<   2017年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 31日

【K1】オイルキャッチタンクをなんとか作る

e0159646_333541.jpg


材料はこれだー!
ホームセンターの配管コーナーで見つけてきたぜ!!

ま・ず・はっ

e0159646_334375.jpg


コレ。
これを、

e0159646_3344084.jpg


このように切断。
そして、

e0159646_3353047.jpg


ゴムのインシュレーター部分を外したエアフィルターに、ロックタイトの嫌気性接着剤で固定。
強度が出たら、

e0159646_3363971.jpg


銅ガスケットを盛り付け。これを行う意味は、接着剤だけでは心配なのと、取り付けたパーツにネジ穴が空いていた為。
表面をなだらかにするテクニックは、ショートケーキの生クリームを塗るテクニックを応用。パティシエ目指しただけあるなぁ〜笑

『銅』ガスケットに意味は無し。たまたま手元に残っていたものを使用。

あとはこれに、残りの部品を取り付け。

e0159646_3411424.jpg


ネジ山にもロックタイトのガスケットを塗布。密封性を図る。

e0159646_343544.jpg


これにて完成。これが新しいオイルキャッチタンクとなる。
エンジンの吸気の力がフィルター越しに働き、ブローバイガスを引きつけ、一緒に引き込まれてきたオイルは管を通ってまた戻っていくというもの。

日曜日。ほぼ1日を潰して考えた結果がこれである。
黙って市販のオイルキャッチタンクを買えばよかったとは、決して口に出してはいけない。
とにかく頭に思い描いたものを形にする。そこに意味があるのだ。

『そこに意味があるのだ』ということにしておかなければ浮かばれない。。。


by tm144en | 2017-08-31 03:48 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 08月 30日

【K1】オイルキャッチタンクをなんとかする

さて、K1のエアクリーナーボックス内に設置されているオイルキャッチタンクですが、、、

e0159646_3161931.jpg


これが、

e0159646_3271794.jpg


こうして、

e0159646_3324510.jpg


こうなって、

e0159646_3374780.jpg


こんな状態でした。

で、切断してしまったので元に戻せない、、、こともないのですが、、、『元に』戻すのは嫌なので、なんとかすることにします。

で、用意したものはこちら。

e0159646_753041.jpg


キャブレターのエアフィルターと、ブリーザー用ホース。
そう。このエアフィルターをオイルキャッチタンクとして利用するのです。
設置場所は、

e0159646_754197.jpg


この辺り。

ありがちな改造で、ブリーザーホースの大気開放なんてのがあり、このフィルターをつけてどっかカウルの裏にでも設置しようか?と最初は考えました。
しかし、ブローバイガスを積極的に吸い出すためには、エンジンの吸気の力を利用した方が良いので、エアクリーナーボックス内に設置するのが望ましいのです。

ただ、そうならわざわざこのようなフィルターなんかつけないで、ホースだけ突っ込んでおけば良さそうなもので、現にそういうバイクもあります。

しかしこのエンジンの場合、エアフィルターは地面と水平に設置されているので、(つまり空気の流れが下から上なので)ブリーザーホースから出てくるオイルがそのままフィルターにかかってしまうことになるのです。
乾式のフィルターなので、それは避けたい所。

というわけで、これを『ウマい具合』に取り付けて、この難題を解決しようというわけなのです。

果たしてうまくいくのか???


by tm144en | 2017-08-30 08:02 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 08月 29日

【K1】バッテリー取付

e0159646_5123051.jpg


さて、ひっっさびっっさのK1ですよ!まだ持ってますよ!!
突然ヤル気が降臨してくるんですよ、私。

というか、先週の知床しれっとツーリングに行ったことで、急にK1に乗りたくなったんですよね。

現在の状況を、もはや全然把握してないのですが、とりあえず取り急ぎエンジン試動をさせた所で止まってるはずです。
エンジンかけて、リアタイヤも駆動させてるので、残す所はあと少しのはず。

