2009年 02月 09日

いといの湯ツーリング   (2日目)

e0159646_11202986.jpg

気温はー10℃。吐く息の白さが一層濃くなる気温です。今年の札幌ではなかなかここまで冷え込む事が無いので、久しぶりの感覚に胸を躍らせます。

やや重たいセルを回しエンジンが目覚めると、合計200kmも走らないようなプチツーリングですが、家に帰る事が惜しい気持ちでいっぱいになります。
「危険予測。。。。」
そう心に言い聞かせ、いといの湯を後にしたのは7時15分でした。


e0159646_11223650.jpg

支笏湖の風不死岳を一望するパーキングに着いたのが8時。以前に比べるとペースが格段に遅い。フロントフォークが固いせいもあるが、それよりも以前と違うのは年のせいではないだろうか。
テクニックが衰えたとか、体力が落ちたとかそういう枝葉の事では無く、恐らく気持ちが『イケイケ』で無くなった事が一番の原因だろうと思う。

初めは『飽きた』のかとも考えたが、そうではない。『慎重』になったのだ。転倒して事故でも起こせば、仕事に多大な迷惑をかける事は必至。あってはならないことと背中合わせで走っているのだから、慎重になるのは至当であり、「なんとかなるさ」は通用しない。

時間に起因する心理的余裕を得る為に、一番の効果的な方法は細かく時間を計算する事である。そうすることで、今ここで焦る必要が無くなり、故に慎重になる事が出来る。

17時から仕事だから、15時には昼寝したい。着替えて洗車してブログ書いてご飯食べて、、、、全っ然余裕があるじゃんか☆

家に着いたのは9時を回っていた。


e0159646_1184182.jpg

それから洗車を簡単に済ませる。な〜んか焦ってるなぁ(笑)。根がせっかちなんだろうか。早く部屋でゆっくりしたいからだろうか。。。。


なんと!!


e0159646_11104778.jpg

ガレージの前に大量の雪が!昨日札幌は結構降り続けたんだなぁ!、、、、というか、グレーダーでガッツリ雪置いていかれてるし(汗)。もし急いで車しまわなければいけないような状況だったら、マジギレですぜ。オフロードバイクだから、むしろ楽しいセクションだと思えますが。。。
でも、雪かきは面倒なので、除雪センターにクレームの電話は当然の権利。

、、、、ということで、1泊2日いといの湯ツーリングは無事終〜了〜☆☆☆

# by tm144en | 2009-02-09 11:10 | SUZUKI DR650se | Comments(0)
2009年 02月 08日

いといの湯ツーリング   (1日目)

さあさ、気を取り直していざ、苫小牧へ!

『いといの湯』は、2年前の冬激ハマリし、殆んど毎週行ってました。片道70km程で、冬、本当に軽く流して着いてしまうのが最大の魅力でした。
健康ランドならもっと近くにもありますが、近すぎたら『ツーリング』になりません。
逆に、100km以上離れていると、行きは良いのですが、帰りがシンドイです。
支笏湖経由で行けるので、道筋も申し分ありません。
とにかく、冬のツーリングは『苫小牧』が丁度良いんです☆


e0159646_1855062.jpg

岩見沢と苫小牧を繋ぐ、国道237号線。行く先になにやら妖しい雲が。。。。
道路はアスファルトが剥き出しになり、乾いて走りはすかったです。


e0159646_19273945.jpg

苫小牧の市内を走っていると、なにやら座礁船??らしき船を発見!ブログネタ発見(笑)


e0159646_1941921.jpg

15:30、いつもの『山岡屋』に到着。ラーメン、ギョーザ、チャーシュー丼を補給。


e0159646_19584066.jpg

17:00、『いといの湯』到着!
ここには60℃の低温サウナがあり、それが一番のお気に入りです。


e0159646_2035198.jpg

フェンダーが鍾乳洞的な、、、、


e0159646_2054255.jpg

今日のノルマ、ポカリ2L。
水分補給→低温サウナ→露天で冷却→水分補給、、、、
これを1時間半位は繰り返します。冬はあまり汗を掻かないので、こうやって代謝を高めます。


e0159646_20202232.jpg

写真じゃ伝わらないでしょうけど、い~満月でしたので思わず撮影☆ミ


e0159646_20215719.jpg

締めはいつも映画鑑賞です。家からポータブルプレーヤーを持ってきて、頭を使わない、『アクション系』を観ます。
今日は『スピードレーサー』というのを借りてきました。
ただ、今この記事書きながら何回も「カクッ!」っときてるので、多分途中で寝ちゃうだろうなぁ。。。

また明日ぁ。。。

# by tm144en | 2009-02-08 19:40 | SUZUKI DR650se | Comments(0)
2009年 02月 08日

いといの湯ツーリング    (番外編)

クラブアマゾンアドベンチャーに到着!!とりあえず携帯にかけてみると、なんと出たじゃないですか!!

