<   2016年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 30日

【DB7】フロントフォークダンパーシム分解清掃

e0159646_4511795.jpg


さて、お掃除します。
ついこの間やったばかりではあるのですが、せっかくですので。

e0159646_4522518.jpg


いつか、このリーフスプリングを完全理解してみたいのですが、システムがねぇ〜。
何かこう、うまい具合に計測出来る装置のような物を作る事が出来たら良いのですが。

つまり、リーフスプリングを1枚変更する毎に、その変化を見ていくというような物ですが、高速側の制御であるリーフスプリングでそれをやる場合、『速さ』の概念を取り入れなければなりません。
「この位の力でこの位の速さに対して、この位の抵抗」

今頭にあるザックリとしたイメージでは、鉄球のような物を鎖でダンパーのロッド(リーフスプリングを注射器状にする)と繋ぎ、台の上から鉄球を落としてロッドの移動量を見るといった感じです。
リーフスプリングに与える負荷を一定にする事で、ロッドの移動量から変化値を読み取っていく事が出来ると思うのですが。。。

まぁ、そんな単純ではないかも知れませんが。。。

e0159646_572140.jpg


そんな事よりも、

e0159646_574578.jpg


前回、汚れをキチンと掃除しきれてなかったようですね。
いや、やはりこれは超音波洗浄じゃなきゃダメなのか!?

だが、そんなものは無いので普通に磨いて

e0159646_585386.jpg


密封保存。
たったこれだけのパーツ磨くだけで、2時間近くかかってしまいましたね。
そうですね。シムが『たったの』22枚ですから。。。

by tm144en | 2016-03-30 05:13 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2016年 03月 29日

【DB7】再コーティング

東洋硬化さんから連絡がありました。
やはり、再計測した結果部分的に0.02mm太い部分が確認出来たそうです。
これは東洋硬化さんのミスなのだそうで、再度コーティングをし直すとの事。
0.02mm程度であれば、研磨でいけるのではないか?と提案しましたが、それはできないのだとか。

たかだか100分の2ミリの誤差に難癖つけてる自分が心苦しいという思いがある反面、とはいえその0.02mmが致命傷になってしまっているのだから致し方ないという風にも思う訳で。

オーリンズに限ったことではないのかも知れませんが、今後またインナーチューブのコーティングをお願いする場合、寸法の厳密性を主張するようにしたほうが良いのかも知れませんね。

何はともあれ、また2.3週間程待てばピカピカのフォークが到着するのであろう。

by tm144en | 2016-03-29 02:52 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2016年 03月 27日

【DB7】フロントフォークもう一つのワナ

話がややこしくなってしまうので、前回は書かなかった問題が実はもう一つあります。
それは、『スライドメタル』に関して。

今回新品のスライドメタルに交換するにあたって、スパイラルスピナーさんから並行輸入で購入した物を使用したのですが、この4箇所ある内の1個の内径が小さ過ぎてインナーチューブが入らなかったのです。
動きがキツイというレベルではなく、完全に入らない。

品番などの間違いがないかは確認しましたが、ありませんでした。

つまり、ちゃんと通る方のスライドメタルで、2本のインナーチューブを通してみると、片方の滑りが悪いのが発覚。

さらに、ちゃんと通らない方のスライドメタルで、細い方のインナーチューブを通してみるもやはり通らず、といった状況なのです。
ホント、最初訳がわからなくなりましたよ笑

これに関しては不良品だった事が考えられますが、まぁ並行輸入品ですし、たかだが1000円かそこらの物ですからいちいち文句を言う程のものでもありません。
くだらないクレームをつけて、スパイラルスピナーさんのヤル気を削いでしまうのは、巡り巡って自分への打撃になってしまいますからね。

インナーチューブの方は70000払ってますから、ちゃんとやって貰いますよ!

