2015年 08月 13日

【チャレンジ】ステムベアリング点検

e0159646_15502952.jpg


さて、チェーンとタイヤをつければ乗り出せる状態ではあるのですが、やはり気になるところは見てみないと気が済まない性分でして。。。

e0159646_1552584.jpg


ステムベアリングですね。
これ、トップ側もベアリングとシャフトがしっかり圧入されていて、ちょっとやそっとじゃ外れてきませんでした。
どうにもなんないので、駄目とは知りつつも叩いて外すことに。

e0159646_15545119.jpg



おそらく7千キロ程の走行のはずです。
多種多様な車種のステムベアリングを点検したことがある訳ではないので、この状態を判断することはできませんが、客観的事実としては、それほどひどい状態ではないですね。
グリースにスラッヂは含まれていますが、錆も目立った傷もありません。
ちなみにグリスはチキソグリスです。

というか、チャレンジのステムベアリングにはゴムシールが使用されていないのに、水の浸入が全くなかったと言えるのかもしれません。(もしくは、チキソグリスが錆の発生を一切許さなかった。)

その理由として一つ言えるのは、ハンドルドックの為の穴などがステムに空けられていないということ。
DB7もフサベルも、ゴムシールがついているにも関わらず、この穴が故ステムベアリングの錆や腐食が発生してましたから。
チャレンジはステムの外側にハンドルロックが溶接されていますから、やはりこの違いが大きいと言えるのかもしれません。
ただし、フサベルとDB7に関しては、新車直後にステムベアリングを分解しておらず、新車組み付け時のグリース塗布に問題があったと言うこともできます。
tmに関してはうえさかさんの手でグリスが塗られていたので、ハンドルロックの穴はありますが、錆の発生はありませんでした。
チャレンジも、新車走行800キロ程でチキソグリスに交換してます。


ローラー側はそれほどでもありませんでしたが、

e0159646_15583242.jpg


レースの方は、やはりローラーと擦れる部分が擦れてますね。
指で触って凸凹を感じる程ではないので、交換するかどうか悩む所です。

しかし、一旦仮組みして、ステムを強めに締め込むと、「コリッコリッ」といった手応えになるので、確実に凸凹にローラーが乗ってる状態と言えますから、やはり要交換と言えるでしょう。

ちなみにここ、シャフトをベアリングに通す際ですが、

e0159646_163285.jpg


こんな風に、ステムを締め付けるボルトを利用して圧入させました。
ステムナットではなく、ステムボルトなんですね。

e0159646_1652324.jpg


ああぁ、、、

配線、、、気になるなぁ。。。

by tm144en | 2015-08-13 16:05 | BMW G650x challenge | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< グリースのレオロジー的性質      目標達成 >>