というわけで、まずはバッテリーの取り付けを行うことにします。

e0159646_5173072.jpg


純正のバッテリーはお亡くなりになってしまったので、車用のA19Lが代用出来るので、これを使います。
純正バッテリーの天面はフラットになっているのですが、A19Lはバッテリー液を補充する真ん中の部分が出っ張っているので、取り付けの際は少しだけ工夫する必要があります。

e0159646_5204545.jpg


コントロールユニットがバッテリーの真上に来るのですが、これを取り付ける為のプレートをしっかりと固定しなければいけないんですよね。

とはいえ、方法論としては超簡単。

e0159646_5221578.jpg


出っ張り部分に合わせて、『ゲタ』をかませるだけで解決します。
今回はその辺に転がっていたゴムチップ板を利用しました。端材なので2枚になってますが、できれば1枚ベロット敷いた方が良いですね。

e0159646_524843.jpg


これで解決。
若干、ABSモジュレーターが浮き上がりますが、下の爪部分にはかろうじて引っかかっているので、問題は無いと思われます。
ただ、今これ書いててなんとなく気になってきたので、後日要確認します!

e0159646_5255227.jpg


コントロールユニットも問題なく取り付け。

さぁ!今年中に車検取れるかな〜?

目標は、11月の屈斜路湖白鳥ツーリングだね☆


by tm144en | 2017-08-29 05:29 | BMW K1 | Comments(2)
2017年 08月 26日

【DB7】出発前ジオメトリー変更

e0159646_520331.jpg


知床に行く前の試運転の時のことでした。
路面の形状によって、フロントにおかしな挙動がでることがありました。昨年辺りからたまに感じる挙動だったのですが、ずっと過去に遡るとこんな挙動はなかったように覚えています。

なんか、おかしい。

というわけでよくよく考えてみると、思い当たる節が多々有ります。
まず、リアタイヤ。
純正は、190・55R17ですが、今履いてるのは200-55R17。どこにも当たってないし、まぁいっかって考えてましたが、これが大問題なのです。
それは、タイヤの『高さ』です。扁平率から計算すると、200のほうが5cmも高いことになるのです。そう。リアの車高が5cmも上がっているのです。だから上のディメンション解析のとき、ホイールベースが前側に1.3°も傾いていたのです。

そして、これに輪をかけているのが、リアのエキセントリックカムの車高調整。これも一番高い状態にしていたのです。

数年前から、なんとなくキャスターを立てた仕様にしたくてこのセッティングにしていたのですが、タイヤの高さと合わせると、とんでもなくケツ上がりになっているのです。

それだもの、フロント振られるさ。

キャスターが立つと、単純に倒し込みは機敏になりますが、その分直進安定性が下がります。
倒し込みが『機敏』といえば聞こえは良いですが、要するにマシンの直立バランスが『悪い』ということを意味しているのです。

そして、改めてオーナーズマニュアルを見てみると、驚愕の事実が記載されていました。

e0159646_4401237.jpg


キャスター角 25°
トレール量 100mm


おいおい!まじかよ!
私のディメンション解析では、キャスター角は24.5°ですが、トレール量が88.9mmしかないじゃないですか!!!

おいおい!まじかよ!

これだもの。昔に比べてなんかフラつくさ。もっとキャスター寝かせなきゃ!
まして長距離ツーリングなのですから、余計直進安定性欲しいでしょうよ!

