だいちゃんガレージ

tm144en.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2022年 08月 19日

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)

ボルトのメッキがけも成功し、残す作業もあとわずか。

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05381070.jpg


以前ブロンズに塗装したクランプの仕上がりですが、


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05391810.jpg


ん〜〜〜、やっぱブロンズだと濃いですねぇ。

というわけで、この上からホイールカラーのゴールドを塗ってみます。ゴールドはゴールドで明る過ぎるのですが、シルバーの下地の上にゴールド塗るよりは、幾分かトーンが下がれば良いのですが・・・


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05410312.jpg



あー!うん!いんじゃね!?

もう、どーでもいんじゃね!?


ボルト、クランプと終わり、


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05414487.jpg



お次はプレート。固定ボルトを用意したので、下穴をテーパー加工します。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05424452.jpg


10mmのドリルで、ザグリを入れます。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05440254.jpg



イイ感じですね☆

テーパーフランジボルトのザグリを入れる時は、ボルトの頭の直径のサイズのドリルを使用するのですが、おそらく厳密にはテーパーの形状は一致していないと思います。
ですが、頭が飛び出ないことを命題とすれば、まぁ及第点と言えるのではないでしょうか。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05464925.jpg




プレートの角の処理もちゃんとしておきます。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05472276.jpg



リューターでちゃちゃっと♪


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05474942.jpg



面取りも合わせて行いました。

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05482524.jpg



プレートの下処理が終わったので、マジックテープのオスを貼り付けます。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05490156.jpg



貼り付けたら、ボルトの所だけ穴を空けておきます。


これで役者は揃った!!


あとは組み立てるだけ。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05494963.jpg



まずはボルトを固定し、


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05504920.jpg



クランプを取り付け。
ボルトには、ネジ部とクランプ面はもとより、ついでにそれ以外の部分もしっかりグリスを塗りたくっておきました。メッキしたとはいえやはりあまり信用してはおらず、心配なので一応保険をかけておく意味で。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05533733.jpg



プレートを取り付け、アイパットを貼り付けたら・・・・


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05541393.jpg



かか・・・完成〜〜〜〜〜\(^o^)/☆☆☆☆☆


かっこえーーやん♪



【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05545900.jpg



一番上まで上げると、下の空間にちゃんと膝が入りますし、


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_05553295.jpg



下までさげると、膝にはぶつかりません。

またそして、クランプの動きも絶妙〜〜〜♡

いや、ほんとぜつみょう♡

キモチー\(^o^)/


ーーーーーーただ、一つ懸念点が発覚しました。

一番上まで上げた状態から、さらに上に上げるとアイパッドがトップブリッジにぶつかっちゃいますね。力入れたら下手すると画面が割れちゃうかもしれません。
動かす時に気をつければ問題はありませんが、不意に膝などがぶつかった時にやらかしちゃう可能性がありそうです。

ストッパーをつけるか、ちょっと不本意ですがiPadの貼り付ける位置を少しずらすかした方がよいかもしれませんね。

あと、上に上げてる状態での乗り降りの時もちょっと気をつけないと、膝にぶつかってしまいます。意識してれば普通に降りれるのですが、無造作に降りようとするとちょっとぶつけてしまいました。
まぁ場所が場所なんで気をつけるしかないですね。多少の不具合に目を瞑ってでも、デザイン性と機能性を重視した結果と言えます。
普通のバイクで、トップキャリアつけたら跨る時大変になるのと同じですよ。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_06041802.jpg



給電は純正のUSBソケットがあるのでそのまま利用できますが、そうすると下には下げれなくなります。

まぁ、下げた状態の時は使ってない時だと思うので、給電は必要ないと思いますが。

あと、ちゃんとした写真撮り忘れたのですが、クランプもまぁイイ感じじゃぁないですか!転校生が一生懸命クラスにとけ込もうと頑張ってる感じがしますね☆

あとはとりあえず一回ツーリングで使ってみて、どんな感じになるかって所です。このまま問題なく使用できるのか、はたまた重大な欠陥が発覚するのか。



ーーーーーーー今年の1月から、ほとんどイタルジェットの作業ばかりが続きましたが、今回のiPadホルダーの完成をもって、一旦完了となります。mitoの作業が完全に止まってしまってますので、そちらの方を進めなければなりませんし、他にもやることは山積してます。
イタルジェットは、そんな時の息抜きの為のマシンのハズでしたのに、いつのまにかメイントピックになってしまってましたから。

