2017年 10月 07日

【k1】k1の積載性能

e0159646_9193363.jpg


さて、先日の根室往復を存分に楽しませてくれたk1ですが、その要因の一つに『積載性能』の高さがあります。

まず、地図ですが、

e0159646_9211686.jpg


このメーター上のスペースに、投げ入れるような格好で走行に支障はありませんでした。ハンドルを切っても、走行風や振動など、あらゆる状況下において問題がなかったのです。
1000km走って大丈夫だったのですから、大丈夫なのでしょう。

次に、

e0159646_9234960.jpg


この純正のサイドケース部分。
こちらには、

e0159646_9242422.jpg


なんと、フリースが1枚収められていました。
それも登山用とかではなく、

e0159646_925329.jpg


ユニクロのごく普通の分厚いものです。
恐るべき収納力。これなら、ダウンのシュラフやコンパクトなテントも問題なく入るでしょうね。

e0159646_9264777.jpg


反対側には、

e0159646_9271546.jpg


グローブと携帯工具。

e0159646_9273995.jpg


グローブはこれは予備で持っていったものです。
携帯工具は純正の物で、そこそこのサイズがあります。この空間は左右同じですので、フリース1枚分って所でしょう。

そして、

e0159646_9285218.jpg


フロントの収納部分。こちらには、

e0159646_9293535.jpg


バスタオルとポケットティッシュが。

e0159646_930494.jpg


ポケットティッシュは途中のコンビニで買った4個入りのもの。バスタオルもごく普通。それでもまだスペースに余裕がありました。おそらくこちらもフリース1枚分位あると思われます。

そして最後の極め付けは、

e0159646_9313715.jpg


こちら。このタンデムシートカバーの下に、

e0159646_9315727.jpg


お土産と途中で買ったペーパータオルが入っていたんです。

e0159646_9325830.jpg


パーツクリーナーも入れようとしたのですが、ほんのわずかに入らなくて、泣く泣くホーマックに寄付してきたのですが、お土産を潰しても良いのなら問題なく収納はできるレベルでした。なので、柔らかいものでしたら、フリース2枚位いけそうですね。

ということで、もはや純正積載でキャンプツーリングすらできそうな程の積載能力をもったk1なのでした。



# by tm144en | 2017-10-07 09:36 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 10月 06日

【k1】さんま食いてぇツーリング(その4)

フォークのフルード漏れの応急処置を施し、ホーマックの駐車場内で軽く試乗してすぐに滲んでくるようなことはないか確認しましたが、この時点では全く問題ありませんでした。
まぁ、そんなちょっと乗ったくらいでどうこうなるレベルではないでしょうけどね。

ーーーーさて、時刻は13時を回り、体の疲れもピークに達してきました。
そうですね。普通の人の感覚に換算すると、夜更かしして朝になっちゃったって感じでしょうか。起きてから丁度24時間経過しました。

できれば根室で温泉に浸かって、そのまま仮眠をとりたいところなのですが、あいにく仮眠スペースのある温泉が根室にはないのです。
なので、釧路まで行きます。

14:45 釧路(復路) 610km
e0159646_3304753.jpg


根室側から来て釧路の入り口にあるホクレンにて給油。
昼前に根室で入れてから、ノサップ経由でまだ170kmしか走ってませんが、帰りも高速に乗るつもりなので、この時点で満タンにしておきます。
今回の給油は9.26L。リッター18.3kmなので、少し悪くなってしまいましたね。
まぁ、市街地を抜けたり、乗り降りも多かったですからこんなものでしょう。
仮にリッター18kmのペースだとしても、400kmは走れますから、釧路からノン給油でガレージまで戻れる計算にはなりますね。

e0159646_3361261.jpg


釧路は市街地を通らず、バイパスに乗ります。

来る時は午前中東へ東へと走り、帰りは午後西へと走るので、今日はずっと太陽に正面から照らされてますね(笑)まぶしー!

15:18
e0159646_3382698.jpg


釧路の山花温泉リフレ。
さーて、温泉入るべー!

e0159646_3413954.jpg


仮眠スペース。ありがたや〜ありがたや〜☆

e0159646_3421623.jpg


ソフトクリームも、ありがたや〜ありがたや〜☆

====5時間経過====

20:30
e0159646_3434178.jpg


いや〜〜〜ゆっくり寝た\(^o^)/
温泉にもじっくり浸かったし、エネルギー満タンだ\(^o^)/

よし、けぇんべ!!