---------というわけで、

e0159646_98433.jpg


再購入。
在庫があったので、3日で届きました☆

っつっても、インナーチューブが無いのですが。。。

余談

ふと思ったのですが、『緯度』は関係無いでしょうか、、、?
先日料理用のハカリを購入したのですが、地域ごとに設定する項目があったのです。つまり、使用する地域によってハカリの方を微調整しないと、正確な値が計測されないということ。

北海道と九州とで重さが変わるというのだったら、長さに違いが出ることだって考えられますよね。

ただまぁ今回は、2本共ではなく1本だけのお話なので、それは工場出荷時にちゃんと揃えなかったということですから、地域特性とはまた別のお話とも言えますが。。。

by tm144en | 2016-03-27 09:22 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2016年 03月 26日

北海道産豚肉

北海道産豚肉だからと言って、なにも


e0159646_1630764.jpg


形まで『北海道』にしなくても笑

しかも、ちゃんとサロマ湖っぽいのもあるし笑

by tm144en | 2016-03-26 16:31 | Comments(0)
2016年 03月 26日

失態

やらかしました。。。

仕事中、料理用の油を火にかけたまま忘れてしまいました。

蓋をしていたので火は出なかったのですが、尋常じゃない量の煙があっという間に店の中に充満。
お客さんが3組いらっしゃったのですが、スタッフ含め全員が全員咳き込むわ涙目になるわの大惨事。
私はと言えば、薪ストーブの暴発で煙に慣れていたからか、比較的平然としていることが出来たので冷静に対処することは出来ました。

当然のことながら、3組のお客さんは早々に帰ってしまいました。
不幸中の幸いと言って良いものか、健康被害を訴えられた方がいなかったのだけが救いです。(今の所)

いつもバイトちゃん達には厳しく指導しておいて、自らがとんでもないレベルの大失敗をしてしまうというみっともなさ、、、、、、


、、、、だけならばまだしも、やはりせっかく来てくれたお客さんに、とんでもなく不快な思いをさせてしまったという申し訳なさ然り、悔しさと情けなさとやり切れなさと。。。

後悔しても仕方がない。やってしまったことを嘆いても何も生まれない。
今できることは、今後2度と同じ過ちを繰り返さないようにすることだけ。

、、、、と、簡単に割り切れるものでもない。

by tm144en | 2016-03-26 03:42 | Comments(0)
2016年 03月 24日

【DB7】フロントフォーク組み立て、、、、のハズが

雪解けが進み、春の足音が聞こえ、妙にそわそわしているバイク乗りの方は多いことでしょう。

「もう乗った!?」なんて会話が、そこかしこから聞こえてきそうです。


アレ!?乗れるバイク無いじゃん!!

e0159646_4161824.jpg


組まねば〜!早急に組まねば〜!!

ーーーーという事でまずは、

e0159646_4211056.jpg


ダンパーカートリッヂの外れちゃったキャップから。
ダンパーカートリッヂの取り外しの際、このキャップ部分に工具を引っかけて回すのですが、キャップも正ネジなのでカートリッヂじゃなくキャップだけが外れちゃったのです。

フォークご自身で分解される方は、お気をつけ下さいねー!
これ外れちゃったら、ボトムクランプ外さないと外せないですよー!

ーーーそんな訳で、

e0159646_4234616.jpg


ネジロック剤をしっかり塗って、

e0159646_4242344.jpg


例のダンパーカートリッヂクランプでしっかり掴んで、締め込みます。
これ、結果的に買って良かったんですが、どうも釈然としませんね。

カートリッヂの次は、

e0159646_4265286.jpg


スライドメタルを取り付けます。

本当はボトムクランプを先にやろうと思ってたのですが、なんか見えない力によって気がつけばスライドメタルの方に取りかかってた訳で、、、


e0159646_4292347.jpg


アウターチューブをしっかり暖めます。
外す時は自作工具を使用しましたが、入れるときはベアリングと同じで温度差で入るかな〜と思ったのですが、どうやらそれでは入りません。

e0159646_431636.jpg


32mmのインパクト用ソケットを使いました。
外す時に使用したアルミのカラーでは、スライドメタルより僅かに小さかったのです。
スライドメタルは、円では無く『C字』になっており、はまっている状態の時よりも外径が少し大きくなります。
外す時に充分だったカラーの外径では、開いたスライドメタルに対しては小さくなってしまうんですね。
(逆に、外す時は32mmのソケットじゃぁ入らない。)

e0159646_4351331.jpg


工具を使用して入れますが、アウターもちゃんと暖めます。

4つのスライドメタルを全て取り付け、

e0159646_43669.jpg


早速フォークオイルを塗って、クロムナイトライドホヤホヤのインナーチューブを差し込んでみると、、、

アレッ!?

片っぽ、おかしいヨ!?!?

