タグ:雪かき ( 52 ) タグの人気記事


2017年 12月 12日

僕たちの雪かき戦争2017 (第2回)

e0159646_339475.jpg


さーて本番だ。

e0159646_3404074.jpg


外の門につけている南京錠ですが、凍っちゃって鍵回んないっす笑
手で温めてなんとか開けました。

e0159646_3413710.jpg


雪かきの手順はいつも通り。まずは入り口から。町の除雪で置いて行かれた雪を除雪。除雪された雪を除雪するって、なんて効率の悪い行いなのだろう。。。

e0159646_343538.jpg


大した量ではなかったので、ここまでで15分。

e0159646_345273.jpg


次にガレージ前スペースの除雪。
ここの雪もダンプで路肩まで運びます。隣の家の脇や空きスペースに移動させる方が距離は短くて済むのですが、今後積もった時のことを考えると、まだ量の少ない今は道路の方に持っていった方が良いのです。
ここの作業で30分。

e0159646_3475692.jpg


次はサブガレージの屋根。
結構な量に見えますが、ラッセルで落とすだけなので5分で終わります。
といっても、そこそこ筋力のいる作業ですが。

e0159646_350698.jpg


最後はメインガレージの屋根です。
いつか、落ちるんじゃないかな〜。。。
煙突を支えてる柱がありますから、命綱使おうかなぁ。。。

ここの作業40分。

e0159646_3534693.jpg


今回はまだまだ大したことのない量だったとはいえ、1時間半という貴重な時間がもぎ取られたわけですから、つくづく北国生活の効率の悪さを実感しますね。
まぁ、こんなデッカいガレージ借りてるからですけど(笑)


by tm144en | 2017-12-12 03:55 | Comments(0)
2017年 12月 01日

 僕たちの雪かき戦争2017 (第1回)

e0159646_311293.jpg


11月26日時点ですが、サラッと積もりました。11月の時点でこれだけ積もったのは2013年以来。そう、漁師時代以来です。

あのシーズンの積雪量はかなりの量でした。それから3シーズンが経ちましたが、その時に比べて全然少ない積雪でしたので、もしかすると今シーズン辺り『ドカッ』と来るんじゃないでしょうか。。。

ひぇ〜〜〜((((;゚Д゚)))))))


by tm144en | 2017-12-01 03:21 | Comments(0)
2017年 02月 28日

僕たちの雪かき戦争2016

e0159646_4285764.jpg


2月3日以来の除雪。いや、本当に降らないですねぇ。
まぁ、全く降ってなかった訳ではないのですが、全然無視出来るレベルだったといいますか、なんだったらむしろ雪解けが進んでましたからねぇ。2月で、ですよ!
なもんで油断してましたが、ここ数日でまた一気に真冬に押し戻されてしまいました。

e0159646_4334252.jpg


いつものように、まずは間口の除雪から。
いやぁ〜、体力落ちてるナァ(苦笑)

でもね、言い訳させてもらいますと、土曜日の激務の後ですから。なんとかマンデーから続いて忙しい週末でしたからねぇ。

余談

なんとかマンデーとかいって消費拡大を狙っているようですが、なんですか?政治家ってバカなんですか?
売り上げが一極集中するだけで、根本的解決になっていない。
というか、それに便乗して割引とかやってる所がありますから、むしろ売り上げ落ちて税収も下がるでしょ。
テレビでインタビュー受けてたお店が、「普段より売り上げが1、5倍です!」なんて言ってましたけど、その前後の売り上げは普段の0、5倍なんですから、意味無い意味無い。

消費を拡大する為に必要なのは、安定した収入(仕事)と将来への不安が無いこと。それだけあれば、人間なんて欲の塊なんですから、だまってたってお金使いますよ。


e0159646_4365813.jpg


真冬の芸術。前回よりもダイナミックに出来上がってますね。

e0159646_438854.jpg


つづいて駐車スペースの除雪。
しばらく除雪サボったせいで、下の雪が固くなってやりづらくなってます。そう、サボるとダメなんですよねぇ。雪が降ったら、たとえ少ない量でもちゃんと毎回除雪しないと、いけないのです。

e0159646_441449.jpg


サブガレージの屋根。
あれ、こんな所にも芸術作品が!?なんとかマンのアタマみたい(笑)