とはいえ、中途半端な状態も嫌なので避けては通れない道だったわけですが・・・・



とりあえず終わったぜ〜〜\(^o^)/



【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その12)_e0159646_06160844.jpg



# by tm144en | 2022-08-19 06:16 | ITALJET DRAGSTER200 | Comments(0)
2022年 08月 18日

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)

それでは早速ボルトにメッキをかけ・・・


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01292150.jpg



・・・る前に、クランプとのはめ合い面を軽く削っておくことにします。
メッキすることで厚みがでるので、その分を考慮。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01311215.jpg



というわけで準備が完了。早速電解液を入れていきます。

pHは2.0、温度は60°のままでいきます。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01323434.jpg



勢いよく泡が出ています。

今回、亜鉛板とニッケル板は左右2枚ずつ合計8枚接続しました。前回の実験から、膜厚をしっかり持たせるために、惜しみなく使用することにします。

そして、溶けて無くなったらまた新しいのを追加していく感じです。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01352928.jpg




通電中、亜鉛板を接続しているプラスの端子と、ボルトを接続しているマイナスの端子とにテスターをかけると、約1.25Vかかっていることがわかりました。そりゃそうなんですが、サンポール越しでもちゃんと電気流れてるんですねぇ〜。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01374757.jpg



通電から5時間経過。最初の亜鉛板とニッケル板が溶けきりましたが、ボルトにはまだメッキ膜がほとんどついていないように見えます。

大丈夫か?亜鉛板はあと4枚しかないので、次で足りなかったらあとはニッケル増し増しになってしまいます。

まぁでも、ベース部分にしっかり亜鉛の膜があれば、ピンホールで錆びることもないハズですから、仕上げの面で最後はニッケルでも良いのかもしれませんね。
合金なのか、なんなのかわかりませんが・・・



・・・・そして、通電から8時間後・・・・


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01414289.jpg



できたーーーー\(^o^)/☆☆☆☆☆


なんかもう、完全に色が変わって皮膜が出来てますね!

こ・・・これが、亜鉛ニッケル合金メッキ・・・なのか??


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01433238.jpg



おぉ♪クランプに全然入らなくなってますね!ヨシヨシ☆


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01441148.jpg



このままでは見た目が良くないので、コンパウンドで磨いて仕上げていきます。

・・・ですが、手でやるのもシンドイので、

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01444665.jpg



適当な端材にM12のタップを立てて、


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01452791.jpg



そこに接続して回転させながら磨きました☆


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01462109.jpg



ん〜〜〜〜〜〜〜・・・・

ちょっ・・・・と、下地の処理が甘かったのがバレた〜(笑)
切削の仕上げがツルツルになって無かったのをそのままメッキしたんで、磨いてもイマイチ綺麗になりませんでした。
メッキしたらいい感じにツルッと仕上がるかなと思ったんですけどね。

まぁでも、ほとんど見えない場所なんでこの程度でOK。詰めが甘いで売りのだいちゃんガレージですどうも。

それに今回はアレですけど、下地をしっかりすれば今回のメッキの手法でも見た目はクロームメッキみたいに仕上げることもできそうですね。
自家製でクロームは難しいですが、磨いて光ればまぁおんなじでしょう。

防錆効果に違いはありますが。


これでちゃんと本当に錆びないのなら、オリジナルボルト作っても安心ですね。バイクで使うフランジボルトとか、純正以外ではなかなか手に入りませんから。

それに、今回みたいにボルトの頭延長して何か取り付けるとか、考えれば他にもいろいろアイデア出そうですね。フォーククランプボルトの頭を延長してフォグランプ取り付けたりとか。夢が広がります♪



次回:いよいよアイパッドホルダー完成なるか〜???


