<   2014年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 31日

【DB7】スイングアームピボットの修正を考える

e0159646_1523285.jpg


さて、DB7のスイングアームの件です。

やはり、私の性格上軸がズレてるというのは精神衛生上非常によろしくないので、何としてでも修正を施したい所存ではあります。

とはいえ、業者に丸投げするのも気分が悪い。

とはいえとはいえ、自分でやってヘタこいたらそれこそ気分が悪い。

というわけで、自分でやって納得のいくレベルに仕上げる為の、知識と技術を培えばよいわけですが。。。。

=====

e0159646_1582478.jpg


この部分を修正するにあたって発生する問題点を洗い出していく必要があります。

今回難しいのは、曲がっているのが『溶接部分』であるという点だと考えます。
そこで、まだまだ勉強不足ではありますがTIG溶接の本を読んで得た一つの解釈として、

『溶接部分は硬い』

という点があります。

具体的に表すと、以下の図のようになります。

e0159646_2225551.jpg


同じ炭素鋼である母材A、母材B が溶接されている場合、溶接の中心部よりもやや母材よりの双方が一番の硬さを示しています。

鉄は硬くなりすぎると、ガラスのように割れやすくなってしまいます。炭素鋼などの溶接の場合、この一番硬くなる部分をうまくコントロールする必要があるそうです。

つまり、クロームモリブデン鋼である今回のスイングアームの場合、溶接部分に故意な力を加えると、ビードの継ぎ目あたりにヒビが入ってしまう可能性があると考えられます。


では、熱して鉄が『ユルく』なってから加工するのは如何なのか?

クロームモリブデン鋼の場合、短時間であれば500℃程度の温度でも強度を保つ性質がある為、加熱温度はそれ以上が必要となります。

しかし、仮に1000℃位まで熱した場合、今度は鉄の『寸法』が変わってしまうのです。勿論、丸が四角になるレベルではありませんが、困った事に今回の場合ベアリングのハウジングそのものを熱する必要があるので、ベアリングのはめあいには大きく影響してしまうことが考えられます。

また、溶接部分も『焼戻し脆化』や『再熱割れ』といった懸念があります。


というかそもそも、『クロームモリブデン鋼』と一口に言っても、炭素含有量の違いによって種類がまちまちなので、DB7では何が採用されているかで話も変わってきます。

溶接をしているという点で、炭素含有量は0.3%以下なので、例の本によれば

炭素量0.15→『SCM415』
炭素量0.20→『SCM420』
炭素量0.25→『SCM425』

の3種類が該当します。
炭素量が少ない程軟らかくなるので、例えば『SCM415』であれば多少の加工なら耐えられるかも?といった話になってくるのだと思います。

鉄の仙人みたいな人になれば、削った火の粉で炭素量が判るという話を聞いた事がありますが、今回は削れる場所がないのでその方法では無理です。というか、その知り合いがいません(笑)

まぁ、いずれにせよ、まだまだ勉強不足で真の部分を理解するには至っておらず、表面上の知識だけでギャーギャーわめいているだけの状態なので、これからゆっくり考えていくことにします。


余談

ピボットシャフトのパイプの溶接ですが、力の掛からない右側は

e0159646_25914.jpg


このように補強の溶接までされているのですが、右側にそれはありません。

なので、今回もし修正がうまくいったら、

e0159646_304346.jpg


こんな感じで、補強を入れた方が良いような気がするんですが、はてさて。。。

by tm144en | 2014-10-31 03:01 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
2014年 10月 30日

【K1】K1とK100RSのリアダンパー長及び細部寸法比較

e0159646_5153316.jpg


左がK1、右がK100RS及びK1100RSの物です。

K1は他の2車種と比べると、どちらかと言えばサーキット寄りのコンセプトであると言って良いと考えています。
その違いを裏付けるというか、リアダンパーの長さが、K1の方がやや短くされています。
ただ、肝心なのはストローク量ですが、その部分は今回計測が出来なかったので、つまりは今回の内容はなんの意味も持たないというか、ただ『寸法が違う』ということを確認するだけになります。

