<   2015年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 30日

サブガレージ屋根補修

さて、屋根板を塗装し、乾いたところで、

e0159646_6155532.jpg


このシートをかぶせる作戦だったんですが、、、

雨が
オレ、ハレオトコノハズナノニ、、、

う〜ん、どうしたものか。。。

屋根板だけの状態では、雨通し放題ですし塗装も当然乾きません。

仕事までのタイムリミットがあるので、雨が止んで乾くのを待つ時間もありません。

う〜ん、こうなったら、、、

やっちゃえ!

e0159646_6223997.jpg


全く乾いてない状態でしたが、シートをかぶせちゃいました。
なんか、全く根拠はありませんが、塗料が接着剤の役割を果たして、シートをイイ感じに屋根板と密着させてくれるような気がしたのです。

いや、まぁ、それくらいの希望的観測がないと、やってられなかったですね、はい。

とはいえ、新品のシートは折り目も残っており、屋根板にピッタリと密着しませんでしたが、それが逆に塗料とシートとの間に空間を作ることになるので、塗料の乾燥を促すことになるでしょう。

e0159646_6291432.jpg


悪戦苦闘を経て、なんとかここまでたどり着きました。
2時に仕事が終わって、かれこれ8時間。平日なのに、なぜこのタイミングでやらなければならなかったのか?笑
たまーにあるんですよね。突如、何かを衝動的に成し遂げたくなる事が。
まぁ、そういう時は往々にしてあまり良い結果を生まないのですが。。。

先日の話にも通じますが、今回のケースは『やってみる』が暴走したパターンですね(笑)

ーーーー諸々の作業も終わり、帰り支度をしていると、、、


e0159646_6375095.jpg


空も晴れわたってきましたとさ。

。。。

。。。

。。。

伝説の晴れ男。ズレ始めるの巻(´・Д・)」

by tm144en | 2015-10-30 06:39 | Comments(0)
2015年 10月 29日

サブガレージ塗装

e0159646_883010.jpg


補強に使用した鉄パイプ。そのままでは錆びてしまいますので、塗装します。

e0159646_892763.jpg

e0159646_895427.jpg


なっかなか大変な作業でした(泣)
かなりの本数ありますし、ほとんどが高い位置にありますから。

だがしかし!久しぶりに『ゾーン』に入ってしまったので、黙々と作業を続けます。

e0159646_8121754.jpg


屋根を直します。

e0159646_8124573.jpg


ブルーシートを幾重にも重ねているのですが、継ぎ目から雨水が漏れていました。

屋根板が腐ってしまうと大変なので、今のうちに補修しておきます。

e0159646_8153499.jpg


塗りまっせ〜!

e0159646_816265.jpg


ん〜〜なかなかイイね☆

でも、まだまだ終わらんよ〜〜!

e0159646_8172160.jpg


周りも、

e0159646_8174772.jpg


柱も、全部塗ったったー\(^o^)/

作業時間5時間!5リットルのペンキ、全部使い切りました\(^o^)/


そして、、、


雨が降ってきましたー\(^o^)/

by tm144en | 2015-10-29 08:19 | Comments(0)
2015年 10月 27日

サブガレージ補強

e0159646_859471.jpg


さて、昨年雪の重みに耐える為に、鉄パイプでトラスフレームを組んで補強した自作サブガレージ。とりあえずワンシーズンは無事に越える事が出来ました。
ところが、そのパイプは木の柱や梁にネジで固定しているのですが、そのネジが鉄パイプの応力で折れてしまい所々外れていたのでした。

