2009年 12月 27日

【DR】箱取り付け♪

さぁさ、いよいよ大詰めデスよ☆

e0159646_2028687.jpg

以前買っておいた、アイリスオーヤマ製の『箱』をキャリアーに取り付けます。

一応、一番安直な方法を、、、、、
e0159646_20285778.jpg

、、、、、無いか!!ナイナイナイナイ。。。

しっかり固定はされますが、自分的には『NO!!!』ですね。
やはり、キャリアーと箱がしっかり固定されてないと気分が悪いです。

今までのやり方は、箱の底をアルミ板で挟み込み、Uクランプで固定でした。これで問題も不満もありません。

でも、たまに違う方法も考えてみないと脳が腐る、、、ということで、『簡単に取り外しが出来る』というコンセプトを掲げ、思案する事2時間。。。。。

e0159646_2034183.jpg

ジョイフルにて材料を購入するに至りました。歩き過ぎで既に意気消沈気味(汗)

箱の底に元から付いている、取り付けよ用のループを利用しない手は無いということで、、、、
まずは、
e0159646_20365177.jpg

角パイプと平板をそれぞれカット。

さぁ、何を想像しますか???(笑)

今回の案は、
e0159646_20383992.jpg

こんな感じです。角パイプに平板を通す事で、固定します。
角パイプはキャリアー側に固定します。

すんなりいってるようで、地味に細かい作業を要しました。。。。

で、角パイプのキャリアーへの固定ですが、思案の結果『溶接』という方向にたどり着きました。
しかしながら、わたくしのペッポコ100Vアーク溶接では、接着剤以下の出来になる事必至なので、ここはやはり師匠に頼る事に。。。。

、、、、、と、お店に伺った所、なんとそこにたまたま溶接をお仕事にされているお方がいらっしゃいまして、なんやかんやでお願いすることに。。。

e0159646_20462054.jpg

『ドドンパ』のエネルギーを溜めてる最中、、、、、ではございません(爆)

e0159646_2047323.jpg

あれよあれよの間に完成〜☆
いやぁ、しかもご好意でやって頂いて大変恐縮でした。ありがとうございました!

さて、溶接したら、次は塗装です。
でも塗る前に表面を綺麗にしなければなりません。塗装の前の『下地処理』の重要性はもう何度もそれで失敗しているので痛い程判っています。

グラインダーも使い、出来る限り綺麗にしましたが、、、、、

e0159646_21155971.jpg

途中で嫌になりました。『早く塗りてぇ病』の再発です(笑)
この性格だけは直りませんね。。。。

e0159646_20543615.jpg

この色を塗ります。スプレーでは無くペンキでやってみたいと思います。

、、、、、、いやぁ、、好きな色塗るのは構いませんが、全く脈絡の無い色もどうかと思うのですが(汗)
元の色もフレームも白なんだから、普通白塗るでしょ!!

でも、『普通』がキライなんです。

e0159646_20572769.jpg

写真ではまぁまぁですが、実際はヒドいもんです。
今度時間ある時に、もう一回ちゃんとやるってことで。。。。(多分やらないと思うけど)

(あれれ!?748のミラーと同じ色!??)

e0159646_2059471.jpg

塗装乾燥待ち中に、『差し込み棒』の持ち手部分の曲げ加工を。
『曲げ加工』なんて大層な言葉ですが、ただ炙ってL字に曲げただけなんですけどね(汗)

、、、と、この時点で、作業開始からかれこれ10時間が経過してしまいました。

あれれ〜。フォークもやる予定だったんですけどぉ。。。

果たして箱はちゃんと付くでしょうか!?そして、初日の出は間に合うんでしょうか!?

乞うご期待!!

by tm144en | 2009-12-27 21:04 | SUZUKI DR250R | Comments(0)


<< 【DR】フォークオイル交換      【DR】スパイク製作 (最終回) >>