まずは、ロッドのスライドピストン部分の位置関係ですが、

e0159646_522820.jpg


ロッドのボトム位置をあわせると、バンプラバーと接触するワッシャーの位置に4mmの違いがあります。

これを、それぞれケースに取り付けた状態で比較すると、

e0159646_523439.jpg


このような違いが確認できます。
ケースの下の部分を基準に見ています。

黄色い部分は共通部品である、『蓋』ですが、この取り付け位置がK100RSの方がK1より5mm奥に位置しています。
これは、K100RSの方はダストブーツが付くので、その分のスペースとなります。
その為、ケースの長さも若干長くなっています。

緑色の部分がバンプラバーですが、厚さがそれぞれ違うので、先ほどの4mmの差をやや相殺する形となり、結果的には『1.5mm』K100RSの方がロッドの位置が下に長いという事がわかりました。
トップ部分は未計測なのですが、こちらもややK100RSの方が上に長くなっています。








で?

by tm144en | 2014-10-30 05:31 | BMW K1 | Comments(0)
2014年 10月 29日

【K1】リアダンパーロッド分解

さて、今回修理しているダンパーロッドですが、そんなに大きくはないものの縦に傷が入っているので、せっかくバラしているのだから再メッキを掛けたいところです。

再メッキと言えば東洋硬化さんですが、ロッドを送るにあたってボトムの部分を外しておいた方が、送料及び工賃が安く済むと考えたので、

e0159646_149102.jpg


頂いた方のロッドで、ちょいと実験をさせて頂きます。

ですがその前に、プリロードのリングを外す必要があります。

e0159646_154356.jpg


こんな感じで一旦ズラし、

e0159646_155732.jpg


Cリングを外したら、

e0159646_1554854.jpg


今度は向きを変えてプレスします。
別にさっきの方向でも抜ける構造ではあるのですが、飛び出たボトムの抜けるスペースが無かったという部分でこういうまどろっこしいやり方になっています。

e0159646_20109.jpg


無事脱!

e0159646_203010.jpg


なんかスゲー事になってます。
ダンパーオイルがかなり漏れてたようで、

e0159646_231633.jpg


それがこの隙間に詰まって泥などと一緒に固着しちゃったのでしょう。

ーーーーーーということで、いよいよロッドの取り外しですが、まずは工具の作成からです。

ロッドは単純にボトム部分にねじ込んで取り付けられているだけだと考えられるので、ロッドをしっかりとつかむことが出来る工具が必要となります。

ロッドの先端にはネジが切ってあるので、そこの部分を利用してダブルナットで外す出来そうですが、ロッドの締め付けのキツさを考えると、M8 ピッチ1mmのネジ山ではちょっとキビシいと思われるので、ロッドを直接つかむ方向でやります。

丁度スライドピストンやシムが収まる、メッキの掛かって無い部分がちょうどつかみやすいので、その部分を利用します。

用意したのは、

e0159646_2111940.jpg


小ちゃい万力。
これに、

e0159646_2114675.jpg


こんな感じで穴を空けただけ。
ロッドのつかむ部分の太さは8mmですので、穴のサイズは7.5mmにしました。
まぁ、8mmじゃ駄目ですから、あとは持ってるドリルのサイズが7.5mmだったという理由です。

これで、ロッド共々しっかりと脱脂をし、

e0159646_2144072.jpg


万力でしっかりと掴みます。

そして、

e0159646_215583.jpg


ボトム部分をしっかりとヒートガンで熱します。
おそらく、ネジロック的な物が使用されていると考えられますし、締め付けが固着しちゃってもいるでしょう。

この行程において、ゴムブッシュが熱でどうにかなってしまうかな〜と考えていたのですが、そうでも無さそうでしたね。
まぁ、いずれにせよ、純正パーツの出てる部分なので新品に交換するに越した事はないのですけどね。

しっかり暖まったのを確認したら、ボトム部分を利用して『グイッ!』と回すと、、、

e0159646_220071.jpg


はい♪おみごとー☆☆☆

e0159646_2212892.jpg


ものの見事に、思った通りに事が進んで非常に気分が良いですね☆

あとはこれを東洋硬化さんに見積もりをお願いして、どうだろうって所です。

by tm144en | 2014-10-29 02:25 | BMW K1 | Comments(0)
2014年 10月 28日

薪〜〜〜〜!!!

