2019年 01月 18日

暖房新設物語 (第4話)

e0159646_00451574.jpeg

e0159646_05443097.jpg

何度でもやったるでーーーーーーーーー!!!!!!

e0159646_05452428.jpg

というか、2回目ともなると要領を得てますし、改善点なども取り入れることが出来ますので、仕上がりが断然違いますね☆
アルミテープ巻きに関しては100m以上巻きましたので、もはや職人です(笑)

e0159646_05483260.jpg

さぁ、ここまできました!
続いてはいよいよ鬼門の断熱材入れです。

e0159646_05492601.jpg

前回の反省を生かし、膨らんでいる断熱材の全ての面を予め、アルミテープで巻いて圧縮させることにしました。
というかこれ、実は前回もこうした方が良いかなーと一瞬考えてはいたのです。でも、こうやると必要以上につぶしちゃって断熱材の膨らみが足りなく可能性があるので、膨らんだままの状態で入れた方が確実に膨らみをぴったりにできると考えたのですよね。

しかし、実際にアルミテープで圧縮してみるとなんと丁度良い膨らみで収まるではないですか!腕の力で結構必死に巻く感じでやって、丁度良かったですね。

e0159646_06025516.jpg


これで簡単にφ150煙突を被せることができました☆

ちなみに・・・・
e0159646_05551435.jpg

このφ150煙突は、薪ストーブの時に買って同じ様に二重煙突にして使っていた物なのですが、その時はφ106煙突との接点は2本つないだφ150煙突の上端と下端の20cm程度にだけ今回と同じ断熱材を巻き、その間の部分はただ空気の層があるだけの状態でした。

画像で判る様に、断熱材を巻いていた部分はステンレスの感じが残っているのに対し、空気層だった部分は熱で変色しています。
つまり、空気層だけよりも、断熱材が巻かさっている部分の方がより断熱効果が高いと言えるのです。

なので、今回頑張って断熱材を全巻きしたのは、それなりの効果が期待できると言えるのではないでしょうか。


e0159646_06034148.jpg

やったーーーー☆\(^o^)/☆
できたーーーー☆☆\(^o^)/☆☆

カッッッッッッッッッッッッッッッッッッッケーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

自作二重煙突だぜ〜〜〜!!!



e0159646_06044784.jpg

これ、アレっすか!?波動砲的な何かが出るヤツっすか!?っスか!?っスか〜〜〜〜〜???

e0159646_06055313.jpg

これどう見てもマフラーでしょ(笑)

e0159646_06065621.jpg

あとは、建物に固定する為の金具を煙突に予め取り付けておきます。

e0159646_06104322.jpg

長さの割にかなりの重量感があるので、建物との接続2箇所にバンドを2本ずつ使用します。
バンドを締め付けるのは、例のアルミテープを巻いた場所になります。

ーーーーーーーーーというわけで、そんなこんなしてたら佐川急便様の御成〜〜〜り〜〜〜〜〜☆☆☆☆

そうです。アレです☆

e0159646_03395229.jpg


コレです!!
アマゾンから遠路はるばるやってきました\(^o^)/

e0159646_06212222.jpg

わーい\(^o^)/バンザーイ!\(^o^)/バンザーイ!\(^o^)/バンザーイ!\(^o^)/

それでは・・・・・・

ご開帳〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆☆☆☆☆

あけまして〜〜〜〜〜〜〜〜〜おーーーーめーーーーでーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







e0159646_06230763.jpg



t・・・・・・・・・・・・・・・・





















e0159646_06344411.jpg




# by tm144en | 2019-01-18 06:26 | 薪ストーブ | Comments(0)
2019年 01月 17日

暖房新設物語 (第3話)

e0159646_04322809.jpg

さて、いよいよ断熱材を巻いていきます。
これは以前お店のダクト用に購入して余ったもので、tmのサイレンサーにも使用しましたね。眼鏡石用断熱材ということで、耐熱温度が1300度あるので、煙突に直接巻いても十分な余裕があります。
今回長さを計測し、足りなかったので1枚追加で購入しました。

e0159646_04350327.jpg

以前薪ストーブでやった二重煙突の時は、この断熱材を被せる煙突の上下部分のみにし、中間部分は空洞にしてました。空気の層でも十分な効果が期待出来たからですが、今回はフンパツして全巻きでいくことにします。

二重煙突の隙間よりも断熱材の厚みの方が2倍位あるので、かなり圧縮しながらφ150煙突を被せていく必要があります。
(こんなに圧縮してしまったら、断熱効果が半減するんじゃないだろうか・・・・・・)