23:39 ガレージ
e0159646_345305.jpg


はい、到着♪
釧路から3時間で帰って来れました。やっぱ、阿寒ICは無敵やなぁ〜。道東がもはや庭だよ(笑)

給油したホクレンから309KM。

総走行距離:919KM
総所要時間:18時間30分
実走行時間:約11時間

ちなみに、今回とほぼ同じルートをDB7で走ったことがありました。

【DB】北海道ガソリンスタンドラリー(1000kmツーリング)

今から7年前ですが、この時は朝6時に出発して、夜20時に帰宅してましたね。温泉には入ってませんし、仮眠も公園のベンチで1時間位だったと思います。
高速も本別位までしかまだ通ってませんでしたから、下道を走る時間も今回よりおおかったことになります。

この時は、帰ってきてからの肉体疲労が大変でしたが、今回はそれほどでもなかったですね。まぁ、途中で温泉入ってますし、しっかり仮眠もしてますから単純比較にはなりませんが。

ただ、稚内の時に感じたシートの不快感は、今回はあまり感じませんでした。座り心地が良いとまではいきませんが、悪いというほどでもなかった感じ。ヤフオクで購入したシートですが、アタリだったのかもしれませんね。

K1の走りですが、現状では巡行速度は160KMが限界で、それ以下の速度ならどの速度でも快適に走れます。
5速の守備範囲がものすごく広く、80〜160KMを5速で全部カバーできます。80KM以下も十分カバーできますが、高いギアで低回転で走るのもあまり良くないので、常識的な範囲としては80KM以上で5速が望ましいですね。
なので、例えば高速などで、遅い車の後ろに付いたり、追い越しかけたりという車速の変化はすべて5速のまま対応できるので、操作が楽です。

ただ、加速が鈍いので、追い越しは結構気を使います。姫なら無理めな追い越しでも「行っちゃえ!」という気分になりますが、K1だとそうはいきません。対向車との距離感や抜く台数を少し考慮しなければなりません。
なので、夕方の峠道など車が多くなってくると、結構ストレスを感じる場面もありましたし、高速道路でも、追い越し区間終了のギリギリであと1台抜けない!!ということも多々ありました。

こういった点からも、やはりK1は『アウトバーン専用機』というイメージが強いですね。
誰にも邪魔されない高速走行を延々と続ける、という場面であれば、まさに無敵の戦闘機となります。
ちょっと北海道の道では狭すぎるし、距離が短すぎます。追い越し車線が常にある高速道路で1000KMとかなら、全然楽勝です。

そう考えると、北海道を『駆け抜ける』マシンはやはり姫が一番!ということになりますね。楽しさや走行性能はK1よりは上です。
疲労感は若干K1の方が楽ですが、K1も案外前傾なので、そんなに楽でもないです。

まぁ、でも、まだ整備途中なので。ダンパーをちゃんとしたらもう少し良い感じになるはずなので、それまでは正当な評価はオアズケですね。

ーーーあ、そうそう。気になるフォークの方ですが、

e0159646_4215766.jpg


なんと!!

まっったく滲んでない!!インナーチューブを触っても、サラサラしてます!

こりゃスゲー!!これなら、シール交換しなくてもいんじゃね!?

あ?それとも、もうカラッポだったりして!?

ま、ともあれ、今回も無事に帰宅できてヨカッタヨカッタ☆



# by tm144en | 2017-10-06 04:24 | BMW K1 | Comments(4)
2017年 10月 05日

【k1】さんま食いてぇツーリング(その3)

e0159646_2423857.jpg


のどかだ。。。

ゆっくりとした時間が流れる。

土産屋を覗き、外のベンチに腰掛けしばしの休憩。

e0159646_2441117.jpg


マツダロードスターのレンタカーに乗った方に話しかけられた。なんでも、同じk1乗りだそうだ。
だいちゃんガレージの宣伝をしておくんだった。。。

ノサップ岬には小一時間程滞在し、11時30分。そろそろお腹も空いてきたということで、本日のメインディッシュへと向かいます。

e0159646_2455663.jpg


エメラルドグリーンの海。沖縄みたいで美しいですね。

e0159646_2483723.jpg


やって参りました、花まる☆
根室じゃなくてもあるけど、花まる☆
獲れたてさんま食べるぞ、花まる☆

e0159646_250798.jpg


まずは、食前酒、、、ならぬ食前野菜ジュース。

e0159646_2504315.jpg


さんまキターーーーーーー\(^o^)/☆
サーモンとブリもキターーーーーーーーー\(^o^)/☆☆

第二弾は、、、

e0159646_2515798.jpg


本マグロ中トロキターーーーーーーーーー\(^o^)/☆☆☆
ブリとイワシもキターーーーーーー\(^o^)/☆

<美味しかったランキング>

1位:本マグロ中トロ
2位:サーモン
3位:ブリ
4位:さんま
5位:イワシ

でした(笑)

さんま美味しくなかったんか〜〜い\(^o^)/

========

さーて、腹一杯になったし、そろそろお昼寝の時間だ〜っと、、、おやおや?

e0159646_255347.jpg


げげ!フォークフルードがやべーことになってる!!

e0159646_255416.jpg


したたり落ちまくって、フェンダーはもとより、タイヤやディスクにまでフルードが飛び散ってるよ!!!
タイヤはやべーよ!しかもばっちりショルダーだし!!

