2015年 01月 01日

2015 First rising sun までの道のり

実は、10日前にサンバー丸に乗った時、ちょっと調子が悪かったんです。
ガソリン入ってるのに、ガス欠みたいな症状になるのです。燃料ポンプは回ってるので、タンクの水が凍って燃料フィルターにでも詰まったか?と考えました。
日中日が出てたときはなんの異変も無く、夜氷点下になった時の症状だったので、変化があるのは水が凍るか否か。

その時はとりあえず、ガソリンを入れたらなんとか症状は改善したのですが、それでも『なんとか』って感じ。

そして昨日。

22時にエンジンをかけようとしたところ、セルは回るもののエンジンがかかる様子が全くありません。

あちゃー、と思いつつとりあえず、

e0159646_2123760.jpg


ジェットストーブでガソリンタンク付近を暖めました。(←危険!)

しばらくしてから、試しに

e0159646_21113640.jpg


ガソリンを抜いてみましたが、水が出てくることはありませんでした。入ってたとしても、まだ凍ってるのかも知れませんが…

できれば、燃料フィルターやポンプをバラしてなんやかんや試してみるのが良いのですが、「行くぜ!!ニセコ!!」モードになってたもんで、全然やる気が出ず、結局はジェットストーブで暖めるだけに留まったのでした。

とはいえ、それでエンジンが掛かったので儲けもの!早速出発しました。

途中トライアルに寄り、

e0159646_21163517.jpg


水抜剤を投入。
こんなもの入れることになろうとは…

=======

今回の目標は、

羊蹄山のてっぺんから昇る初日の出

としました。

とは言うものの、突然の閃きだったのでなんの計画も立てておらず、とても大雑把な準備の基で行いました。

まずは、日の出の方向。

これは調べると『121°』ということが分かりました。
そこで、大体の目星を立てるために地図を広げ、紙で作った分度器で観測できそうな位置を計測。

e0159646_212786.jpg


ところが、この位置は『水平線上』であり、太陽は南側に傾いて昇る以上この線よりも北側である必要があるのです。

もっと前もって考えておけば(いつかやろうとは思ってたのですが)、山の高さと、その位置にくる太陽の方角を計算で出せたとは思うのですが、残念ながら今は全く頭が働きません。

とはいえ、ネットで調べるのもなんか『しゃく』なので、とにかく足で探すことにしました。

しかし、実際に行動出来るのは空が明るんでくる6時過ぎから。
山頂からの日ノ出なので、7時よりはずっと遅くなるでしょうが、それにしたって移動の規模が広い!!

方位磁石のアプリで様々な地点を計測しながらになるのですが、重要なのは『写真写りの良い景色』でなければいけないという点。

刻一刻と過ぎていく時間に焦りながら、闇雲に車を走らせていると、とある場所に着きました。

e0159646_2138514.jpg


ここだ!!

e0159646_21394389.jpg


e0159646_21393949.jpg


まぁ、山頂じゃなくとも、この風景ならそれなりに画になるだろう。

そういう思いでいたのですが、まさかのキセキ!
見事山頂からの日ノ出を拝む事が出来たのでした☆☆☆☆☆☆☆☆
しかも、雲に阻まれその時間は僅か2分。

e0159646_21431350.jpg


本当に本当に運が良かったです。

幸先が良い?

いやぁ~、運を使いきったのかと…

by tm144en | 2015-01-01 21:00 | SUBARU SAMBAR | Comments(0)


<< 【DB7】配線悩      2015 First risi... >>