2016年 05月 17日

Tojiro-pro

e0159646_3191669.jpg

e0159646_3193537.jpg

e0159646_3195228.jpg

e0159646_320610.jpg

e0159646_3202077.jpg



e0159646_3203584.jpg



ダマスカス明美


e0159646_3212180.jpg


《Tojiro-proニッケルダマスカス鋼鍛造》

ホームページ

買っちゃったぜ〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

e0159646_3291285.jpg


ダマスカスったら、これよコレ☆
まぁ、正確な意味でのダマスカス鋼とは違いますが、要するに鍛造に次ぐ鍛造で鍛え上げられた包丁ってことです。

e0159646_3305511.jpg


名前入り☆☆☆
「曲線は難しいから、漢字しかやってません!」って言われたんですが、頼み込んで職人の方に掘って貰いました。
「いやぁ〜、難しいの解りますけど、龍の彫刻とか見たことあるんすけどねぇ〜」とか言って(笑)

でも、

e0159646_3332973.jpg


こっちの、レーザー焼き付けの文字の方がカッコイイなぁ。。。

e0159646_3342989.jpg


このトルネード形状のグリップ部分がステキ☆☆☆☆☆

今まで、7、8年程

e0159646_3261799.jpg


この普通の鉄包丁を使用してました。刃渡りは30㎝。
これは1万円程の安物包丁なのですが、切れ味や刃そのものは別に良いのですが、和包丁というか、木とかこういった黒い(ユリア樹脂?)グリップとか好きじゃないんですよねー。
中二病こじらしているので、ミリタリーナイフとか好きですから、やっぱそういう感じのが欲しいんですが、居酒屋で料理作ってる人がランボーナイフみたいなので肉切ってたら、お客さん引いちゃいますよね。ってか、バイトにも引かれる(笑)
「うわ、、、あの人イタイ。。。」って思われる。

木やユリア樹脂風のグリップじゃない包丁もあることはありますが、刃渡りが30㎝欲しいので、そうなると選択肢が無く、しかも刃はステンレスじゃない方が良いので、なかなか無かったんです。
(というか、そんなに本気で探していない)

ところが以前、プロの料理人の方に一丁50万円程するというダマスカスの包丁を見せていただいてからというもの、あの紋様に悶々とする日々が続いてしまったのです。

そしたら偶然、ネットでこの包丁を見つけ、もういてもたってもいられず衝動買い(笑)
50万円には程遠いですが、ンーー万円はしたので、MacBookと合わせて手痛い出費が続きました(涙)

して、その切れ味ですが、それはもう文句無し。生の鶏肉が豆腐みたいにスパスパ切れます。
紙を切ると、カミソリのように「スーーー」っと切れます。

まぁ、新品の包丁であれば、大抵の物であれば同じような切れ味で、要は研いでナンボ。この切れ味を保てる『期間』が重要であり、研ぎ方が重要。

しかしながら、このレベルで切れる包丁であれば、逆に爪に引っかからないんですね。
包丁の切れ味を確かめるのに、包丁で指の爪を軽くこすって引っかかりがあると切れる、というのがあるのですが、この包丁は全然引っかかりがないのです。
おそらく、ものすごく刃が細かいのでしょう。

それと、特筆すべきはその重心。
Tojiro-proは刃の方に重心があるので、切りやすいのです。

包丁の重さ自体を比べると、以前までの包丁が、

e0159646_352717.jpg


318gなのに対し、Tojiro-proは

e0159646_353254.jpg


285gと33g軽いのですが、手に持った時のズッシリ感はTojiro-proの方が遥かに重く感じるのです。
つまり、Tojiro-proは刃の方がしっかりと重く、グリップ部分が軽くなっているということなのです。

正確に計測することは出来ませんでしたが、2つを比べてみると、

e0159646_356337.jpg


以前の包丁は、グリップ側が248g、刃側が70gですが、これと同じ位置でTojiro-proを計測すると、

e0159646_3574239.jpg


グリップ側が178g、刃側が107gという結果になりました。
持った感触でもわかりますが、計測すると明らかですね。

e0159646_404680.jpg


さらに、この2本の包丁で決定的に違う部分がまだあります。
それは『音』です。

刃を棒で叩くと、今までの包丁は「コン、コン」という詰まった感じの音なのに対し、Tojiro-proは「カチーン、カチーン」と音が綺麗に響きます。
つまりそれだけ金属が締まって硬くなってるということですね。

刃が硬いということは、それだけ研ぎ直しが大変(硬くて研げない)ということですので、砥石もそれなりのものが必要になります。
普通の包丁用の砥石ではダメなのです。
セラミック砥石というのがあり、ステンレスの包丁でも研げるのでが、それを使用する必要があるのです。
ちなみにこの砥石1個で、今まで使ってた方の包丁が買えます(笑)

まぁ、砥石が問題なくても、研ぎ方に問題があればそもそもダメなわけで、要するに私が研いだらTojiro-proはただの『Tojiro』になってしまい、1年も経てばもはや『jiro』になってるでしょう。


さぁ!仕事すんぜー!

by tm144en | 2016-05-17 04:11 | Comments(2)
Commented by タシマ at 2016-06-03 17:28 x
これは銘品だ!
包丁欲しくなってきた。コルテッツと交換してくれ
Commented by tm144en at 2016-06-04 03:21
ああ〜、シャックの方が良いなぁ〜笑


<< 続、流し台製作      防犯意識 >>