入るには入る。

だが、

e0159646_4382716.jpg


抵抗がキツ過ぎて、自重では途中で止まってしまいます。
勿論、もう片方は自重で「ストン」と下まで落ちます。

え!?なんか、スライドメタルおかしな事した!?

そう思い、それぞれを入れ替えてやってみると、、、、

え!?

おかしいのは、、、、
インナーチューブの方、、、?

まさか。

だって、これは東洋硬化さんがちゃんとコーティングしてくれた物ですし、仕上がり表でも寸法を確認しましたから。。。

。。。

。。。

。。。

。。。

。。。

。。。

だが、しかし、、、

目の前の現実が、インナーチューブの非を証明している。。。

チョトマテチョトマテオニイサン

よし、ちょっと計ってみよう。

e0159646_4453541.jpg


マイクロメーターで、数十箇所のポイントを、何度も何度も計測した結果、、、

太さに平均0.03mmの違いがあることが判明しました。

ちなみに、東洋硬化さんの採寸表には、、、

e0159646_16355934.jpg


となっています。
まぁ、勿論、私の測定技術含め、測定器の精度もありますから、一概に「違うじゃネーカ!」と言える物ではありませんが、、、、

しかし、、、

実際にアウターチューブに対しての動きが悪い

と言う現実があるので、結果論としても0.03mm程度の仕上がりの誤差があることは間違い無いと考えて良いでしょう。

ーーーーーという訳で、その旨を東洋硬化さんに伝えた所、衝撃の返答が!

「出荷時に、0.02mmの太さの違いは確認してました」

え、、、マジスカ(汗)

でも、採寸表にはその様な記載は、、、マァ、あんなの手書きですから、、、マァ、、、ソノ、、、アレデスヨネ。。。

==========

実際問題として、インナーチューブの仕上がり交差が±0.02mm程度は許容範囲なのかも知れません。もしかすると、他社製のフォークなら問題無いのかも知れません。

しかし、オーリンズはアウターチューブ側にスライドメタルが取り付けられた特殊な造りをしています。
それが故、たった100分の2ミリの誤差でさえ、許容出来なかったと言えるのかも知れません。

この件に関しては、目くじらを立てて「ドウシテクレンダー!」と言えるような事ではありません。
インナーチューブが傷だらけになって帰ってきたというならまだしも、たかだか0.02mmの誤差、しかもそれは『コーティングの厚み』がですから、それが技術的にどれほど難しい大変な事かは、想像に難く無いでしょう。
勿論、それをも凌駕して「ビシッ!」と決めてくるのがプロの仕事とも言えますが、機械加工に公差はつきものなのもまた事実。

つまり、今回の問題点は

「ボクの要求レベルが高すぎてスミマセ〜ン」

という事になるのでしょう。。。。

、、、アレ?皮肉?


、、、、そんな訳で、

e0159646_572780.jpg



行ってらっしゃ〜い☆

by tm144en | 2016-03-24 05:06 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
2016年 03月 23日

地球チョコ④

さて、地球の絵を描く為にテンパリングしたチョコレートに着色を施すのですが、

e0159646_5214858.jpg


チョコレートにはチョコレート用の色素というのがあります。
これらを使用します。

お絵描きをするので『パレット』が必要になるのですが、

e0159646_5204967.jpg


マフィンの型が活躍しました☆
これの一箇所にチョコレートを注ぎ、まずは白色を作ります。

e0159646_5245425.jpg


『ホワイト』チョコとは名ばかりで、実際にはクリーム色をしています。
そこで、白色の色素である二酸化チタンを混ぜることで、文字どおり『ホワイトチョコ』になるのです。

この白で、雲と南極とグリーンランドを書いていきます。

e0159646_5274055.jpg


雲は、筆先でチョンチョンと叩くように、薄く塗っていきます。

e0159646_5284110.jpg


大陸線は、串の先で少しずつはみ出ないよう慎重に塗っていきます。

白が終わったら、お次は

e0159646_5295528.jpg


緑。

e0159646_5303267.jpg


それと、砂漠の部分の茶色があるので、それは赤と緑を混ぜて作ります。

e0159646_5323119.jpg


こんな感じです☆
パレット使い始めてからここまでで、約1時間。
チョコレートムース作りより、テンパリングより、本日1番神経をすり減らす行程でした(汗)

