<   2017年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 30日

【K1】不安材料

実は不安材料があったのです。

先日の試乗の時でした。160km位まではスムーズに速度を伸ばし、抜群の安定感を通り越して、もはや宙に浮いてるかのような走りをするのですが、その先がオカシイ。
170km位から急に路面を感じるようになるといいますか、暴れ出すとまではいかないまでも足回りからガタガタと不安定な振動が上がってきたのです。
そのまま180km位までは頑張ったものの、たまらず原則。200kmオーバーを試すことは出来なかったのです。

さらに、その他にも、最初に160km、6000回転位に差し掛かった時に、エンジンが一瞬「スコン」と抜け落ちるような、失火したかのような、トルクを感じなくなる瞬間があったのです。
tmの件もありましたから、即座にアクセルを戻し様子を伺いました。

そして、その後に再度6000回転に上昇させた時には、そのような症状はあらわれず、結果7000回転まで上昇させることができたのです。

120〜130km位でタラタラ走る分にはまるで問題の無い感じでしたが、180km近くなってくるとやはり色々とシビアになってくるようですね。

足回りのガタガタ感で一つ思い当たる節と言えばタイヤ。タイヤがかなり古く磨耗もしているので、それが原因かもしれません。サイズもフロントが120/70R17、リアが160/60R18と今時のタイヤと比べると随分弱々しいですから、走りにも影響があって当然でしょう。

エンジンの方は、その後症状は現れませんでしたので大丈夫なのかと思いますが、とりあえずはタイヤですかねぇ〜。
じゃないとしたら、、、わかんねぇ〜なぁ〜。。。


by tm144en | 2017-09-30 05:16 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 29日

【K1】レッツ車検♪

e0159646_3595428.jpg


というわけでありまして、やって参りましたよ陸運支局☆

が、

ここである事を思い出します。

e0159646_41133.jpg


シフト表示のステッカーが貼られて無かったのをすっかり忘れていたのです。
なので、急遽コンビニで修正ペンを買ってきて即席で書きました。『N』の字間違ってますけど(笑)

e0159646_423554.jpg


検査場へは朝イチで出向き、キャンセル待ちの予約で書類を提出しました。わざわざネット予約を行わなくても、朝イチで行けば検査予約が取れるのです。

e0159646_45492.jpg


検査ラインは無事合格☆光軸もガレージでちゃんと合わせてからきたので、一発合格でした♪

本来ならこのまま合格の書類を提出すれば、すぐに車検証が発行されるのですが今回は自賠責をまだかけていなかったので、10時まで待機。

e0159646_474410.jpg


その間に勝利の一杯を味わいます☆
ユーザー車検はもう幾度と無く経験してきましたが、未だに慣れるということはなく、毎回緊張するんですよねぇ。なので、無事終わったあと喉が乾く乾く(笑)


ーーーーさて、お気付きの方もいらっしゃると思いますが、実は今回K1を軽トラに『初』積載してきました。

e0159646_411684.jpg


300kg級の車体をいかにして軽トラに積んだのか?
勿論、私一人です。

しかも、こんな細いラダーレール1本です。

e0159646_414887.jpg


耐荷重は350kg位だったはずなので問題ありませんが、ヘリが立ってるとはいえこの細さですから緊張感はハンパねぇっす。
完璧にまっすぐ車体を動かさなければいけません。

軽トラの荷台の高さですので、ラダーレールの角度もかなり急になります。オフ車なら楽勝でも、車重200kg超えてくるとエンジンかけてタイヤ回さないと一人で登るのは無理です。

