<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 30日

衝突安全設計

2009年5月24日、BMWxチャレンジ納車。
翌日、WR250rと林道にて正面衝突。フロントタイヤ~フォークアンダーブラケットまでを損傷した。しかし、対するWR250rはというと損傷したのはスポーク1本だけだった。。。

『衝突安全設計』という言葉がある。車体にクラッシャブルゾーンを設け、その部分が率先して壊れる事で衝突した際のエネルギーを緩和するというものだ。

今回の事故の衝突時のエネルギーは、スポーク1本折る力が全体の1%、チャレンジの損傷が80%だとし、残りがそれぞれのライダーの体へと伝わる事になる。

もし相手のマシンもチャレンジであったらなら、大雑把に考えて損傷の割合は半分ずつになるはずであった。つまり、チャレンジの損傷は40%に押さえられたはずで、そうであれば衝撃はフロントホイールアクスルで完結し、フォークの損傷はなかったかもしれない。修理代が30万円近く安く済んだはずなのだ。
それが、相手のマシンにクラッシャブルゾーンが無かったばっかりに、本来相手が持つべき修理代(マシンの損傷)をも私が被った形になったのだ。それを考えると非常に腹立たしい。

だがしかし、怖いのはその逆である。

もし私もWR250rに乗っていたら、どうなっていたのだろう?
その時もスポーク1本ということは無いだろうが、かなりの衝突エネルギーがライダーに伝わって然るべきと考えられる。
今回私の体は、マシンのすぐ前に「ボトッ」と落ちただけで済んだが、そんなものでは済まない。数メートルは飛ばされるに違いないし、高く上がれば頭から落ちることは避けられないだろう。最悪頸椎損傷になっているかもしれない。
今回の事故で、相手は衝撃でヘルメットが脱げていたので、その場合頭蓋骨陥没等も当然の結果となる。

確率論として、10万キロに一度は大きな事故を起こすというデータがある。
事故を起こす事が避けられないのであれば、ライダーに伝わる事故の衝撃エネルギーをいかにして減らせれるかが、重要なこととなる。

その為にはどうすべきか?

ライダーが着用するウェアー類の性能を吟味するのは当然のことで、乗るマシンの『衝突安全設計』をも視野に入れることが最も重要なのであると私は考える。

by tm144en | 2013-11-30 23:18 | BMW G650x challenge | Comments(0)
2013年 11月 29日

その後

昨日の記事を書いてから、結局心配になったんでタープは撤去しました(笑)
そして、案の定今日にはドッサリ積もってましたね。しかもベタ雪が。
さあ、これからまた楽しい楽しい冬の時期が来るんですね!
雪で景色が真っ白になってからが『冬』ですから。アスファルトが見える、土混じりの今はまだ秋、いや『晩秋』です。『初冬』は積もり初めで、雪の捨て場に困り出した頃が『真冬』。除雪が行き届いて、雪山が小さくなったら『晩冬』。『初春』は雪融けが進み始めたらで、日陰の雪山が完全に融けきったら『初夏』です。

、、、、おっと、なんか脱線してる?

さてさて、自分所の作業も終らせないと精神衛生上良くないのですが、もう一つ片付いてない場所がありまして。。。ソッチも区切り付けないと夢見が悪いと言うかなんと言うか。。。

そして最近、すっかり夜更かし癖がついちゃいましたね。もう、朝早くに起きるなんて出来なーーい(爆)

by tm144en | 2013-11-29 03:19 | Comments(0)
2013年 11月 27日

薪棚&タープ製作

e0159646_23154474.jpg


ガレージ内に置いてる薪が、ざっくばらん過ぎるので棚を作って気取ってみようと。

e0159646_23201686.jpg


材料はナンボでもあります☆
ただ、完全に外で組み上げてしまうと壁や地面との平行が出ない事が考えられるので、枠だけ作って残りは『現物合わせ』します。

その為にまず、

e0159646_23231116.jpg


既存の薪を撤去します。

、、、、と、このまま棚を設置してしまってはナンセンスなので、

e0159646_23253570.jpg


壁のコンクリート部分にプチプチを貼り、

e0159646_23272046.jpg


その上から段ボールを貼ります。
そう。断熱対策です。この方式で壁のコンクリート部分を全部覆ってしまえば、そこそこ断熱効果が上がると考えているのですが。。。

余談
先日頂いた段ボールが実はとても良い物だった事が発覚。外壁のガルバリウム鋼板を包装していたものなのですが、とても長い段ボールでしかも切れ目無いので壁に貼るという行為にとても適していたのです!