今回は2時間程の作業でした。

=======

「いやぁ〜積もりましたねぇ!」
「この雪邪魔じゃないですか?」
「雪この辺に捨てちゃっていいですから!」
「すみません、ちょっと屋根の雪下ろすんでいいですか?」

近所の人との会話。

なんということは無いですが、なにか心温まるものがあります。
それはもしかすると、『雪』という共通の『敵』と戦っている、いわば『戦友』のような感覚なのかもしれませんね。

北海道の人が温かいと言われるのは、冷たい雪があるから。
冬の圧倒的猛威に立ち向かう為には、みんなで一致団結しなければ生きることすらできない。

尋人に優しいのも、冷たくあしらうと寒さで凍え死んでしまうから。

「いいからあったまっていきなー」



by tm144en | 2017-02-28 04:55 | Comments(0)
2017年 02月 03日

僕たちの雪かき戦争2016

e0159646_420356.jpg


久しぶりの雪かき。去年に引き続き、雪少ないですねぇ。札幌も、12月のアレだけで大したことないですね。

ただ、少なくて楽なのは良いですが、

e0159646_4221971.jpg


今日はメチャメチャ吹雪いてて、どう考えても雪かき日和ではない。

e0159646_4232044.jpg


バラクラバをかぶって頑張ります。(写真の顔コエー笑)

e0159646_4243072.jpg


吹きすさぶ風の中雪が降りしきると、このような積もり方をします。

e0159646_4251945.jpg


まるで山の尾根のような美しさがありますね。
畑でひらけた場所などでは、ふきだまりとして道路にせり出し、バイクでは危険な場面もありますが、自然が織りなす芸術作品と言えます。

e0159646_4284613.jpg


近くの踏切では、作業員の方達が始発前の線路の雪かきをしていました。私が除雪している時にいつも見かけます。
便利な鉄道も、こういった人達の努力によって成立しているんですね。

そう。便利な世の中は、誰かの努力によって支えられている。
一見すると自動的で無機質なものでも、それを維持メンテナンスする『誰か』が必ずいる。

それは、どこの誰かも分からない。

人は皆、誰かの役に立っている。
誰が、どこで、誰にかは重要ではない。『誰もが、誰もに』だからだ。

だからこそ、身の回りの人への感謝と尊敬の念は必ず持たなければならない。その誰かは、どこかの誰かの役に立っており、巡り巡って、自分の役に立っているのだから。

e0159646_442734.jpg


とかなんとか考えながら、屋根の雪下ろしが終了。
屋根の端から端を、雪を押しながら何往復も何往復もするので、今回ちょっと数えてみました。

屋根材の継ぎ目になる出っ張りが46本あり、それにそって往復するのでつまり46往復。
ただ、一回で全部の雪は落ちないので、雪の量で変わりますが今回は3往復。
したがって46×3の138往復。
片道5メートル程なので、5×138で690メートル。。。

、、、、大した距離じゃなかった(笑)


by tm144en | 2017-02-03 04:47 | Comments(2)
2017年 01月 14日

僕たちの雪かき戦争2016

e0159646_824535.jpg


まずは、自宅前の除雪から。
車庫前の雪山がモリモリになってきて、非常に車が出しにくくなってきたので、削り落とすことにします。

e0159646_8253575.jpg


雪山も、地層ならぬ『雪層』になっていて、上の方は柔らかいのですが、下の方は凍っていたりするので、鉄スコップでガンガンやらないと崩れてきません。

e0159646_827914.jpg


この位まで削りました。
まだまだ削りたい所ではありますが、今回サンバー丸で久しぶりの排雪に行くことにしたので、この分だけで積載の限界となってしまいました。

e0159646_8294710.jpg


道路側になるにしたがって広がるよう、斜めに削ってあります。

札幌の自宅周辺は、ようやっと幹線道路の排雪が終わりましたが、細い道路は全く進んでいません。
今年は、排雪どころか、グレーダーやラッセルによる『均し』の作業すらすすんでないので、道なんかもうデッッコボッッコです。
全部、あの12月の大雪の影響です。あれ以降大した量降ってませんからね。


e0159646_834578.jpg


久しぶりの排雪。

堆積場に来るのも当然久しぶりなので、ちょっと緊張しました(笑)
10tダンプがウヨウヨいる中で、軽トラがチョロチョロするのは結構ビビりますね。というか、お仕事されてる方の迷惑になっていないかとヒヤヒヤ。