荷台にはまっすぐアプローチします。とても荷台の上でマシンの向きを変える事はできません。まっすぐ乗せてまっすぐ下ろすのが精一杯です。

しかしながら、そうなると荷台の長さが足りないので、

e0159646_4155634.jpg


こういう状態に。タイヤに踏まれてラダーレールの回収ができません。

DB7の場合なら、K1に比べホイールベースがもう少し短いのと、車重の軽さがありますので踏んづけたままのラダーもなんとか回収できるのですが、K1でそれは不可能。

そこで、

e0159646_4204591.jpg


一旦センタースタンドでリアタイヤを持ち上げます。

e0159646_4212169.jpg


これでラダーレールは無事回収。なんかすごく怖い状態になってますが、落ちたりする事はありません。
ただ、この車両がK1じゃなくて、例えばR1100とかだと、センタースタンドでフロントが浮くのがあるので、それだとこの方法は無理ですね。

あとは、センタースタンドから降ろし(最初緊張した!!)、

e0159646_4232830.jpg


あらかじめ用意しておいたベルトでハンドルを仮固定。これでマシンの直立状態を作ります。

e0159646_425387.jpg


リアタイヤが荷台からはみ出ているので後ろのアオリを閉める事ができません。その状態でマシンを横のアオリのフックで固定すると、アオリのヒンジ部分が折れてしまうので、このように板でアオリが内側に来ないよう固定します。軽トラ派の方はご参照下さい。

e0159646_428537.jpg


あとは左右4箇所で固定して、積載作業は終了。
ベルトの固定は、もっと数を増やしたり固定部分のクリアランスを広げたりしたかったのですが、めぼしいフレームがここしかありませんでした。

今回、車検場で恥をかくわけにはいかないので、ガレージ前で積み下ろしの練習をしました。手順をしっかりと考えながら行ったので、一人でも安全に積み下ろしする事ができました。
ふらついたら、力でどうにかなる車体ではありませんし、もし倒れてアオリとマシンの間に体でも挟まれようものなら、もう一人では起き上がる事すら出来ないでしょうからね。なのでかなり慎重に、精神統一してやりました。

e0159646_139562.jpg


以前、こんなことがありましたからねぇ〜(冷汗)


e0159646_448767.jpg


バックミラー越しにみるK1は威圧感満載です。

そして私は、、、

e0159646_4485528.jpg


翼を手にいれた。。。




by tm144en | 2017-09-29 04:50 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 28日

【K1】細部仕上げ(その2)

e0159646_4272153.jpg


4本のネジが余っていた。
これは、

e0159646_4275079.jpg


タンデムシートカバーのクッション部分を取り付ける為のものだった。

e0159646_4282773.jpg


カウルの固定部分の欠損。この一つが止まっていなくても、強度的に問題は無いが、

e0159646_4293169.jpg


とりあえずタイラップで固定しておく。
、、、あ、また「とりあえず」が。。。

ーーーーというか、

プラスチックが紫外線硬化?しているのか?あるいは経年劣化によるものか?材質の『しなり』が乏しくなり、割れやすくなっているように感じる。
まぁ、20年前のK1を触った事が無いので定かではないので、常識的なプラスチックの感覚としてであるが。
ネジの締め付けもかなりシビアに行わないと、カウルのひび割れは増える一方である。

e0159646_4333790.jpg


こんなステーが転がっていた。
当初、違うマシンの物かと思っていたが、よく見るとK1のステーと雰囲気が似ている。
見本の K1で該当箇所を探した結果、

e0159646_4352577.jpg


ここである事が判明。

e0159646_439083.jpg


エンジンとフロントのラジエターガードとを固定するものだった。
このステーが無くとも、ラジエターガードは両サイドのカウル、アンダーガード、及びアッパーカウルとネジ8箇所程で固定されているので、しっかりと固定されている状態にある。
にも関わらず、駄目押しのこのステーを取り付けるというのは、深い意味があるのか、はたまた真面目すぎるのか。。。


e0159646_4392991.jpg


リアブレーキのリザーバータンクの取り付けステーが錆で酷い状態にあったので、削って塗装。かなり雑な仕上げにしているが、錆びてるよりはマシ。

e0159646_440524.jpg


本日最後の作業はコチラ。
以前ガレージ内で足を引っ掛け、フェンダー部分が割れてしまったのだ。
黒い、abs樹脂っぽい材質にも関わらず、こちらも先ほど同様しなり耐性が著しく落ちていたようである。

