<   2017年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 30日

【チャレンジ】復活!!ラリーレイドチャレンジ〜パニアフレーム、フロント配線処理

さて、tm姫がお亡くなりになった訳ですが、悲しんでばかりもいられません。
とりあえず、チャレンジ君の復活を急ぎます。真夏のオフロードは体力的にキビシイですからね。tm姫はお盆過ぎてからが本番です。

e0159646_492732.jpg


パニアフレーム、およびリア廻りの配線処理が完了。
パニアフレームは、溶接の歪みによって各部の寸法が合わなくなっているので、すべてのパーツを仮止めしてから、均等に締め付けていかなければなりません。

塗装ですが、最初の頃は綺麗で丈夫な塗装だと思っていたのですが、使い古してくると表面がパリパリ剥がれてきている箇所が散見します。
傷などが入った所から、パイ生地のように「パリッ」と剥がれてしまいます。塗料が下地にしっかりと密着していないようですね。
まぁ、そんなに目立つものでもありませんので、剥がれた所はシャシブラックでも塗っておけば大丈夫でしょう。

e0159646_4193179.jpg


フロント廻りの配線処理をします。
適当にまとめてタイラップでポンとしておいても良いのですが、やはり欲が出てしまいます。ラリーフェアリングのフレームがあるので、それにうまく隠すような感じで配線をまとめたくなるのです。
その為、一度取り付けたフレームを再度外したりして、取り回しの試行錯誤を繰り返します。

e0159646_42434100.jpg


気がつけば6時間も経過して、なんとか納得のいく仕上がりまでは持ってくることができました。とはいえ、これでも大分手を抜いた方です。DB7やtmの配線に費やした時間に比べれば、『手抜き』と呼ばざるをえないでしょう。
というのも、BMWの配線はちょいと難易度が高い。チャレンジはかなり簡素な方ではありますが、それでもメインハーネスの太さは天下一品です。
私からすれば無駄の極みなのですが、そもそも今回のカスタマイズは重量の増加が前提。重くする方のカスタムですので、ここで配線の数グラムを軽くすることになんのメリットもありません。
だとすれば、時は金なり。早々に作業を終わらせ、次に控えるDB姫の復活を急ぐほかないでしょう。

あと残す作業は、バッテリーとビックタンクの取り付けだけとなります。バッテリーはビックタンクの下にあたるので、先に取り付けなければならないのですが、実はまだバッテリーがありません。
以前までは、DB7とリチウムイオンバッテリーを兼用していたのですが、ビックタンクをつけると取り外しが面倒になるので、今回新しいバッテリーを買うことにしたのです。
と言っても、リチウムを買う余裕はありませんので、普通の鉛バッテリーです。この部分も、今回の重量増カスタムによる『ひらきなおり』ですね。

さ〜て、早くハイパーチャレンジでどっかイきたいなぁ〜\(^o^)/

=========

やっぱ、APS-C画質はイイね☆画像のしっとり感というか、吐息が伝わってくる感じ。
しかも、気のせいか修理後のK-5はファインダーが明るくなった気がするのです。おそらく、レンズの中が大分汚れていたのでしょう。取り込める光の量が増え、結果的に明るくなったのではないかと思います。
シャッター音が写真撮ってる感を演出してくれるので、ついついあれこれ構図を変えて撮りたくなってしまいますね(笑)
これからまたしばらく、ガレージ作業のお供として、大活躍してくれることでしょう♪



by tm144en | 2017-05-30 04:41 | BMW G650x challenge | Comments(0)
2017年 05月 29日

【K-5】おかえり!

e0159646_5412320.jpg


やっっと戻ってきました・:*+.\(( °ω° ))/.:+
ゴールデンウィーク挟んじゃいましたからねぇ。いやぁ〜長かった!寂しかった!もうまるで、嫁に出ていかれた気分でしたよ。
いや、まぁ、嫁もったこと無いっスけどね。