e0159646_1524899.jpg


春頃に川から拾ってきた木。そろそろやっつけましょう。

軽トラに1杯分の量でしたが、

e0159646_159376.jpg


切ってみると、、、、

e0159646_153018.jpg


こんなもんです。

これを仕舞うと、、、、

e0159646_205134.jpg


これっぽっち!薪棚満タンにも満たない量でしたね。
製材と違って木がグニャグニャ曲がってるので、見た目の『かさ』だけが多く見えてるんですね。

そんなわけで、ちょっと物足りなかったので、

e0159646_265498.jpg


下から出てきた角材もやっつけることにしました。
これは、去年解体してる木造家屋をそのまま貰ってきた時のやつの残りですね。

e0159646_2112446.jpg


この写真に写ってる2倍以上の量がありましたが、なんやかんやで殆ど燃やしちゃったんですね。

いや〜、それだけの量の薪を全部切って、運んで、並べて、燃やして。。。そうやって考えると、『暖をとる』ということの有り難みというか、大変さというか。なんかシミジミきますね。

e0159646_2177100.jpg


角材はチェーンソーで切っていきます。
途中何度も釘に当たってしまい、あっという間にチェーンソーの切れ味が悪くなってきてしまいました。
解体家屋の木材は釘やら何やら付いてるので、『薪ランク』としては下の方ですね。

あと、チェーンソーは切れ幅が太く、出てくる木屑が大量になるのが大変です。
山の中等で木屑をそのままにしておける環境なら構いませんが、自宅前でやるにはちょっと不向きですね。

e0159646_2234389.jpg


これっぽっちの量でチェーンソーの刃を駄目にしちゃってたら、コストパフォーマンスが悪いですねぇ。

で、

切ってばかりで飽きてきたので、

e0159646_227179.jpg


太いヤツを割る作業もやりました♪
「スパコ〜ン!スパコ〜ン!」って奇麗に真っ二つになると気持ちがいいですね!これぞ『薪割り』って感じで楽しいです。

12時から初め、終わったのが18時。

e0159646_230410.jpg


『バイク』という趣味がありながら、貴重な休日の6時間を『薪割り』に費やすことに、ややギモンを抱きつつある今日この頃でしたとさ(笑)

by tm144en | 2014-10-28 02:31 | 薪ストーブ | Comments(0)
2014年 10月 27日

ステムベアリングが…

来ない(・ε・` )
8月末に入るって言ってたのに…(・ε・` )

ま、想定内ですが(笑)

絶対すぐに来ないって解ってるから、ホイールベアリングとかを敢えてベアリング屋さんから頼んだりして、内部すきまがどうとかって事になってしまうのです。

要するに、

ビモータ社がいつ潰れても、マシンはちゃんと自分の力だけで維持していけるだけの『スキル』を身に付ける。『BIMOTA』を所有するということは、そういうことなのです。

マシントラブルを販売店任せなんかにはできません。そんなことでいちいち店に文句言ってたら、店側がヤル気なくなっちゃいます。
「じゃ、ビモータ取り扱うの、やーめた!」ってなったら、困るのは我々なのです。

およそ『まとも』とは言い難い、趣味性を完全に振り切ってしまってるマシンの取扱い、及びメーカーとの付き合いっていうのは、輸入元や販売店の方の並々ならぬ『情熱』があってのこと。その『情熱』を削ぐような行為は、『お客』だから許されるなんていうことは絶対にありません。
いや、むしろ、そんなことをするような人は、他の理解あるお客さんに多大な迷惑をかけているという自覚を持つべきです。

いや、ビモータに限らず、外車は全部そう。

感性、美徳意識、何もかも違う国の物を買うということは、もう自分が日本人であることを捨てるくらいの気持ちでなければいけないのです。

バイクにとって、一番大事なのは『接客サービス』ではなく、『マシンクオリティ』なのです。それも、『その国の価値基準におけるクオリティ』。

ライダーズカードの名前が違うなんてご愛敬。慣れない東洋人の名前なんだから、仕方ない位の気持ちがなきゃ。
私が買ったF4に付いてきたライダーズカードは、蓋を開けてみればサービスが停止しており、つまりは単なるプラスチックのカードでしかありませんでした(笑)

e0159646_343722.jpg



ただでさえ儲からないバイク業界で、さらにリスクあるメーカーとの取り引きをしている輸入元及び販売店への敬意を評すると共に、変わらぬ『情熱』にこれをお贈り致します。

e0159646_2583577.jpg


メタルキングスライムは、何℃で焼きもどししてるんだろう?
炭素含有量は何%なんだろう?
っていうか、鉄なのか?