ダンプは荷台を上げて雪を捨てることが出来ますが、サンバー丸は手で下さなければなりません。
10t、4t、手下ろし、それぞれ指定される場所が違うのですが、今回行ったところは初めての場所だったので、どこに下ろして良いか判らず、しかも立ってる係員らしき人もいなかたので聞くことも出来ませんでした。
なので、人気の無い隅っこの方にペロッと捨てて、逃げる様に帰ってきました(笑)

ーーーーさて、お次はガレージ前。

e0159646_8421750.jpg


まぁ、そこそこ塞がれてますが、全然余裕のレベルですね♪

e0159646_8431244.jpg


ママさんでサクサクやっつけます。

e0159646_8443711.jpg


さて、ここで先日作成した特製ラッセルと、その原型が丁度2本揃っていたので、比較をしてみます。
特製ラッセルは、大きな持ち手をつけて、柄を短くした物です。
そうすることによって、

e0159646_8472748.jpg


このように、腰を低く構えて持ち手を両手で持ち、手を丁度腰骨の辺りにあてることで重たい雪でもスイスイ押すことが出来るのです。
持ち手が小さいと両手で持ちづらいですし、柄が長いと、持ち手が低く構えた腰の位置に来ないのです。(物理的に来ないのではなく、腰の位置で持つと、ラッセルが上を向いちゃう)

さらに、片手で作業する時の、右手の負担も全然違います。

e0159646_851763.jpg


柄を短くした方は、右肘が丁度良い位置に来ますが、

e0159646_8525259.jpg


柄が長いと、ちょっと後ろに引き過ぎることになってしまい、腕の負担が大きくなります。
この些細な違いが作業効率を大きく変え、負担の少ない雪かきが出来るのです。

e0159646_856341.jpg


本日の間口雪かき30分。ラッセル検証やってた時間を入れてこの時間ですから、今回は超楽でしたね。

さてさて、お次は、

e0159646_8583697.jpg


駐車スペース。

e0159646_8591927.jpg


車2台置けるようスペース拡大の作業もしたので、40分かかりました。

おっと、、、エネルギーが、、、足りない、、、

e0159646_905197.jpg


チャ〜ジ
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


e0159646_92187.jpg


さぁ、残すは屋根&屋根!

e0159646_93855.jpg


サブガレージ屋根、僅か4分!
今日の雪は軽くて楽々♪

e0159646_94541.jpg


メインガレージ屋根、

e0159646_943573.jpg


15分☆
軽雪だと楽でいいねぇ〜☆

なぜこんなに軽い雪なのかといいますと、

e0159646_952912.jpg


なんましばれてっからよ〜!

観測台でマイナス21度だってさー!ウケるー!


by tm144en | 2017-01-14 09:06 | Comments(2)
2017年 01月 04日

僕たちの雪かき戦争2016

e0159646_14544851.jpg


さて、すっかりほったらかしていた間口の雪。軽トラで無理矢理乗り越えて踏み固めてしまったので酷いことになっています。

初日の出ツーリング帰還後、温泉にて一泊してからの話です。

e0159646_14583411.jpg


駐車スペースも除雪。
ツーリングで完全燃焼したものの、温泉で全回復したので元気ビンビンです☆

しかし、あまり調子にノってしまうと、、、

e0159646_1515581.jpg


ポッキリ。
いやぁ〜、ラッセルはすぐ壊れる!
私の使い方が荒いからではありますが、逆に言えばなかなか満足のいく物に出会えません。

今回のこのホーマックのキミドリシリーズは、刃先を丈夫にしていることをうたった商品ですが、その分柄が弱いですね。木の種類が粗悪で、コスト削ってる証です。
まぁ、2000円弱の商品でしたから無理も無い。良い奴は3000円以上出さないとダメですし、ホーマックには売ってないのです。
個人商店みたいな所に、良いヤツが売ってるんですよね〜。

ということではありますが、VANVANにお金かけすぎた為、補修することにします。

e0159646_15105811.jpg


せっかくなので、このビックサイズの持ち手に取り替えます。
昔使っていたアイリスオーヤマ製のラッセルに使用されていた物で、ラッセルは壊れましたが持ち手だけとっといたのです。
なかなかこのサイズの持ち手が付いている物は無いですから貴重ですねー。
なんといっても、これだけのサイズがあれば、超パワフル除雪が可能になるのです。
通常の小さい持ち手であれば、ラッセルを押す力は片手だけに集中しますが、これなら両手とお腹も使って渾身の力で押せるので、雪かきの効率が断然違います。