これでようやっと当ブログに、APS-C画質を載せられる!、、、と意気揚々としてたのですが、

e0159646_543123.jpg


なんかズームリングが重くなってる(汗)
部品を新品に交換してるからなんですが、いやはや。なんか手に馴染まない。
5年以上使って、これ程まで手に馴染んでたということに、今更ながら気づかされました。
それがリセットされちゃった感じで、なんか一抹の寂しさを覚えるのですが、でも、グリップ等の外部パーツはそのままですから、愛着感はそのままです。

ただ、リセットと言えば、カメラの設定が全て初期状態にリセットされちゃってるのがちと痛い。
ボタンの割り振りとか、色々細かくイジってたのですが、もはやどこをどうしてたかなんて記憶にございません。
身体で覚えてることなので、使いながら「アレ、こうぢゃネェ!」と、その都度変更していくしか無いですね。

お金は舞うし、設定はリセットされるし、ズームリングは重くなるし、色々嫌な事が重なってしまいましたが、なにより相棒が戻ってきたという喜びの方が若干上回ってくれたので、今回はヨシとしましょう・:*+.\(( °ω° ))/.:+


by tm144en | 2017-05-29 03:40 | PENTAX K-5 | Comments(0)
2017年 05月 28日

【tm125EN】ウォータージャケット

今回クランクケースを割ったことで、tmの全貌を垣間見た訳ですが、やはり1番の驚きは

e0159646_8431882.jpg


これでしょう。この、クランクを包み込むようなウォータージャケット。

e0159646_8454914.jpg

e0159646_8462948.jpg


他車でこのような構造になっているものが、果たしてあるのでしょうか。
これの意図する所は、クランクの冷却もそうでしょうが、一時圧縮の混合気を冷やす目的の方が強いのではないかと考えます。吸気エアーもエンジンからの熱を遮った方が良いとされていますから、混合気もなるべく冷えた状態のまま燃焼室に送り込む方が良いと言えるのでしょう。
温度が低い方が体積が小さく密度が濃くなりますから、より多くの混合気を吸い込むことが出来るのではないかと思うのです。
つまり、125ccの容積に、例えば130cc相当の混合気を送り込むことが出来る、ということです。
ターボチャージャーやスーパーチャージャーとまではいきませんが、機械的ロスの一切を排した究極の過給機と言えるのではないでしょうか。

う〜ん。妄想が楽しい♪


by tm144en | 2017-05-28 03:42 | tm125EN | Comments(0)
2017年 05月 27日

PFdayの残骸

e0159646_424275.jpg


プレミアムフライデーの残骸。。。

よっしゃ洗うぜー!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

===========

人生の、どんな時間も『無駄』にはならない。
私の場合、テトリスに費やした時間と、スロットでドル箱にコインをカチモリにした経験が、今活きている。

e0159646_4271670.jpg


経験を

活かすも殺すも

自分次第



by tm144en | 2017-05-27 04:28 | Comments(0)
2017年 05月 26日

【tm125EN】エンジン回転数計算

さて、あの惨劇が起こった際、エンジンは果たして何回転回っていたのか?
tmの公称最高回転数が分からないので、各部数値から実際に計算してみました。

e0159646_6532391.jpg


以上が、各部の実測値です。
ここから計算していくことにします。

まず前提として、時速123kmで棚落ちしたと仮定し、その時のエンジン回転数を求めます。

1)リアタイヤ外径が210cm。時速123kmを分速に換算すると、分速205000cm。
したがって、1分間のリアタイヤ回転数は
『976.190回転』

2)1分間のリアタイヤ回転数が976.190回転なので、リアスプロケットも同回転となる。
フロントスプロケットとリアスプロケットの比率が13:52なので、リアスプロケット1回転につきフロントスプロケットは4回転。
したがって、1分間のフロントスプロケットの回転数は
『3904.76回転』

3)ギアが5速に入っている時の、フロントスプロケットとつながるドライブシャフトと、クラッチとつながるミッションシャフトの回転比は、ドライブシャフト9回転に対し、ミッションシャフト8回転。
したがって、フロントスプロケットが1分間に3904.76回転すると、ドライブシャフトは
『3470.897回転』

