<   2017年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 24日

【K1】BMW k1

k1を『戦車』と例えたが、それは大いなる間違いであった。

BMW k1。そのマシンの正体は、、、


e0159646_21492197.jpg

『戦闘機』



by tm144en | 2017-09-24 21:49 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 24日

【K1】洗車

e0159646_08223638.jpg

戦車の洗車だぜ\(^o^)/

やっぱ洗車は大事っすね!洗う事で色々見えてくるものがあります。
今回は、インシュレーターの締め忘れを発見しました\(^o^)/

、、、って、それは洗車以前の問題じゃ。。。


by tm144en | 2017-09-24 08:24 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 23日

作業中につき

只今、ブログとは全く無縁の作業に時間を割いている為、記事を作成することが出来ない状態であります。
今度の日曜日には、K1で何かしらの作業をし、その内容を来週には記事に出来ると思いますので楽しみにしていただいている皆様には、もう少々お待ち頂けるよう、お願い申し上げます。

、、、っていうか、

「ブログいつも見てるよー!」というお言葉を頂いて、ありがたい気持ちでいっぱいになることがままあるのですが、たまに、「文章は読んでないけどw」という方がいらっしゃいます(笑)
「バイク以外の記事だけ読んでる」という方もいます(笑)いやいや、バイクブログですけど(笑)

ただ、「デロリアン楽しみにしてるよ!」という方は、、、今の所いません(爆)

まぁ、このブログをどのようにお楽しみ頂いてもそれは個人の自由ですし、私としてはこのページに来ていただけただけもありがたいことなのでどちらでも構いという考えではあります。

内容が小難しいか?あるいは稚拙であるか?
はたまた興味のある内容でないか?
もしくは文章として読むに値しないか?

興味あるないの部分で言えば、『バイク』という括りの中で、主に作業ネタ、ツーリング、メカニズムの3本柱で構成し、所有するマシンの数で乗じた範囲のレパートリーがありますので、比較的広い範囲の方にお楽しみいただけるのではないかな?とは考えていますが、なんせゲリラ的に記事を作成してるので、興味ある内容でも1年待ちとか普通にあってしまうのは申し訳なく思います。
K1のネタもかなり間延びしてしまいましたしね。

おい、tmのエンジンはどうなった?トライアルは最近乗ってないのか?動画はどうした?

私の基本的な行動パターンと致しましては、休みが日曜日だけですので、その1日にどれだけネタを仕入れることができるかが、その週のブログの充実度に影響してきます。
最近は平日も1日程ガレージに出向き作業を進めたりするので、その分出せる記事も増えたりはします。
ブログのネタを仕入れる前に、食材のネタを仕入れろよ!という声が聞こえてきそうですが。。。

以前は自宅のすぐ近くにガレージがあったので、仕事終わりに毎日3時間ほど作業をしてブログを書くというのが日課でしたので、日曜日は乗ることだけに全力を注げましたが、今はそうもいきません。
日曜日に乗ると作業ができなくなるので、どうしてもバイクに乗らない日曜日を作るしか無くなってしまいます。

、、、

、、、

あ、なんか、記事が滞る言い訳みたいなこと書いてるなぁ(笑)