とは言え、そうなるとバケット部分の負担が大きくなるので、闇雲にやるとバケットが割れてしまいます。まぁ、それでもタイラップで補修したりもできるのですが、そうなってくると、プラスチックの材質も重要になってきます。

e0159646_15202627.jpg


先程の、渾身の力仕様にするために、柄の部分を少し短くします。
市販品の柄は長いので、使いにくいんですよね。今まで加工するのが面倒だからそのまま使ってましたが。

e0159646_15222660.jpg


完成〜☆
渾身の力仕様☆

ただ、まぁ、この柄の材質じゃぁ、力かけられないですけどね。。。

e0159646_1523413.jpg


間口、駐車スペース及び屋根の雪下ろしも全て完了☆
作業時間2時間でした。

それが終わったらお次は、、、

e0159646_1526983.jpg


ガレージのお片付け。
いやぁ〜、戦後の焼け野原状態ですね(汗)

e0159646_15284433.jpg


こちらも2時間。
まぁ、まだ散らかっている所も多々ありますが、、、

さて、じゃぁバラしますか〜٩( ᐛ )و


by tm144en | 2017-01-04 03:00 | Comments(4)
2016年 12月 27日

僕たちの雪かき戦争2016

ちょっ!勘弁してよ〜〜〜〜!!!(涙)

e0159646_237594.jpg


なして置いてくだべ!
たった2日前に雪かきしたばっかだべや!

e0159646_2395990.jpg


しかも、とんでもねー量だべ!!

あぁあ?しかもなにさ、

e0159646_242610.jpg


全然降ってねーべや!2日前にやったトコ、さらっとしか積もってねーべ!
それでなんで、道路の雪あんなんなん!?

あーもう!だめだ!12月にして、もはや音をあげそうだ!!

がんばんべ〜〜!!

e0159646_2454856.jpg


クッッソカテーから、先に鉄のスコップでガンガン崩してかないと、ママさんダンプじゃ手も足も出ない。

一口で『雪』と言っても、その密度や性質で、全然違うものになります。

e0159646_2465649.jpg


崩した雪が、これ位の岩石みたいになるやつとか、もはや『雪かき』ではなく『石運び』です。

e0159646_2491266.jpg


ある程度崩しましたが、下が平らじゃないのでママさんダンプではすくうことができません。
となると、一番めんどくさいやり方、

e0159646_2504362.jpg


スコップですくってママさんダンプに移し、それから運ぶという2度手間の作業になってしまいます。
これは大変というより、めんどくさい。ママさんダンプで一発ですくって運んだ方が、断然効率が良いですからねぇ。

e0159646_2532447.jpg


横の雪山も、傾斜がキツくなっているので、助走ををつけて運び上げます。

e0159646_254381.jpg


散らばった雪をすくうのに、アルミのスコップを使用します。
ママさんダンプでやるには雪の暑さが少なく、ラッセルを使うにはデコボコして引っかかっちゃう時に、このスコップを使います。
雪山の近くなので、すくってそのままほおります。

雪質や積雪量などの違いで、スコップに求められる性能もかなり変わります。
今私が持っているのは、

BIGママさんダンプ
ラッセル
アルミスコップ
鉄四角スコップ

の4種類で、私の雪かきスタイルから考えて70%位はカバー出来てますが、残りの30%は別のスコップ(ダンプ)の方が効果的である場面もあります。
バイクを整備する時の工具も然りですが、やはり適材適所。状況に応じた効果的な道具を、全て揃えるというのが、一番効率的なのですが、、、まぁスコップにそんなにお金使ってられない(笑)

それに工具だったら、使わない工具でも持ってるだけで嬉しい気分になれますが、スコップなんか全種類持ってたって、嬉しくもなんともないし、ただただ邪魔なだけですね。

いや、ちがう。スコップが嬉しく無い理由は、その『材質』ですね。
プラスチックや木で出来た道具だから、こうわくわくする物が無いんですよ。

ジュラルミンにブルーアルマイトかけたスコップとか、チタン製のママさんダンプとかだったら、すげー雪かき楽しめそう☆

新雪深雪用に、先がカーボンで柄がチタンパイプのスコップとか♪

雪かき道具一揃えで100万位しますね(笑)

e0159646_2574164.jpg


さて、そんな妄想に浸りながら、いつしか間口除雪完了。
なんと、1時間半も掛かりました!この前たくさん積もった時でも40分でしたから、その倍以上!