というわけで、タイヤの方はどうにもならないのでエキセントリックカムの方だけ一番低い位置に変更しておきました。

そして、キャスター角の変化を計測してみると、約1°寝たのでまぁまぁ良い所と判断。
どのようにしてキャスター角を計測したかと言いますと、

e0159646_0535096.jpg


このようなレベルメーターがあるので、フォークの角度で計測しました。
キャスター角は厳密にはフォークの角度ではないのですが、ステアリングシャフトとフォークが平行になっている車体であれば同じことなので、この計測機で測ることが出来ます。
ただし、地面の傾斜に影響されますので、今回は変化量だけを見ることにしました。『1°寝た』という事実だけで十分なのです。

ーーーーそんなこんなで1000km走ってきた訳ですが、結果は大満足。知床峠での走りが文句なしの仕上がりでしたし、終始不穏なフラつきは一切ありませんでした。

フォークの突き出しもあと1段だけ下げれるので、これも機会があれば試してみたいですね。

ま、今年はもう、姫乗り納めですけど(笑)


by tm144en | 2017-08-26 04:55 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
2017年 08月 25日

【DB7】知床しれっと行こう♪ツーリング(羅臼〜ガレージ)

「お客様〜、お客様〜」

どれくらい眠っていたのだろうか。気がつくと、道の駅の職員さんに起こされていた。「こちらのシャッター閉めさせていただきますので、1階の方でお休みください。1階は24時間開いてますのでー」

「あ、すんません、、、」

のそのそと起き出し、1階のベンチへと移動した。
時間を確認すると、1時間ちょっと寝ていたようである。

17:07
e0159646_371417.jpg


1階のベンチに座り、しばらくの間ボ〜っとしていた。

e0159646_393451.jpg


そのベンチから上を見上げると、フンだらけの天窓から光が差しており、そこでカモメ達も羽を休めていた。

e0159646_3112997.jpg


客人にケツの穴を見せつける、カモメ。

17:53
e0159646_3124510.jpg


羅臼の道の駅の隣にあるガソリンスタンド。
最初に到着した段階で、営業時間とバッテリージャンプの有無を確認していた。

e0159646_314849.jpg


ガソリンを入れ終わり、いざジャンプをお願いしようとするとオイル交換作業中の為少し待つように言われた。
札幌ナンバーのR33GTR。中国人らしきカップルだったが、なぜにこんな辺鄙な所でオイル交換をすることになったのか。
しかも、そんな辺鄙なガソリンスタンドのスタッフに、GTRのオイル交換なんか任せて良いのか。。。

案の定作業は手こずっており、結構な時間待たされることになった。
まぁ、こちとら確信犯のバッテリージャンプ野郎なのだから、文句を言う筋合いは無いのだが。

e0159646_3182347.jpg


羅臼を出たのは18時半頃だった。
羅臼の道の駅で缶コーヒーやジュースやらを飲んでしまったせいで、帰り道は尿意との戦いだった。エンジンを止めることができないので、暗闇の路肩で立ションという犯罪行為を行いながら走ることになってしまったのだ。

20:27
e0159646_323019.jpg


羅臼から標津、標茶を経由して釧路までやってきた。最短距離で帰るのならわざわざ寄る必要は無いのだが、ガソリンを入れなければいけないので致し方無い。こういう所でも、航続距離200kmはやはり少ない。

e0159646_3265927.jpg


真っ暗闇のライディング。急激に狭まる視界は、野生動物の飛び出しの危険性を格段に上げる。
今回は、鹿とキツネとタヌキに遭遇した。そのどれも割と危ない飛び出しかたではあったが、焦るほどではなかった。タヌキは完全に見えて無かったが。。。

e0159646_3303178.jpg


羅臼を出発してからは、もはや頭の中は一刻も早く無事にガレージに到着することしか考えていなかった。
もう見るものも何も無い。用事は済んだとばかりに、帰路を急いだ。

22:17
e0159646_3323061.jpg


音更のガソリンスタンド。14時間前に入れに来た場所だ。

体力はとっくに限界を超え、もはや気力でのみ走っている状態だった。羅臼から4時間ぶっ通しで走ってきたので、さすがに休憩をとりたかった。いつもなら多分、なんの気なしに普通に休んで記憶にも残らないのだろうが、今回は違う。
出発からここまでそれほど気にならなかったのだが、エンジンを止めれないという事実がここに来て重くのしかかった。