さらに、トラスフレームの組み方も逆なので、強度的にも弱いのも心残りです。
とはいえ、サンバー丸を入れる都合上補強フレームの入れ方にも制約があります。

ただ、よくよく考えてみると、荷台の部分は車高が低いわけですから、補強フレームも結構ギリギリまでいけることに気がつきました。

要するに、

e0159646_9111327.jpg


こういうことですね。

e0159646_9193141.jpg


45度で2本にしているので、理想的な構造になっていますね。
ガレージ空間としては、頭上に気をつけなければならず、かなり使いづらい所ではあるのですが、とにかく真冬の雪の重みに耐えきる事を最重要課題としているので、なりふりかまっていられません。

e0159646_9154366.jpg

キャビンが入る部分はこのようになっています。
ここまでの角度をつけてしまったら、補強フレームとしては殆ど機能してはいませんが、それでも無いよりはマシであろうというレベルです。
なのでその分を補うつもりで、

e0159646_918584.jpg


梁の補強も増やしました。
これだってどれほどの効果があるかと言えば、それはほんのわずかかもしれませんが、それでも無いよりはマシでしょう。

もちろん、一番良いのは柱の数だけ丈夫な梁を渡す事ですが、そんなのまともに買ったらそれだけで数万円はかかってしまいますし、いざつけるとしても1人では無理ですから、現実的ではありません。

この鉄パイプはバイクの梱包で使われていたものを頂いてきたものなので、元手はタダ。
今回固定のネジをもっと太い物に変えたので、それが数千円はしましたが、かかった費用はそれだけです。
お金をかければ良いものなんていくらでも作れますが、限られた費用の中でいかにアイデアを凝らして形にしていくか、という部分も遊びの楽しさの1つの要素と言えますよね。
人に迷惑を掛けたり危険なことであれば、自重しなければいけない部分も多々ありますが、そんな制約の中でもとにかくなんでも『やってみる』というのは、人生を豊かにする為には凄く重要な事だと私は考えます。

ともすれば、人に任せて人のせいというのが当たり前の世の中になっていますが、自分の事は自分でするという大前提を、今一度考え直す事が必要なのかもしれませんね。
まぁ、忙しくてなかなか時間が作れないというのもあるでしょうが、そもそもその忙しさとは、人に任せたことに対して払う賃金を稼ぐ為のものなのであれば、その分を自分でやれば良いですよね。

勿論、『プロの仕事』というのはありますが、それをどこで線引きするか、というのは色々自分でやる事で初めて見えてくるものなので、そういう意味でもまずは『やってみる』から始める必要があるのです。

まぁ、人に任せるという事はややもすれば経済効果を生んでいるわけですから、豊かな社会作りという観点で考えれば、自分の時間をすり減らしたくさん仕事をして、人任せの生活を構築していくことにあると言えるでしょう。

(ここで言う『人任せ』というのは、コンビニの弁当を食べることも含まれます。ご飯を作る事を人に任せているわけですから。)

『社会』の豊かさを求めるのか、『個』の豊かさを求めるのか。
とはいえ、ある程度の社会の豊かさの上で個の豊かさが成り立つわけですから、やはりそのバランスが重要なのでしょう。

そう、何事も『バランス』が重要。
白か黒ではなく、どれ位の濃さの『グレー』にするのかを考える事が、もっとも重要であり難しいのです。
『白黒はっきりつける』『0か100か』と言えば聞こえは良いですが、実はそれは弱い者の逃げ口上だったのかもしれませんね。。。

by tm144en | 2015-10-27 10:07 | Comments(0)
2015年 10月 26日

e0159646_4212842.jpg

ついに、つーいーにー、市街地に雪が降ってきました。

しかし!まだやらなければならない冬の準備があるのです!

e0159646_4242275.jpg


ドバーッと諭吉が逃げていきます(´・Д・)」

ただ、今日は飲み会のご予定があるので、作業はほとんど出来ませんでした。

e0159646_42762.jpg


肉〜

1枚5000円の二クゥ(´・Д・)」

グハァ〜、腹いっぱい胸いっぱいよっぱらター(´・Д・)」

by tm144en | 2015-10-26 04:28 | Comments(0)
2015年 10月 25日

模様替え

e0159646_5513170.jpg


バイクの並べ方を変えました。
まだ稼動予定のある3台の、整備と出し入れのし易さを考えたレイアウトです。

雪が積もったら、モントークとチャレンジは隅っこに追いやられ、k1が鎮座することになると思います。
姫は、フォークとリアダンパーのオーバーホールがあり、移動不可能状態になりますから、置き場所は慎重に考えなければなりません。