では最後にヒトコト

『本当に美味しい物は、初めてその味に出会った時には美味しいと感じなかった物である』


by tm144en | 2017-09-23 05:01 | Comments(0)
2017年 09月 21日

【K1】納車〜全バラ〜そして組立

やり遂げた。

当初の思惑からはかなりズレてはいるが、とりあえずはまた走れる状態にまではなった。

実に感慨深い。。。

e0159646_9522636.jpg


2013年8月。
まだ引っ越したばかりの現ガレージに、そのK1はやってきた。

一度だけ稚内まで走り、その直後

e0159646_17505380.jpg

e0159646_1801341.jpg

e0159646_11203411.jpg

e0159646_11234278.jpg


あれよあれよの間にバラバラに。

e0159646_1484352.jpg


その手はシリンダーヘッドにまで及び、

e0159646_1856441.jpg


地獄のバルブすり合わせも、今は懐かしい。
しかし、本当の『地獄』はまだここではなかった。。。

e0159646_4142089.jpg

e0159646_4173245.jpg


燃焼室容積も合わせました。

e0159646_0241377.jpg


オイルパンの裏側も磨きました。

e0159646_250849.jpg


ヘッドの面出しもしました。

そして、バラバラにしてから3回目の冬。

e0159646_553792.jpg


本当の『地獄』がやってきました。
ミッションのシム調節です。

e0159646_852463.jpg


100分の1ミリを合わせる為、指紋がなくなるまでシムを削り続けました。

e0159646_1262016.jpg

e0159646_2244323.jpg


ミッションシムに取り掛かってから約3ヶ月。10回以上の日曜日をかけてようやく完成させたミッションでした。

そしてここが、ようやくの折り返し地点のなる訳です。そう。バラした全てのパーツを組み立てていく段階になります。

しかしそこからも丸1年以上の月日が流れ、先日ようやっと、

e0159646_385488.jpg


試運転を果たし、

e0159646_4464612.jpg


元の姿に返り咲いたのでした。

納車してから丸四年。激動のあの頃の私の人生をまさに象徴するマシンです。
実に感慨深い。


あとは、、、、、


車検だ!

by tm144en | 2017-09-21 04:17 | BMW K1 | Comments(2)
2017年 09月 19日

【K1】ブレーキフルード交換 カウル取付

e0159646_4364940.jpg


先日抜いちゃったクーラントを入れ直します。
クーラントはおじさんに頂いた純正品。せっかく頂いた、というのもありますが、以前いれてた車用のはやっぱダメなんじゃないか?という懸念が湧いたのもあります。

というのも、ドイツ車はドイツ車用のクーラントじゃないとダメのようで、ラジエターがアルミだからとかマグネシウムだから、という理由ではないみたいなのです。
ちゃんと詳しく説明されている文献には辿りつけなかったので、結局ダメを鵜呑みにする形にはなりますが。

ただ、その感じでいくとイタ車は大丈夫なのか?ということになりますが、まぁその辺は自己責任でお願い致します。

そういえば、K1のエンジンをバラした際、エンジンブロックがクーラントによって腐食してる部分があったのを思い出しました。あれって、もしかすると、一般車用クーラントを入れたのが原因だったと言えるかもしれませんね。。。

e0159646_2221425.jpg



ーーーーさて、

e0159646_4414243.jpg


キャリパーのブレーキフルード交換を行います。
はい。すみません。面倒なのでキャリパー取り付けたママ行いました。すみません、勘弁してください。

K1は、ブレーキマスターの真下にすぐカウルがあるので、フルードの飛び散りなどには最大限の注意が必要です。
交換以外でも、マスターからの滲みなどで漏れてくることがあります。中古のK1で、その部分の塗装がデロデロにハゲちゃってるの結構ありますからね。

e0159646_4425892.jpg


リアも行います。リアはエアーが噛んでしまっていたので、ABSユニットからもエアー抜きを行いました。ちゃんとなってるかは判りませんが、タッチは戻ったようです。

e0159646_4464612.jpg

e0159646_447698.jpg


タンデム部分のカバーを残して、他のカウルは全て取り付けました。これにてホボ完成と相成ります!!

、、、、が、あまり手放しで喜べない。。。

e0159646_4482589.jpg

e0159646_4484566.jpg


ちょっと、、、ネジ、余り過ぎじゃね!?