「休みたいのに、休めない!」

このプレッシャーは相当なものだった。
久しぶりに弱音丸出しで、とりあえずガソリンスタンドの店員に、ジャンプ出来ないか聞いてみたが、どうも話がかみ合わない。
ジャンプコードの意味が通じないのだ。夜勤のおじさんなのだが、おそらく車のことをまるで知らない模様。
話をするのが面倒になったので、もういいやと出てきてしまった。

それから少しだけ帯広の街中をフラフラと走って、どこかでジャンプしてもらえないか探していた。

しかし、ガソリンスタンドはあるが、休憩出来るスペースが無い。まぁ、道端で寝転がってても良いのだが、それとバッテリージャンプのつじつまが合わないのが困った。

「休憩したいからエンジン止めるけど、バッテリー上がってるからジャンプしてくれ」という言い分は、どう考えても自分勝手すぎる。
今回2回行ったガソリンスタンドでのバッテリージャンプは、あくまで『給油作業の為やむなくエンジン停止したのだから、仕方が無い』という『てい』が成立していた。

とかなんとか、ごちゃごちゃ考えていたらだんだん面倒になってきたので、このまま最後の気力を振り絞って残り200kmを走りきる覚悟を決めた。

そして、、、

00:42
e0159646_3483449.jpg


無事帰還。

e0159646_411540.jpg


総所要時間 20時間
実走行時間 14時間
総走行距離 1028km
総給油量 68.6L
総給油金額 9582円
高速利用 4880円
飲食代 1992円
合計出費 16454円
達成感 priceless...

========


釧路でガソリンを入れた後は、阿寒町から高速に乗り音更ICで降り給油。その後は十勝清水ICから夕張ICまで高速を利用し、残りは下道で帰宅。

今回、休憩時間を6時間も取ることが出来たのは、ひとえに高速道路を利用したことによると言える。
数年前にモントークで同じような行程を走った時は、所要時間は21時間だったが、走行時間はもっと長かった。

姫の走りはアグレッシブであるが決してスパルタンな訳ではないので、疲れている時は相応の走りをすることが出来る。
ロングツーリングとスポーツ走行をこれ程高い次元で融合させている姫は、私にとって最高のパートナーである。

心地よい疲労感と充足感に包まれながら、私の休日が終わろうとしていた。。。



by tm144en | 2017-08-25 04:28 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2017年 08月 24日

【DB7】知床しれっと行こう♪ツーリング(弟子屈〜羅臼)

やはり天気は重要だ。
空が晴れ渡っていれば気持ちは高ぶるし、雨が降っていたら気持ちも鬱ぎ込む。

ただ、ことバイクに関して言えば、真夏に雲ひとつ無い快晴は、それはそれでツラい。ライディングウェアーは往々にして『暑い』からだ。
「こんな暑い日は、バイクに乗って風浴びたら気持ち良さそうだよね」と言われることがあるが、私はそうは思わない。

ただ、Tシャツに短パンというアホみたいな格好で乗っている輩は、乗り始めた一瞬は確かに清々しく感じるだろうが、そんな格好で100kmも走れないし、だいいち転んだら骨まで削れる。そしてマフラーで火傷する。

そう。バイクは『鎧』を着て乗らなければいけないので、あまり気温が高すぎるのも喜ばしくないのだ。
雲が無いのならせいぜい10度台。曇りで20度位が丁度良い。

そういった意味で今回のツーリングは非常に天気に恵まれていた。早朝出発で多少霧に揉まれる箇所もありはしたが、午前中はほとんど曇り空。気温は20度を下回ってはいたが、ウェアーを厚着していたので寒気を催すことは皆無だった。

そして弟子屈のコンビニ横の椅子で3時間程仮眠している間は、そらは快晴になり、気温もグングン上がっていったが、丁度日陰の場所だったので気持ち良く眠ることが出来た。それはそれは本当に気持ち良かったのだ。