くたびれた〜orz

でも、、、

e0159646_3162570.jpg


コッチもやんなきゃだ〜。

e0159646_3171100.jpg


サブガレージの屋根と〜

e0159646_3173659.jpg


マキコ屋根〜。
この2箇所で20分。

メインガレージ屋根は、

e0159646_3182534.jpg


あ〜、薄っぺらい!ついでにやっちゃおう!

、、、

、、、

、、、

と思ったのは、大きな間違い!!

50センチ位の雪が『ギュッ』っと圧縮されて10センチくらいになっていただけなので、ラッセルでおしても思い思い。
しかも、融けて凍って屋根に張り付いていたので、なお大変!

e0159646_3203345.jpg


途中、何度も何度も心が折れそうになりましたが、最後の力を振り絞ってなんとか完遂!!
メインガレージ屋根40分。

e0159646_3225551.jpg


最後、駐車スペースは、、、

、、、

、、、

、、、

積もってねーし、今日はいっか!


by tm144en | 2016-12-27 03:24 | Comments(2)
2016年 12月 24日

僕たちの雪かき戦争2016

ご存知の方も多いかと思いますが、札幌が50年ぶりの大雪に見舞われております。
つまり、人生初めての経験。

e0159646_3153151.jpg


12月23日時点でこの積雪量は、異常です。昨シーズン2月のピーク時に匹敵か、むしろ超えてます。昨シーズンは雪少なかったですからね。

e0159646_3171764.jpg


僅か1ヶ月足らずで、3ヶ月分の積雪量に達するとは。
道路の道幅も、もはや2台すれ違うことができなくなっています。

まぁ、基本的に真冬になればこれ位積もるのは普通ではありますが、忘れてはいけない。今はまだ12月だということを。。。

もし、もしも、今後もこのペースで降り続けたら、都市機能は完全に停止することでしょう。つまり『災害』です。
物流は滞り、人々の流れは止まり、町は静寂と化す。

あ、、、なんかワクワクしてきた♪

不謹慎?

いやいや、地震や津波の災害と違って、直接的な人的被害があるわけではないですから、こうなったら楽しんだ者勝ちでしょう。

ーーーさて、例年であれば札幌よりも積雪の多いだいちゃんガレージなのですが、

e0159646_3245870.jpg


今シーズンは札幌がアレなので、随分と見劣りしますね(笑)

e0159646_3254862.jpg


とはいえ、昨シーズンよりは既に積雪量は超えてますし、雪かきが大変なことに変わりはありません。
初日の出プロジェクトを完遂すべく、平日もガレージに戻って作業を少しでも進めておこう、、、、、とおもっても、まずは雪かきからとなります。

e0159646_3275071.jpg


この地域は風が強いので、雪の積もり方が、海の波がその形のまま凍ったかのように見えます。
帯広や、そういう拓けた所でよく見かけますね。

e0159646_330067.jpg


まずは間口から。
ママさんダンプで行います。
昨シーズンは全然活躍しなかったこのダンプですが、今年はフル稼働して大助かりです。このダンプじゃなかったら死んでましたね。

e0159646_3315554.jpg


右側の間口からかきとった雪を、左側の雪山に積んでいきます。

e0159646_3333046.jpg


勢いをつけて雪山に登り、雪を積みあげていきます。

e0159646_3343934.jpg


今回は雑に行ったので、間口拡張作業30分でした。
時間に限りがあるので、雪かきも最低限の作業にします。

と・は・い・え

e0159646_336272.jpg


まだコッチの駐車スペースが残ってます。
これも手強いぞ〜(涙)

e0159646_3371472.jpg


歩道専用のロータリー除雪機。
人が乗って運転するタイプの除雪機で、幅が歩道の幅に設定されています。このロータリーが通ったあとは、劇的に歩道が歩きやすくなります。

この歩道の除雪機が「あ、来た!」となった瞬間、怒涛の勢いで歩道に雪をなげます。
すると、まんまとなげた雪を綺麗に雪山に積み上げてくれるので助かるんですよねぇ。
グレーダーが来た時に、道路に雪を出したりと、重機を味方につける『ワザ』もあるのです。

e0159646_3421818.jpg


そんな『ワザ』もフル活用し、30分で駐車スペースの除雪を完了。合計1時間の雪かきでした。
日曜日、もっとちゃんと綺麗に雪かきするので、今回はこれで終わりにします。

ーーーーそして2時間後。ガレージ作業が終わり、いざ帰ろうと外に出ると、、、

e0159646_3454762.jpg


もう置いてかれてる〜〜(涙)

もう勘弁してよ〜!!!