・・・・

・・・・

・・・・

簡単に考えていました。

いや、以前の経験から、隙間に入れる時も少し潰せば簡単に入る感じだったのは知っていました。

しかしそれは、ほんの数cm程度のはなし。

今回は90cmを全て被せようとしたので、断熱材の膨らむ力による抵抗が尋常じゃないレベルに達した・・・

そしてついに、被せているφ150煙突が全く動かなくなってしまったのだ。

入れる方にも、抜き取る方にも・・・

なんとかして外す為、内側のφ106煙突を押して抜くことに。

φ106煙突を2本つなぎ、地面に何度も何度も何度も叩きつけて、ようやく抜き取ることができ、それに伴って断熱材とφ150煙突の取り外しにも成功。

やっと安堵の息をついた所で、今度は先ほど叩きつけたφ106煙突が、接続部分の『山』を乗り超えてありえない量がかぶさってしまい、全くビクともしなくなっているではないか!!!

今思えば、冷静になれば、初めからこの結果がわかっていれば、別の手段で安全確実に取り外すことは出来た。

しかし、長い長い作業時間の結果、集中力は完全に失い、思考能力はどん底まで低下。

もはやヤケクソを通り越して・・・・・

e0159646_04392312.jpg


二重煙突は終わった・・・




# by tm144en | 2019-01-17 04:32 | 薪ストーブ | Comments(2)
2019年 01月 16日

暖房新設物語 (第2話)

e0159646_03405054.jpg

暖房新設にあたって、煙突を二重煙突に変更することにしました。
既存の煙突がありますが、長さが長すぎて駄目ということだったのでどうせだったらということで思い立ちました。

煙突を二重にするメリットは、排気が通る煙突を直接外気に触れさせないことで温度の低下を抑えることができるというものがあります。それによって、ドラフト力の低下を防いだり煙突内部のススのこびりつきを抑えたりする効果が期待できるのです。

二重煙突は市販の製品がありますが非常に高価なので、今回は自分で作ってみることにしました。
煙突の効果ウンヌンというのは建前で、本当の所ただ単純に『作ってみたかった』というのが一番の理由ですね(笑)

以前購入していたφ150の煙突が2本あるので、これを使わない手はありませんしね。今回購入するストーブの煙突はφ106仕様なので、φ106煙突にφ150をかぶせて、隙間に耐熱ウールを挟み込む、という手法をとってみることにします。

室内は煙突からの熱を効果的に取り出す為にあえてシングルにし、外で立ち上がる部分だけを二重にします。

で、自作二重煙突を外に取り付けるにあたっての大きな課題として、隙間の耐熱ウールの防水処理と、建物への固定方法があります。
この2つを解決する為に今回考えた秘策が、画像にある『φ120→φ150』変換アダプターと、その逆の『φ150→φ120』変換アダプターです。これを思いついた瞬間、今回の二重煙突化作戦の成功を確信しました。

どのようにやるかといいますと、

e0159646_03594730.jpg

まずは、新品のφ106煙突を用意。今回外に立ち上がる長さ分となります。

次に、φ150煙突をこの上から被せるのですが、その前に先ほどの、

e0159646_04020360.jpg

変換アダプターを用意し、これを使ってφ150煙突を接続していきます。

e0159646_04004458.jpg

接続したものを並べてみました。

e0159646_04040575.jpg

下部分。『φ120→φ150』の変換アダプターを接続。

e0159646_04031953.jpg

中間部分。
下から立ち上がってくるφ150煙突に『φ150→φ120』のアダプターを接続し、そのアダプターに『φ120→φ150』を接続し上のφ150煙突へと繋がっています。

e0159646_04070085.jpg

上部分。
下からくるφ150煙突の先に『φ150→φ120』アダプターを接続。

アダプターの接続方法はこのようになります。
しかし、この状態ではφ120アダプターはφ106煙突の上にかぶさっているだけなのでスカスカのまま。そこで、この隙間にアルミテープを巻いて、φ120アダプターがしっかりとφ106煙突と密着する状態にします。
そうすることで、アダプター部分に強度がでるので、その部分に建物との接続バンドを巻いて固定することができるようになるという仕組みなのです。

ただ単純に、φ106煙突の上にφ150煙突を被せて耐熱ウールを詰めただけの二重煙突で、それに建物への接続バンドを巻いて固定したとしたら、耐熱ウールの柔らかさで煙突が動いてしまいますので、二重にしつつも固定強度を出す必要性があったのがお解りいただけると思います。

e0159646_04143671.jpg

アルミテープを巻く箇所をマーキング。

e0159646_04150895.jpg

あとは、気合いと根性で慎重にアルミテープをひたすら巻いていきます。
φ120ーφ106=18(mm)

暑さ0.1mmのアルミテープが9mmの暑さになるまで巻き続けるので、平均φ110とすると

110π×9÷0.1≒31(m)

31メートル!!!!!!!!!!

