<   2014年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 31日

2014ラストデー

さぁ、いよいよ2014最終日。

10日振りに帰ってきたガレージは…

e0159646_937311.jpg

e0159646_9425917.jpg


ま、そりゃそうだ(笑)
これからが戦いです!

今日は多分6時間位雪かきして、2時間位薪割りして、多分終わるでしょうね(笑)

あー、初日の出とか、どうしよう…


========4時間経過=======

e0159646_13404347.jpg


とりあえず、一段落。

e0159646_13414591.jpg


一番の癌は道路側の出入口。
道路の雪を重機でガッツリ置いていかれるので、尋常じゃない量と固さの雪の『壁』

e0159646_134450100.jpg


ガレージ前は、車一台分のスペースと、軽トラの切り返しスペース分だけ確保します。

昨シーズンの経験から、効果的な排雪スペースを検討します。

e0159646_1348353.jpg


っていうか、昨シーズンより雪多くね!?
この時期でこの量だったら、1月になったらアンタ、捨てる場所なくなるよ!!


あー、あと屋根の雪降ろしが残ってるー(。>д<)
あと2時間!!


う~ん…

とりあえず…

寝よう(・ε・` )

by tm144en | 2014-12-31 09:33 | Comments(0)
2014年 12月 30日

ラスト1日!

明日、ラスト1日!頑張るぞ〜!

お正月は、バイク三昧だぁ〜!

でも、雪溜まってんだろうなぁ〜。。。

by tm144en | 2014-12-30 07:30 | Comments(1)
2014年 12月 28日

【K1】キターーーーーー\(^o^)/

e0159646_6363442.jpg


遂に届きました!!バンプラバーです!!

e0159646_637636.jpg


おおぉ~☆

e0159646_6412478.jpg


なかなかの出来じゃぁ、ないでしょうか。
ラバーインダストリーさんに感謝感謝です。

ただ…やっぱちょっと、柔いかなぁ~、、、

とは言え、硬いと砕け散る原因とも言えますしね~。

、、、

、、、

、、、あれ?待てよ??

バンプラバーって、縮むのか??

バンプラバーの高さでオイル量調節したら、それ以上伸ばそうとしても、オイルに負圧が掛かるからピストン下がらないんじゃなかろうか???

でも、オイルが滲んでくると、その分エアーがダンパー内に混入してくるってことですから、そうすると空気は軽い力でも膨張しますから、その分バンプラバーを押し潰すことになるのでしょう。

つまり、バンプラバーが砕け散る原因は、

オイル漏れを起こしてるダンパーを、センタースタンドで長期保管したことが考えられるのではないでしょうか?

うん。そうに違いない!!

今回分解したビルシュタインのダンパーは4個ですが、オイル漏れを起こしていたK1用の2つは、共にバンプラバーは破損していましたが、オイル漏れを起こしていなかったk100rsとk75用の2つには破損がありませんでした。

と、いうことは、もしその考えで間違いがなければ、このバンプラバーでも問題は無い、と言えるのではないでしょうか。

、、、となると、バンプラバーとは何のために存在するんだ?

延び側でもオイルロックが掛かるのであれば、圧側同様バンプラバーは必要無いのでは…

あ、そか。

まさに『オイル漏れ用』なのかもしれませんね!!
オイル漏れを起こして、ピストン位置が初期設定よりも下がることも考慮されているのでしょう。

うむ。きっとそうに違いない!!

よし、今度実験してみよう!!

by tm144en | 2014-12-28 06:34 | BMW K1 | Comments(0)
2014年 12月 26日

一生懸命

久しぶりに感動しました。
いや、『感動』というか、むしろ尊敬の念。

彼は若干21歳の大学生。今の自分より全然若く、しかも飲食の経験値で言ったら私の方が上。
それでも、彼の頑張りは私にとっては尊敬に値し、また同時に自分の小ささを痛感させられる事でもありました。