13:21
e0159646_537368.jpg


まだ寝ていたい気持ちもあったが、ツーリング中はやはり午後を回ると気持ち的に少し焦る。
ホクレンのスタンドでハイオクを満タン給油し、スタッフの方にバッテリーをジャンプしてもらいツーリング『2日目』が始まった。

e0159646_540549.jpg


これほどの快晴の中姫に跨がれるのはいつぶりだろうか。ここしばらくツーリングの天気運が悪かったが、今回でそれを払拭したと言えよう。

e0159646_542595.jpg


弟子屈を出発してからは、大好きな屈斜路湖には寄らず小清水を抜けて斜里に出た。

e0159646_54258100.jpg


画像はまだ斜里前。小清水らへん?

e0159646_5442947.jpg


もういちいち止まって撮るのは面倒なので、走りながらの撮影。
天気が良ければシャッター速度も稼げるので、必然的にそこそこまともな写真も撮れるようになる。

e0159646_5454764.jpg


ああぁ〜キモチイイ〜。
姫がキモチイィ〜よ〜。

e0159646_547313.jpg


ツインならではのパルス感が程よく体に伝わり、ロッキンチェアーのようなマシンの揺らめきに身を任せれば、もはやそれは至高の時を刻む。

このまま、、、姫と、、、、どこまでも、、、、

14:00
e0159646_5503860.jpg


斜里町通過。遠くに知床連山の一つ海別岳が見える。

e0159646_5535788.jpg


斜里町を越えて少し走ると、海沿いの道にでる。ここまで来ると、いよいよ自分が『知床半島』を走っているのだという実感が湧いてくる。

14:38
e0159646_5554576.jpg


ウトロの街中。
知床と言えば、ウトロ側と羅臼側に分かれるが、ウトロ側の方が観光地感が大きいので私はあまり立ち寄ることは無い。過去に一度だけウトロでキャンプしたが、駐車場から遠く、虫も多く良い思い出は無い。

というか、これから走る『知床峠』への期待感で、脳内は既に興奮状態にある。

高速コーナーのウトロ側に低速コーナーの羅臼側というレイアウトの知床峠は走り飽きせず、しかも道路整備にお金がかけてあって非常に走りやすい。
ただ、観光客の車や鹿に気をつけなければいけないので、安全マージンはいつもより多めにとる必要はあるが、それをもってしても楽しめる知床峠は、間違いなく道内一の峠だと言える。

14:44
e0159646_633492.jpg


ウトロから知床峠に向かってすぐにある、プユニ岬という所からの眺め。
ウトロ港を望む絶景に、走りの安全祈願をする。

14:52
e0159646_612678.jpg


知床峠パーキング。
プユニ岬から、わずか8分の距離だったことに、今更ながら驚いた。こんなに短かったっけ?

e0159646_614584.jpg


パーキングには大勢の観光客やライダー達がいて、「なんだ、なんだアイツは?」という視線が注がれていた。
エンジンかけながらのマシンをそそくさと写真に納める姿は、さぞかし滑稽だったのだろう。

撮るものとったら即座に退散。後半セクションへと挑む。

15:08
e0159646_6172789.jpg


羅臼道の駅。
弟子屈を出発して2時間程しか経って無いが、もはや休憩したい気分。まだ『朝ごはん』を食べて無いし、この後の帰路は時間的にスタンドでのバッテリージャンプが難しくなる。
したがって、羅臼からガレージまではノンストップの覚悟で挑まなければならないので、ここで再度ゆっくり体を休めることにする。

e0159646_6234649.jpg


まずは腹ごしらえ。
道の駅隣の食堂で食べることにした。

e0159646_6242681.jpg


1200円のハラス定食。
ハラスの焼き方は上手だったが、1200円という観光地価格が泣けてくる。
消化器官に負担を掛けないよう、少食で済ますことにする。

e0159646_626438.jpg


食事が終わり、道の駅のホールにある椅子で寝ようかと考えていたが、まだちょっと人々がうるさい。
ふと見ると2階へ上がる階段があったので登ってみると、

15:41
e0159646_6275943.jpg


快適スペースが広がっていた。
人通りもあまりなく、割と静かなこの場所で『昼寝』という名の、本日2度目の仮眠を取るのであった。。。


e0159646_6515248.jpg


by tm144en | 2017-08-24 06:30 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2017年 08月 23日