あとは、地球の地球たる色『青』です。

e0159646_5361863.jpg


青色色素だけでは、イマイチ深みに欠けるというか、色合いが気に入らなかったので、パールパウダーというのも一緒に混ぜました。

もはや、チョコなのか絵の具なのかよくわからなくなってきてますが、舐めたら正真正銘チョコレートの味しかしません(当たり前ですが)

色素の配合を整えたら、

e0159646_5401725.jpg


モールドに流し入れ、へばりつく分以外は外に出します。

冷蔵庫でしばらく固めたら、

e0159646_544660.jpg


最初に作ったアーモンドクリーム&スコーンと、チョコレートムースをそれぞれの半球に入れ、上からホワイトチョコで蓋をし、再度冷蔵庫で冷やして固めます。

固まったらモールドから取り出し、それぞれの半球の接触面に少量のチョコを塗りくっつけます。

そして完成したのが、、、

e0159646_5472133.jpg


これです。

作り始めてから、実に8時間も掛かってしまいましたが、己の意地をかけてなんとか完成させることが出来ました。

お菓子作りと言えど、それは物作りであり、ある部分ではバイクの整備にも通づるものがあります。
というよりは、極論『同じ』と言っても良いでしょう。
扱っている物や注意点が違うだけで、使ってる脳みそは一緒です。

クッキー作る程度で、「ワタシ、お菓子作りが趣味なんです〜♡」とかいう女子は、秒で返り討ちにしますから〜〜〜残念〜!!

by tm144en | 2016-03-23 05:55 | Comments(0)
2016年 03月 22日

地球チョコ③

さて、いよいよ地球チョコの核心部に突入します。
地球の外郭をなすのは、

e0159646_2365288.jpg


ホワイトチョコです。

「チョコってぇ〜、ただ溶かして型に流して固めるだけなんでしょ?」

と思っているそこのアナタ!!
当たらずも遠からずですが、『ただ溶かす』だけではダメなんですよネェ。

テンパリング

というのが必要なんです。
ではその手順を。。。

e0159646_240791.jpg


まずはチョコレートを細かく刻み、

e0159646_242232.jpg


アルミの容器に入れます。
ステンレスのボールでも良いのですが、アルミの方が熱伝導率が良いので、私はこちらの方がやり易いように思います。

これを

e0159646_2432011.jpg


50度程の湯せんにかけ、チョコレートを溶かします。

e0159646_244910.jpg


チョコレートの温度が均一に44度になるよう、静かに混ぜながらその時を待ちます。

温度計で44度を確認したら、すかさず、

e0159646_2462393.jpg


15度程の冷水に当てて冷まします。

e0159646_2473446.jpg


とはいえ、当てっぱなしでは急激に温度が下がってしまうので、当てたり出したりしながらゆっくり温度を下げます。
ここでチョコレートの温度を27.5度にします。1度でも狂うと失敗です。

27.5度を確認したら、

e0159646_2492882.jpg


31度のお湯につけ、チョコレート温度を28〜30度の間に保ちます。

これでテンパリングは終了。
型にでもなんでも流してくれ!って感じです。
もし、1番最初に溶かした時のまま固めたとすると、ベタっとしたキモチワルイ仕上がりになってしまいますし、一旦下げた時の温度が27度を切ってしまっても失敗となってしまいます。
テンパリングの温度は、チョコレートによって多少ばらつきがあるのですが、今回使用したチョコレートの場合、

溶かす温度
42〜45度

下げる温度
27〜28度

作業温度
28〜30度

と決まっています。
この温度範囲を超えると、繰り返しますが『失敗』なのです。
特に、下げる時の温度の範囲が1度しか無いので、慎重に行います。27.5度としたのはその為です。

基本的にチョコレートは湯せんによって溶かしたり冷やしたりしましたが、その水の温度を効率的に伝える為にアルミ製の容器を使用しました。
ステンレスのボールで行っていた時は、水の温度との乖離が広く、さらに余熱による温度上昇などによってなかなかテンパリングが成功しませんでした。

しかし、アルミの容器でやってみると、熱伝導率が良いので思った通りの作業ができるようになったのです。
熱伝導率。バイクでもお菓子でも料理でも、避けて通ることの出来ない命題ですなぁ〜。


