<   2015年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 29日

人の為は偽?

せっかく来てくれたお客さんには、少しでも喜んで貰いたい。払ってくれたお金以上の『価値』を提供したいと、切に思っている。
だからこそ手は抜きたくないし、より良い店づくりの為、日夜腐心している。

とはいうものの、私の信念など大した事は無い。心は非常に弱く、そして脆い。
『お客さんの為』という大義名分の下、なんとなくそれらしい事はしているが、結果に繋がっているかと言えばそうは言い切れない。

暇な日は良い。心に余裕があるから、落ち着いた仕事が出来る。細心の注意を払って仕事に取り組める。
だが、ひとたび忙しくなってしまえば、それはそれは見るも無残である。『払ってくれたお金以上の価値』どころか、デフォルトを遂行する事すら危うい。

しかし、困った事に『手は抜きたくない』という感情だけは一丁前なので、色々な所で歪みが生じてしまう。
結果、バイトに当たり散らしたり、物に当たり散らしたり、それはもはや地獄絵図である。

『手を抜く=お客さん喜ばない』という幻想に取り憑かれていると言える。
全体の調和を考え、抜ける手は抜くべきなのだ。それは結果的にお客さんの為となる。

つまり、私は『お客さんの為』になんか働いていないのだ。
『お客さんの為に手を抜かない自分』に酔っているだけ。

本当の意味での『お客さんの為』とは、感情論や根性論では無い。

一つの店としてしっかりと利益を追求し、スタッフの教育を始め、魅力的なメニューやサービスを確立し、永続的な営業をすることこそが、結果的に『お客さんの為』へと繋がる。
即ち『自己の確立』。『自分の為』に尽力する事がまず先決であり、その結果がお客さんに良い影響を与えるようであれば、それが正解なのだ。

自己の確立もせずに「お客さんの為だ」とのたまっても、それはただの自己愛に過ぎない。
表向きはかっこいいが、中身の無い『偽物』である。




気が狂う程忙しかった今日、自分の底を知り、ただただ落ち込むのであった。。。

by tm144en | 2015-11-29 07:29 | Comments(2)
2015年 11月 28日

浅田真央、、、からのスルツカヤ、、、からのコーエン



このCM面白い!
なにがって、浅田真央が演ずることで、ワイヤーアクションに違和感が無くなるのが凄い!
この人間離れした動きに説得力を持たせる浅田真央は、やっぱスゲー。
演技力磨いたら、アクション女優とかよさそう。栗山千明的な。

ーーーーー15歳位の頃の浅田真央が、個人的には好きでした。
実際は違うかも知れませんが、無邪気にスケートを楽しんでる感じが観ていて心地よかったです。

ところが、オリンピック出れる歳になり、キム・ヨナが出てきて、テレビの露出が増えて、○○の一つ覚えみたいに『トリプルアクセル、トリプルアクセル』言われるようになってから、なんかあの頃の無邪気さが無くなってしまったように感じます。
彼女的にも、歳を重ね、アスリートとしての責任感や重圧などあるでしょうから、そら『無邪気』とは程遠い所にいるのは仕方のないことですが。

トリノオリンピックの頃のフィギュアは結構はまって観てましたね。
私はロシアのイリーナスルツカヤ推しでした。
金メダルの有力候補だったイリーナスルツカヤ選手。年齢的にも彼女にとって最後のオリンピック。ロシアの妖精と言えど、緊張していたのでしょう。フリーの演技に、私はどこかぎこちなさを感じました。ジャンプの着地の度にヒヤヒヤする感覚。

その時点で、荒川静香選手が暫定1位にいたので、イリーナスルツカヤ選手が金メダルを獲る為には、完璧な演技をする必要がありました。
そして、演技も終盤。その不安は現実となります。演技開始から2分56秒、ちょうど曲調の変わるタイミングでした。ジャンプの着地で惜しくも転倒してしまったのです。その瞬間、金メダルの可能性は途絶えました。それは彼女は勿論、会場中、いや世界中のファンがそう感じたでしょう。