4)クラッチボスとクラッチハウジングは同回転。
クラッチハウジングのギアとクランクシャフトのギアの比率は63:19なので、クラッチハウジングが1回転すると、クランクシャフトは3.315回転。
したがって、エンジン回転数はクラッチハウジング3470.897回転×3.315なので、

11506.02回転/分

ということになる。

ちなみに、'07RM125の公称最高出力回転数が11500回転/分なので、それと同程度であることが判った。

ただし、これはあくまで実測値であり、速度計、タイヤ外径の誤差による変動が考えられる。
しかし、逆に速度計とタイヤ外径が正しいと仮定すれば、揺るぎない『実測値』であり、机上の空論とも言えるカタログスペック値とは一線を画す。

そして、今回のピストン棚落ちは、キャブレターセッティングが最大の要因として考えられるので、必ずしも11500回転で壊れるということにはならない。
故に、tm125の最高回転数はもう少し上かもしれない、、、、


by tm144en | 2017-05-26 07:36 | tm125EN | Comments(2)
2017年 05月 25日

【tm125EN】惨劇のアト

ガレージに戻り、とりあえず腹ごしらえと洗車を済ませ、

e0159646_4445042.jpg


いよいよメスを入れる覚悟を決めた。

e0159646_446860.jpg


キックが下りない。故に、中で『何か』が引っかかってるという訳だから、尋常ではない。

e0159646_448756.jpg


だが、シリンダーを外して正直拍子抜けした。思いの外ひどい状況ではなかったからだ。咄嗟にクラッチを握ったのが、功を奏したのだろう。

だからといって、

e0159646_450225.jpg


これではどうにもならない。大きく壊れていようが、小さく壊れていようが、壊れていることに変わりはないのだから。

e0159646_4511543.jpg


ピストンリングの切れ目が埋まってる、、、と思ったら、

e0159646_4514937.jpg


どうやらこっちが切れ目のほうである。つまり、さっきのは削れて切断された状態だったのだ。

破損はピストンにとどまらない。この時点でもなお、クランクは回らない。破片がクランクに侵入し、引っかかっているのだろう。

あるいは、、、

e0159646_4524986.jpg


とにかく、全て分解した。
tmの腰下に手を出すのは、これが初めてである。

e0159646_4553499.jpg


問題のクランク。

e0159646_512537.jpg

e0159646_5104974.jpg


しかし、なんとまぁ美しいことか。さすがtmである。既に鏡面に磨きがかけられ、一縷の隙も無い。
こういうことを当たり前に行っていることの『価値』というものを、改めて実感した瞬間であった。

ーーーーしかしながら、今は壊れている。

e0159646_456678.jpg


コンロッドには傷が入り、うっすら焼け色がかかっている。

e0159646_4563866.jpg


クランクにも焼け色が付いており、そして残念ながら、というか予想通りというか、クランクベアリングはバラバラに砕けていた。あわよくば腰上だけで、、、という淡い期待は、脆くも潰えた。

ところで、

e0159646_4584171.jpg


何が挟まっているのかと思い、

e0159646_4592630.jpg


引っこ抜いてみると、

e0159646_501317.jpg


どうやらコルクのようである。クランクに開けられた穴を塞ぐ為にコルクを使用するあたり、さすがイタリア人というべきか。

e0159646_564583.jpg


クランクピンは、おいそれとは抜けなさそうな精度で圧入されている。真ん中のピンのような物もよく解らない。

他のマシンであれば独学で適当な作業も辞さないが、ことtmに関しては、やはりうえさかさんのご教授なくして触ることなど許されない。

e0159646_5111257.jpg


シリンダーにも傷。
たしか、ニカジルメッキ(?)だかが施されており、ボーリングは不可だと聞いた記憶がある。
つまり、シリンダー交換ということになるのだろう。

クランクも、ピンとベアリングを交換することで済めば良いが、精度的な問題でもしそれが不可なら、アッセンブリー交換の可能性も否定はできない。

そうなれば、ピストン、コンロッド、クランク、シリンダー、シリンダーヘッド全てを新品に交換ということにもなりかねない。

、、、、

、、、、

、、、、

あ、めまいが、、、

==========

ただ、この状況を『楽しんで』いる自分がいる。

マシンを壊しておいて不謹慎なのだが、やはり、どうしても私は『乗る』より『触る』方が好きらしい。
tmという、まさに珠玉というべきマシンに搭載されたエンジン。
そのエンジンに手をかけるということが、どれほど尊いことか私には理解出来ている。