『自然』の猛威はいくらでも耐えられますが、これは完全に『人災』ですから、精神的にヤられますね。
まだまだ、いちいち腹をたてる自分がいます。

2時間前、ヘロヘロになりながら雪かきした所に、平気で雪の塊を置いていくこの所業。

文句を言っても、何も始まらない。何も生まれない。
故に、ただ黙って我、雪かきするのみ。



by tm144en | 2016-12-24 03:51 | Comments(0)
2016年 12月 15日

よっしゃヤンぜ!ゆ、ゆ、雪降ろし!!

e0159646_751534.jpg


屋根の雪は、とにかくひたすらママさんダンプで行ったり来たり。

e0159646_7521528.jpg


何往復も何往復もします。
今回位の雪の量でしたら、然程大変なこともありませんでしたが、以前1メートル位溜めちゃった時はヤバかったですね(汗)

e0159646_7543039.jpg


とりあえず、転落だけは気をつけます。
本当は、屋根の雪降ろしは一人でやっちゃいけないんですが、、、まぁ、しょうがないっス(涙)
屋根の中心に命綱でもつないでおけば安心ですが、まぁ大丈夫っす。

屋根から転落する程度の注意力しか無いようだったら、バイクなんて乗ってらんないですよ!

e0159646_812538.jpg


ママさんダンプで粗方落としたら、お次はラッセルの出番。これも、何十往復もします。

e0159646_823711.jpg


終わった〜〜〜!屋根の雪降ろしで、40分!
ちなみに、1メートル溜まった時は4時間掛かりました(笑)

だいちゃんガレージの建物はちゃんとした造りをしているので、雪なんかぜんぜん溜めちゃっても、屋根が抜けるなんてことはありません。
なので、体力的にシンドイ時や時間的余裕が無い時、めんどくさい時なんかはやらないこともしばしば。

ただ、あまりに溜めすぎると1回の作業が尋常じゃ無い労力を要してしまいますし、もし仮にワンシーズン溜めっぱなしでいると、『雪庇(セッピ)』が出来てガレージが崩壊してしまうのです。
『雪庇』とは、屋根に積もった雪が屋根からはみ出した状態のことを言います。雪庇が徐々に大きくなり、限界を超えると、「ポキッ!」と折れてしまいます。

折れるとどうなるかと言いますと、

e0159646_1163685.jpg

e0159646_1182499.jpg


ボッコボコになります。

e0159646_11433497.jpg


内壁もろとも崩壊します。
このだいちゃんガレージ移転時、まさにこの状況だったのです。以前利用してた方が屋根の雪降ろしを一切せず、巨大な雪庇ができた為、こんなことになってしまっているのです。

ちなみに、いまだに内壁はこのままで、布や段ボールで塞いでいるだけの状態です(笑)

ーーーーさて、雪かきもいよいよ佳境!
残すステージは、、、

e0159646_853551.jpg


ガレージ前スペース。

e0159646_8225830.jpg


ここも広いので、マァ大変。ママさんダンプでえんやこらです。

e0159646_8233613.jpg


下が砂利なので、あまり綺麗に除雪ができません。仕上げはラッセルで行いますが、砂利に引っかかったり、草の根にひっかかったりするので、むしろ雪を積もらせて圧雪にする方向で行います。

e0159646_8273890.jpg


空きスペースは結構あるので、雪捨て場には困りません。
ただ、あまりお隣さんの壁ギリギリに山を作ってしまうと、今度はお隣さんの壁が崩壊してしまうことになるので注意が必要です。
お隣さんの壁ギリギリに雪山を作ると、お隣さんの屋根の雪が落ちる場所がなくなってしまうのです。
こまめに落ちれば問題無いのですが、そうやって屋根の雪を溜め込んでしまうと、限界を越えた時に一気に崩れ落ちてしまい、結果壁が崩壊してしまうのです。

以前利用していた雪庇さんが、重機でお隣さんの壁ギリギリに雪山を作っていたらしく、そのせいで壁がボコボコに崩壊してしまったのです。私もその状態を見ましたが、それは悲惨な状態でした。