プラスチック部品を多用しているマシンは、旧車として所有するには難易度が高いことが判った。
20年以上経過すると、ちょっとした事でプラスチック部分の欠損が生じるので、金属パーツを多用しているマシンの方が耐久性は高いと考えられる。
スチールは錆だけ気をつければ何十年でも使用できるので、生涯共に過ごすマシンとして考えるのであれば、プラスチック部品は限りなく少ない方が良いのだろう。

ーーーーさて、この欠損部分。このままでは見てくれが悪いので、

e0159646_449987.jpg


切断。

そしてそこについでに、

e0159646_4494195.jpg


反射材を取り付けた。
K1はおそらく、テールレンズが反射材としても機能していると思われるのだが、念の為取り付けることにした。こんなことで車検に落ちたのではたまったものではないからだ。

e0159646_4513141.jpg


ナンバープレートの位置に綺麗に合わせたつもりだったが、若干斜めになっていたようだ。。。

というわけで、ここまで細部の仕上げを行ってきたわけだが、

e0159646_4531421.jpg


いまだ多くのボルト類が残されたままである。
ワッシャーはまだしも、ボルトとナットは『何かを取り付けていない』ということなのだから心配が残るが、組み上げたこの状態ではいくら探しても見つける事はできなかったのである。

とりあえずこれで車検を取ってくることにする。

、、、あ、また。。。



by tm144en | 2017-09-28 04:55 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 27日

【K1】細部仕上げ(その1)

今回のK1の組み立ては「とりあえず」が合言葉となり、ずさん、、、とまでは言わないが細部の詰めが非常に甘い仕上がりになってしまった。
4年にも渡る分解状態が組み立てのモチベーションを奪い、いつまでたっても組み上がる兆しが見られなかったので、「とりあえず」でもなんでもいいからまずは形にすることに目標を変更した。

そしてなんとか試運転にまでこぎ着けたことで俄然ヤル気が湧いてきたのである。なんと、まぁ単純なことか。

まず取りかかったのは、

e0159646_2592523.jpg


このヒューズカバー。熱で少しひしゃげている。
これは、

e0159646_30813.jpg


タンクカバー裏に隠されているこの部分に取り付けられる。しかしよく見ると、ヒューズボックスの詰めが外れ中に引っ込んでしまっていた。
そこで一旦タンクを外し、少し持ち上げ

e0159646_315876.jpg


裏側から爪をはめ込んでヒューズボックスを固定。

e0159646_33297.jpg


熱で少しひしゃげていたカバーも、問題なく取り付け出来たので、この部分はこれで終了とした。

e0159646_335418.jpg


お次はこれ。
どこの何かが判らないのだが、形から察するにおそらくホース類を固定しておく物であると思われる。
サイズからするとブレーキホースのように思われるので、ブレーキラインをしらみつぶしに当たっていく。

しかし、一旦組み上げてしまったK1は、大きなカウルが邪魔をして中は殆どブラックボックス状態。なかなかブレーキラインを辿れないでいた。

そしてようやっと見つけたのが、

e0159646_373217.jpg


この場所。タンク下を通っているブレーキラインである。ブレーキマスター側のゴムホースから、金属製のホースに切り替わる部分。

e0159646_392132.jpg


この部分をこのようにして保持していたのだ。
しかし、ここは分解時に一旦ブレーキラインを分断させた場所。ホルダーの形状から、分断した後に取り外したことになるのだが、このホルダーを取り付けずしてラインを接続してしまったようである。

またここを分断すると、ブレーキラインのエアー抜きを行わなければならない。その手間を考えると、なんとかこのままごまかして取り付けたい。

そんなわけで、

e0159646_312971.jpg


ホルダーの向きを変え、タイラップで固定。「とりあえず」これで良しとする。

またしても「とりあえず」が発令されてしまったのであった。。。


by tm144en | 2017-09-27 03:14 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 26日