この方法だと耐久性の面では難がありますが、とりあえずワンシーズン保てば良いかな?と思っています。

e0159646_23345686.jpg


で、棚設置。低クオリティーです(笑)
真ん中で仕切って、使う方と乾燥させる方とに分けます。

e0159646_23375599.jpg


薪を置いてみた。

っぽいねぇ♪

これで私も、正真正銘の『薪人』ですね☆

、、、ただ、ちょっと窓からの日差しを遮っちゃってますが。。。


ーーーーーさて、第2ラウンドは、

e0159646_2342171.jpg


タープ製作。
天気が芳しく無い時でも外で薪割りが出来るように、タープを立てます。

e0159646_23453640.jpg


こんな感じです。
行き当たりばったり&やっつけなので、低クオリティーはご容赦下さい(笑)ああ、なんか漁師の経験が活かされてるナァ。細かい事は気にしないで、とりあえず形にしちゃう。

e0159646_23484043.jpg


こんな垂れ下がりも、水が流れるように『敢えて』とか言っちゃう。

でも、今夜は深々と雪が降ってますが、果たして明日まで大丈夫かな???

by tm144en | 2013-11-27 23:50 | 薪ストーブ | Comments(0)
2013年 11月 26日

薪。

e0159646_23191591.jpg


ドヤ!

でも、まだまだまだ足りん!!
一説によると、性能の良い薪ストーブを使って、ワンシーズンで乗用車一台分の車庫分の体積分の薪を使うそう。私のは性能が悪い&倉庫なので、、、

なので、性能を上げてみた。

e0159646_2323253.jpg


ドヤ!!

、、、、5時間焚いて現在室温13度。外気温2度。
うーん(汗)。単純計算で、外気温マイナス11度だと、室温0度。。。
まぁ、まだ断熱対策してないんで、アレですけど。

というか、ちゃんと発生熱量の高い薪を燃やさないと駄目のようです。
『燃える』と『暖まる』はどうやら違うようで。

ああ、時間ばかりが過ぎてゆく。。。

by tm144en | 2013-11-26 23:32 | 薪ストーブ | Comments(0)
2013年 11月 25日

近況報告

昨晩、火遊びをしながら缶ビールをチビチビやり、気がつけば漁師の頃の起床時間になっていた。
そんなもんだから、今日は久しぶりに昼過ぎまで寝ていた。やはり、短期的な漁師時計は徐々に遅れ、居酒屋時代のリズムに戻りつつあるような気がする。
とりあえず今日は免許更新を終らせ、温泉→洗濯→食事をこなすともう良い時間になってしまった。

さて、そんな呑気な事をしてて良いはずもなく、終わりの見えない薪割りをしなければならないのだが、ストーブにあたっていると段々とヤル気が削がれていくのであった。。。

e0159646_2305422.jpg


薪ストーブ、落ち着くナァ♪

by tm144en | 2013-11-25 22:46 | 薪ストーブ | Comments(0)
2013年 11月 23日

石原さとみが可愛過ぎる件

e0159646_23395882.jpg


キテるね☆

by tm144en | 2013-11-23 23:38 | Comments(3)
2013年 11月 23日

丸鋸テーブル作成

明日、大量の角材をバッツンバッツン切ってくことになった、というか絶好の薪日和、というか最終日ということで、丸鋸を改造することにしました。

通常の使い方は丸鋸を手に持って行いますが、それだと数こなすと疲れてきます。

ということで、

e0159646_22113948.jpg


こういう形に。角材の方を持って切断します。ザッツ濃昼方式☆
ただし、切粉は全部顔面に降り掛かります(笑)

e0159646_2216511.jpg
e0159646_2217618.jpg
e0159646_22172341.jpg


本当は、これ専用の台座や丸鋸があるはずなんですが、そんな物買ってたら灯油買えちゃうので、自作です。
丸鋸の当て板を外し、先日頂いた作業台に逆さまにして固定という単純な方法論ではありますが、細かい所が難しい。

ステーやらスタッドボルトやらを駆使して、なんとか固定に成功しました。
作業中に外れて惨劇、、、ということには『多分』ならないとは思いますが、取り付け部分が歪んで台座部分に開けた長方形の『穴』に刃が当たる、ということはあるかも知れません。
丸鋸の刃がスパスパ切れる内は大丈夫でしょうが、切れなくなってきてコジりだしたら、危ないかも!?