「ああ!イリーナスルツカヤ!かわいそう!!」

転倒してもすぐに立ち上がり、演技を続けるイリーナスルツカヤ。その姿に、会場中が拍手を送っていました。
その拍手を受け吹っ切れたのか、彼女の表情から先程までの緊張感が無くなり、満面の笑みでスケートを滑る彼女がいました。変わった曲調がより一層、吹っ切れた彼女を応援してるかの様でとても印象的でした。
転倒してから1分程の演技時間でしたが、彼女はトリノの舞台を精一杯全身で楽しんでいたように感じます。

結果は銅メダル。悲願の金メダルに手は届きませんでしたが、私の心には彼女の笑顔が今でも焼き付いています。

(※トリノオリンピックのものではありませんが、同じ演技です)



余談

その当時流行った荒川静香の『イナバウアー』。
トリノオリンピックのエキシビジョンで、サーシャコーエンもやっていたのですが。。。

1:15辺り


ちなみにあの技は、背中を反らす技ではなく、つま先を180度開く技なのである。

by tm144en | 2015-11-28 05:34 | Comments(0)
2015年 11月 27日

【K1】ミッション、クラッチケース、デフ、スイングアーム塗装後、グーグル翻訳について

e0159646_37786.jpg


はい。ついに冬がやってまいりました☆
雪が積もるまではアンニュイな気分でしたが、積もってしまえば今度はハイテンションになります。

まぁ、雪かき地獄が待ってるんですが(笑)

ーーーさて、

e0159646_3103956.jpg


昨年塗装した、ミッション、クラッチのケースやデファレンシャルケースにスイングアーム。
エンジンパーツの入荷待ちの間、こちらの方を組み立てていくことにします。

とりあえず、マスキングしたままだったので、テープを剥がしていったのですが、

e0159646_313452.jpg


もう、ネチョ〜ンとしちゃってて、剥がすのに苦労しました(汗)

塗装は、耐熱塗装を施したので本当は200度に1度熱して塗料を安定させなければいけないのですが、1年以上放置してましたから、もう十分密着したでしょう?、、、うん。したでしょう。


そんなケース類を組み立てていくにあたって、サービスマニュアルの解読作業も行わなければいけない訳ですが、実はとても素晴らしいアプリがあることを発見しました。

グーグル翻訳のアプリなのですが、カメラで撮影したテキストを読み込んで翻訳してくれるというスグレモノなのです☆☆☆☆☆

なので、プリントアウトしたサービスマニュアルを、タブレットのカメラで撮影すれば、そこに書いてある内容を翻訳してくれるって訳です。
もしくは、PDFの状態のマニュアルをスクリーンキャプチャし、それを読み込ませて翻訳することも可能なのです。

e0159646_320280.jpg


スクリーンキャプチャしたページをアプリに読み込ませると、テキスト部分を認識します。

e0159646_32161.jpg


翻訳してほしい部分をタップすると、上の方に直訳が表示されます。


こーれーはーすーぐーれーもーのーーーーーーー
\(^o^)/


これでドイツ語もペラペーラだぜい!

by tm144en | 2015-11-27 03:25 | BMW K1 | Comments(2)
2015年 11月 26日

【K1】プロペラシャフト取り外し

e0159646_025958.jpg


さて、私のK1のプロペラシャフトですが、

e0159646_0253021.jpg


このジョイント部分が破損しています。
このプロペラシャフトは、ミッションからの回転運動をデファレンシャルに伝えつつ、スイングアームの上下動(回転運動)に追従する必要があるので、このような構造になっています。

e0159646_6444395.jpg


破損原因は、プロペラシャフトの軸とスイングアームの軸との『ズレ』が原因だと考えられます。
分解の際、プロペラシャフトがちゃんと取り付けられていない状態でした。

このプロペラシャフト。純正の新品だと80000円程するので、ヤフオクで中古を探したところ、

e0159646_0262637.jpg


K100RS4V様のミッション一式を10000円程でゲット出来ました☆
k1はタマ数が少ないですが、K100RSはそこそこあるので、共通部品が多いのは助かります。