ーーちなみに今回行った『テンパリング』。初めてやった時、温度管理の大変さで精神的に『テンパって』くるから『テンパリング』と、言うとか言わないとか。。。

(言わない)

by tm144en | 2016-03-22 03:06 | Comments(0)
2016年 03月 20日

オーリンズダンパーカートリッヂ脱着工具の寸法

e0159646_143656.jpg


オーリンズのダンパーカートリッヂを取り外すためには、この蓋を回す工具が必要になります。

ご要望がありましたので詳細な寸法を表記します。

========

パイプ
径=φ38.5mm
長=330mm以上


幅=8mm
高=4mm
厚=3.5mm

========

以上が実測による寸法です。
ギリギリの値なので、実際に作る場合は 少し小さめの値にした方が良いと思います。

以上ご参考まで。

by tm144en | 2016-03-20 14:10 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2016年 03月 20日

地球チョコ②

チョコレートムース作り

材料>>>

クーベルチュールスイートチョコ(カカオ58%) 120g
卵黄 40g
シロップ 45cc
ブランデー 45cc
生クリーム 180cc


e0159646_52696.jpg


チョコレートを刻んで、

e0159646_522492.jpg


50度の湯せんで溶かします。

e0159646_525736.jpg


卵黄とシロップを別のボールに入れ、

e0159646_532680.jpg


80度以上のお湯で、

e0159646_541242.jpg


湯せんにかけながら泡立てます。

e0159646_544145.jpg


卵黄に火がとおり、ねっとりしてきたらゆせんから外し、室温まで冷まします。

e0159646_552611.jpg


冷めたらブランデーを入れて混ぜます。
ブランデーは香りづけもありますが、防腐剤の役割も担ってますのでなるべく入れるようにしたほうがよいでしょう。
チョコレートムースは冷蔵庫で保管してても傷みやすいので、食べきれない分は冷凍するといいでしょう。
食べる時は冷蔵庫で解凍すれば元に戻りますし、凍ったままかぶりついても美味しいです。

ーーーーあ、まだ完成してませんが(笑)

e0159646_56072.jpg


湯せんで溶かしたチョコレートを混ぜます。

e0159646_563038.jpg


ゴムベラで底からすくい上げる様にして混ぜます。

e0159646_57474.jpg


卵黄にしっかりと火が通ってないと、ここでベタっとした仕上がりになってしまいます。

e0159646_58899.jpg


生クリームを氷水にあてながら、6〜7分立てまで泡立てます。

e0159646_59311.jpg


これで7分立て。
生クリームの泡立て方にも加減があって、例えばショートケーキの表面に塗るのは7分立てで、上にデコレーションするのは8分立てといった具合です。

e0159646_5134298.jpg


ホイップしたクリームを少しずつ加えて混ぜます。
一気に加えるとチョコレートが固まってきてしまうので、注意します。

e0159646_5144286.jpg


イイ感じに仕上がりました☆
このままでも充分美味しいのですが、、、マテマテ。

ーーーーさて、ここまで前半戦。まだ地球チョコの『地』の字も出てきてません。

それでは、その『地』の字の片鱗をお見せしましょう。

e0159646_5163957.jpg


これが『地』。

チョコレート用モールド。いわゆる『型』です。
直径7cmの半球が取れる型になっています。

ポリカーボネート製でかなり頑丈な造りをしています。

ただ、このままでは『地』であって、『地球』ではありません。
これを『地球』にするために、、、、

e0159646_522078.jpg


こうなるんですねー。

e0159646_5223099.jpg


モールドの表面部分にマジックで、緻密に地球の絵を描きます。
緯度線と経度線を描き、それを目安にフリーハンドで地球儀を見ながら大陸線を引いていくのです。
そして、海の部分を黒く塗りつぶしました。

今回の地球チョコの完成度を左右する部分なので、ここに1番根気を使いましたね。

ちなみにモールドは、

e0159646_527230.jpg


こうなってます。
6個口から2個『切り取った』状態。

e0159646_5275895.jpg


とはいえ、そこは文字どおり『切り取った』。

ドリルでガイド穴を開け、リューターで切り取りましたが、どうしてもリューターの刃が届かない場所があったので、そこはドリルで根気よく削りました。

本業のパティシテ(チョコレート職人はショコラティエ)とはいえ、さすがにこれは専門外でしょうね(笑)
バイク整備のスキルと、お菓子作りのスキルがイイ感じに化学反応しました☆


さーて、これで『地球』が完成。
あとはこれを『チョコ』にすればよいのですが、、、続きはまた明日☆

by tm144en | 2016-03-20 05:33 | Comments(0)