<   2015年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

【DB7】終わらない配線

e0159646_421660.jpg

2番の線がコネクターに届かなかったので、

e0159646_4212152.jpg

継ぎ足して直したり、

e0159646_422484.jpg

ホーンの配線の、

e0159646_4222148.jpg

ここの隙間が気に入らなかったので、コーキングで埋めたり。

さて、実は車体右側の配線が殆ど手つかずだったんですが、量の割にそこそこ手こずる内容となっているのでした。
右側配線は、メーターパネル付近から車体中央に向かってホーン、オイル警告灯、フロントブレーキスイッチが通り、スイングアーム側からスピードセンサー、リアブレーキスイッチ、が車体中央に向かっています。

e0159646_4291066.jpg

スイングアーム側からの配線を決める為、仮組みします。ピボットシャフトの通りが、若干キツくなったような!?

e0159646_4292760.jpg

スピードセンサーの配線と、

e0159646_4303625.jpg

リアブレーキスイッチの配線が、クラッチカバー付近で合流するのですが、

e0159646_432366.jpg

そのそれぞれに、防水のコネクターが使用されていて、大変かさばっているのです。
配線の長さもいい加減なので、適当に束ねてあって、この部分に関しては新車の頃から気になっていました。

確かに、場所的に防水性は重視すべきではありますが、だからと言ってかさばるのは美しく無い。

そもそも、クラッチプレート丸出しにしといて、防水性もへったくれもあるかって(笑)

e0159646_43517100.jpg

6極のコネクターで纏めてしまえば、こんなにスリムに収まります。

防水処理は、コネクターごと熱収縮チューブで包んじゃえば、いいんじゃないでしょうかね?

by tm144en | 2015-02-28 04:38 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2015年 02月 27日

【DB7】通電テスター製作

さて、イジくり回してしまったキーシリンダー配線の、通電チェックを行わなければなりません。

、、、と思ったのですが、持っていたテスターの電源が入りっぱなしになっていたようで、電池切れの模様。
よしよし、じゃぁ電池を取り替えましょうと中を見てみると、、、

e0159646_3473190.jpg


ん?んん〜〜??

e0159646_3471965.jpg


単5?、、、じゃない。12Vって!?
え〜、こんなのどうすんのさー!

参ったなぁ〜。

まぁ、電流電圧を計測する訳ではなく、ただ通電してる事の確認だけなので、作ればいっか。

e0159646_350491.jpg


ガラクタBOXの中から、めぼしい物を発掘。
以前、BETAのREV3に単4電池でウィンカー配線作ろうと思って買っておいたのですが、結局日の目を見る事無くマシンを手放してしまったので、今こそ出番の時と言えるでしょう☆

e0159646_3524283.jpg


単4電池1個1.5Vなので、12Vになる8本分の電池ケースを使用します。

e0159646_3541545.jpg


転がっていた薪に固定して、

e0159646_3545798.jpg


直列に線を繋いでいきます。

e0159646_3553434.jpg


薪にウィンカーを固定したら、

e0159646_356543.jpg


はい、カンセー♪
うん!なんか、ウィンカーがそれっぽい(笑)

よしよし、それでは早速、、、

e0159646_3565161.jpg


、、、アラ!?

点かない!

え?え?なんで?ラッスンゴレライ、、、ラッスンゴレライ、、、
プラスとマイナスラッスンゴレライ
いや、ちょとまってちょとまっておニィさん、、、

、、、、あ、フサベルのインジケーターランプ発見☆

e0159646_405864.jpg


ホラホラ〜!ちゃんと点くっしょ〜!
てことは、ウィンカーが壊れてたのか?、、、と思ったのですが、試しにバイクのバッテリーに繋いでみるとちゃんと点くではありませんか!

う〜ん。。。もう、どうでも良い所で頭使わせないで!

てか、これだったら12Vにする必要無かったじゃん!

ーーーーということで、やっとこさ、

e0159646_431960.jpg


通電チェックが行えました。
全て正常に繋がっている事を確認したので、

e0159646_452170.jpg


隙間をコーキングで埋めます。

e0159646_455921.jpg


反対側の穴もコーキングで埋めました。
もちょっとちゃんとした方法にしようかとも思ったのですが、ま、いいや!