【DB7】知床しれっと行こう♪ツーリング(日高〜弟子屈)

やはり、燃料警告灯の存在意義は大きいと言えますね。あのランプが点くことで、その時の平均燃費を知ることが出来ますし、そこから走りをセーブして距離を稼ぐことだってできます。250km走った時は、まさにそうでした。

わずか10kmの距離を測り誤ったということは、燃費で言えば単純にリッター0.7km多く走っていれば良かったことになります。
つまり、最初の100kmはあまりトばさず低燃費に心がけるべきだったのです。

ーーーーさて、同じ過ちを繰り返さない為に、今後は給油ポイントをしっかりと見極める必要があります。
とりあえず、200km以内に必ず給油するようにする。

と、言うのは簡単ですが、それがなかなか難しいのが北海道なわけで、、、


通行止めの日勝峠の代わりに道東道にのらなければいけないので、日高から占冠方面を目指します。
ロードサービスでは10リットルの給油だったので、最大で150km。余裕をみて120〜130kmまでには給油をしたい所。

占冠かその先のトマムで給油すれば、あとは道東道で一気に足寄まで走れる計算になります。
仮に、すぐに日高で入れたとしても良いのですが、エネオスではあまり入れたくないのです。。。

e0159646_2513616.jpg


しかし、すぐにそのことを後悔しました。
占冠もトマムにも、営業中のガソリンスタンドが無かったのです。トマムに着いた時点で40km以上走ってしまい、あと100km程しか走ることが出来ません。
トマムから足寄まで何キロあったかは覚えていませんし、道東道にガソリンスタンドあったかどうかも定かではありませんが、、、、

7:48
e0159646_230434.jpg


とりあえず乗っちまうべ〜♪

なるようになるさ〜!

、、、、なんて、いい加減な走り方をしていたので、

8:25
e0159646_256015.jpg


足寄まで届かず、一旦音更ICで降りて給油するハメに。勿論、給油中はエンジンかけっぱなしです。その為にスペアキーも持ってきました☆
ただ、エンジンかけながら給油すると、ガソリンがハネてハネて。。。

あと、原則給油中はエンジン停止ですので。

さて、このまま下道で行こうかとも考えましたが、今回はバッテリーしばりがあるので再度高速に乗ることにしました。時間稼ぎと体力温存の為です。

8:38
e0159646_304518.jpg


高速はやっぱ楽で良いですね。あっという間に目的地に着いちゃいますから。
以前は、淡々とした走りがツマラナイと感じていましたが、なんも。『ちょっとした工夫』で割と楽しく走れることを知りました。
お教えする程のことではありませんが。。。

9:10
e0159646_331330.jpg


足寄に到着。
ここからは下道で弟子屈を目指します。

10:07
e0159646_352528.jpg


弟子屈到着。
が、うお!コスモがやってない!!心が満タンに出来ない!!
そう。これだから北海道は要注意。航続距離200kmだと、給油しばりが結構キツいのです。

さてさて。ロードサービスを呼んだ地点からここまでで300km程走ってきましたので、そろそろ休憩をしたい所存。
しかも割と本格的に。

しかし、休憩ポイント=ジャンプポイントしばりがありますので、はてさてどこか良い場所があるだろうか?

e0159646_3104574.jpg


ありました♪
先ほどのコスモからちょっと走った場所に、スタンドとコンビニと休憩用のベンチの3コンボ☆こんなん、私の為でしかないっしょ!!