ただし、『まとも』かどうかは、開けてからのお楽しみですが、、、


e0159646_026529.jpg


おそるおそる分解を開始します。
まずは、デファレンシャルを外す為、横のロックナットを外し、

e0159646_0283754.jpg


イモネジの様なボルトを外します。

e0159646_029247.jpg


貫通シャフトではなく、両サイドから軸を支持しているのですね。

そして、反対側は、

e0159646_0292943.jpg


ロックナットが無い為、ネジロック材が使用されていました。
ヒートガンで熱しながら回します。

e0159646_0304093.jpg


無事、脱☆

お次は、

e0159646_0311750.jpg


スイングアームピボット部分。
横の『蓋』の部分の3本のボルトを外し、

e0159646_0313862.jpg


DB7のリアダンパーで製作した引き抜き工具で蓋を引き抜くと、それがそのままピボットの支持シャフトの片側になっていました。

e0159646_0315920.jpg


その反対側は、ロックナットとイモネジバージョン。

それらを外すと、

e0159646_0322295.jpg


プロペラシャフトを残し、スイングアームが外れてきます。

e0159646_0324412.jpg


早速動きを確認しましたが、まったく異常なし☆☆☆☆
ひとまず安心♪

さて、これの取り外しですが、強い力で引っ張ると、引っこ抜けるのですが、普通に手で引っ張っても抜けてきません。

そこで、タイヤレバーなどを使用して、あおって外す場合があるのですが、

e0159646_033357.jpg


その痕跡が残っていました。

e0159646_0332943.jpg


以前プロペラシャフトを外しているという証拠です。
つまり、ここまで分解しているということですから、プロペラシャフトそのものを交換したか、あるいはクラッチ、ミッションに手が入っている可能性もありますね。

ちなみに、今回はミッションから外れている状態ですので、

e0159646_0335477.jpg


プロペラシャフトを手で持ち、ミッションをゴムハンマーで叩いて外すという荒行を行いました(笑)
う〜ん。スマートじゃないなぁ〜。。。

そんなこんなで、

e0159646_0341251.jpg


摘出に成功☆

by tm144en | 2015-11-26 00:35 | BMW K1 | Comments(0)
2015年 11月 25日

またしても、、、

またしても、フリーズ_| ̄|○

また明日。。。

by tm144en | 2015-11-25 03:13 | Comments(2)
2015年 11月 24日

【K1】バルブステムシール挿入考察

e0159646_6291546.jpg


さて〜、そろそろK1プロジェクトを再開させますか〜、、、、

と、思ったのも束の間

新しいバルブステムシールとベースガスケットを発注してなかったので、まずはそこからとなりました。
つまり、エンジンは組めないということです。

部品だけでも頼んでおけば良かったのに〜、、、とは思いますが、なんと言いますか、そういう性格じゃないんですよねぇ。ノってる時じゃないと腰が重いというか、まぁ悪く言えば計画性が無いだけですが。。。。

とはいえ、サービスマニュアルの解読もありますし、作業が進まないとは言っても、何もすることが無い訳でもありませんから、ボチボチやっていきますよ。

まずは、バルブステムシールの挿入方法から。

e0159646_6364725.jpg


バルブガイドにバルブを通した状態で、バルブステムシールをステムシャフトに通す訳ですが、この時シャフトの角でシールに傷をつけないよう保護をする必要があります。

フォークシールなんかでは、薄いビニールを被せたりしてやりますし、フサベルの時もビニールを被せてやったように記憶しています。
専用のカバーもありますが、ここはひとつ次の手法でやってみることにしました。

e0159646_640263.jpg


熱収縮チューブです。
これを被せて、ドライヤーで熱すると、

e0159646_6412895.jpg


この様に、◯◯の◯◯◯みたいな状態になります。
これにオイルを塗ってゴム、、、あ、いやシールを被せると、

e0159646_643055.jpg


スルンと入れることが出来ました。
うん。この作戦でバッチリでしょう☆

あ、、、早く作業したい!

あ、部品が無い!!

あ〜んもう!!!