「、、、、、でお金返して欲しいんですけど」
「あ、今返金の手続きしてますんで」
「手続き?」
「現金書留で送りますんで
「あ、もう送ったんですか?」
「いや、まだですけど」
「あ、じゃぁ今どこにいるんですか?今僕会社の前にいるんですけど」
「、、、!、、、会場にいますが、、、」
「あ、じゃぁ今そちらに伺えば返してもらえますか?」
「、、、今お金持ってないんで、、、」
「6500円位ないんですか?誰かに借りたり出来ませんか?」
「、、、、、、、、」
「あのねぇ5日も前に連絡して、折り返すって言って(電話)してこないし、かけても出ないし、留守電だって入れてるし、なんの連絡も無しで、ちょっと対応悪すぎるんじゃないですか?そりゃキャンセルする僕も悪いかもしれませんけど、連絡位出来るでしょ!友達がレース楽しみにしてるから、あんま悪い事言いたく無いし、オオゴトにしたくないんでなんとかなりませんか?」
「、、、じゃぁ今会社向かいます、、、」
「はーい、お待ちしてマース☆」

ということで、一件落着♪


e0159646_13322475.jpg


# by tm144en | 2009-02-08 13:33 | SUZUKI DR650se | Comments(0)
2009年 02月 08日

DR650 バックパック仕様☆

何?『バックパック仕様』って?

それは、、、、


e0159646_9324816.jpg

これを、、、、



e0159646_9331187.jpg

こーします☆☆☆

、、、、、それだけ(汗)

話変わって。
さぁ、今日はまず岩見沢まで行って、ドカ雪エンデューロの参加費用をAMAZON ADVENTURE
から取り返して来るぞー!!あいつら、俺の電話無視しやがるから許さねぇ!こっちから乗り込んでやる!!

そして、気を取り直して苫小牧の健康ランド、『糸井の湯』で温泉入ってゆったりしてくるぞー!サウナで汗かくぞー!!

また、追ってアップしまぁす☆ほいじゃぁ、行ってきまぁす♪

# by tm144en | 2009-02-08 09:39 | SUZUKI DR650se | Comments(0)
2009年 02月 06日

久しぶりの雪かき(汗)

このまま、春まで一気に雪解けが加速するんではないか!?、、、、と思っていたら甘かった(汗)
「北海道なめんなよ!」です、まさしく。。。。

ということで、久しぶりの雪かきにグッタリ。今日の作業は、『手抜きバイク磨き』にケテーイ☆


e0159646_11314512.jpg

使用前、


e0159646_11323190.jpg

使用後。

僕の『洗車3種の神器』を駆使して、気の済むまで行います♪

それにしても、日本車はなんか磨き応えが無いというか、やっぱり『安っぽい』ですねぇ(汗)
このバイクに関しては、そこそこお金かけて自分好みにしたつもりですが、基本的な構造というか材質というか、僕の『日本車』というだけで偏見の目で見てしまう所に問題があるのか?

おそらく、あとフレーム塗装、スイングアームにカラーアルマイト、リア18インチ、前後ハブ、リム、ボルト類全交換、、、、位すれば、落ち着くとは思いますが、あり得ないですね(汗)。
だから日本車は駄目なんだ、と言いたくなります。

日本車は『日本人』ですから、堅実的。
イタ車は『イタリア人』ですから、道楽的。

そして、僕にとってオートバイは『道楽の道具』でありますから、堅実的なバイクに心が踊らされるなんてことはありません。逆に、仕事で使ったり、旅の『足』としてだけの使い方なら、堅実的な造りをしてないといけませんし、何より『維持費』が重要になってきます。

DR650の僕にとってのポジションは、『夏の連泊ツーリング専用』なので、上記で言えば『堅実的なバイク』の方が適している事になります。
道楽的要素だけのバイクでは1人旅は危険です。危険とまでいかなくても、トラブルで旅のプランを『邪魔』されては楽しみ半減です。

かといって、僕は『旅そのもの』というよりはやはり『バイクに乗ってる事』が好きなので、道楽的要素の無いバイクではすぐに飽きてしまいます。

そう考えると、『堅実』と『道楽』を丁度良く配合した『DR650』は、やはり僕のベストバイクということになりますね☆
(*書いてる途中で、気持ちが軌道修正されました(笑))

# by tm144en | 2009-02-06 12:02 | SUZUKI DR650se | Comments(0)