2015年 11月 27日

【K1】ミッション、クラッチケース、デフ、スイングアーム塗装後、グーグル翻訳について

【K1】ミッション、クラッチケース、デフ、スイングアーム塗装後、グーグル翻訳について_e0159646_37786.jpg


はい。ついに冬がやってまいりました☆
雪が積もるまではアンニュイな気分でしたが、積もってしまえば今度はハイテンションになります。

まぁ、雪かき地獄が待ってるんですが(笑)

ーーーさて、

【K1】ミッション、クラッチケース、デフ、スイングアーム塗装後、グーグル翻訳について_e0159646_3103956.jpg


昨年塗装した、ミッション、クラッチのケースやデファレンシャルケースにスイングアーム。
エンジンパーツの入荷待ちの間、こちらの方を組み立てていくことにします。

とりあえず、マスキングしたままだったので、テープを剥がしていったのですが、

【K1】ミッション、クラッチケース、デフ、スイングアーム塗装後、グーグル翻訳について_e0159646_313452.jpg


もう、ネチョ〜ンとしちゃってて、剥がすのに苦労しました(汗)

塗装は、耐熱塗装を施したので本当は200度に1度熱して塗料を安定させなければいけないのですが、1年以上放置してましたから、もう十分密着したでしょう?、、、うん。したでしょう。


そんなケース類を組み立てていくにあたって、サービスマニュアルの解読作業も行わなければいけない訳ですが、実はとても素晴らしいアプリがあることを発見しました。

グーグル翻訳のアプリなのですが、カメラで撮影したテキストを読み込んで翻訳してくれるというスグレモノなのです☆☆☆☆☆

なので、プリントアウトしたサービスマニュアルを、タブレットのカメラで撮影すれば、そこに書いてある内容を翻訳してくれるって訳です。
もしくは、PDFの状態のマニュアルをスクリーンキャプチャし、それを読み込ませて翻訳することも可能なのです。

【K1】ミッション、クラッチケース、デフ、スイングアーム塗装後、グーグル翻訳について_e0159646_320280.jpg


スクリーンキャプチャしたページをアプリに読み込ませると、テキスト部分を認識します。

【K1】ミッション、クラッチケース、デフ、スイングアーム塗装後、グーグル翻訳について_e0159646_32161.jpg


翻訳してほしい部分をタップすると、上の方に直訳が表示されます。


こーれーはーすーぐーれーもーのーーーーーーー
\(^o^)/


これでドイツ語もペラペーラだぜい!

by tm144en | 2015-11-27 03:25 | BMW K1 | Comments(2)
Commented by ノーベル田中 at 2015-11-27 12:07 x
耐熱塗装は熱を入れないと
塗料が結晶化しないので
中途半端に熱が入るミッションケースは
いつまでもエンジン稼働中塗装がネチョネチョして
そのままだと始末に悪いですよ。
幸いだいちゃんガレージは
播きストーブがあるので
その上にペール缶を乗せて
天井から部品を吊り
赤外線センサーで様子を見ながら
焼き上げたほうがいいと思います。
家庭用オーブンレンジに入る大きさなら
オーブン180度で25分焼けばOKです。
Commented by tm144en at 2015-11-28 06:18
そうなんですか〜、やっぱ駄目っすか〜。

アレを焼くのは、カナリ大変そうですねぇ(涙)
名前
URL
削除用パスワード


<< 浅田真央、、、からのスルツカヤ...      【K1】プロペラシャフト取り外し >>