というより、このキーシリンダーの底蓋や、中の構造を見る限り、『密封』ではないんですよね。考えてみればそりゃそうだなんですが、キーの差し込み口から水が入ってしまうんですよね。
なので、キーシリンダー内に水が溜まらないよう、水抜きの通路が設けられているのです。

という観点から考えると、この部分をコーキングする必要というのは無いのではないだろうか?とも思ったりするのですが、まぁ、深い事考えるのはやめよう(笑)

by tm144en | 2015-02-27 04:11 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2015年 02月 26日

【DB7】キーシリンダー配線を解決

キーシリンダー配線を前回作り直し、直し、直しましたが、取出口を左右逆にするというひらめきを採用する事になりました。

ストーブ製作の方も程々にして、早速配線作業に取り掛かる事にします。

e0159646_7565429.jpg


まず、梅澤さんから新しい線を買ってきました。前回使ってた黒い線は以前アストロで買ったヤツだったんですが、被覆が厚くてかさばったので、被覆の薄い物を選びました。

この線は、被覆を剥くと銅線ではなく、銀色の線が出て来ます。

「え?」と思ったのですが、調べてみると、『スズメッキ軟銅線』というヤツのようです。通常の銅線のものより線が柔らかいので、細かい取り回し等に向いてそうです。

e0159646_85190.jpg

取り出しを左右逆にした状態。
私が見る限り、非常に無理無く取り回しが出来ました。完全にコッチが正解のようです。

e0159646_87535.jpg


メーターパネルとの位置関係等を何度も何度も確認しながら、配線を形作っていきます。

e0159646_892449.jpg


キーシリンダーからは6本の線が出てまして、分岐の必要が無いその内の3本をまずコネクターに繋ぎます。この3本はヒューズボックスから流れてくる電源線で、キースイッチによって残りの3本にそれぞれ繋がることになります。

e0159646_8113869.jpg


残りの3本は、それぞれ3、3、2本に分岐してコネクターに差し込むのですが、長さをしっかり合わせる為、コネクターに先に繋いだ状態にして、

e0159646_8133914.jpg


ハンダで固定します。

e0159646_8141344.jpg


合計11本の線を無理無く取り回せた事を確認し、

e0159646_8161676.jpg


チューブで覆います。

うむ。今回は大満足の出来映え!
曲がった状態の配線の長さにしっかり合わせて作ったので、どの線も無理無く繋がっています。

ちゃんと丁寧にやれば、奇麗に出来るんもんですわ!
ヨシヨシ♪

by tm144en | 2015-02-26 08:19 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2015年 02月 25日

ペール缶ストーブ製作(後半)

それでは後半。

《④煙突の取り付け》
e0159646_3273213.jpg


薪ストーブは、煙突が一番重要です。
用意したのはL字の煙突と、『丁度良い長さ』に切断した煙突。

ペール缶への取り付けは、
e0159646_3294538.jpg


ペール缶に大穴(φ105mm)を空ける必要があります。
写真の様にマーキングして空けるのですが、性格がメッチャ出てます(恥)

e0159646_332091.jpg


グラインダーで線の通りに切り開いて、この様になります。
ここに煙突を挿すって訳です。

さて、その煙突の方ですが、『丁度良い長さ』の煙突に、ちょっとばかし細工をします。

e0159646_3334118.jpg


φ10mmの穴をたくさん空けます。

本当でしたら、煙突の断面積(52.5×52.5×3.1415≒8658(mm2))に相当する穴数(8658÷5×5×3.1415≒8658÷78≒111(個))にして、煙突自体の穴は塞ぐつもりでいたのですが、111個の穴と、煙突の穴を塞ぐのがめんどくさくなったので、途中で断念しました(笑)

e0159646_3455316.jpg


差し込むとこんな感じです。

e0159646_347556.jpg


ペール缶との接触部分は、写真の様にボルトで全て固定します。
しかしながら、隙間だらけです。これで大丈夫なのか!?

========

余談過ぎる余談

『今回の煙突の『穴』の理由』

燃焼室の温度を上げる為には、排気の効率が良すぎない方がかえって良いと言えます。
煙突のドラフト効果で、ストーブ内の熱気がどんどん吸い上げられてしまうのですが、そうすると本体の温度がなかなか上がりません。
排気の際は、『少しだけ』グズついた方が燃焼室温度が上がると考えました。
バイクでも、抜けの良過ぎるマフラーよりも、多少排気抵抗があったほうが良いという話をきいた事がありますが、まさにその部分と言えるでしょう。
燃焼のメカニズムを考えるとロクなことにならないので控えますが。。。

