2017年 12月 01日

 僕たちの雪かき戦争2017 (第1回)

e0159646_311293.jpg


11月26日時点ですが、サラッと積もりました。11月の時点でこれだけ積もったのは2013年以来。そう、漁師時代以来です。

あのシーズンの積雪量はかなりの量でした。それから3シーズンが経ちましたが、その時に比べて全然少ない積雪でしたので、もしかすると今シーズン辺り『ドカッ』と来るんじゃないでしょうか。。。

ひぇ〜〜〜((((;゚Д゚)))))))


# by tm144en | 2017-12-01 03:21 | Comments(0)
2017年 11月 30日

【SHERCO】ムラムラ

e0159646_451756.jpg


ま、なんていうか、急にムラムラすること、ありますよね。。。

e0159646_4514223.jpg


トライアル車の曲線美は、ほんともう、、、、ダメ。。。

e0159646_4521380.jpg


フキフキ、、、


# by tm144en | 2017-11-30 04:52 | SHERCO ST250 FACTORY | Comments(0)
2017年 11月 29日

【tm125EN】シリンダー考察

e0159646_2421617.jpg


さて、ボチボチ触っていかないとね。
なんといいますか、tmが走れない状態にあると思うと、自分が凄く弱くなったというか羽をもがれた気分になってしまいますね。もうどこにも行けやしないのに状態。

修理に必要な費用は、ざっと見積もって20万円程。ま、正直イタイ出費ですよ。

ピストン、クランクは決定的にダメなので諦めもつきますが、シリンダーがちょっと。。。

e0159646_2472921.jpg


実はこれが一番高い。クランクはアッセンブリーで60000円程なのですが、シリンダーはこれで10万円。
まぁ、パックリ割れてるんならまだしも、

e0159646_2491092.jpg


被害はこれだけなんです。

e0159646_2493689.jpg


傷にはなってますが、よく見るとどうも溶けたピストンが溶着しているだけの様にも見えるんですよね。
削ったらイケるんじゃ、、、

いや!解ってます解ってます!邪道な行為であることは重々承知しております。
tmのシリンダーはニカジルメッキが施されていて、スペシャルであることも存じ上げておりますし、下手な傷一つで焼きつきのリスクが増えることも、そりゃ〜理解しております。

でーすーが、

先立つものが、、、、涙

このシリンダーの10万円があれば、k1のタイヤと、姫とチャレンジと軽トラの車検代になる考えると、、、、涙
もしくは、トライアルのヘルメットとブーツも買える、、、、涙

ああああぁぁぁ〜〜〜おがねがね〜〜〜〜


情けね〜

# by tm144en | 2017-11-29 02:57 | tm125EN | Comments(0)
2017年 11月 28日

ビードブレーカー改良

e0159646_355028.jpg


さて、いつも使っているこのビードブレーカー。古いタイプではありますが、ちゃんとビードを落とせるので基本的な性能としては良いのですが、一つ問題がありまして。。。

ビードを落とすためにタイヤをセッティングしていると、

e0159646_392726.jpg


このようにレバー部分に頭をカチ割られるという危険性が潜んでいるのです。
さすがに今は慣れたというか、ビクビクしながらやっているのでカチ割られることも無くなりましたが、使い始めのころはよく泣いてました。勢いがつくので結構痛いんですよね(涙)

可動部分がフリーの状態なのが問題なので、ストッパーをつけるなり、スプリングで制御するなり、あるいはぶつかる部分にスポンジをつけるなりの対策をしようしようと思い続けて早10年。ようやっと重い腰をあげた次第となります(笑)

ストッパーは作業性が落ちるので却下。スポンジで保護も良いですが、痛くないにせよ頭に当たること自体が避けられないというのがあまり納得がいかないのでこれも却下。

したがって、スプリングで常にレバーが上がるようにするのが一番良い方法であると考えてはいました。
が、構造を考えるとスプリングの取り付け位置も悩みますし、そもそものスプリングの強度や形など課題は多岐に渡ります。

というわけで、今回突然思いついた方法が、

e0159646_3202930.jpg


コレ。

まずは、

e0159646_321592.jpg


この黒いキャップを外します。

e0159646_3214824.jpg


支柱に下穴をあけ、M8 1.25のタップを切ります。

e0159646_3223459.jpg


適当なボルトをナットで固定。(タップを切った部分とナットで固定されている)

e0159646_3234670.jpg


チューブを輪っかにしてタイラップで固定し、この様に引っ掛けて完成。

e0159646_3242884.jpg


物凄く単純なことですが、これで全て解決しました。
垂直に上げたレバーが不意に倒れるという現象を100%防ぐことができる上、画像の様にレバーを下ろした状態のままにしておくことも可能。スプリングの場合はこのような状態にすることは出来ませんし、レバーの戻る力も強すぎて逆の意味での危険性も考えられますが、今回のチューブの場合戻る力はほとんど無いのでそういった心配も全くありません。その割に垂直の状態でちゃんと固定されているので、もはや理想の状態と言えるのではないでしょうか。

ハッチバックのダンパーアシストに近い使い勝手と言えますね。

さぁ、良い仕事したけど、軽トラのタイヤ交換はもう終わった後ですので、活躍するのは来春か。。。


# by tm144en | 2017-11-28 03:30 | Comments(0)
2017年 11月 26日

【k1】ラジエターホースからのクーラント漏れの件


e0159646_05380151.jpeg
えんでぃど_:(´ཀ`」 ∠):


# by tm144en | 2017-11-26 05:39 | BMW K1 | Comments(0)