スタンドはエネオスとホクレンの2つがあり、スタッフもいてピット室もあるので、おそらくジャンプはしてくれるはず。

というわけで、

e0159646_3121457.jpg


本日の晩御飯。はい。晩御飯ですよ?これ食べたら、寝て、起きたら私にとっての『朝』です。

というわけで、おやすみなさいzzz...


e0159646_3285357.jpg


by tm144en | 2017-08-23 03:29 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2017年 08月 22日

【DB7】知床しれっと行こう♪ツーリング(ガレージ〜日高)

「よっしゃ!知床行くぜ!!」

そうと決まれば、まずはマシン整備。

e0159646_565734.jpg


おもむろにタイヤを外し、取り外したるは

e0159646_573123.jpg


ウレタン製チェーンスライダー。先日の試走で、たかだか130km程の距離にも関わらずかなりの消耗をしてしまいました。知床を往復するのであれば1000kmは走るのですから、とてもとても保ちそうにありません。やはりウレタン製では駄目のようですね。
とはいえ、新しい取り付け方法自体は外れるようなこともなく問題ありませんでしたので、まずまずの成果だったと言えます。

というわけで、まずはチェーンスライダーを製作する所から。
時は午前3時。出発の2時間前のことである。

e0159646_5144191.jpg


材料は、昨年の沿岸耐久ツーリングで使用した超高分子量ポリエチレン材を利用します。
その時はタイラップで固定して使用しましたが、今回はちゃんとスライダーの形にすることにします。

e0159646_5162018.jpg


既に削れて減ってはいますが、新しい取り付け穴にしたのでまだまだ使える厚みありますね。

よし!これなら大丈夫!!

不安要素を一つ解決したので、タイヤを取り付け走行可能状態へと戻します。
各部の締め付けチェックも怠りません。他のマシンではやらないことですが、姫に跨らせて頂く時だけは必ず行います。速度域や、故障、事故、転倒のリスクを考えればこそです。

また一つ不安要素を解決し、残る不安要素は、、、

バッテリー

、、、

、、、は、どうしようもないので、ま、なんとかなるべ?
ちなみにこの時点での電圧は13Vありますが、セルを回せるだけの力は無く、ジャンプが必要な状態。
充電器に掛けていてこの状態ですから、おそらくこれ以上電圧は上がらないのでしょう。

セルスタートができないという欠陥はありますが、走行中に止まる程ヒドくはない(と勝手に考えている)ので、なんとかなるだろうと判断。このまま出発することにします。

というか、今回のこのツーリング。このバッテリーが最大のネックであり、テーマでもあります。
そう。つまり、

知床往復を、エンジンノンストップで行く

いや、実際にはどこかで止めることにはなるでしょうが、その時はガソリンスタンド等ジャンプ可能な場所に限る、ということになります。
当然、信号でエンストなどもってのほか。半クラ多用で安全発進重視。

なぜそんな危ない橋を渡ろうとするのか?

なぜなら、危ない橋だからこそ『面白い』と感じるから。ただ行って帰ってくるだけではつまらない。何かテーマや『しばり』があった方がツーリングは断然楽しくなる。
しかし、スタンプラリーや美味しいもの巡りでは性に合わない。何かもっと、達成が難しそうなものの方が、より挑戦しがいがあるってもんです。

それに、最悪ロードサービスを呼べば解決出来ることですから、それほどのことでは無いと言えるでしょう。

いや〜、おらワクワクすっぞ〜♪(野沢雅子風)


5:00
e0159646_05122292.jpg


意気揚々と出発の様子だが、ジャンプ用バッテリーに繋がれた姿が頼りない(笑)
セルスタートができないマシンで、果たして1000kmを無事に走り切ることが出来るのだろうか?

、、、そして、案の定、、、ではなく、まさかの

6:15
e0159646_5442945.jpg


ガス欠

そっちか〜い!!

いやいやいやいや!いや!違うんすよ!違うんすよ!!
試走の時130km走ったんで、残り100kmは走れるはずだったのです。で、その状態にさらに携行缶に残ってた1リットルを継ぎ足したので、間違いなく100kmは走れるはずだったのに〜!
以外と燃費が悪かったみたい!