そこで、、、

また、この『グズつき』を、例えば分厚い鉄板やレンガなどで行うことで、燃焼ガスの『2次燃焼効果』や所謂『完全燃焼』を目指す事ができるのではないかと考えます。
薪は、例えば大気中で火をつけるだけでも、それなりに燃えます。たき火が良い例ですが、たき火の煙が目にしみた経験のある人は多いはず。
対して、『ちゃんと』運転してる薪ストーブの煙突の煙は、それほど目にしみるといったことはありません。
実は、あの目にしみる煙は『まだ燃える煙』なのです。つまり、たき火の薪は不完全な燃焼しかしていないので、本来取り出せる熱量の、おそらく半分も取り出せていないと言えるのです。
薪の持ってる熱量を、余す事無く全て取り出すこと(=完全燃焼)が出来れば、少ない薪の量でたくさん暖まる事が出来るのです。

薪を完全燃焼させる方法は、大きく別けて2つあります。
一つは、『高温で燃やす』
もう一つは、低温で燃やし、発生した未燃焼ガスを、別の場所で燃やす。(2次燃焼)

高温で燃やすには、ロケットストーブの様に流速の速い空気を送る事で出来ますが、ロケットストーブはあまり現実的なストーブではない様に思うので却下。

今回の穴の狙いはこの辺りでして、私自身ちゃんと理解してやっている訳ではなく、『これで2次燃焼とかしてたらいいなぁ〜』程度であることをご理解下さい。

要するに、薪の燃焼によって熱せられた穴空き煙突を、未燃焼ガスが少しグズつく様に通ることで、煙突の熱で燃焼してくれないだろうか?ということなのです。

ま、なんとなくです、なんとなく。

===========

e0159646_421893.jpg


煙突が付いてしまえば、もう完成したような物です。

《⑤薪投入口》
e0159646_424252.jpg


薪の投入口はなるべく上の方、横煙突のギリギリの高さに設けました。

さて、投入口の蓋ですが、今回は、
e0159646_445838.jpg


これを再利用させて頂くことにしました。
蓋くらい作れないものではありませんが、なんだかんだ言って今まで何百回も開け閉めしてきたこの蓋に、妙に愛着が沸いちゃってるというのもありまして、リフォームの匠じゃないですけど、古いパーツを再利用して、思い出を継続的な狙いが、、、と言えば聞こえは良いが、単にメンドクサイだけ〜〜(爆)

e0159646_482847.jpg


ヒンジ部分から丸ごと切除しました。

e0159646_410078.jpg


取手止めだけ自作。
ピカピカのペール缶にとても不釣り合いな蓋ですが、大丈夫。直ぐにペール缶もこんなんなるさ。

《⑥吸気口》

e0159646_4114229.jpg


吸気口の穴は、奇跡の網より下の部分に空けます。

実は今回、灰の効率的な取り出し方法は考えませんでした。
この吸気口の部分に下皿的な物を置いて、、、とか考えたのですが、作業開始からかれこれ4時間程経過しており、そろそろ終わらせたくなってきたと言うのが本音で、灰はストーブごと外持ってってひっくり返してでも出せばいいや!という考えになっていたのでした。

空気量の調節も出来た方が良いので、

e0159646_4164522.jpg


ペール缶の切れ端に、このような切れ込みを入れ、
e0159646_41885.jpg

e0159646_418529.jpg


ま、こんな感じです。
1カ所でしか支持してないので、遊んでカパカパしますが、もうメンドイの今度今度!

《⑦火入れ》
e0159646_4193596.jpg


はい、カンセー♪
e0159646_4203292.jpg

表面の塗装は、見る間に融けていきます。

e0159646_421428.jpg

超近所迷惑な煙をまき散らしつつも、ストーブは徐々に安定。
あんなにいい加減な気持ちで、テキトーに作ったのに、なんの問題もなく運転してるじゃぁないですか!!

e0159646_422654.jpg

そんな訳で、早速搬入。

e0159646_4231816.jpg

縦長燃焼室のお陰で、燃焼の効率が非常に良いですね!

e0159646_4251843.jpg

スペシャル煙突も良好良好☆

なんと言うか、こんなに簡単に出来てしまって良いのだろうか?
なんかもっと重要な事とかあって、それがなってないとちゃんと燃えないとか、、、

てか、熱いっ!!

ヤベー!超熱い!あったかいとかじゃなくて、近づけない!!
顔が熱くなってくる!!

スゲーパワーだ!
外気温が暖かいせいもあって、冬の格好してたら汗だくになるわー。
今までとは大違い!

よし。

じゃぁ、秘密兵器。。。
e0159646_4303241.jpg


石炭!


e0159646_431061.jpg


うぉ〜〜〜!!燃える燃える!!
石炭ヤベー!超ヤベー!!

