<   2013年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 31日

僕達の網揚げ戦争第4日目(秋味)

今日の午前中は、沖と中の型のダンブ外し、午後からアンカー揚げだったのですが、途中でシオの流れが速くなってしまったので作業中断。
いやいや(汗)アンカーと型を繋いでる綱が、直径16mm位で長さが、、、10m?20m?30m?位あるのですが、それをどんどん輪にしていくんです。ところが!全部逆側に『ヨリ』が掛かっちゃって、輪にしようにも綺麗に出来ない!!って状況。でも、どんどん、どんどんロープは揚がってくるし、次から次からヨリが掛かったまんまで。

ロープは基本的に右回りで輪にするんですが、『ヨリ』が逆に掛かってるんなら、左回しで輪にすればよかったんですよ、多分ね。
でも、それは輪にしてから初めて気が付くので、その瞬間に、それまでの輪に重ねないで別の場所に左回しで輪にするのが正解、、、だったのかな?

まぁね。後から考えればいくらでも解決策は思いつくのですが、その時の状況とか精神状態はそうじゃないんですよね。
F1とかのピット作業の風景をご覧になったことはあるでしょうか?クルー一人一人が俊敏な動きで、個々の役割を迅速に行ってる、あの様子。あの風景、船の上での我々にスゴくそっくり。

交通事故の瞬間と同じです。飛び出してきた車を回避しようとする時、どれだけ『正確な』操作ができますか?ってこと。あとから正論考えるのは誰でも出来るんです。

とはいえ、日々、「あのときは、ああすればヨカッタ」という事を反省して、次に活かすように努力すべきなんですが、これまたその『次』が数ヶ月先っていうね(苦笑)しかもその時、同じ作業を担当する確証もなければ、同じ状況である確証もない。
シオの流れ、風向き、波の高さが変われば、何もかも状況が変わってしまう。だから『マニュアル通り』なんていうのは無いのです。
天気を読み、状況を読み、最善の判断を下す。
しかもその判断は、『親方と一致』してなければ駄目。親方が正義であり、絶対なので、「私はこう考える」なんてのは不必要、というか論外。それは、70歳の超ベテランでも、85歳のジージですらも。

そして、たまに親方と考えが一致してて、先回りして動きが取れたとしても、「おお!よくやった!」なんてお褒めの言葉なんか絶っっっっっっっっっっっっ対ありません。それが『当たり前』だから。できることが当たり前であり、出来ない(親方の考えと一致しない)ということは全て『否』。
つまり、日々否定され続けて仕事をしているって訳です。しかし、否定されるのにビビってしまって、率先した動きが取れなくなってしまうと、それも否定されます。
動いても否定。動かなくても否定。

だったら、動いて否定された方がまだマシ。そこで一つ学べるから。

しかし、70歳の超ベテランがボロクソ言われてるのを見て、「ああ、ゴールは永遠に無いんだな」としみじみ思う。

by tm144en | 2013-10-31 16:32 | 濃昼 | Comments(0)
2013年 10月 30日

僕達の網揚げ戦争第3日目(秋味)

網は全部揚がりました。最後の最後の網にも、やっぱりクラゲ(笑)
あと海に残すのは、型とアンカー。多分、明日1日で終わるでしょう。
そしたら今度は網を洗う作業。消防のポンプで洗うんですが、多分丸二日掛かるでしょう。20時間位。網を空中に吊り下げながら、ポンプの海水をひたすらぶっかけ続けるんですが、それに20時間。想像を絶する量です。

でも、その前にまずはアンカー。要注意です!!