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その11)_e0159646_01513724.jpg



# by tm144en | 2022-08-18 01:52 | ITALJET DRAGSTER200 | Comments(0)
2022年 08月 17日

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04072215.jpg


まず、実験材料を使用して電気メッキの練習をしてみます。何時間もかけて作ったボルトがもしダメになってしまったら、泣くに泣けないですからね。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04083381.jpg



下地処理としてグラインダーで表面を綺麗に研ぎ、しっかり脱脂します。

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04133221.jpg



電解液を入れる前に、材料をセットしておきます。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04140951.jpg




さて、いよいよ電解液の作成。
YouTubeなどでは『サンポール5倍説』がまかり通っています。しかし、とある資料によれば、メッキの種類によってpHを調節する必要が書かれています。

そもそも電解液にも、大きく分けて酸性浴とアルカリ浴があり、ホウフッ化浴、シアン浴、ワット浴、ワイスベルグ浴、全塩化浴などなどさまざまあり、pHの値も細かく設定されています。

なので、そもそも『サンポール浴』というのが無い以上、『正しいpH』という概念すらないのかもしれませんが、せめてpHの値だけでも揃えるに越したことはないのではないか?と考えました。

ちなみに、自家製メッキで使用できそうな金属でいくと、

銅→0,5
ニッケル→2.0
すず→12以上
亜鉛→3.5~4.6

となっています。すずに関しては、酸性浴ではやらないみたいですね。ただ、サンポールでもすずメッキはできるようです。
ちなみに『ブリキ』と言われるものが、すずメッキのことです。
亜鉛は『トタン』


んで、今回亜鉛ニッケル合金をやるにあたって、どっちのpHに合わせようか問題が浮上します。ニッケルは2.0、亜鉛は3.5~4.6となっているので、間をとって2.5?


また、電圧の概念もあります。ニッケルは0.5V、亜鉛は1〜6Vとあります。

さらに温度も違います。
ニッケルは50~65°、亜鉛は常温。


このように、条件が全然合い入れないので、今回は実験ということで

pH→2.0
電圧→1.5V
温度→60°


で試してみることにしました。

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04355457.jpg


サンポールのpHは約1.0。pHを1上げるためには、10倍に希釈する必要があります。ネット情報の5倍希釈ということは、pH1.5ということになります。手元の資料にはpH1.5のものは、ワット浴のニッケルだけなんですよね。なので、サンポール5倍希釈というのはどういった根拠があってのことなのか・・・

今回はpH1.0→2.0に変更するので、サンポール原液200ccを2000ccになるまで薄めます。
さらに温度を50°にするので、100ccのサンポールに常温の水400ccの計500ccに、沸騰したお湯を1000ccになるまで注ぎます。これを2杯入れ、

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04480994.jpg



このようになりました。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04485673.jpg



電源を入れる前ですが、サンポールに反応してすでに泡が立っています。サンポールに含まれる塩酸と鉄が反応し、水素が発生している状態です。



【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04532665.jpg


同様に亜鉛板の方も反応していますが、ニッケルの方は反応がほとんど見られません。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04540763.jpg


電源を入れると、引き続き泡が出ています。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04545384.jpg


2時間ほど経過。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04560166.jpg



実験材料を見てみると、全然メッキがかかっているようには見えません。
反応していないのか?


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04562021.jpg


しかし、亜鉛板の方はかなり黒ずんで脆くなっています。ニッケルはほとんど変化しているようには見えません。
亜鉛板の方を割り箸で突いてみると、まだ芯が残っている感じがするのでこのまま引き続き放置することにします。



【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04580114.jpg


さらに1時間経過すると、亜鉛板の方は完全に消失していました。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_04590866.jpg



ニッケルの方も周りから徐々に黒ずんでいってるのが確認できます。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_05024450.jpg

実験材料の方は、薄らですが色味が出てきたようにも見えます。

反応は進んでいるようなので、さらに放置。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_05032438.jpg



電源を入れてから4時間。ついにニッケルの方も消失しました。


ここで一旦実験を切り上げます。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_05042302.jpg



取り出した材料を水洗いし観察。
・・・・メッキかかってるか?