by tm144en | 2014-10-27 02:22 | Comments(0)
2014年 10月 25日

【鉄】熱処理の概要

鉄の熱処理とは、加熱及び冷却によって組織を変化させいろいろな性質を作り込む操作のことである。
目的と種類によって大きく4つに分類される。

e0159646_552079.jpg

e0159646_5524758.jpg

e0159646_55351.jpg

e0159646_554947.jpg

e0159646_5535199.jpg

e0159646_5543176.jpg


*参考文献:日刊工業新聞社『元素から見た鉄鋼材料と切削の基礎知識』横山明宜著

by tm144en | 2014-10-25 05:58 | | Comments(0)
2014年 10月 24日

【鉄】鋼と鋳鉄の違い

鋼と鋳鉄の違い。それは、、、

炭素含有量2、14%

の違い。

炭素含有量が2、14%以下のものを



炭素含有量が2、14%以上のものを
鋳鉄


《鋼の性質》
たたいても割れない鉄
→たたいて形を作れる。
鍛造


《鋳鉄の性質》
たたくと割れる鉄
硬いがもろい
→たたけないので、型に流し込むしかない。
鋳造



炭素含有量のボーダーラインは、『バレンタインデー』で覚えましょう☆

===========

ちなみに、鉄が面心立方結晶になる、所謂『オーステナイト』は911℃。そう『911テロ』です。
あの時、ビルの柱が高温で溶け出すという映像がありましたが、鉄の融点は1536℃なので間違えないようにしましょう(笑)
オーステナイトは、まだ固体です。

(常温:フェライト)→(911℃:オーステナイト)→(1392℃→フェライト)→(1536℃:融点→(2750℃:沸点)

フェラ、オース、フェラ。911、いざ国!で覚えましょう♪

by tm144en | 2014-10-24 03:45 | | Comments(4)
2014年 10月 23日

エロ本

e0159646_384685.jpg


アマゾンからエロ本が届きました♪

ヤベーーー!!コウフンしてきたーーーーーー!!!

それでは、早速、、、、

御開帳〜〜〜

e0159646_3125968.jpg


ほら、『材料とエロの世界』がつながる!って

うっひょっひょ〜〜い!!

e0159646_3132473.jpg


入れたり戻したり!!

いいぃいぃやっふぉ〜〜〜〜い

e0159646_3134140.jpg


肉…棒の…挿入角度!!

うううぅぅううぅううっほっほ〜〜〜〜い!!

。。。

。。。

。。。

  ミ
_ノ乙(、ン、)_ パタン...

by tm144en | 2014-10-23 03:17 | Comments(0)
2014年 10月 22日

【K1】頂き物リアショックユニット分解 〜そして見えたもの〜

e0159646_2475779.jpg


さぁ、料理しまよ♪

手順は一度踏んでいるので楽勝、、、、のはずが、

e0159646_249244.jpg


ソッコー転びました(笑)
ココが外せれないのです。スプリングを縮めてプリロードのリングをズラし、ストッパーのCリングを外すという手順なのですが、プリロードのリングが固着しちゃってズラせれないのです。(←北海道弁入ってますがw)