by tm144en | 2015-11-24 06:46 | BMW K1 | Comments(0)
2015年 11月 22日

サブガレージ屋根補修

先日パワーアップしたサブガレージですが、実はまだ欠点がありました。

e0159646_15181668.jpg


本ガレージ側との接触部分には何もしていない状態でしたので、雨がダダ漏れだったのです。
そこで、初冠雪間近となった今日、その処置を施すことにしたのであります。

本当は、ラストツーリングに行きたかったのですが。。。

さて、そんな訳で、ホーマックで材料を用意。

e0159646_1523644.jpg


ウレタンコーティングされたコンパネで窓枠を覆い、ワンバイ材で屋根と壁との接触部分を押さえて固定します。


e0159646_15283014.jpg


ワンバイ材を塗装し、隙間をコーキングで埋めて完成。
壁はデコボコしてるので、その部分もしっかり埋めました。

借家なのに大丈夫か…?笑

まぁ、お金が貯まったらいずれ買い取りたいと考えているので、オッケーでしょ☆
今のこの環境を超えるガレージなんて、この値段ではなかなか無いですからねぇ。

バイクに関する事は勿論ですが、こういった家にまつわる補修なんかもコツコツやってるのは、結構楽しいですね??
まぁ、バイクほどクオリティの高い作業はしてませんが。というか殆どやっつけですが苦笑


ーーーーちなみに、私の祖父も家いじりが好きで、住んでた家は基礎工事以外全て自分で組み上げる程のエンスーぶりだったそうです。
曽祖父が有名な大工さんだったらしく、その影響があったのでしょう。
ただ、あくまで素人なので、あちこちガタのある家ではありましたが、それでもちゃんと何十年も住んでましたから、たいしたもんです。

そんな祖父は、屋上の空きスペースに屋根を付けて、部屋を作るということもしてました。

なんだか、発想がおんなじなんですけど笑

by tm144en | 2015-11-22 15:37 | Comments(2)
2015年 11月 20日

【K1】サービスマニュアルその後

e0159646_1493432.jpg


地味作業。。。

ちゃんと綴じとかないと、バラバラになってわけわからなくなってしまいますからねぇ。

ただ注意すべきは、私の性格上こういうのは形を作り終えた段階で満足し、飽きてしまうということ。過去そういうことが幾度となく繰り返されてきました。
形から入るのは良いとしても、形だけで終わってしまって本末転倒。

まぁ、今回のマニュアルの場合は、これがなきゃK1を組み上げることが出来ない訳ですから、そういうことにはならないとは思いますが、、、

by tm144en | 2015-11-20 14:13 | BMW K1 | Comments(0)
2015年 11月 19日

【K1】サービスマニュアル

e0159646_703183.jpg


ジャジャ〜〜ん!!

K1のサービスマニュアルだぜ〜☆
総ページ数428ページ!全てプリントアウトしました\(^o^)/

ネット上でゲット出来るK1のマニュアルは、おそらくこのPDFファイルの物しかなく、実物のマニュアルをコピーしたものをPDFにしたものなので、コピペ出来ないんですよね〜。

なので、翻訳作業を行うにあたってプリントアウトしてあった方がやりやすいのですが、、、

e0159646_751081.jpg


その厚さ、ティッシュに匹敵((((;゚Д゚)))))))

しかも、言語は勿論超難解なドイツ語です。

そもそも、ドイツ語が難解というのもありますが、それは英語だって私にとっては難解。
ただ、普段使っているバイクの用語は『ブレーキ』だったり、『クラッチ』だったりと英語が殆どなので、文章の意味がわからなくても、どの部分の事を言っているのかはなんとなくわかります。フサベルのマニュアルが全部英語でしたが、多少の翻訳で大体なんとかはなりました。

が、しかーし!!

ドイツ語はそうはいきません。
それは、目次を見ていただければ一目瞭然。。。

e0159646_7105566.jpg


11の『motor』はエンジンのことだなぁ〜とは判りますが、それ以外は全く理解不能。

さらには、フォントに無い文字も存在するので、翻訳ソフトに打ち込むことすら出来ないという事も。

、、、、ああぁ〜。。。K1は、完成するのだろうかぁ。。。

by tm144en | 2015-11-19 07:16 | BMW K1 | Comments(2)
2015年 11月 17日

こなくそ

日々の生活、仕事に飲み込まれそうになった時に、オフロードで培ってきたいざという時の

「こぉなぁくぅそぉ〜〜!!」

の精神力を発揮すると、なんでも乗り越えられるということを知りました。
単なる遊びであったはずのバイク。その経験は、確実に私という人間の『糧』となっています。

やるべきことをやるために、諦めなければいけないモノ。
成すべきことを成すために、犠牲にしなければいけないモノ。

その『モノ』を思った時、「こなくそ」と叫べば、道が拓けるのです。

by tm144en | 2015-11-17 14:02 | Comments(0)