【K1】戦闘機

k1の最高出力は100馬力。発生回転数は8000回転とされている。
前回の試乗ではその点を踏まえ、回転数を5千回転、速度は120kmまでと高負荷をかけないようにしていた。
エンジンやミッションの組み上がりは然り、車体の状態も確認する必要がある為だ。

そして今回。その封印を少しだけ解くことにした。
回転数は7000回転、速度は180kmにまで及ぶ。

ギアは5速まであるが、1000ccマルチ故か100kmに満たないまでにさっさと5速まで運んでしまう乗り方が割と定着してしまう。峠で目を三角にして走るのであれば別だが、ツーリングのようなダラっと走るような道では、さっさと5速に入れてしまいたくなる。

k1はボア×ストロークが67×70mmとストロークの方が長く設定されている。
この事実からトルク型のエンジンであると推察する通り、5速1000回転からでもスムーズに速度を乗せていくことが出来る。
だがこれは、67×70mmという数値だけで測れることではないが。。。

昨日の走りでは、4速で100kmまで引っ張り、5速に入れるというパターンが多かった。1〜4速までは加速を感じながら左手足を急がしく操作する。

そして5速。前回の封印を解き、アクセルの開度を徐々に開けていくが不思議な感覚がつきまとう。

「加速、、、しない?」

そう。k1の5速は『加速しないで速度を増していく、奇跡のギア』なのだ。


e0159646_11295773.jpg


この一つだけ斜めの溝が切られているギアが5速である。
このギアにエンジンパワーを伝えると、繰り返しになるが、『加速しないで速度を増していく』のである。

日本語がおかしい?

いや。日本語がおかしいのだとするのなら、『加速の定義』がおかしいのだ。

『加速』には『加速感』が必ずつきまとう。体に感じるG。体が後ろに引っ張られるような感覚である。これをもってして『加速』という認識になるはずだ。
体にGを感じないのであれば、それは加速しているとは言えないし、もし速度が増しているとしてもそれはほんの僅かであろう。

そう。だからk1の5速は『加速はしない』のだが、じゃあ速度はどうなのかと言えば、5000回転で120km。
6000回転で150km。7000回転で180kmと着実に増していく。

ワケがワカラナイ?

それはそうだろう。なぜなら、書いてる本人がワカッテいないのだから。

ただ、こういう考え方もできる。300kg級の車体にたったの100馬力。しかもオーバーラップ無しの完全密閉型燃焼室なのだから、加速が単に鈍いだけなのだろう、と。
たしかに、F4やDB7と比べれば、加速や速度の乗りには圧倒的な差がある。特にF4と比べればウサギとカメだ。

だから、k1はただのどんくさい重量級マシンだと。そう評することもできるし、実は元に今まではそう考えていた。

しかしだ。だとするならば、F4もDB7もはたまたモントークまでも経験したこの私が、なぜここまでK1の走りに恋焦がれるというのか?
この感情を、どのようにして説明出来るというのか?

マシンはスペックで語れないのは周知のことだが、走りの客観的データからですら、語ることは許されないのだ。
そう。つまり、たとえ同じ加速で同じ速度になるマシンがあったとしても、それにまたがって感じるモノには必ず『差』が生じる。
その『差』に人々は恋をし焦がれるのであろうと私は思う。

k1は、そのフォルムこそエキセントリックだが、走りは至って鈍行。最新SSと比べれば見劣りするのは当然である。

しかし、乗った者だけが感じることが出来る『あの走り』は、k1だけが持つ唯一無二の乗り味。
それは、『加速しないで速度が増していく』という、未知の領域。



by tm144en | 2017-09-26 04:11 | BMW K1 | Comments(4)
2017年 09月 24日

【K1】BMW k1

k1を『戦車』と例えたが、それは大いなる間違いであった。

BMW k1。そのマシンの正体は、、、


e0159646_21492197.jpg

『戦闘機』



by tm144en | 2017-09-24 21:49 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 24日