オラまだ死にたくねーよ!!

出発前の時点で、フルード漏れがあるのは知っていたんですよ。でも、滲む程度だったし、まさかこんなにひどくなるとは思ってなかったんすよ。
いや、ひどくなろうがならなかろうが、もう乗ると決めちまったからどうしょうもないんですけどね。

こりゃぁ、なんとかせねば。。。

あ、そういえば、昔何かでみた『アノ』裏技。。。。試してみるか。。。

e0159646_2575454.jpg


すぐ近くにホーマックがあったので、早速応急処置の材料を仕入れました。
ペーパータオルとパーツクリーナー。そして#1000のペーパーヤスリです。

まずは、

e0159646_31523.jpg


ダストシールをはぐって、パーツクリーナーを染み込ませたペーパータオルでフルードを綺麗に拭き取ります。

次に、

e0159646_32335.jpg


ペーパヤスリを丁度良いサイズに切り取ります。

これを、

e0159646_331481.jpg


このように、ヤスリ面をオイルシール側に向けインナーチューブとの隙間にさしこみます。
そしてこの状態のまま隙間にそってオイルシールを磨くのです。
これでフルード漏れが治まるはずなのですが、、、はたして。。。。



# by tm144en | 2017-10-05 03:11 | Comments(0)
2017年 10月 04日

【k1】さんま食いてぇツーリング(その2)

8:32 釧路 約330km
e0159646_3415467.jpg


あっという間に釧路到着。
日高でガソリン給油後、トマムICから阿寒ICまでおよそ200kmノンストップで走り抜け、さらに降りてから釧路まで20km。

そらね、そんな走りしてたら、

e0159646_3422022.jpg


こんな顔になりますよ(笑)

さて、220km程走行しましたが、ガソリン計はまだ半分より上を指しています。計算上でもまだ200kmは走れることになりますので、釧路では給油せずそのまま根室まで行くことにしました。

e0159646_3465793.jpg


厚岸、霧多布を尻目に東へ東へと進みます。

e0159646_3495432.jpg


ところで、高速道路でのK1の走行性能ですが、先日感じた180KM付近の足回りの不審な挙動は今回はあまり感じませんでした。
というのも、タイヤのエアーが実は少し少なかったので出発前に規定値プラスαに設定したのですが、どうやらこれだけで大分良くなったのかもしれませんね。0、5キロ位圧を上げたことになるのですが、180KM位の速度域であればかなり大きな違いと言えるのでしょう。

200KMも挑戦しようとしましたが、タイヤへの信頼感もありませんし、tmの一件もあるのであまり限界走行は控えるようビビリミッターが効いてしまいました。
マシン的にも辛そうで、できれば6速が欲しい所ですね。5速までなので、120KMから上は引っ張って引っ張って走ってる感じになるので、乗ってる方もストレスを感じてしまいます。上はせいぜい160KM位が心地よく走れる限界で、それを超えてくると疲れてきます。

e0159646_425377.jpg


あと、決定的にダメだったのがサスペンション。ダンパーが全然効いておらず、路面を拾ってポヨンポヨンしてしまうので、高速走行では安定感が著しく低下して危なかったです。
ダンパーが効いていないのか、あるいは元からそういう設定なのかは今の所定かではありませんが、とりあえずダンパーの感じがダメでしたね。まぁ、今回何も手をかけませんでしたから無理もないでしょう。

なので、ダンパーとタイヤをちゃんとすれば、あるいは180KM巡行も楽なものになるのかもしれません。
なんせ、まだまだ整備途中のK1ですので、今回の感想はあくまで本来のK1のものとは違うという所だけご了承願いたい。

さて、おしゃべりしてたらいつのまにか、

e0159646_47814.jpg


根室の入り口が見えてきました。

e0159646_473889.jpg


根室に入る手前にある、特徴的な橋です。

e0159646_482851.jpg


この橋がなければ、温根沼を迂回してぐるっと下の方から行かなければならないので、室蘭の白鳥大橋のように地元の人にとってはとても便利な橋なのでしょうね。

10:10 根室 440km
e0159646_413766.jpg


根室市内で給油。
日高で給油してから331kmでした。給油量が16.5Lでしたので、今回もまたリッター20KMでしたね。単調な高速道路とはいえ、追い抜きなどで結構加減速は多かったですし、巡行時も5〜6000回転は回していたにもかかわらずこの数値ですから、ますます稚内の時のガス欠の理由が気になりますねぇ。