を、三箇所・・・(遠い目)

e0159646_04234244.jpg

頑張りました・・・(虚ろな目)

e0159646_04253470.jpg

強度をより強固なものにする為、少し厚めに巻いてハンマーで叩いて圧縮させていきます。
そして、ジャストフィットの暑さになるように巻いたアルミテープを少しずつ剥がして微調整に微調整を重ねます。

そして・・・(2時間後)

e0159646_04281935.jpg

変換アダプターの接続が完了!
上部と下部は耐熱ウールとφ150煙突を被せた後に接続します。

いや〜、やっぱ想像をカタチにするって、楽しい☆☆☆☆☆\(^o^)/☆☆☆☆☆



# by tm144en | 2019-01-16 04:31 | 薪ストーブ | Comments(0)
2019年 01月 15日

暖房新設物語 (第1話)

e0159646_03162630.jpg

薪ストーブを辞めてから、冬のだいちゃんガレージの主力暖房器具だったこのジェットヒーター。
燃焼ガスで直接暖めるので、暖房効率は非常に高いのですが密閉空間では吸気を外気から取り入れたとしても二酸化炭素が室内に溜まってしまうので、どうしても換気が必要になってしまいます。

e0159646_03202305.jpg

なので、自作の換気扇を作って強制的に室内換気を促していましたが、そうすると結局外の冷たい空気も積極的に室内に入ってきてしまうので、なかなか室内温度が上がらなくなってしまいます。

そして実は、最近このジェットヒーターの調子が悪く、運転が停止してしばらく動かなかくなるという現象が度々発生するように
なってきたので、そろそろ替え時ということでストーブの新設を考えている所でした。

新しいストーブを買うにあたって、最初すぐに思いついたのは、

e0159646_03304674.jpeg


業務用なんかでよく見る、こういうタイプのストーブ。
今のジェットヒーターの暖房出力が約9kWなので、今よりも暖かさに期待できるのですが、このストーブもジェットヒーター同様燃焼ガスでそのまま暖めるタイプなので、換気が必要になります。
自作の換気扇で換気をするようになって、ジェットヒーターを使い続けてても著しく気分が悪くなるような事にはならなくなりましたが、それでも長時間こもって作業していると、あくびが出たり眠気に襲われたりしてやや気分が悪くなります。

そこで、せっかく薪ストーブ用に煙突が立てられているので、煙突式のストーブにすることにしました。

e0159646_03395229.jpg


煙突式でパワフルなのはこの昔ながらのポット式ストーブというもの。黒い筒の中で灯油を燃やして、輻射熱で暖めるので薪ストーブと概念は同じです。
燃焼ガスは煙突から排出されるので、室内空気が汚される心配もありません。

しかし、暖かい燃焼ガスをそのまま煙突から外に捨ててしまうので、暖房の効率は悪いのがこのストーブの弱点。
上と下のストーブの『暖房出力』と『燃料消費量』の値を比べてみると、上のストーブは燃料消費量と暖房出力がイコールになっていますが、下のストーブは消費した燃料よりも暖房の出力が落ちていることがわかります。
つまり、この値だけをみれば、下のポット式ストーブの方が『暖房効率が悪い=燃費が悪い』というふうに捉えることができてしまいます。

しかし注意すべき点は、上のストーブは『換気が必要』という点。つまり、せっかく暖めた室内空気を窓を開けて捨てなければならない、ということになるのです。
対して煙突式であれば室内の換気は人間の呼吸分だけで良いので、ほぼ密閉状態を保つことができるので暖めた空気を外に逃す必要が無くなります。

したがって、『暖房効率(燃費)』だけでみれば上のストーブの方が良いのですが、結果的には換気の分で相殺するか、あるいは損する可能性すらあると考えることができるのです。
しかも、換気するとはいえ室内の二酸化炭素濃度は確実に高くなるので、空気の汚れない下のストーブを今回買う事に決めました☆

そしてポット式の魅力のもう一つは、『音が静か』という点。
ファンなどが付いてないので、基本的には無音(のはず)です(使ったことないのでわかりませんが、そうだと思っています 笑)

購入はアマゾンで買い、自分で設置することにしました。

このようなストーブを設置したことなど無いので、商品が届く前に説明書をダウンロードして熟読。安全に設置する為の知識を勉強しました。

そのなかで一つ問題となった点。

e0159646_04030635.jpg

それは『煙突の高さ』

説明書には『縦引き3.6m、横引き1.8m』を基本に設置せよという記載がありました。
そこで、だいちゃんガレージの煙突の高さを計測してみると、なんと『縦引き約6m、横引き0.9m』という、超ウルトラハイパードラフト仕様になっていたのです!
煙突は、縦の長さが長いほど、横の長さが短いほど『ドラフト効果』という、排気を吸い出す力が強くなるのですが、その力があまりにも強すぎると、ストーブで発生した熱が部屋を暖める間もなく外に吸い出されてしまうという現象になってしまうのです。
なので、最初の『規定値』が重要になるのです。