だからこそ、気分が高揚せずにはいられない。

エンジンブローがなんだ。壊れたんなら直せば良い。レーシングエンジンなんだから、間違った使い方をすれば、壊れるのは当たり前。このエンジンに、安全マージンという概念は無い。

あの『2%』をつかう直前までは、至って順調だった。全く不穏な印象など無かった。

しかし、そのたった『2%』のスロットルを開けたばっかりに、メインジェットの供給量を超えた空気がエンジンに送り込まれ、混合気が薄くなり高温燃焼。結果ピストンが溶けてしまった。

私の無知と愚かさ故、尊いエンジンを壊してしまったのだ。

されど、壊れたのはたかがエンジン。無知と愚かさの代償は、お金で解決出来る。人をハネたり、自分が怪我をした訳ではないのだから、何も問題はない。

つまり、待っているのは、、、

『楽園』

by tm144en | 2017-05-25 03:41 | tm125EN | Comments(0)
2017年 05月 24日

【tm125EN】(第6回)早朝河原イディング(サスセッティング変更)〜カナシミの2%(後編)

「放つ!」

残された『2%』のアクセル開度を解き放つべく、右手に力を加えた。

その瞬間、異変は直ぐに感じ取った。

「出ない。パワーが出てない」

マシンから加速する意思が伝わってこなかったのだ。

ということはマズい。今直ぐに、この解放した『2%』を封印する必要がある。

「キュン!」

「あ、間に合わない!」

咄嗟にクラッチは握っていた。

判っていた。判っていたんだ。だから、異変を感じ取ったその瞬間、「ダメだ」と直ぐに判断した。
判断したからこそ、アクセルを直ぐに戻そうとした。咄嗟にクラッチも握っていた。

だが、それは一瞬の出来事だった。間に合わなかった。

クラッチを握る寸前、わずかにリアタイヤがロックしたのを、私の体は感じ取っていた。
そこで、全てを察した。

さっきまでの咆哮が、まるで夢だったかのように、今、跨っているマシンからは、何の音もしていない。
アスファルトとタイヤの摩擦音を除いて。。。

目一杯握っている左手と、捻ることを諦めた右手。
さっきまでの出来事が、夢ではない、真実だったことを証明するかのように、マシンは慣性の法則に従い虚しく前に進んでいた。。。。。



e0159646_5175579.jpg



『棚落ち』


この状態を、そう呼ぶ。


============

何で他人のせいにするがじゃあ!

悔しさで大きくうなるがじゃあ!

ほじゃきそこで耐えて笑うがじゃあ!

表裏一体の『哀』『楽』 


by tm144en | 2017-05-24 03:56 | tm125EN | Comments(2)
2017年 05月 23日

【tm125EN】(第6回)早朝河原イディング(サスセッティング変更)〜カナシミの2%(前編)

10-feet 『2%』



何で他人のせいにするがじゃあ!

悔しさで大きくうなるがじゃあ!

ほじゃきそこで耐えて笑うがじゃあ!

表裏一体の『哀』『楽』 


=================


e0159646_3502078.jpg


その朝は、ブレーキフルード交換から始まった。

e0159646_351181.jpg


前回の河原イディング時に感じた違和感。ブレーキの効きが甘くなっていた。ついこの間にエア抜きをしたばかりなのに、この短いスパンでまたそう感じるということは、ブレーキラインの不具合を疑わざるをえない。
近い内に、シール関係を全て交換した方が良いだろう。