私は『お客さんを待たせる事のプレッシャー』を解っているので、彼の頑張りが痛い程伝わってきます。

番組はご存知マネーの虎。
投資金獲得から、お店の開店までの流れがあります。
ちょっと時間が長いですが、お時間のある時に是非見て頂きたいです。


《マネー獲得まで》




《その後1》




《その後2》




《その後3》




《その後4》



そんな彼のその後。。。

by tm144en | 2014-12-26 05:54 | Comments(0)
2014年 12月 25日

【DB7】ステアリングダンパー

e0159646_421695.jpg

DB7のステアリングダンパーは、ここに取り付けられています。

e0159646_4221874.jpg

これも、リアショックと同じエクストリームテック社製です。減衰力の調整が出来るので、高級感タップリです。

ーーーーちなみに、ステアリングダンパーの構造は、

e0159646_4305011.jpg


こんな感じです。
リアショックのダンパーと、オイルによる減衰力を発生させるという点では基本的に同じ構造ですが、大きく違うのはガス室を持たないという点。

リアダンパーの場合、ロッドが縮むとカートリッヂ内の体積がロッドの分増加するので、その分を相殺させる為の圧縮するガスが封入されています。

対してステアリングダンパーは、ロッドの両端がカートリッヂより外側に出ているので、すなわち進入した分出て来るので、内部の体積は常に一定となります。
したがって、圧縮性のガスやエアーを入れる必要が無いのです。

余談

リアダンパーを、ステアリングダンパーみたいな構造にしたら、どうなるんでしょう??

e0159646_4521555.jpg


ケツの下で、細いロッドが猛烈な速度で上下運動してるっていう面白さ(笑)シート外すと見えるんです。

メリットは、カートリッヂ容積を大きく取る事ができ、スプリング長も長くする事が出来ます。
減衰力は、ガス圧の影響を受けないので、よりシビアなセッティングが可能。
ガス封入の手間が要らず、コストも削減でき、メンテナンス性も向上。


デメリットは、トップの取り付け構造の複雑化。
出入りするロッドの通路確保、ならびに安全性の確保。
そしてなにより、キャビテーション起こりまくって、多分だめ(爆)


ーーーーーさて、話が横道にそれましたが、

e0159646_53851.jpg

e0159646_531821.jpg


取り付け箇所には、ちっちゃいスフェリカルベアリングがあるので、

e0159646_542478.jpg


ゾイルを塗っておきました。
最近、スフェリカルベアリングにはチキソよりゾイルの方が良いんじゃないかと思っています。

スフェリカルベアリングの内部隙間は、100分の数ミリ程度なので、果たしてその隙間に入る程度の量で、グリス皮膜が保たれるのかは、甚だ疑問が湧いたのです。

例えばラジアルボールベアリングの場合、外輪と玉、玉と内輪のそれぞれの隙間はは100分の数ミリ程度ですが、その接触面はほぼ『点』です。
従って、それ以外の空間が広く存在するので、グリスの保有スペースとして機能します。

しかし、スフェリカルベアリングの場合、このグリス保有スペースを確保する事が出来ないので、100分の数ミリ×玉の表面積程度のグリース量ではすぐに無くなってしまうと言って良いでしょう。

そこで、ゾイルの様な『表面改質』というコンセプトで、保護皮膜ではなく、金属そのものを『改質』することで、錆等の害から防ぐ事が出来るのではないかと考えたのです。

まぁ、『表面改質』というのが、どれほどのモンなのか、、、という疑問はあるのですが。。。

ーーーー話変わって、

e0159646_5165662.jpg


エクストリームテック社の失敗(笑)
締め込んだ時に、「ズリンッ!」ってなった模様。
なーんだ、俺と同じレベルじゃん♪


、、、、ん!?

N2 HIGH PRESSURE???

な〜に〜!!