余談

そういえば薪ストーブ時代、この煙突にパワーアップしてからストーブが真っ赤になる程熱せられることがなくなったのですが、これが原因だったのですねー・・・
ドラフト効果は高ければ高いほど『良い』と思ってたのですが、なにごとも『ほどほど』が肝心なんスねー笑


ーーーーというわけで、煙突を短くする所から始めなければならなくなってしまいました〜

続く〜・・・



# by tm144en | 2019-01-15 04:11 | 薪ストーブ | Comments(2)
2019年 01月 12日

【VANVAN】ガソリンタンク増設作戦(その1)

昨年12月頃からVANVANネタが続いてますが、アクセス件数がずいぶん減りました(笑)VANVANちゃんカワイイのに人気無いですねぇ〜・・・

でも、まだまだ続きます〜☆

ちなみに、だいちゃんガレージ史上最もアクセス件数が集中した期間は、漁師やってる時でした(笑)


=========

e0159646_03005708.jpeg

さて、ガソリンタンクの容量が4.5リットルしか入らないVANVANちゃんなので、リッター20km計算で90kmの巡行しか出来ません。
なので、それ以上走る時は携行缶を積んでいるのですが、給油の手間が面倒。

ということで、

e0159646_04130542.jpg

この10リットル携行缶をガソリンタンク化してしまおう作戦を決行します。
ガソリンタンク化とはどういうことかと言いますと、携行缶の底に燃料コックを取り付けて、ホースでつないじゃおうというものです。

でっきるっかな??

e0159646_04160738.jpg

携行缶をガソリンタンク代わりにするにあたって、まずは負圧ホースの取り付けが必要になります。
そこで、既存の負圧バルブを利用して、ここにホースを取り付けることが出来るようにします。

ネジ山はM8の1.25なので、真ん中に穴の空いたボルト(グリスニップルのような物)を探したのですが、なかなか見つからなかったので

e0159646_04200044.jpg

最初から作ることにしました。
なぜM8のボルトじゃなく、わざわざリベットピンを採用したのかは、おそらくホームセンターを歩き回って疲れちゃって思考能力が低下してたんだと思います(笑)

e0159646_04220974.jpg

ということで、まずはダイスでネジ山を切る作業から始めます。

e0159646_04243688.jpg

慎重にやったつもりなんですが・・・・

e0159646_04251188.jpg

曲がっちゃいました(爆)
ヘタクソー\(^o^)/

e0159646_04260695.jpg

続いて、ちょうど良い長さに切断します。

e0159646_04263864.jpg

そしていよいよ、真ん中に貫通穴を空ける作業です。先ほどのダイスの件がありますので、慎重に慎重を重ねます。

e0159646_04275210.jpg

切削深度がかなりあるので、目詰まりと熱に注意するため、オイルスプレーをガンガン吹き付けながらドリルを回します。
穴の径は3mmです。ピンの径が8mmなのでもっと細い方がやりやすいのは重々承知ですが、なんせドリルの刃が無いってゆうね・・・

e0159646_04293156.jpg

途中で横に抜けたりせずに、なんとか反対側に貫通させることが出来ました☆

e0159646_04304015.jpg

あとは、取り付けるホースの内径が6mmなので、ネジ山を切って無い部分の表面を削ります。もちろんグラインダーの手作業です(笑)

e0159646_04322609.jpg

貫通穴は、最後の最後がちょっとだけ横にズレちゃってますが、5cm位の切削深度でズレ角約3度未満なので許して下さい。

e0159646_04393062.jpg

取り付けは、既存のパッキンを流用してフランジナットで締め付けて固定させました。

e0159646_04402765.jpg

中の飛び出し具合をスコープで確認しましたが、問題はなさそうです。


今回かなり低レベルな加工でしたが、強度部材でも可動部分でもありませんし、見える物でも無いのでこの程度で妥協しました。

とはいえ、いい加減な作業をしたつもりは無く、最善の力は尽くしました。
しかしながら、金属加工はやはりむづかしく、センスと技術と道具の三拍子が揃わないと、まともな加工はできませんね。


そんなわけで、次回は燃料コックの取り付けになりますのでお楽しみに〜お楽しみに〜お楽しみに〜〜〜♪



# by tm144en | 2019-01-12 04:49 | SUZUKI VANVAN90 | Comments(0)