2012年 02月 14日

【フサベル】バルブステム計測、磨き

さて、ピストンリングが逆に組まさってた訳ですが、それがマフラーからの白煙の原因なのでしょうか?

症状としては、アイドリングで暫く放置してるとやがて白煙がモクモクしてきます。
その状態から走り出すと白煙はだんだんと薄くなり、ほぼ出なくなります。
それから停車し、再びアイドリングで放置してると、しばらくするとまた白煙がモクモクしてきます。。。

このことから、『オイル下がり』が引き起こされていると考えていました。
そこで、バルブステムシールを新品に交換し、再度テストしてみましたが、症状の改善はみられませんでした。

そして今回、ピストンリングの逆組みが発覚しました。

という事は、オイル『上がり』が原因だったのか?

、、、いやいや、まだちょっと違う気がします。どうしても症状からして『上がり』ではないように思えてしまいます。

そこで、再度バルブステム廻りを点検してみようと思います。
シールを交換した時は、それで済むと思っていたので作業が早計でした。

e0159646_8233951.jpg


まずは、徹底的に計測してみます。

e0159646_8355750.jpg


マイクロメーターで、シャフト部分の径を見ます。
ちなみに、使用してるマクロメーターが25mm~50mmスケールの物なので、0点合わせ用のヤツをテープで固定して行ってます(汗)

計測ポイントを数カ所決め、回転させながら数回測り、平均値を記録していきました。

e0159646_8402057.jpg


1/1000mmは目測です。
まず面白かったのは、EX側がIN側に比べ、およそ1/100mm細い事でした。排気側の熱膨張分が考慮されているのでしょう。

そこで、

e0159646_844164.jpg


ストーブで熱してから、計測してみると、、、

e0159646_8441885.jpg


5.962mm→5.967mm

になってました!
まぁ、雑な数値かもしれませんが、しかしながらバルブステムが冷めてくると、、、

e0159646_8443594.jpg


ポトンッ!

とマイクロメーターから落っこちましたね☆
やっぱ、熱で膨張してるんですねぇ〜☆

ーーーーと、ちょっと横道にそれましたが、、、

『0.4』は、コッターピンの部分なので、他より細くなってますね。なんでか知りませんが(汗)

IN側の計測結果がかなり優秀なのに対し、EX側には結構ばらつきがあります。
これが許容範囲なのかどうかは定かではありませんが、とりあえず1/1000mmの事なので、無視出来るレベルだと勝手に解釈しました。

続いて、

e0159646_8542429.jpg


バルブガイドに通して、ガタを見ます。
本当は、

e0159646_8551329.jpg


バルブガイドの使用限度見る為の専用計測棒があるようです。
ちなみに計測棒の太さは『φ6.05mm』で、この棒がユルいようでは駄目とのこと。

ただ、僕のフサベルの場合、走行時間はまだ殆どありませんので、ガイドが削れて減ってしまってるというよりは、傷等が無いかを見るべきと考えます。

e0159646_8594322.jpg


目で見る限り、目立った傷はありませんが、微妙〜な擦り痕?のようなものが確認出来ます。

そこで、

e0159646_91899.jpg


塗装用の超極細コンパウンドを綿棒に取り、

e0159646_915567.jpg


それで内径部分を磨いてみました。
意味があるのか無いのかはワカリマセン(爆)

あとは、

e0159646_9343.jpg


以前コッターピンで付けてしまった傷。爪に引っかかるレベル。
この傷は丁度バルブステムシール部分に当たる部分なので、実はこれ結構ヤバいはず。(しかし、この傷が無くても白煙の症状は出てたのですが。)

これは、

e0159646_951011.jpg


ブルーポリッシュを綿棒に取り、ひたすら磨きました。
フォークのインナーチューブの傷補修の感覚と同じです。
ペーパーは微細な傷が懸念されたので、手間は掛かりますが、コンパウンドでひたすら磨きます。

そして、、、

e0159646_97481.jpg


かなり傷は浅くなりました。

ただ、削り過ぎでシャフトが細くなってたりしては問題なので、再々度マイクロメーターで径を計測してみましたが、1/100mm以下での変化しか認められなかったので、良しとします。


こんなシロート感覚で良いんでしょうかね!?

やってる本人は整備士気取りで楽しんでますが(笑)

by tm144en | 2012-02-14 09:11 | HUSABERG fe650e | Comments(3)
Commented by ST3 at 2012-02-14 20:21 x
症状から見てとピストンリングの逆さ組みつけが原因だと思いますよ。
どのピストンリングかによりますが、リング形状は台形だったりブロック形状だったりするので、逆組するとオイルが上がります。
Commented by タシマ at 2012-02-15 07:12 x
まぁ、ほんとのシロートは何言ってるかサッパリわからないがね。
オレみたいに
Commented by tm144en at 2012-02-15 09:52
>ST3さん

あら(汗)
やはりそんな感じですか!

トップリングが逆でも、オイルリングの方でしっかり受け止めてくれてると思ってたんですが、そうでもないようですね。
乗った時、なんとなくパワー感が足りない気がしたので、今思えば圧縮が抜けてたんでしょうね。

リングが原因だと助かるんですが。。。

>タシマ君

だろーね(笑)
趣味で勉強し初めて、かれこれ15年は経つけど、専門学校生の2年分にも満たないのが悲しい所です。
好きな部分しか見ないから駄目なんだろうけど。。。


<< 【フサベル】カム風呂削り、クラ...      【フサベル】ピストン、スリーブ... >>