いままでこんなことはほとんど無かった(フサベルの時に1個だけありましたが)のですが。。。

ま、これは、マシンの性格によるものでしょうね。
例えば、tmやフサベルなどのレーサーマシンは、それこそボルト1本どう減らそうか考えに考えて究極的に減量した姿になってますから、組み立ての際にボルトが余るなんてことにはならないのです。
DB7もそうですね。

しかしK1の場合は、減量という部分には重きを置かず、耐久性や整備性を重視しているので、ボルトが余っても、それなりに形になってしまうと言えるのでしょう。
カウルの固定ボルトにしても、2〜3箇所飛んでても、全然ガタつきませんからね。

だからと言って付いてなくても良い、ということにはなりませんが、だからこそ`『つけ忘れ』が発生してしまう所以ですね。

さて、どうしようか?


by tm144en | 2017-09-19 04:56 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 17日

【K1】シングルシート計画

さてさてK1のシートですが、「シングルシート仕様して、積載増やす!」と意気込んだせいで、

e0159646_03441232.jpg

純正シートはこんな状態になってしまいました。
まぁ、確かに、タンデムスペースに積載を増やすという目的もありましたが、その以外にも座り心地の改善も考えていました。
稚内に行った時、たかだか300kmくらいで結構お尻が痛くなってきましたし、シートのレザーでムレてもきました。
長距離走るためのマシンなのに、シートに問題があったら乗ってられませんよね。

というわけで、スポンジやレザーの変更も目論んでいたのでありますが、、、、

e0159646_03495887.jpg

あ、あれ?あれれ??

はい。なんかめんどくさくなってきたので、ヤフオクで純正シート買いました笑
そうですね。全くの無駄遣い。これぞ、THE無駄遣いですね。自分でもびっくりしました。

まぁ、完璧の諦めたのではなく、『そのうち気が向いたら』スペシャルシングルシートは作るということにして、とりあえずは乗れる用のシートってことで。

あ、あと、ほら、未来のお嫁さんを乗せる用にするとかしないとかしないとかするわけないか_(:3 」∠)_


by tm144en | 2017-09-17 03:56 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 16日

満席御礼

e0159646_05031897.jpg
立ち仕事14時間経過。まだ1秒も座ってません笑
あと2時間で終わるかな?
座ったら負けだ〜!

安くて美味しい物出すと、お客さんたくさんくるからまいるね_(:3 」∠)_

疲れた時は、休憩よりも、食事よりも、栄養ドリンクよりも『音楽』が一番のカンフル剤\(^o^)/






追記

さぁ寝ようという時間。道路工事が始まる時間_(:3 」∠)_


by tm144en | 2017-09-16 05:08 | Comments(0)
2017年 09月 15日

最近のマイブーム動画

なんというか、スゲー癒されますわ(笑)

私も過去に、ソロツーリング動画製作者の端くれでしたので、編集やソロ撮影の大変さを痛感してますので、この動画の完成度の高さには脱帽です。

バイク動画なんて、ともすれば男臭いキナ臭い動画になりがちですが、なんというかこれ以上ないメルヘンな仕上がりに、幸せな気持ちになれますね。

ま、とりあえず見てください☆
























by tm144en | 2017-09-15 02:41 | Comments(0)
2017年 09月 14日

【K1】ラジエターダクト取付

よし!今年の目標は定まった!
K1で納沙布岬往復ツーリングだな!


e0159646_4162597.jpg


そうと決まれば、組立作業の手も速まります。

やっぱねぇ〜、1回乗るとモチベーション上がりますねぇ〜♪

e0159646_4191191.jpg


カウル類を取り付けていきますよ☆
マシン整備の細かい所があるにはあるのですが、走りに直接影響するような部分ではないので、とりあえず組み立ててしまうことにします。

や、もう我慢できないっす(笑)

ーーーー基本的には、正しい組立手順などというものは解らないので、行き当たりばったりで考えながら組み立てを行っています。

e0159646_4215653.jpg


ということでまずは、このラジエターガードの取り付け。
取り付け前に、2013年の稚内ツーリングの泥と、それから4シーズン分の薪ストーブの灰とホコリをキレイにします。4年間、ガレージの天井にずっと吊るされてましたからねぇ(笑)

e0159646_425035.jpg


ふと見ると、取り付けの金具が、

e0159646_4253199.jpg


一つ紛失している模様。
パーツボックスの中にも見当たりませんし、どこかへ紛失してしまったか?あるいは最初から付いてなかったか?