窒素ガス封入されてるって〜〜!!??

by tm144en | 2014-12-25 05:18 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2014年 12月 24日

【K1】リアショックスプリングレート計測

さて、前回リアショックスプリングの力が、センタースタンド時では常にバンプラバーを押す力になることに気がつきました。
そこで、どれほどの力が加わるのか知る為に、スプリングのレートを調べることにしました。

サービスマニュアルには記載が無いので、実測するしかありません。

まず、スプリングレートの単位は『kg/mm』で、『1mm縮めるのに、何キロの力が必要か』という考え方となります。

e0159646_5535657.jpg


したがって、縮めた量とその力が解れば良い訳です。

今回私が考えた計測方法は、

e0159646_5543167.jpg


こんな感じです。
体重計の上にスプリングを置き、プレスの力で徐々に縮めていくという方法です。
上から押した力は、スプリングを介しそのまま下に伝わるので、この方法で大まかな数値は計測出来るはずです。

e0159646_556418.jpg


スプリングを縮めた量の計測は、

e0159646_5574922.jpg


この様に、プレスに印をつけました。
実際、1mm毎の計測は難しいので10mm毎の目盛りにします。
(今になって思えば、薄っぺらい定規を貼付ければ良かったと思います 笑)

ちなみに、K1のリアスプリングの巻き方は等ピッチではないので、スプリングレートとしてはどうなるかを考えましたが、おそらく、異なる2本のスプリングを上下に並べた構造として考えて良いのだと思います。

したがって、一つの力でそれぞれのスプリングがそれぞれのバネレートに従って共に縮むということです。

e0159646_6283772.jpg


ゆえに、今回の計測方法で、等、不等ピッチに関わらず全体のスプリングレートとしての値を計測することが出来ると言えます。

ーーーーーという事で、計測結果は、、、

10mm→32kg
20mm→63kg
30mm→96kg
40mm→126kg
50mm→N.D

となりました。
多少のバラツキはあるものの、おおよそ

3.2kg/mm

である事が解りました。

K1のプリロード量は3段の調節があり、一番縮めた状態が実測で約50mmでしたので、重さ160kg相当となります。

この力が、バンプラバーの当たり面に掛かりますので、その圧力は約、

2.8N/mm2(←平方ミリメートル)

となり、H-NBRの100%引張応力である5.6N/mm2の半分となります。
したがって、単純に考えれば、50%の歪みを及ぼすということになります。

永久圧縮歪みの値を、そのまま単純に考えて良いかは解りませんが、仮にそうすると

1日半で0.66mm歪む

と考えるか、

3日で1.3mm歪む

ということが言えてしまうのです。

スプリングの力なので、自由長になるまでは押し続ける訳ですから、そこが問題です。
つまり、歪みは増え続けるとも考えられるのです。はたまたある程度で止まるのか?

一度実験してみるのが良さそうですね。

by tm144en | 2014-12-24 06:54 | BMW K1 | Comments(0)
2014年 12月 23日

マネーの虎

ちょwwwww




けど、この人の現在

by tm144en | 2014-12-23 09:15 | Comments(0)
2014年 12月 23日

【DB7】トリプルクランプ取り付け

e0159646_3464361.jpg


はい。ベアリングレース入れました。

。。。

。。。

あ、え!?

あー、、、

えーと、実は普通にプレスで入れました。
というのもですね、ドライアイス屋さんが日曜日休みというオチがありまして、ドライアイスを手に入れることが出来なかったのです。

そこで、コールドスプレーでなんとかいけないか試したんですが、なかなか冷えないというか、100℃程に加熱したベアリングレースと合わせても、ステムベアリングのしめしろ分を稼げず、途中でひっかかっちゃうという始末。
しかも、引っかかるとそこで固着しちゃうので、外すのも一苦労。

そんな苦労を2回程行い、「だったら、プレスで良くね?」という考えに至りました。

なんかとてもしこりの残る作業になってしまいましたが、ベアリングを加熱しすぎる位なら、はめあい面がこすれる方がまだマシでしょう。

ドライアイスで出来なかったのが悔やまれますが、もしかするとDB7のしめしろはキツ過ぎるのかも知れませんね。温度差120℃程では駄目でしたから。ドライアイスで出来れば、170℃位にはなるので解りませんが。

e0159646_452416.jpg


コッチの方は、温度差だけでなんとか入りましたが、、、いや、僅かに入りきらず、最後はプレスで押しました。

う〜ん。やっぱ難しいなぁ。。。

ーーーーさて、作業がうまく進まなかったのでしばらくイジけてたんですが、ぼちぼち組み上げていきます。

e0159646_485960.jpg


今回の悪の元凶。
先ほどの、ベアリングレースを入れたハウジングをおさめるフレームのネック部分で、カシメる為の切り欠きが入っているのですが、こんなんもろ水入るでしょ(笑)