オイルスプレー吹いたり、暖めたり、振動を与えたりもしましたが微動だにしません。
そこで、

e0159646_2541270.jpg


ベアリングプーラーの部品を使ってこのように押し下げてもみましたが(ロッドは下がらないように長ボルトで固定)びくともしません。

さてどうしたものかと考えた結果、スプリングを外さないでそのままダンパーを分解する事を思いつきます。

e0159646_2581575.jpg


狭いスプリングの隙間からなんとかダンパーのcリングを外し、

e0159646_25892.jpg


分解に成功☆

そして、、、


e0159646_2595544.jpg



あちゃぁ〜、やっぱり、ですね。

e0159646_30517.jpg


スライドピストンが当たる側がもうボロボロになってましたね。

しかも

e0159646_312181.jpg


破片がリーフバルブの隙間に入っちゃってたので、これだと減衰掛かって無かったんじゃないですかねぇ。伸び側の方なので、沈んでもヒョコヒョコ伸び上がっちゃう感じになると思います。
実際に、ダンパーが抜けてスプリングだけの感じだったというお話だったので、その事とも一致します。

確かにオイルも滲んではいたので、オイル抜けも多少はあったと思います。

e0159646_355135.jpg


シャフトには凹み傷と、縦線傷がありました。
しかも、

e0159646_37624.jpg


蓋のシャフトが通る穴に、今回修理しているダンパーと全く同じ傷跡が付いてました。

K100RSとK75の物には付いてませんでしたので、狭い範囲での事ではありますがK1特有の傷と言えるのかもしれません。

話がそれましたが、K1のバンプラバーは、

e0159646_3111632.jpg


K100の物とは形状が全く違います。左がK1の物で、厚さが2倍程になります。
おそらく、

e0159646_314253.jpg


このような形状だったものと考えられます。
いやいや、この事を知れたのが一番の収穫でした。これがなかったら、K100の物をベースにする所でしたので。

K1の方が厚いという事は、それだけ伸び側での衝撃力が大きいと考えられていたのか、はたまたストローク量の兼ね合いだったのか、今の所想像の域を出られませんが、これも追々考えていきます。

そんなわけで今後の計画としては、このバンプラバーを元に、出来る限りの寸法図を作成し、ゴム屋さんに特注依頼をしてみようと考えています。

そこで一つ気がかりなのは、このバンプラバーのロッドが通る『穴』の部分の形状です。
ロッドの太さが11ミリなので、単純に11φの穴が空いてるかといえば、どうやらそうではなく、

e0159646_3323523.jpg


この様になっています。
この意味、ですよね。
このバンプラバーの役割は、スライドピストンとダンパーの蓋とのクッション材ですから、バンプラバーがロッド上をわざわざ移動する必要はありません。

もしかすると、蓋に付いているオイルシールにかかるオイルの圧力がしっかり伝わる為の抜け道としての役割が考えられるのかも知れませんね。

まぁ、とりあえず寸法図を作成しよう。

by tm144en | 2014-10-22 03:42 | BMW K1 | Comments(2)
2014年 10月 21日

突入!薪ストーブ2014

雪の便りを感じる今日この頃、皆様如何がお過ごしでしょう。

紫外線降り注ぐ灼熱の夏。全身一杯に浴びた紫外線。そんな思い出も今は昔。



というわけで

薪ストーブを設置します。
と言っても、メインは『煙突』です。

昨シーズンは、

e0159646_3575026.jpg


こんな感じで固定してました。
3点支持の金具で1カ所と、紐で2カ所。

3点支持の金具は、最初は市販の物を使用していたのですが、途中から鉄パイプで自作したもので固定してました。
市販の物では強度が足りなかったからです。

というのも、外側に突き出た煙突を支えている物はこの3点支持の金具がメインであり、紐はおまけでしかありません。
あとは、壁から突き出る部分に『眼鏡石』という物があるのですが、その部分を支点にして支えている格好になっていました。
こんな状態でも、それなりの強風等にも耐えワンシーズンは持ち堪えてくれました。

しかし、今シーズンは毎日点検出来る訳ではないので、前回以上の強度で固定しておく必要があります。

煙突は、ステンレスパイプそのものにかなりの強度があるので、支持部分が貧弱だとそこから破綻してしまいます。
また、支持部分が1カ所だと、眼鏡石部分を支点にして回転方向の強度は全て眼鏡石のある壁に集中してしまいます。

e0159646_4193572.jpg


なので、壁との支持部分は出来るだけ多い方が当然良いのですが、煙突の出口を屋根の高さに近い部分から出したことで、壁への固定も制限が出てしまうのです。
とはいえ、ストーブの高さと平行に壁から煙突を出すと、今度は燃焼効率が悪くなります。