ーーーーー今思えば、これはマシンからのメッセージだったのかもしれない。「今日は乗るな」という。。。

e0159646_355263.jpg


5月も後半を迎え、早朝ライディングも寒さをあまり感じなくなってきた。加速度を増す翠緑が、否応なしに夏の訪れを予感させる。今年はどんな夏になるだろうか。。。

e0159646_414144.jpg


1周走って直ぐに、その『違和感』に気がついた。

e0159646_423719.jpg


私としたことが。ブレーキフルード交換の際に緩めたアクセルホルダーを、ちゃんと固定するのを忘れていたようだ。しかも、ボルトが欠落している。
もう片方のボルトは緩めていないので、そこそこ固定はされているが、このままの状態では少し動いてしまう。

e0159646_47516.jpg


あいにく、予備のボルトなど持ってきてない。車体を見回しても、外して良さそうなボルトなどついてるはずがない。

「困った時はタイラップ」

e0159646_49479.jpg


ひとまず、これで応急処置を施した。完璧ではないが、ライディングに支障のない程度にはしっかりと固定されたと言える。

e0159646_4111643.jpg


今日のサスセッティング変更は、フロントのダンパーを上下とも1クリック強めただけ。前回、弱めた1クリックだったが、1週空けて再度乗ってみると、やはりちょっと腰が弱い感じがしたので、元に戻すことにした。

今日も20周を目標とし、2周ずつ休みながら周回を重ねていった。
10周目を超えた辺りからだろう。徐々にライディングのリズムをつかみ始め、イメージ通りの走りになる場面もチラホラ出た。
膝の爆弾が気になりつつも、ジャンプセクションも積極的にアクセルを開けていくようになった。

「これはまずい。今、俺、調子コイてる。」

まさに、前十字靭帯を断裂したあの時と、同じ精神状態だった。
己の力量を量り間違え、リスク管理を怠り、根拠の無い走りに没頭し、そして沈没する。

また、同じ過ちを繰り返すのか?

e0159646_4211247.jpg


いや、違う。『同じ過ち』は繰り返さない。あの時とは違う。リスク管理を怠り、根拠の無い走りに没頭しても、己の力量はしっかりと把握している。出来るはずの無い走りが、出来るとは思っていないし、出来るようになるとさえも、思っていない。

2周ずつ休むのが、何よりの証拠。解っている。自分の器くらい、解っている。。。

========

2周を走り終え、そそくさと河原を後にする。

今日は風が無い。フロントのダンパーも少し硬くしたから、先週よりも最高速が出せるかもしれない。先週は風の影響とフロントの挙動から、120kmをマークした所で諦めた。アクセル開度はまだあと『2%』くらいは残されていたから、125kmか、はたまた130kmは出るかもしれない。

アクセルを開け、快音を轟かせながらマシンをグングン加速させる。

100、、、110、、、115、、、

いよいよ、120の壁を越える時がきた。

、、、118、、、、119、、、、120、、、、

よし。120に到達した。フロントも安定している。まだ出せる。しかも、残りの2%を残してもなお、まだまだマシンは加速している。

、、、、121、、、、122、、、、

『tm125』
なんて底知れないマシンなんだ。リアに52丁というスプロケットを装備し、どうしてこれほどまでの速度が出せるというのか。エンジンは、クランクは一体どこまで回るというのか?『レッドゾーン』という概念は、果たして存在するのか?

見たい。聞きたい。感じたい。オマエの最高の咆哮を。陶酔させてくれ。官能に満ちたその声で。
この、、、、残された、、、、『2%』を、、、、


「放つ!」





by tm144en | 2017-05-23 04:41 | tm125EN | Comments(0)
2017年 05月 21日

【tm125EN】(第6回)河原イディング!

e0159646_538659.jpg


あ〜〜よっしゃイくぜ〜〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+


by tm144en | 2017-05-21 05:39 | tm125EN | Comments(0)
2017年 05月 20日

大量出費(その1)〜シャーゼー〜

e0159646_7215279.jpg


きやがったな〜!シャーゼー!

全部で6枚!合計26400円!!

内訳は、

軽トラ:4000円
K1、DB7、チャレンジ:各6000円
tm:2400円
バンバン:2000円

となってます。
2輪が値上げになったのが、地味に効いてますねぇ(痛)もはや軽トラの方が安い(笑)

まぁ、乗用車1台持つよりはまだまだ安いですけどねー☆


by tm144en | 2017-05-20 07:27 | Comments(2)