ということで、

e0159646_411399.jpg


コーキングしました。
マスキングもしないで指で雑に入れただけなのでアレですが、あまり目立つ場所でもないので、気にしません。
全く見えないフレームの内側を一生懸命塗装するくせに、こういう所は手抜きっていう(笑)

いや、だって、DB7の2大シンボルであるシートカウルとサイレンサーに既に傷入ってるんで、傷系にはもう結構無頓着になってます。

ですが、

e0159646_4161573.jpg


ここは、キーシリンダーからハンドルロックの凸が出るのですが、

e0159646_4172690.jpg


ネックとステムシャフトに穴が空けられているので、こういう所はキッチリ仕事します。
と言っても、この凸にOリングかぶせてあげるだけで解決出来ますね☆

ヨーロッパって、ハンドルロックという概念無いんでしょうか?
私が触って来たヨーロッパ車のハンドルロックはすべて、ネック部分に穴を空ける方法をとってますので、きっと後付けなんだと思います。
国産車は、ネック部分の表面に凸がはまる様な凹が溶接されてますから、ネック内に水が入るのは、ステムのシール性能に依存する形になります。

大抵の外車は、ステムベアリングにグリスベタ塗りという対策を輸入元さんやディーラーさんが施してるんですけどね。

ま、DB7はそもそも先のネックのカシメ問題があるので、ハンドルロック所ではないのですが。。。

でも、Oリングとコーキングで解決出来るレベルですから、もっと早く気付けば良かったです。

というか、あるか解りませんが、もし今後新車を買う事があったら乗る前にまず即全バラをすると固く心に誓いました。

、、、、が、お金が無いという皮肉(笑)

e0159646_429956.jpg


久しぶりに、トリプルクランプ付きました♪

、、、が、先は長げぇ〜ぞ〜〜〜〜!

by tm144en | 2014-12-23 04:31 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2014年 12月 22日

仕事で履く靴が欲しかったので、あるチェーン店系の作業服専門店に電話しました。
欲しい靴は決まっているので、メーカー名と型を伝え在庫があるかを問い合わせます。

ところが、サイズが28センチなのでなかなか在庫として置いてる店舗が無く、何店舗にも電話をするはめになりました。

その内の1店舗のお話。

私「○○の××という靴で、色は何色でもいいんですが、サイズが28センチの物の在庫ってありますか?」

女店員「はぁ。色は何色がよろしかったですか?」

私「いや、色は何色でもいいんで、サイズが28センチの物を探してるんですけど」

女店員「いやぁ、色がわからないと探せないんですが」

は?何言ってんのコイツ!頭悪りぃんじゃねーの!?
色なんでもいいっつってるべや!

私「あ、じゃぁ青で」

女店員「青、、、ですか?白に青いラインですか?」

私「いやいや、ベースが青のヤツありますよね?てか、青いラインのなんか無いですよね」

女店員「青、、、っていうのは無いんですけど…」

私「いやいや!ありますよ!○○の××って靴ですよ?」

女店員「いやぁ、、、青っていうのは無いんですけど…」

私「いやいやいやいや!他の店舗には置いてるんですけど!」

女店舗「ええぇ~本当ですか?」

私「いやいやいやいやいやいや!!っつーか、色はなんでもいいんですけど!」

女店舗「置いてるのは白、、、白というかベージュ…と、あとは黒ですね」

私「いや、だから、どっちでもいいんで、28センチはありますか?」

女「28センチは無いですね」

私「あっそ、はい」

あーーーーーー腹立つ!!

by tm144en | 2014-12-22 11:17 | Comments(1)
2014年 12月 21日

キターーーーーーーー\(^o^)/

e0159646_14474745.jpg

e0159646_14485588.jpg

e0159646_14415680.jpg


あーーーよっしゃいくぞーーー!!!

タイガー!ファイヤー!サイバー!ファイバー!ダイバー!バイバー!ジャージャー!

by tm144en | 2014-12-21 14:41 | Comments(0)