試し切りでは抜群の性能を発揮しました。面白過ぎて、ついつい切り過ぎてしまう位。

ただ、試し切りをガレージ内でやってはいけない訳で。。。

by tm144en | 2013-11-23 22:28 | 薪ストーブ | Comments(0)
2013年 11月 23日

価値観の置き所

漁師やってた時によくぶつかった、『価値観の置き所』。
まぁ、そもそも漁師ってのは一般人に比べて価値観が違う、というのはあるが、今回はその点では無く。

例えば、ノコギリで木を切ろうという作業をする時に、私はまず周りの環境を見てしまう。切り屑が飛び散っても大丈夫か?後で掃除しやすいか?等と、『ノコギリ作業する場所として相応しいか?』を主眼に置く。

対して漁師の場合は、切ること事態ができる場所であれば切り屑や掃除のことなど二の次三の次で、とにかく作業を1秒でも早く終わらせる事に主眼を置いている。

どちらが正しいか、というのはその環境に左右される。
ただ、長年の飲食店経験から、私の場合『衛生面重視』の精神が根付いており、およそ『衛生面』とは疎遠な環境においても、それを重視してしまう傾向にあるのだ。これは反射的なものなので、改善するのはなかなか難しい。目の前で突然手を「パチン!」と叩かれても、まばたきをしない訓練をするようなものだ。

結果それによって、周囲の人間との『価値観』にズレが生じ、立場的関係から要するに怒られるのである。
怒られるから、私は無能な人間だと落ち込む。
だが、それは無能なのではなく、ただ単に『価値観』が違うだけ。私はとにかく、衛生管理の面においては他人にとやかく言われる筋合いなど無いレベルにあると胸を張れるが、いかんせんそれの発揮しどころが違う。

、、、という、出来ない人間の言い訳、かな?笑

by tm144en | 2013-11-23 06:07 | Comments(1)
2013年 11月 22日

BMW

e0159646_22425053.jpg


『BMWモーターサイクル史』

この本は、BMW社創世からK1に至るまでの歴史、及びBMW社の哲学が記されている。

なぜ水平対向2気筒エンジンにドライブシャフトなのか?

そして、その会社がなぜ4気筒エンジンを採用したのか?

201ページから構成される、その内容の最後にはこう記されている。

『見てくれだけのモーターサイクルを作るのは簡単であるが、あっと驚くスタイルと技術的に正しい機構をあわせもつモーターサイクルを作れるのは、技術と知識と経験のあるメーカーだけである』

by tm144en | 2013-11-22 22:41 | BMW K1 | Comments(0)
2013年 11月 21日

ネタが無いのです(笑)

すみません。ネタがありません(笑)
ニートのくせに、ブログを更新する暇が無いなんて言い訳が出来るはずもなく、ただ単に書くことが無いのです。

「何してるの?」

某グーテファートの店内整理のお手伝いと称して、先日の大工さんの所から頂いてきた角材で棚を作ったりしておりました。

当ブログは基本的にバイクブログである為(とはいうものの、漁師時期の方がアクセス数が多かったという、、、)、濃密なバイクネタをご提供したいのですが、いかんせんガレージの冬支度及び整理整頓が出来ていないという、ああ、だったら某グーテファートと同じじゃん!、、、という状態でして。。。

でも、とりあえず目下の課題は免許更新です。今月の27日までなのでちょいと焦る。免許更新忘れて免許無くなったという知り合いがいるので、余計リアルです。(まぁ、私は免停中に捕まって、無免許運転で免許取り消しになりましたけど?)

土日は天気が良さそうなので、ひたすら薪割りかなー。
となると、丸ノコの刃買ってこなきゃいかんし。ちょっと改造もしたいし。。。

あ、でも、天気良いんなら、乗ってこようかな?

by tm144en | 2013-11-21 23:00 | Comments(0)