もはや記憶も定かではないので、とりあえずあり合わせのものでなんとかします。

e0159646_427092.jpg


ネジの種類の違うタイプですが、使えそうな物が転がっていたので、これを使用します。もうね、つきゃいいんすよ、つきゃ。

e0159646_428163.jpg


ホーンを一旦外して、仮固定。次に進みます。

e0159646_4285445.jpg


はて、これらは、、、なんだろう?
一つは、エアクリーナーボックスへの吸気ダクトなのは解るんですが、他の3つが判らない。

形を観察すると、

e0159646_4301328.jpg


どうやらこのように合体する模様。
はて?こんな大きなものを、今更どこに付けろと、、、?

、、、、あ!もしかして!

e0159646_431185.jpg


ここじゃないだろうか!?
ラジエターコアを通過した温かい空気を、カウルの外に効率的に逃す為のダクトだ!
見本のK1を見ても、隠れて見えづらい部分もありますが、おそらく間違いありません。

なるほど。
つまり、あれだ。

2マス戻るだ。

e0159646_434104.jpg


タンクを外して、、、

e0159646_4344395.jpg


う〜ん。こんな隙間からでは全くもって入る気配もありませんね(笑)
カウル固定のサブフレームと、

e0159646_4354274.jpg


エアクリーナーボックスも分解。

お!?ちなみに、、、

e0159646_4362560.jpg


お手製オイルキャッチタンクはお元気そうです。まぁ、30km位じゃなんも変わらんでしょうが。

e0159646_4372017.jpg


エアクリーナーボックスの台座も撤去。

しかし、これでも全然入りません。

ということは、、、

さらに2マス戻る。

e0159646_439810.jpg


せっかくまとめた配線を、

e0159646_4394278.jpg


次次にほどいていきます。

しかーし!!これでも全然は・い・ら・な・い

はいらない。

さらに5マス戻る

e0159646_4425198.jpg


ラジエターコアも脱!!(さっき取り付けたガードも脱)

これでよーーーーーやっと、

e0159646_4433572.jpg


取り付けれました!
そういうことですね。ラジエターコアを取り付ける前に、つけるべきパーツだった、ということになるんですね。

e0159646_4452162.jpg


で、まだクーラントは入れてませんが、やっとここまで戻ってこれました☆

2時間半掛かった〜orz
で、今日進めようと思ってた作業は、結局何も出来なかった〜orz
本当だったら、カウル全部付けとくつもりだったのに〜orz

納沙布岬が遠のく、、、


by tm144en | 2017-09-14 04:48 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 09月 12日

【K1】遂に、、、

一体、何が起こっているというのだ!?

なぜこんなに・・・・



========

試運転の為の組み立ても佳境に入ったが、

e0159646_2562295.jpg


つけ忘れパーツの出現で2マス戻る。

e0159646_2575168.jpg


マフラーを外さなければなりません。ヒートガードなので、無くても走れますが、、、まぁ、ね。

e0159646_2585180.jpg


途中昼寝をはさんだので、この時点で14時50分。
そして、、、、

遂に、、、、

e0159646_305779.jpg


完成〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

まぁ、完成というか、『ひとまず』ですが、それにしても嬉しい。この状態で、とりあえず走り出すことはできる、はず。

そう。『はず』なのです。

なんせ、エンジンもミッションもバラバラにしたのですから。誰がしたって、この『私』がしたんですよ。そりゃ〜、まともに動くわけねーべ(笑9
だってさ、フサベルの時なんかピストンリング逆に組んで白煙止まらなかったんだべ。シングルでそれだもの、4気筒16バルブがまともに組まさってるわけねーべ。

これから車検を取るにあたって、ちゃんとそれに値する状態にあるかどうかは確認する必要がありますよね。

というわけで、、、

e0159646_36914.jpg


走ってきたベー\(^o^)/

え?ええ。勿論、仮ナンバー取ってね。。。

e0159646_37267.jpg


近くの田舎道をグルグル、気がつけば30KMも走ってしまいました。

さて、その仕上がり具合ですが、、、

、、、

、、、

一体、何が起こっているというのだ!?