ーーーさて、今回の目的であるさんま食いてぇの方ですが、とりあえず先にノサップ岬に行ってからにすることにします。というか、まだハラ減ってない。

e0159646_4203171.jpg


根室半島は高い山などが無く平たんなので、海風が常に吹きつけています。
『常に』吹き付けているので、たとえば画像の林の木ですが、、、、

e0159646_4222386.jpg


判りますでしょうか、、、?
右側が海になるのですが、

e0159646_4224863.jpg


風にあたって木の形が流線型に変形しちゃっているんです。これは、木がもうこういう形になっているんですね。何箇所かありますが、どこもこういう形をしていて面白いですよ。


e0159646_4251218.jpg


根室半島は実は北海道の中でも特に好きな場所。平たんで牧歌的な緑と、空と海の青さとのコントラストはなかなか他では見られませんし、晴れた日は国後や択捉まで見渡せるのも感動的です。この日がまさにそうで、久しぶりに道東の青空を満喫出来ました☆

e0159646_4315289.jpg


もう少し風が静かだったら、もっと良いんですけどね。まぁ、ピューピューうるさいうるさい(笑)
ま、それも根室らしいといえば根室らしいのですが。

e0159646_4324849.jpg


さて、見えてきました。東の最果て。本土最東端のノサップ岬。ちなみに、稚内の方にあるのはノシャップ岬ですので、お間違いなきよう。
ちなみにちなみに、根室半島の別の場所に『ノッカマップ岬』というのもあります。
ノサップ、ノシャップ、ノッカマップの三段活用はテストに出るので、覚えておきましょう〜♪

10:37 ノサップ岬 465KM
e0159646_4341773.jpg


到着〜♪


# by tm144en | 2017-10-04 04:36 | Comments(0)
2017年 10月 03日

【K1】さんま食いてぇツーリング(その1)

さんま食いてぇ。

あ、そうだ、


根室に行こう!

e0159646_351373.jpg


5:00 ガレージ前 0km
e0159646_3532100.jpg


日の出が徐々に遅くなってきた今日この頃。
アスファルトのシーズンも最終局面となってきました。

e0159646_375047.jpg


朝焼けの空を感じながら、根室目指してひた走ります。

e0159646_393423.jpg


黄色いひまわり畑を見つけると、ついつい止まって写真に残したくなりますね。

e0159646_3101523.jpg


気温は4度。もはや夏の面影など欠片も残っていません。

e0159646_31772.jpg


しかし、今日のマシンはなんと言ってもBMW。私の中でBMWと言えば『温もり』。アトランティスウェアーにヒーターベストを着用し、グリップヒーターをつければ氷点下とてポカポカ。

DB7に乗る時でも、同じ格好をすれば同じだけ暖かいとは言えるのですが、そこは気分の問題。DB7にアトランティスウェアーが似合わないという、ただそれだけの理由。

e0159646_3152784.jpg


天気予報では晴れになっていたのですが、早朝の山道は霧雨。タイヤの信頼性がイマイチではありましたが、特に問題はありませんでしたね。

6:25 日高 109km
e0159646_3195069.jpg

前回の知床ツーリングの時の様な失敗はしないよう、今回はスタート前にちゃんとガソリンは満タンにしてました。
しかし、このあと道東道に乗って阿寒まで行き、そのあともさらに釧路まで走りますがその間ガソリンスタンドがありません。正確に言えば営業してません。

k1の航続距離は、数年前の稚内ツーリングの時には300km程だったので、日高から釧路までだとギリギリになります。
なので、ここ日高のエネオスで給油することにしましたが、まだ営業時間前の為軽く食べて待つことに。

e0159646_3262959.jpg


間もなくして開店。朝イチから給油の車が押し寄せ、一人で忙しそうにしてましたね。

給油量は5.35L。なんと、リッター20kmも走ってるじゃないですか!!タンク容量は22リットルですから、440kmは走れる計算になります。

、、、、あれ?てことは、なんであの時稚内手前でガス欠したんだ?

ドライブシャフトの故障が抵抗になっていた?
エンジンのカーボン落としたのが良かった?
単にアクセルの開け方の違い?


e0159646_3305425.jpg


秋の空!抜ける様な青空!!

さ〜て、一気に阿寒までいっくど〜〜〜!!!


# by tm144en | 2017-10-03 03:32 | BMW K1 | Comments(0)