまでよりは大分マシになったんで、後半戦はこれでいきます。

e0159646_02341708.jpg

そうそう、実はフォークの突き出しを一段増やしてました。私の基本的な考え方としては、コーナリング性能落としてでも直進安定性を高めたい、というものなのですが、いくらなんでも倒し込みがちょっと重いような感じがするので、一段だけ変えてみることにしました。

で、結果は・・・

直進でコケました(爆死)

例のハイパーワダチルートをイケイケで突っ込んでいったら、一瞬の判断ミスで吹っ飛びました。ええ。そりゃもう豪快に。

いや、それマシンのせいじゃなくねー?
e0159646_02402560.jpg
というわけで、後半戦突入〜〜。
まず一発目はココ。通常の林道からの脇道なんですが、下って上ってを一望していて、いつも気になっていたルート。
以前この道に鹿が逃げていって、反対側の丘からコッチを眺めていたことがあり、「こっちへおいでー」と誘っていたように見えたので今回ちょっと行ってみることにしました。

上ったあと林を抜けるとそこに広がっていたのは、

e0159646_02445854.jpg

絶景 of ZEKKEI

e0159646_02460190.jpg

あまりのZEKKEIにしばしぼんやりしていると、遠くから4Tサウンドが聞こえてきました。おそらく一台。
アクセルの開けっぷりから、おそらく外車レーサー使いと推察。

当然そういうこともあって然るべきなのですが、こうやって改めて遠くにその存在を確認すると、急に出会い頭の衝突が怖くなってきますね。なんせ経験者ですから、正面衝突の・・・


ーーーーさて、それはそうと、まずはここから先。
実はここから先は鬼の様な下り坂がずっと続いていたので、一旦マシンを置いて歩いて確認することにしました。このままマシンごと降りてって、先が抜けれなかったら一人じゃ絶対に登れないですからね。安全第一です。

e0159646_02531463.jpg

鉄塔の見えてた位置からはかなり急な下り坂でしたが、この辺りでやや緩やかになってきました。

e0159646_02543222.jpg

それでもなかなかの下り坂で、ゼロ加速で登るのは結構難しそうな感じです。

e0159646_02561038.jpg

そして幸運なことに、下った先は通常の林道と繋がっていましたね☆こりゃイイね!!

というわけで早速マシンの所まで戻っ・・・・・

シ・ン・ド・イ

THE VERY SHINDOI!!

とんでもない下り坂をかなりの距離下ってしまったので、マシンの所まで鬼登山ですよ鬼登山・・・

とはいえ、かなり痛快なルートを発見したので意気揚々と上っていったのですが、マシンについた所ではもうゼイゼイハァハァ・・・

あれ・・・これって・・・先々週の・・・アレ?

いや、まぁ、今回はドリンクはたっぷりあるんで大丈夫でしたけど。
これあれだなぁ。インナープロテクターが原因じゃないかなぁ〜。走って風当たる時はそんなに気になりませんでしたが、降りてバイク押したりして体動かしたらてきめんに体温が上ってしまいますね。

生地自体の通気性がメッシュ程ではないので、真夏にはちょっと向いてなさそうですね。
まぁ、バイクから降りなければ問題無いんですけどね・・・

e0159646_03063646.jpg

さて、そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎ、後半戦を終了させました。

本日の走行距離はなんと150km!!
tmで1日でこんなに走ったのは初めてですね!!

前半戦終わった時点では、まだまだ走れる、走りたい気持ちでイッパイでしたが、後半戦の最後20km位はもう意識朦朧として走ってましたね(笑)
道のど真ん中に横たわる大きな枝も避けられない程集中力が切れちゃって、帰ってくるのがやっとでした。

e0159646_03085429.jpg

やっぱ・・・ちょっと・・・オイルが濃すぎでは?
混合比は推奨の32:1ですが、私の開けっぷりだったら35以上でも問題ないかもしれませんね。
まぁ、だからと言ってプラグがカブるというわけでもないので、焼け付きのリスクが少しでも上がるんなら、このままでも良いかなとも思いますが。
とりあえず、33か34位にしてみようか?

e0159646_03155904.jpg

比類なきマシンから得られる最高峰の感動と悦楽。

しかしそれは、マシンを本当に理解して初めて得られる。

「知れば知るほど」という言葉通り、tmというマシンの持つポテンシャルは計り知れない。

『楽しい!』

その一言を、心から叫ぶ為に・・・


by tm144en | 2018-08-09 03:28 | tm125EN | Comments(4)
Commented by タイヤマン at 2018-08-09 10:48 x
タイヤ交換しないと、冒険も愉しめませんよ。
Commented by tm144en at 2018-08-09 14:53
そんなことはないですよ♩
Commented by 996S at 2018-08-09 20:38 x
突き出し量増やすとキャスター立って直進安定性下がりません?あれ!?混乱して来たぞw
Commented by tm144en at 2018-08-10 05:53
おっしゃる通りで間違いありません。
私の文章の書き方が悪かったです。
直進安定性を求めて今までは突き出しをゼロにしてましたが、それではあまりにも倒し込みが重いので少し突き出してみよう、というのが今回の内容でした☆


<< 【tm125EN】灰色の空に希...      【tm125EN】完全燃焼ツー... >>