なぜこんなに・・・・


『スムーズ』なんだ!?

1000cc4気筒16バルブエンジンですから、基本的に滑らかなエンジン特性であるとは言えますが、それがこんなにもスムーズになるというのか!?

私の言う『スムーズ』とは何か?
例えて言うなら電気自動車のような?あるいはリニアモーターカーのような?そう。それはもはやレシプロエンジンの概念を遥かに越えていたのです。

例えば、トップギア巡行。回転数をだんだんと落としていく。3000、、、、2500、、、、2000、、、、普通だったらこのあたりで「ガコッガコッ」と言い出す。ギア比に対してエンジン回転数が足りない為、エンスト寸前の症状が出るはずなのだが、、、まだ出ない。
1800、、、1600、、、1400、、、は?まだ出ない?
1300、、、1200、、、1100、、、1000、、、え?まだ?
900、、、

ええぇ〜?1000回転切りましたけど!?

勿論、クラッチなんか握っていません。タコメーターのスケール上読み取りが曖昧ですが、おそらく1000回転を切る程度の回転数にも関わらず、5速トップギアでそのマシンは、スルスルと前へ前へと進むではありませんか!

しかも驚くのはまだ早い。その状態からアクセルを徐々に開けていくと、それに完璧に呼応して速度を乗せていくではありませんか!!そして、あっという間の3桁スピード。
もはや自分が一体『何に乗っているのかわからなくなるレベル』。いや。あれ。そもそもバイクってそんなもんだっけ?

e0159646_382630.jpg


砂利道だってなんのその。

e0159646_385488.jpg


K1の驚異的な走行性能は、300kg級の車体にも関わらず難なくダート走行を可能にする。
そこに、「滑ったら、、、」「転んだら、、、」という恐怖感など皆無。

ミッションとはなんの為に存在するか?

それは、速度を乗せていくにあたって、エンジンの出力に対して適切な駆動力を発生させる為にある。
ギアの『守備範囲』という言葉がある。例えば、8000回転回るエンジンで、1速で0回転から8000回転まで回すと、速度が0km/h~50km/hまで出るギア比と、0~100km/hまででるギア比で比べるとすると、後者の方が守備範囲が『広い』ということになる。
前者のミッションは8000回転50km/hの時点で2速にシフトアップし、4000回転から8000回転までの間に100km/hまで速度を乗せるとする。

この2つのミッションをヨーイドンで走らせた場合、スタードダッシュでは前者の方が飛び出し、後者の方はスタートが出遅れる。ギアの守備範囲が広いと、初期の加速性能が悪くなるからである。
つまり、ギアの守備範囲を狭くして、シフトチェンジの回数を多くすることで加速の良い走りをするのだ。

したがって、例えば最高時速180kmを目標とした場合、ギアを4〜6速程の段数に分け、そのそれぞれのギアで受け持つ速度域を分担させることで、スムーズな走りを実現させているのである。

しかしながら

今回のk1はその概念を根底から覆すものだった

5速発進をしたわけでは無いが、5速1000回転未満から、時速120kmまで、そのギア一つで何のストレスも無く、それが当たり前のように、まるで電気自動車かリニアモーターカーのように、スルスルと加速していったのである。

そしてなにより驚くべきポイントは、このマシンは『この私がオーバーホールをした』という所に他ならない。

今回、まだ慣らしのつもりだった為、5速120kmまでしか出さなかったが、ここからさらに負荷をかけて行って、相応の出力を発生させることができれば、正真正銘の『K1』と言って良いと言えるだろう。

まだわからない、、、、

まだわからない、、、、

なんかあるはずだ、、、、

なんかあるはずだ、、、、

すぐどっか調子悪くなるはずさ、、、、

だって、私が組んだんだもの、、、、

そんな上手くいくはずないさ、、、、

まだわからない、、、、

まだわからない、、、、


by tm144en | 2017-09-12 03:51 | BMW K1 | Comments(3)