真冬のだいちゃんガレージ史上、最高気温をマークしました!
このストーブはアナドレリン!!

しかも、心無しか薪の持ちが良い様な気がするのは、気のせいか?

結局、薪と混合で、ペール缶2つ分の石炭を一晩で燃やしきっちゃいました!!これはスゴい!

あとは来週の煙突チェックが楽しみだぜい♪

ペール缶ストーブ最高〜〜〜〜☆☆☆

by tm144en | 2015-02-25 04:36 | 薪ストーブ | Comments(4)
2015年 02月 24日

リズムネタ♪

元ネタ

『ラッスンゴレライ』



と、

『ダンソン』



のコラボ



がアツい♪

マネしたくなるわぁ〜

by tm144en | 2015-02-24 09:51 | Comments(0)
2015年 02月 24日

ペール缶ストーブ製作(前半)

e0159646_2431565.jpg

だいちゃんガレージの卵形薪ストーブ。
昨年の冬に2段式にパワーアップし、寒い日にも大活躍してくれました。
今年はレンガで囲う事によってさらにパワーアップし、コンクリートむき出しのガレージにも関わらず寒い思いをする事はありませんでした。

e0159646_244770.jpg


しかしながら、その薄い鉄板ではレンガによって得られる高い燃焼温度に長くは耐えられません。

e0159646_2485127.jpg


以前確認した穴も、数回の使用で見るも無惨な状態に。

e0159646_2501527.jpg


連結部分がひしゃげて、砂時計のような輪郭になっています。
写真で見ると、むしろ歴史のおもむきすら感じ得てしまう程の状態と言えるでしょう。

ーーーーさて、さすがにこれでは使う事は出来ません。使用中に崩壊してしまったら一大事です。

しかし、新しい薪ストーブを買うお金も勿体ないと思ってしまう今日この頃。
ジェットヒーターはありますが、その灯油代すら勿体ない。
勿体ない、勿体ない。

とはいえ、この状態のストーブを修繕するのは、私の技術では不可能。酸化してペラペラになってしまった薄い鉄板を元に戻すことなど出来ません。

ではどうするか?

実は、余ったペール缶がいくつかある。これでストーブが作れそうなもんだが、はてさて。
検索サイトで、『ペール缶 ストーブ』で検索すると、『ロケットストーブ』を作ってる方はたくさん見つかるのですが、普通の薪ストーブを作ってる方は意外といません。

どう考えても簡単に作れそうなのに、やってる人がいないのはなぜなのか?ロケットストーブの方が魅力的だとでも言うのか?
まぁ、ネット上でなかなか探せないだけで、やってる人はいるでしょう。

でしたら、ネット上で簡単に検索できる自作ペール缶ストーブのパイオニアになりましょうじゃありませんか!この人気ブログで←

ペール缶はドラム缶よりも簡単に手に入りますので、ストーブの材料には持ってこいでしょう。

ということで、

e0159646_353582.jpg


今回は3缶を利用して製作してみます。
ちなみに、思いつきで、作りながら考えているので、まるで計画性など無い事を先に述べておきます。

《①奇跡の網》
e0159646_392597.jpg


今回、この『奇跡の網』が無かったら、このペール缶ストーブは完成しなかったかもしれません。
多分これは焼き肉用の網で、業務用の厚いヤツなので高温にもそこそこ耐えられます。これがペール缶の底の、丁度良い高さにジャストフィットしてくれたのでした。
これはたまたまあったものですが、もし買うとしたら、中古の厨房用品店に行けば数百円で売ってるはずです。

《②合体》
今回、3つのペール缶を縦に合体させるのですが、合体の方法も出来るだけ簡単確実な方法を取ります。
e0159646_315430.jpg

e0159646_3162831.jpg


一つは底を缶切りで空けます。

もう一つは、

e0159646_3173934.jpg


底から数センチ程度上の部分をグラインダーで切断します。
こうする事で、

e0159646_3184188.jpg


この様にスッポリハマります。
このままでもしっかりハマっていますが、一応、

e0159646_3193461.jpg


ボルトで固定しておきます。

そして、最後の一つ。先ほど網を入れたペール缶と、今合体した2つの下側のペール缶の

e0159646_3212410.jpg


この『耳』の部分を、ペンチで

e0159646_322820.jpg


この様に潰していきます。
フランジの役割にするので、なるべく大きく出っ張るようにします。

そうしてその2つを、

e0159646_3232094.jpg


このようにボルトで固定します。
今度はただフランジ部分で重なっているだけなので、なるべく多めのボルト(M5程度)で固定します。
フランジ部分もなるべく面がキッチリ合わさらないと隙間になってしまいますが、逆に言えばそこまで密閉されていなくても吸気口として機能するので、精度は適当で十分。
むしろ、ドリルで余計な穴まで空けちゃった程ですし(笑)