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_05045822.jpg



比べてみると、画像では分かりませんがうっすら色味が違うのは確認できます。

おそらく、亜鉛とニッケルの量が少なかった可能性があります。メッキの膜圧がかかなり薄いのでしょう。
引き続き金属片を追加してメッキを続けることで、膜圧は確保することが出来るとは考えられますが、如何せん試験片もそんなにたくさん用意していません。本番で足りなくなっても困るので、実験はここで終了。少なくとも実験材料が溶けたり欠けたり変質したりするようなことにはならなそうなことは確認できたので、次はいよいよ本番といきます。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_05085385.jpg



それと並行して、実験材料の方に水をたらしてしばらく様子を見てみることにします。
メッキがちゃんとされていれば錆びない・・・ハズ。


〜〜10時間後〜〜〜


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その10)_e0159646_05101563.jpg



錆びてる〜www

でも、かなりうっすら浮いてるだけで、拭き取ったら材料の方に錆はほとんど残っていませんでした。
失敗したのが、メッキかけて無い方と同時に実験しないと比較になりませんでしたね。

ーーーーーさて次回、いよいよメッキ本番!果たして無事DIY史上初の亜鉛ニッケル合金メッキは成功するのでしょうか・・・!?


# by tm144en | 2022-08-17 05:13 | ITALJET DRAGSTER200 | Comments(0)
2022年 08月 16日

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)

よっしゃメッキやんぜ!!!





【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_02065558.jpg


ーーーーということで、以前作ったこの自作のボルト。M20のボルトから削り出して作ったボルトなので、このままの状態では錆が発生してしまいます。なので、防錆処理を施さなければなりません。

塗装で処理しても良いのですが、せっかくなので自家製メッキデビューすることにしました。

電気メッキの基本的な原理としては、

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_02112086.png



こんな感じになっています。
電解液にメッキの材料となる金属とメッキされる金属を入れ、メッキの材料となる側に直流電圧の+、メッキされる側にーを繋ぐだけ。基本的な原理は非常に単純で、高校くらいで習うイオン化傾向のあの辺の話となります。


自家製メッキ関しては、YouTubeを始めやってる人は多数おられるので、基本的なやり方に関してはそれを参考にしました。
とはいえ、それをただマネするだけではだいちゃんガレージではありませんので、私なりにアレンジをかけます。

まず、電気メッキを行う上で重要となる要素は3つ。

●電解液の種類
●電解液のPH
●電圧

メッキの材料の種類によって、これらのバランスを調整することが仕上がりに影響するのです。
しかし、YouTubeなどの自家製メッキをしてる人の動画を見る限り、これらの点に言及してる人はほとんどいませんでした。

なので私なりに色々勉強したのですが、なかなかこういった専門的な情報には辿り着けず、またかなり化学的に難しい内容となるので、結局は自分でノウハウを作っていくしかないという結論に達しました。

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_02245520.jpg



というわけで、早速材料を調達。電気メッキ浴設備の製作から始めていきます。

今回使用する電解液はサンポール。みなさんこれを使ってますので、そこは倣いました。電解液であればなんでも良いのですが、電流がよく流れ、かつ界面活性剤が添加されているものとなると必然的にサンポールになるのかなと思います。

本来の電気メッキでは、さらに光沢材などが添加されるので、今回はあくまで簡易メッキといった形になります。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_02292222.jpg



電源に使用するのは単1の電池。1.5Vを2本直列にするケースとなります。
材料調達時は3Vで行うつもりでいたのでこのケースを購入したのですが、その後の勉強でそこまでの電圧は必要ないという判断になったので、まずはこれを直列から並列に変更することにします。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_02315090.jpg



スプリングの位置を変えプラスの端子を増設。各部配線を接続して単1電池2本を並列に接続できるケースを作りました。

なぜ並列にしたのかといいますと、1個よりも2個の方が電圧の降下率が緩やかになるという利点があるからです。
電気メッキの(私なりの)簡単な解釈として、『低電圧で長時間or高電圧で短時間』という概念があり、仕上がりは低電圧の方が綺麗にできるというのがあるからです。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_02362547.jpg



電池を入れ、ちゃんと電圧が立ち上がるか確認します。



次に、この電池ケースに接続する、メッキ材料へのケーブルの作製。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_02365959.jpg



プラス側マイナス側それぞれ二本ずつケーブルを作り、ギボシで取り外しが可能になるようにしました。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_02554612.jpg


2股ケーブルを3股、4股に変更することで、一度にメッキできる材料の数も増やすことが出来ます。
将来的にはだいちゃんガレージにおいてメッキ加工をスタンダードなものへとしていきたいので、材料が増えた場合でも対応できるようにしました。