【K1】洗車

e0159646_08223638.jpg

戦車の洗車だぜ\(^o^)/

やっぱ洗車は大事っすね!洗う事で色々見えてくるものがあります。
今回は、インシュレーターの締め忘れを発見しました\(^o^)/

、、、って、それは洗車以前の問題じゃ。。。


by tm144en | 2017-09-24 08:24 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 23日

作業中につき

只今、ブログとは全く無縁の作業に時間を割いている為、記事を作成することが出来ない状態であります。
今度の日曜日には、K1で何かしらの作業をし、その内容を来週には記事に出来ると思いますので楽しみにしていただいている皆様には、もう少々お待ち頂けるよう、お願い申し上げます。

、、、っていうか、

「ブログいつも見てるよー!」というお言葉を頂いて、ありがたい気持ちでいっぱいになることがままあるのですが、たまに、「文章は読んでないけどw」という方がいらっしゃいます(笑)
「バイク以外の記事だけ読んでる」という方もいます(笑)いやいや、バイクブログですけど(笑)

ただ、「デロリアン楽しみにしてるよ!」という方は、、、今の所いません(爆)

まぁ、このブログをどのようにお楽しみ頂いてもそれは個人の自由ですし、私としてはこのページに来ていただけただけもありがたいことなのでどちらでも構いという考えではあります。

内容が小難しいか?あるいは稚拙であるか?
はたまた興味のある内容でないか?
もしくは文章として読むに値しないか?

興味あるないの部分で言えば、『バイク』という括りの中で、主に作業ネタ、ツーリング、メカニズムの3本柱で構成し、所有するマシンの数で乗じた範囲のレパートリーがありますので、比較的広い範囲の方にお楽しみいただけるのではないかな?とは考えていますが、なんせゲリラ的に記事を作成してるので、興味ある内容でも1年待ちとか普通にあってしまうのは申し訳なく思います。
K1のネタもかなり間延びしてしまいましたしね。

おい、tmのエンジンはどうなった?トライアルは最近乗ってないのか?動画はどうした?

私の基本的な行動パターンと致しましては、休みが日曜日だけですので、その1日にどれだけネタを仕入れることができるかが、その週のブログの充実度に影響してきます。
最近は平日も1日程ガレージに出向き作業を進めたりするので、その分出せる記事も増えたりはします。
ブログのネタを仕入れる前に、食材のネタを仕入れろよ!という声が聞こえてきそうですが。。。

以前は自宅のすぐ近くにガレージがあったので、仕事終わりに毎日3時間ほど作業をしてブログを書くというのが日課でしたので、日曜日は乗ることだけに全力を注げましたが、今はそうもいきません。
日曜日に乗ると作業ができなくなるので、どうしてもバイクに乗らない日曜日を作るしか無くなってしまいます。

、、、

、、、

あ、なんか、記事が滞る言い訳みたいなこと書いてるなぁ(笑)