あー。カラダがそろそろシンドイ!若者は、動きに無駄が多いから(苦笑)

もうちょっとダ〜。

by tm144en | 2013-10-30 18:39 | 濃昼 | Comments(0)
2013年 10月 29日

僕達の網揚げ戦争第2日目(秋味)

昨日が沖のテアミ。
今日は沖のドアミと、中網のテアミ。ことごとくクラゲ祭りの残骸。
中網のテアミは、沖に比べて全然短いのでラク。テアミ揚げるのが一番楽しい♪

左の巻綱をほどいて、オモテさ持ってく

テアミをダンブルさ入れる

ノシを引っ張る

ノシのゲンゲを切る

オモテから足し綱をトモさ持ってく

トモの足し綱を輪にして、オモテさ持ってく

右の巻綱をほどいて、オモテさ持ってく

テアミをダンブルさ入れる

ノシを引っ張る

ノシのゲンゲを切る

オモテから足し綱をトモさ持ってく

トモの足し綱を輪にして、オモテさ持ってく

endless...

(*オモテ=船頭 トモ=船尾)

、、、、以上の様な作業が、私の意思とは無関係に延々続きます。昨日はこれが5時間位続きました。

あ〜〜〜仕事してるーーーーー!!!
っていう充足感☆
これ味わったら、もう普通の仕事なんて出来ませーン!

さー、明日もガンバんべやー!!!

by tm144en | 2013-10-29 16:41 | 濃昼 | Comments(0)
2013年 10月 28日

僕達の網揚げ戦争第1日目(秋味)

鮭は全然いませんでしたが、ザッパ(鮭以外の魚達)が一杯入ってました。タコも(笑)タコは、鮭の打ち止めのお知らせらしいです(笑)

=========

夏網の(テアミの)網揚げの時、あまりの壮絶な現場に身も心もボロボロになり、その後の賄いのヒラメの味に涙してしまったのも今は昔のお話です。

そして今日、また同じ網を揚げましたが、壮絶さは同じでもさすがに2回目なのでお涙頂戴する程ではありませんでしたが、その後の賄いで他のみんなが「おう、オメェ頑張ったからこれ食えや」って言っておかずを次々にくれるから、目頭熱くなっちゃったじゃないかー!!

しかも尋常じゃない量だから腹パンパンやないかー!!

はぁ。どっと疲れたけど、一番大変な網を初っ端に終わらせたから、あとはラクだな。
さぁ、明日も戦争だど!

by tm144en | 2013-10-28 17:30 | 濃昼 | Comments(0)
2013年 10月 27日

34ちゃい

濃昼の漁師、34ちゃいになる。

e0159646_2332992.jpg


まだまだ若い衆、いえい( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

明日は3000本イクで!!

by tm144en | 2013-10-27 23:30 | 濃昼 | Comments(2)
2013年 10月 27日

【薪ストーブ】薪割りマシーン

頂き物の斧で、

e0159646_13373618.jpg


こんな物を作りました。
で、これを油圧プレスにセットすると、、、

e0159646_13384244.jpg


あらまー☆
即席の薪割りマシーンに!!

e0159646_13395265.jpg


メリメリ、、、

e0159646_13402990.jpg


パカーン♪

よしよし。うまくいったばい♪

by tm144en | 2013-10-27 13:41 | 薪ストーブ | Comments(0)
2013年 10月 26日

網揚げ

遂に、終わる。この台風が過ぎたら、いよいよ始まる。『終わり』の『始まり』。。。

2013年8月18日日曜日。大いなる期待と不安を胸に、秋味の網入れを開始してから70日。総水揚げ30000本には遠く及んでいない。だが、最後の最後チャンスがある。網を揚げるその時に入っている分で、もしかしたら爆発してるかもしれないのだ。金、土、日、そして月曜日も出れるかどうかはまだ判らない。今回の台風の影響で海がシケって、たくさん入ってるに違いない。さらに3、4日分ときたら、もしかすると、もしかするかもしれない。7,8000本入ってたってまるでおかしくは無いのだ。

そう。最後の最後のチャンス!最後の1000円!一発逆転の大チャンス!さあ来い!