個人で有するにはあまりにも広いガレージですが、その広さの分、野望や欲望も大きく深くなってしまい、結果的に有効スペースの捻出に苦労するのでした。

そういえば昔、家の前に置ききれなくなったバイクを置くために車庫を借りましたが、そうすると置き場所に余裕が出来た分マシンを増車してしまい、結局手狭になってしまったということがありました。
その為さらに車庫を増やすと、余裕が出来た分やっぱり増車してしまい、最終的には車庫3箇所にバイクが15台という事態になっていましたね。

バカ、、、、なのかな?

by tm144en | 2015-10-25 06:03 | Comments(0)
2015年 10月 23日

【モントーク】タペット音



エンジンオイル交換直後のエンジン音です。
殆どタペット音がしません。

しかしながら、これがものの1000kmも走ると、「カタカタカタカタ、、、」と音がしてきます。
だからといって『壊れる』ということにもなりませんので、なんだかんだそのまま走行しますが、3000kmがやはり限度ですね。2000km超えた所からはもう我慢比べでしかありません。

オイルの種類によっても変わってくるでしょうが、今まで使用してきた、リッター1000円〜2000円程度のオイルでは総じて同じ結果です。
20wー50指定なので、その指数で高級グレードのオイルというのも数少ないのですが、例えばリッター4000円位で本当に良いのがあったとしても、4000km以上初期状態を保てないのであれば、1000円のオイルで4回交換するのと変わりがありません。

市販のオイルで、4000kmも添加剤が保つなんてものは、、、無いでしょうね。。。

水平対向は、エンジンの音が良く聞こえるので、良いですね♪

by tm144en | 2015-10-23 04:18 | BMW R1200c モントーク | Comments(0)
2015年 10月 22日

【DB7】フォークパーツ

e0159646_437857.jpg


スパイラルスピナーさんから、ブツが届きました♫

e0159646_438155.jpg


きたー\(^o^)/

フォークシールとスライドメタルです。
シールはまだしも、スライドメタルはどうやって交換しましょうねぇ。
オーリンズは、アウターチューブ側にスライドメタルが圧入されているので、特殊工具が必要なんです。
今まで作ってきたようなチンケな工具ではありませんから、果たしてどうやって作ったものか。。。

まぁ、その辺も踏まえて色々考えるのが楽しいんですけどね☆

この冬は、フロントオーリンズの大改革ですぜ!!


、、、あ、でも、k1もねっ!

by tm144en | 2015-10-22 04:43 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2015年 10月 21日

【DB7】リアダンパー分解後の走行に関する雑感

e0159646_355081.jpg


さて、リアダンパーオーバーホール後、初の走行だったわけですが、非常に良い感触でした。
というのも、コーナリング中の安定感が増したのです。

オーバーホール前は、コーナリング中のウネリやワダチで、リアサスペンションが浮き足立つ様な感じだったのですが、それが無くなったのです。

しかし、これはオーバーホールによる効果と言うよりは、窒素ガスの圧力の問題だと考えられます。
なぜなら、オーバーホール前の段階で、4bar程しか充填されていませんでしたので、単純にダンパーが効いてなかったのでしょう。
それ故、スプリングだけの『フワンフワン』とした動きになっていた。

考えても見れば、納車直後の頃はもっと安定感があったのです。それが時と共に少しずつ窒素ガスが抜け、気がつけばコーナリングの安定感が落ちていた。
しかし、『ウネウネ』は初期の頃からありましたので、『フワンフワン』と『ウネウネ』をごっちゃに感じていたのかもしれません。
そして今回、ガスを充填したことで安定感が元に戻った。