画像はプラス側のメッキする材料側ですが、こちらは電解液の中で両端で挟み込むために2股にしています。




【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_02404026.jpg



クリップは、マイナス側はボルトなどの大きなものを掴むので大きめ、プラス側はメッキする材料を軽くつまむだけなので小さめのワニ口としました。





【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_02421497.jpg



そして今回使用するメッキ材料ですが、亜鉛とニッケルを用意しました。
ホームセンターで探したのですが、原材料として手に入るのは銅とすずしか無かったので、アマゾンで試験片といて売られていたものを購入しました。試験片なので、純度は99%以上とかなり高いものになっています。

で、2種類用意したのはどちらのメッキにするかを試すのではなく、『合金メッキ』に挑戦してみることにしたからです。これぞだいちゃんガレージ流。YouTubeなどで合金メッキに触れている人はいませんでした。


そもそも合金メッキの前に、メッキの種類と特徴について簡単に話すと、亜鉛メッキは鉄をメッキする最善の方法なのですが、見た目が悪くなるというデメリットがあります。
対してニッケルメッキは、見た目は綺麗に仕上がるのですが、ピンホールなどの傷がつくとそこから錆が発生してしまうというデメリットがあります。

亜鉛ニッケル合金メッキは、その両方の特性を生かしたメッキとなるわけです。


ちなみに私の好きな『有色クロメート』。tmの純正ボルトのあの金色の仕上げですが、あれは亜鉛メッキの上からクロメート溶液というもので表面をコーティングしてあの仕上がりにしています。本当はそれを一番マスターしたかったのですが、いかんせんクロメート溶液など手に入れようがありません。そういった化学薬品は一般人には売ってもらえませんからね。

なので、妥協点として開拓するのが亜鉛ニッケル合金メッキとなるのです。

ただ、亜鉛やニッケル単体のメッキは自家製ノウハウはあれど、合金に着手している人は一人もいません。なので、ノウハウが全く判らないので今回手探りでの作業となります。



【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_03004083.jpg



さて次なる作業はメッキ浴槽の製作。
それなりに危険な液体を使用するので、安全な作業が行えるようしっかりしたものを作ります。また、浴槽内での材料の配置なども仕上がりに影響してきますので、それらの作業性の向上も図れるようにします。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_03024480.jpg



大枠としてはこんな感じ。

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_03031783.jpg



真ん中に渡している割り箸に、メッキされるボルトなどを吊せるようにし、割り箸が転がらないよう浴槽に凹みをつけてグルーガンで補強しました。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_03042506.jpg


プラス側のメッキ材料を接続する部分は浴槽の両端に配置し、短く切った割り箸をグルーガンで固定し、そこに洗濯バサミをひっかける形にしてます。
今回の試験片のサイズが結構小さいので、メッキ中に材料を追加する可能性があるので、その点を考慮しました。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_03065175.jpg




ケーブルを接続するとこんな感じになります。


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_03072809.jpg



注意すべき点としては、マイナス側のクリップは電解液に沈めても良いのですが、プラス側のクリップは電解液に接触しないようにしなければなりません。浸してしまうと、表面が分解して剥がれ落ちてしまうからです。

そして、今回のカナメとなる合金メッキのやり方ですが、

【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_03103637.jpg


とりあえずこんな感じでやってみることにしました。亜鉛とニッケルの試験片を一緒に接続する方法です。

亜鉛とニッケルでは、そもそもメッキの適性環境が違うので、それを一緒くたにして出来るかどうかは分かりませんが、そんなもんやってみなけりゃわかりません。


次回:だいちゃんガレージ化学実験室。開幕〜♪


【ITALJET】アイパッドホルダー製作(その9)_e0159646_03214308.jpg



# by tm144en | 2022-08-16 03:23 | ITALJET DRAGSTER200 | Comments(0)
2022年 08月 15日

【ITALJET】無いのに気付いて




【ITALJET】無いのに気付いて_e0159646_00562974.png



【ITALJET】無いのに気付いて_e0159646_00564175.jpg


# by tm144en | 2022-08-15 00:58 | ITALJET DRAGSTER200 | Comments(2)