では最後にヒトコト

『本当に美味しい物は、初めてその味に出会った時には美味しいと感じなかった物である』


by tm144en | 2017-09-23 05:01 | Comments(2)
2017年 09月 21日

【K1】納車〜全バラ〜そして組立

やり遂げた。

当初の思惑からはかなりズレてはいるが、とりあえずはまた走れる状態にまではなった。

実に感慨深い。。。

e0159646_9522636.jpg


2013年8月。
まだ引っ越したばかりの現ガレージに、そのK1はやってきた。

一度だけ稚内まで走り、その直後

e0159646_17505380.jpg

e0159646_1801341.jpg

e0159646_11203411.jpg

e0159646_11234278.jpg


あれよあれよの間にバラバラに。

e0159646_1484352.jpg


その手はシリンダーヘッドにまで及び、

e0159646_1856441.jpg


地獄のバルブすり合わせも、今は懐かしい。
しかし、本当の『地獄』はまだここではなかった。。。

e0159646_4142089.jpg

e0159646_4173245.jpg


燃焼室容積も合わせました。

e0159646_0241377.jpg


オイルパンの裏側も磨きました。

e0159646_250849.jpg


ヘッドの面出しもしました。

そして、バラバラにしてから3回目の冬。

e0159646_553792.jpg


本当の『地獄』がやってきました。
ミッションのシム調節です。

e0159646_852463.jpg


100分の1ミリを合わせる為、指紋がなくなるまでシムを削り続けました。

e0159646_1262016.jpg

e0159646_2244323.jpg


ミッションシムに取り掛かってから約3ヶ月。10回以上の日曜日をかけてようやく完成させたミッションでした。

そしてここが、ようやくの折り返し地点のなる訳です。そう。バラした全てのパーツを組み立てていく段階になります。

しかしそこからも丸1年以上の月日が流れ、先日ようやっと、

e0159646_385488.jpg


試運転を果たし、

e0159646_4464612.jpg


元の姿に返り咲いたのでした。

納車してから丸四年。激動のあの頃の私の人生をまさに象徴するマシンです。
実に感慨深い。


あとは、、、、、


車検だ!

by tm144en | 2017-09-21 04:17 | BMW K1 | Comments(2)
2017年 09月 19日

【K1】ブレーキフルード交換 カウル取付

e0159646_4364940.jpg


先日抜いちゃったクーラントを入れ直します。
クーラントはおじさんに頂いた純正品。せっかく頂いた、というのもありますが、以前いれてた車用のはやっぱダメなんじゃないか?という懸念が湧いたのもあります。

というのも、ドイツ車はドイツ車用のクーラントじゃないとダメのようで、ラジエターがアルミだからとかマグネシウムだから、という理由ではないみたいなのです。
ちゃんと詳しく説明されている文献には辿りつけなかったので、結局ダメを鵜呑みにする形にはなりますが。

ただ、その感じでいくとイタ車は大丈夫なのか?ということになりますが、まぁその辺は自己責任でお願い致します。

そういえば、K1のエンジンをバラした際、エンジンブロックがクーラントによって腐食してる部分があったのを思い出しました。あれって、もしかすると、一般車用クーラントを入れたのが原因だったと言えるかもしれませんね。。。

e0159646_2221425.jpg



ーーーーさて、

e0159646_4414243.jpg


キャリパーのブレーキフルード交換を行います。
はい。すみません。面倒なのでキャリパー取り付けたママ行いました。すみません、勘弁してください。

K1は、ブレーキマスターの真下にすぐカウルがあるので、フルードの飛び散りなどには最大限の注意が必要です。
交換以外でも、マスターからの滲みなどで漏れてくることがあります。中古のK1で、その部分の塗装がデロデロにハゲちゃってるの結構ありますからね。

e0159646_4425892.jpg


リアも行います。リアはエアーが噛んでしまっていたので、ABSユニットからもエアー抜きを行いました。ちゃんとなってるかは判りませんが、タッチは戻ったようです。

e0159646_4464612.jpg

e0159646_447698.jpg


タンデム部分のカバーを残して、他のカウルは全て取り付けました。これにてホボ完成と相成ります!!

、、、、が、あまり手放しで喜べない。。。

e0159646_4482589.jpg

e0159646_4484566.jpg


ちょっと、、、ネジ、余り過ぎじゃね!?

いままでこんなことはほとんど無かった(フサベルの時に1個だけありましたが)のですが。。。

ま、これは、マシンの性格によるものでしょうね。
例えば、tmやフサベルなどのレーサーマシンは、それこそボルト1本どう減らそうか考えに考えて究極的に減量した姿になってますから、組み立ての際にボルトが余るなんてことにはならないのです。
DB7もそうですね。

しかしK1の場合は、減量という部分には重きを置かず、耐久性や整備性を重視しているので、ボルトが余っても、それなりに形になってしまうと言えるのでしょう。
カウルの固定ボルトにしても、2〜3箇所飛んでても、全然ガタつきませんからね。

だからと言って付いてなくても良い、ということにはなりませんが、だからこそ`『つけ忘れ』が発生してしまう所以ですね。

さて、どうしようか?


by tm144en | 2017-09-19 04:56 | BMW K1 | Comments(0)