2018年 08月 01日

スコットゴーグル補修(その2)

e0159646_09194392.jpg

さて、以前ゴーグルのスポンジ部分を隙間テープで補修しましたが、先日の走行で顔への当たりがちょっと固くて気になったので、別のスポンジに変更することにしました。

e0159646_09222921.jpg

次はコレ。前回より、厚さと幅を2倍にしました。

e0159646_09242227.jpg

材質は前回のEPDMからポリウレタンフォームに変更。
スポンジそのものの触り心地はEPDMの方が低反発で優しい感じがしたのですが、顔に当てる場合はその幅で感じる硬さに影響が出るので、今回はサイズ重視で選びました。

とはいえ、ホームセンターにそれほど多岐にわたる種類があるわけではないので、この極端にサイズの大きいものになってしまいました。

e0159646_09282333.jpg

幅が2倍に太いので、当然台座部分からはみ出てしまいます。
これを、スポンジの幅を狭めながら無理やり貼り付けていきます。

e0159646_09293400.jpg

かなりムッチリとした仕上がりになりました(笑)

e0159646_09301304.jpg

無理やり貼り付けた割には、綺麗に収まりましたね。
着用した感じもは、スポンジ自体にちょっとザラつきというか、荒さを感じますが、接触面積が広いので肌への当たりは優しい感じがします。

場合によっては、スポンジ部分を少し削って調節してもいいかもしれませんね。
あとは、同じサイズ同じ材質で『高密度』というタイプもあったので、今回のこれが気に入らなかったら、次はそれを試してみようと思います。

そのうち、ゴーグル買った方が安く済んだーーーーっていうオチがあるかも!?爆


by tm144en | 2018-08-01 09:36 | ウェアー | Comments(0)


<< 【tm125EN】走行前準備      【tm125EN】1週間ぶりの洗車 >>