《③外観完成》
e0159646_327762.jpg


これが今回作るペール缶ストーブの本体となる訳です。

燃焼の効率を考えると、熱は下から上に上がりますので、下から吸気し、上から排気するのが最も効率が良いと言えます。
卵形ストーブは(2段型にしたとは言え)、手前側から吸気し、奥に排気する構造なので、燃焼効率の良い造りであるとは言えません。

今回の様に縦長にすることで、燃焼効率の観点では非常に良いと言えますが、それなりに問題点もあります。
一番は安全性。縦に細長い形状の為、自立する力は非常に弱いと言えます。
安定性を高める足を付ける必要がありますが、今回は煙突の差し込みによる固定に頼る形をとりました。この点が今後の課題となります。

あとは、ストーブが縦長過ぎても、寒さは足下からくるので、『燃焼効率』がそのまま『部屋を暖める効率』には繋がらないと言えます。
なるべく低い位置で熱を放出してもらう必要があるのです。

ーーーーとまぁ、うんちくはさておき、後半へ続く。。。

by tm144en | 2015-02-24 03:45 | 薪ストーブ | Comments(0)
2015年 02月 22日

新型ストーブ導入♪

e0159646_1143477.jpg


なんまあったけーべ!!

by tm144en | 2015-02-22 11:42 | 薪ストーブ | Comments(0)
2015年 02月 22日

優しい言葉



1:46の、クラッシュを止める左手がカッコイイ!

by tm144en | 2015-02-22 04:07 | Comments(0)
2015年 02月 21日

【DB7】今後の予定

さてさて、ネタが無い時は今後の予定を考えることにします。

≪DB7の今後の予定≫

①キーシリンダー配線制作
②メーターパネル廻り配線取り回し確認
③リアスイングアーム取り付け
④スピード計、リアブレーキスイッチ取り付け
⑤配線取り回し
⑥ECU配線取り付け
⑦総点検
⑧保安部品取り付け
⑨エンジン試運転、電装点検
⑩総組立
⑪最終点検


ΞΞΞΞΞΞΞ

まぁ、こんな感じの流れでしょうか。

とりあえず今度の日曜日に、⑦までは行きたい所ではありますが、はてさて。
完成を急ぐとロクなことが無いので、のんびりやりたい所ではありますが、どうでしょう。
というか、電装系終わった段階でK1のリアダンパーの組立をやりたいですね、そろそろ。もう、記憶が全く残ってないので、また一からやり直しです。

K1のリアダンパーの組立が終わってからDB7の組立でもいいかもしれませんし、平行するかもしれません。

そして、その両方が終わったらチャレンジの車検取って、モントークのタペット調整とブレーキ液交換があります。

あ~~~~~~~~~やることイッパイあるよ~~…(・ε・` )

薪ストーブどうしよーーー!多分今度の日曜日で煙突外れそうだし!
直して使うか、新しいの買うか、ぺール缶で作るか?

あ~~~~~~~~~頭パンパンやぁ~~~~\(^o^)/

by tm144en | 2015-02-21 05:57 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2015年 02月 19日

【DB7】間違ってたぁ〜!

「アレ?」

ブレーキランプの配線で、フロントブレーキスイッチへの電源線は確認出来るものの、リアブレーキスイッチの電源線が確認出来ません。

e0159646_35824100.jpg


メインキーの1番出口からの供給で、フロントブレーキスイッチ、ホーン、ウィンカーリレーと
共に繋がっているはずです。

「アレレ?」

不思議に思い、リアブレーキスイッチの方から辿ってくると、

e0159646_3521310.jpg


既にどこかと繋がっているではありませんか。

「アレレレ?」

e0159646_3533794.jpg


この分岐は、、、もしや、

e0159646_3535322.jpg


これですね。
メインキーの5番出口の配線で、RUN、メーター、ライトリレー、セルモーターリレー、スピード計そしてECUへの信号線の回路。
ブレーキスイッチの電源線ではありません。

「アッチャァ〜!」

危ない危ない!間違ってました!いやぁ〜、気づいて良かった〜(汗)

e0159646_411548.jpg


ということで、早速直しておきました。

う〜む。。。。
こんなノリで、他にも間違いがありそうだぞ〜〜(冷汗)

by tm144en | 2015-02-19 04:01 | BIMOTA DB7S | Comments(0)