さて、「下手な雪かきをすると、壁が壊れる」という所をご理解いただいた所で、

e0159646_8351429.jpg


今回の雪かきが終了しました☆
空きスペース部分の作業時間が1時間。
雪かき開始から実に3時間近く掛かりました。

朝の3時半頃に初めて、現在6時半。
これにて私の『土曜日』が終了となります。これから一眠りして、『日曜日』の開催となるのでした。

。。。

。。。

。。。

。。。

。。。

。。。

。。。

3日後、、、

e0159646_8411320.jpg


はい、もう置いてかれてる〜
しかも超〜カテー!!

どうっすか、このドMプレイ。
なんか、子供の頃に虫捕まえていじめてたことありますが、今私がまさに『虫』という気分です。

ちなみにこの3日間の積雪量はほんの数センチ。
にもかかわらず、ガッチガチに踏み固められた道路の雪(ってか氷)をグレーダーでガーっと削って、ラッセッルでバーっと置いていくのです。

あれだけ完璧に雪かきしたからといって、それで終わりということにはならないのです。

ーーーーさて、今回の敵は手強いっす。
チョーカテーから、ママさんでは歯が立ちません。

そこで、まずは、

e0159646_8485674.jpg


鉄のスコップで、ガンガン崩していきます。
「コノッ!クォノッ!フォノッ!」

で、塊で崩れてくるので、それを一つ一つ粉砕していきます。
「エイッ!キェイ!ウェイ!」

e0159646_852367.jpg

そこまで細かくして、ようやくママさんの出番。
隣の雪山に積んでいきます。
「フンフフンフフ〜ン♪」

e0159646_8535912.jpg

はい。これにて完了。40分掛かりました。
これで、この間の雪かきの全行程となります。現在道路に雪は積もってませんので、次の大雪が来るまでは、束の間の平和が訪れます。

日曜日までは降らないで欲しいなぁ。。。




by tm144en | 2016-12-15 08:58 | Comments(1)
2016年 12月 14日

よっしゃヤンぜ!ゆ、ゆ、雪かき!!

さぁて、雪かきを続行させましょう。

次なるステージは、、、

e0159646_3205123.jpg


サブガレージの屋根です。
こまめに雪を降ろさないと、屋根がしなってきちゃうんですよねー。私が人生で初めて建てた建築物なので、屋根が北国仕様になってなかったんです。
とはいえ、数々の補強を加え、4シーズン目の冬に突入しているわけですから、いやはや我ながら大したもんですよ。

こういう、外と中の中間みたいな空間は大変重宝しますね。
それこそ先日のチャンバー焼き然り、塗装や薪切断など、汚い作業にうってつけです。

e0159646_325729.jpg


屋根の雪はこんな感じ。雪はラッセルで横に落とすだけなので、楽っちゃ楽です。
が、これくらいの積雪になると、一回では落とせないので、

e0159646_330149.jpg


端から少しずつ落とすしかありません。

e0159646_3304470.jpg


上からの眺め。先ほど除雪した間口部分が見渡せます。

e0159646_3314179.jpg


サブガレージの屋根の雪下ろし作業は10分で終了。や、ほんと、落とすだけの作業なら楽なもんです。
結局、雪かきで一番大変なのは雪の捨て場所なんですよ。スコップで積み上げたり、ダンプで運んだりするのに体力が奪われるんです。

さて、サブガレージの次は、

e0159646_3374775.jpg


その横にある薪庫の屋根。
薪庫は鉄骨で出来ているので、かなり丈夫ですからしばらく放っておいても大丈夫。
気分がノらない時などはやらないこともあります。

でも、今日はヤル気満々できたので、ヤります!

e0159646_3401573.jpg


つっても、ものの5分で終〜了〜。

この時点で、雪かき開始から1時間が経過しました。

でも、まだ半分も終わってません。っつーか、まだ序章です(笑)
こっからが本番なのです。

そう。次なる場所は、、、

e0159646_3424317.jpg


メインガレージの屋根の雪下ろしです。

e0159646_3492247.jpg

e0159646_3495388.jpg


見渡す限り、雪、雪、雪。
屋根の面積は16坪、53平米。約5m×10mです。

まぁ、ここも落とすだけの作業ですから、楽っちゃ楽ですが。。。


by tm144en | 2016-12-14 03:54 | Comments(0)