ーーーーそんな訳で、煙突支持用の『フレーム』を取り付けることにしました。

利用するのはコレ。

e0159646_4302556.jpg


そう、ハシゴです。
これを

e0159646_4314314.jpg


半分に分解して、片方だけを使用します。
このハシゴを、サブガレージの屋根に自立させ壁に固定し、ここに煙突を3点支持で固定する方法を考えたのです。

、、、、というのは結果論であり、最初っから明確な設計図が頭にあった訳では無く、作業を進めながら少しずつ考えていきました。
方法論は様々ある中で、私の技術力をベースに、強度とコストを天秤に掛ける必要があるからです。

そんなこともあり、作業開始からおよそ12時間。ホーマックは往復3回で、、、


e0159646_4403240.jpg
e0159646_4403394.jpg


なんとか完成!!!

ハシゴは自立の状態で、壁には4カ所で固定。

e0159646_4423925.jpg


上側は白い部分に木が走ってるので、それを利用して金具で固定。壁には6mmの木ネジで4カ所ずつ、ハシゴには8mmのボルトとナット4カ所ずつをそれぞれL字金具で。

e0159646_446510.jpg


下側は外壁の薄い鉄板なので、4.8mmのリベットで4カ所ずつ固定し、ハシゴには8mmのボルトを2カ所ずつ。

ちなみに、この汚い塗装はやっつけなので、ノーツッコミでお願いします(笑)
使用した金具類が全てスチールなので、とりあえずの錆び止めとして塗っただけで、美観とかそういうのは一切考えて無いです(笑)

ーーーーー今回一番の功績は、屋根より高いこいのぼ、、、じゃなくてハシゴのおかげで、煙突の3点支持の固定ポイントの数を、平行に増やす事が出来た点です。

e0159646_456615.jpg

e0159646_4553882.jpg


支持金具は性懲りも無く市販品ですが、今回は4カ所で固定しているので、昨シーズンよりは負担が少ないので大丈夫でしょう。

ちなみに、この状態でハシゴのてっぺんまで登り、スパイダーマン張りのポーズを決めても強度に問題はありませんでした。

e0159646_5272997.jpg

e0159646_5265612.jpg




ただ、誤算というか、ハシゴはアルミ製なのですが、意外と『しなり』が大きく、屋根から飛び出た部分はかなり揺れます。

とはいえ、それは人間の重さを局所的に掛けたら、の話であり、もっと言えば、しなった所で問題はありません。
ただ、壁への固定はもう1カ所増やした方が良いかもしれませんね。


ーーーーーーーさて、煙突がバッチリ決まったので、このままの勢いでストーブも設置しちゃいます。
こちらの方は簡単なので、あっという間に終わりました。

e0159646_55565.jpg


設置完了〜♪

「おや?」と思った方はだいちゃん通の方(笑)

e0159646_57184.jpg


そう。煙突の取り回しが昨シーズンとはちょっと違います。効率は落ちますが、ストーブの位置を少し変えたかった為です。
実は、そばにある薪棚とのクリアランスが近く、棚の木がかなり熱くなっていたのが気になっていたのです。
棚の方はぴったりサイズで造った物で移動が利かないので、ストーブを少し離すしかありませんでした。

e0159646_53817100.jpg


昨シーズンと同様、レンガコーティング。
レンガのおかげで、ストーブ内の燃焼温度は格段に上がります。
ただ、薄っぺらい鉄板ストーブなので、2シーズン目ともあれば崩壊の日は近そうです(笑)

e0159646_511216.jpg


早速火入れ☆☆

ん〜〜イイネ!!

e0159646_5132357.jpg


煙突も煌煌と赤くなっています。

そして、

e0159646_5172753.jpg


白煙がモウモウ(><)
室内の煙突に付着してた汚れから煙が出ていたようです(><)

、、、画像は加工してますが(笑)


ーーーーー換気の為シャッターを全開にすると、

e0159646_520242.jpg


お♪なんか、いいね。
裸電球でうっすら照らされた、薪ストーブのあるガレージ。

さぁ来い、冬っ!!

by tm144en | 2014-10-21 05:25 | 薪ストーブ | Comments(7)