ウェアーをアトランティス、ブーツがサンティアゴでしたので、ライディングの質は少し低かったのですが、それでもそこそこのハイペースで走れたのは、しっかり動くリアサスペンションの賜物だったと言えるでしょう。

もしかして、ダンパーにエアー噛んでるかも?という懸念がありましたが、例え噛んでいたとしてもあれ程の安定感で走れているのなら、然程問題はないと言えそうです。

よくよく考えてみれば、タイヤのエアーはこまめに点検するのですから、リアダンパーの窒素ガスももっとこまめに点検するべきでしたね。

いやぁ〜、まだまだ色々勉強することあるなぁ〜。。。

by tm144en | 2015-10-21 03:25 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2015年 10月 20日

【DB7】紅葉観に行こうようツーリング

秋だっ!

紅葉だっ!

e0159646_4353945.jpg


夕張滝上公園だっ!!

ーーーーという事で、やってきました。

札幌近郊で、紅葉と言えば夕張の滝上公園が有名です。
数年前にチャレンジで来た以来久しぶりに訪れました。

まず、なんと言っても、『千鳥ヶ滝』でしょう。

e0159646_4414066.jpg


朝早かったので、うっすら霧がかかっていて幻想的な雰囲気がありましたね。

e0159646_443546.jpg


ただ、紅葉がイマイチです。
年によって、紅葉の色づき方も様々らしく、今年はあまり綺麗ではありませんね。
e0159646_5225991.jpg



時期的には見頃のハズですが、赤みと言い黄色みと言い、なんか茶こけた感じで美しくないのばかりでした。

e0159646_5295162.jpg

そんな中でも、何とか綺麗な方です。

e0159646_5311020.jpg

空がもっと青かったら、もう少し違ったかも知れませんね。予報では晴れだったんですけどね−。

e0159646_5312551.jpg

発電所は工事が入ってて、とても見れたもんじゃ無かったです。

e0159646_5314136.jpg

やっぱ、姫の後ろ姿が一番美しい。。。


ーーーそんな訳で写欲も沸かず、早々にこの地を後にするのでした。

さてどうしたものか。綺麗な紅葉撮るモードでここまできたのに、イマイチ不発でしたから欲求不満ですね。
リアサスの調子も見たい所ですから、ここは一つ、夕張ー桂沢線を走ってかーらーの、富良野でも行ってみますか☆

ーーーーさて、今回本気写真を撮りまくるつもりで背中にデジイチを背負ってました。その為、走ってる最中にちょっとした景色を撮るというのが非常におっくうだったので、要所要所での撮影しかしませんでした。

桂沢湖も先ほどの滝上公園もそうですが、『紅葉祭り』として人を呼んでしまっているので、それが写欲をそがれる一番の原因でした。
というのも、そういう場所は車両の乗り入れが出来ませんから、バイクと一緒の写真が撮れないのです。私としては、木だけ撮ってもイマイチ面白くないというか、あくまで『バイク』が主役なのです。

なので、そういった名所ではなく、

e0159646_532211.jpg


この様に、路肩でひっそりと色づいた紅葉に心を打たれるのでした。


ーーーー富良野と言えば、いつもなら吹き上げ温泉入って来るのが私の定番中の定番でしたが、今回はちょっと趣向を変えました。。。

絶景を撮りに!


e0159646_5322153.jpg

e0159646_5323543.jpg

e0159646_5324650.jpg

e0159646_533018.jpg


もう、言葉はありません。
今回は、この画が撮れただけで満足です。

by tm144en | 2015-10-20 05:17 | BIMOTA DB7S | Comments(3)
2015年 10月 20日

【】

e0159646_04170404.jpg


by tm144en | 2015-10-20 04:18 | Comments(0)