リッター15km位ですから、満タン16リットルで240km。250km走ったことだってあったのですから、230kmは硬いでしょう。しかも1リットル足してるのにも関わらず!!

、、、、と、言い訳をした所で、地面からガソリンが湧いてくる訳でもないので、仕方なくロードサービスを呼ぶことに。

あ、もちろん、メータの設定もちゃんとしましたよ!

7:00
e0159646_5513893.jpg


いや〜すんませんねぇ〜朝早くに。寝てたでしょう〜?
車屋さんも大変らしいですねぇ。ロードサービスの加盟店にならないと収益増やせないけど、24時間体制を強いられるから体がツラいって。。。

で、ガス欠=エンスト=

e0159646_5543696.jpg


ジャンプだよね〜(笑)
ロードサービスの修理ダブルエントリー大丈夫でした。ちゃんと両方とも無料にしてくれました。やったねHMG!
、、、まぁ、ジャックスはいっぱいお世話してるから、これくらいはしてもらわないとね(笑)

ちなみに、ガス欠した地点ですが、

e0159646_556352.jpg


こういう位置関係になってます。
地元の方なら「日高の手前のパーキングんトコ」で解るとい思います。そう、スタンドまであと10KM位だったんですよね〜。
なので、一瞬押すことも考えたのですが、まだあと900KM走るつもりしてるので、ここは体力温存を優先させました。

実際にエンジンが止まったのは、なんとトンネルの中。長いトンネルに入ったあたりから「グフッグフッ、、、」と怪しい兆候が始まり、おいおいマジかよ!と思ってましたが、なんとか出口まで持ってくれて助かりました。
そしてそのあと2KMも走行してますが、それはずっと下り坂だったからです。このまま日高まで行けるか!?と期待しましたが、パーキングエリアから先は登りになっているので断念。というか、パーキングエリアという安全地帯まで行けたことが不幸中の幸いと言えるでしょう。

ロードサービスを待つ間の30分仮眠を取ることが出来ました。さすがに道路上では寝れないですよね。

というわけで、前途多難な知床ツーリングの、はじまりはじまり〜。




でも、続きはまた明日〜

by tm144en | 2017-08-22 06:09 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
2017年 08月 20日

【DB7】無双ツーリング

5:00

e0159646_05122292.jpg
よっしゃ、行ってくんぜー\(^o^)/


6:30
e0159646_06335026.jpg
ガス欠なう_(:3 」∠)_


by tm144en | 2017-08-20 05:12 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2017年 08月 19日

【DB7】SHORAIバッテリー

e0159646_4571271.jpg


アホ隊1号士君からショーライバッテリーのお恵みがありました。
一度あげちゃったヤツらしいので微妙な所ではありますが、少しでも使えれば儲けもんです。

e0159646_505457.jpg


ただ、取り付けには一工夫が必要でした。

e0159646_512755.jpg


ターミナルが飛び出ていないと付けれないのです。

ということで、

e0159646_524169.jpg


ゲタをかまし、ボルトも長い物に変えてなんとか取り付けしました。

e0159646_534075.jpg


バッテリー本体はタイラップで固定。

早速セルを回してみると、、、、

「カツカツカツカツカツカツカツ、、、、」

ありゃりゃ〜、残念!電圧が足りない!!
取り付け前に計測した所12.4Vはあったのですが、姫のセルは14V近くないと回すことができないんですよ。

一応補充電掛けてみて、14V位まで上がるか見てみることにしますが、まぁあまり期待できなさそうですね。だって、ちゃんと専用充電器でフル充電した状態だったわけですから。。。

でも、少なくとも私のアリアントよりはまだ頼もしさはあるので、走り出しちゃえば案外いけるかもしれませんね!


by tm144en | 2017-08-19 05:10 | BIMOTA DB7S | Comments(0)