by tm144en | 2013-10-26 09:41 | 濃昼 | Comments(0)
2013年 10月 24日

【薪ストーブ】ペチカ『風』

e0159646_15253632.jpg

レンガを買ってきた。先日設置した薪ストーブをペチカ『風』にする為だ。
『ペチカ』とはレンガで造られた暖房で、中で薪等を燃やす事で出た熱をレンガに蓄熱させるので、温もり豊かな暖房なのだが、レンガが暖まるまでに時間が掛かるという欠点がある。

今回購入した薪ストーブはその真逆をいく物で、薪を燃やした直後からすぐに暖まるのだが、薪が消えるとすぐに冷えてしまう。ストーブ本体は薄い鉄板なので、蓄熱する場所が殆ど無いのだ。

私の考えでは、冷えてしまったガレージ内の『物』さえ暖まれば良いので、スタートダッシュ力のある今回の卵形ストーブは理に適っているのだが、ストーブ下や煙突部分などに逃げてしまう熱はレンガにでも蓄熱させておけないのだろうか?というのが始まりだった。

ということで、

e0159646_1536247.jpg

早速設置開始♪

で、
e0159646_1537658.jpg

こんな感じ。

e0159646_15375769.jpg

このスペースがポイント。お弁当暖めゾーン☆

ストーブ全体を覆ってしまってはスタートダッシュ力が落ちてしまうので、最小限の範囲からのみ熱を頂く形になってます。

この後試しにチョコッと燃やしてみましたが、その程度では全然レンガは暖まりませんでしたね。上に置いたヤツはそこそこでしたが。
丸一日焚いて、で、どうなるかって所でしょうか。

冬の薪ストーブライフが楽しみになってきた☆

e0159646_15432989.jpg


by tm144en | 2013-10-24 15:44 | 薪ストーブ | Comments(0)
2013年 10月 23日

【サンバー】オイル&エレメント交換&シャシブラック(23830km)

e0159646_14595093.jpg


やっべ、走りすぎたべ(汗)
600kmオーバー。
漁師になってから、私のサンバー歴、引いては車歴で一番距離が嵩みました。今年に入って10000km近く走ってますよ。その分、バイクに乗ってないっていうね(泣)

さて、オイル交換はいつも通りなんですが、今回はシャシブラックも塗ろうということで、

e0159646_1551942.jpg


こんな感じで上げてます。
、、、って簡単に書いてますが、ヒジョーーーに大変でした(大汗)コンクリートブロックがめちゃくちゃ重い!!!
しかも、ブロックの高さまでジャッキが上がらなかったので、一旦ウマで支えて、ジャッキの下にブロック敷いて、再度上げる、、、てな要領でやりました。

e0159646_159055.jpg


この状態で、ひとまずオイルを抜きます。

それから次のブロックを用意して、、、

e0159646_1594038.jpg


フロントも上げます。
ここまでやらんくても、ウマとジャッキで充分出来ることは出来るのですが、まぁ、やってみたかったんですね。
でも、次やる時は専用のスロープを作ろうと思います。

e0159646_15125025.jpg


シャシブラックはコレ。フンパツして油性の方を買いました。800円位です。水性なら200円位なんですけどね。

e0159646_15134845.jpg


あ、すっげー久しぶり♪
スタンドの時はよく塗ってましたけど、辞めてからは初めて、、、っていうか、自分の車塗るの初めてですね☆

4年位経ちますけど、アチコチかなり錆びてましたね。もっと早くやるべきでした。
エアーで何となくホコリ飛ばして、錆の上からそのままーです。気休めというか、気分だけですね。もっと真剣にやるつもりだったんですが、コンクリートブロック運びしたら萎えた(笑)得意の本末転倒。

まぁ、あれだけ大変な思いして上げたって事は、降ろすのも大変なんですけどね。

、、、え?フロントアップして飛び降りれば良いって?

あーナルホドー!

、、、ってできるかー!!

by tm144en | 2013-10-23 15:18 | SUBARU SAMBAR | Comments(0)
2013年 10月 22日

【薪ストーブ】火入れ!!

この間の日曜日休みだったんスけど、すっっっっっっかり忘れてました(涙)オワッテル
tmの試乗会だったんですよねー。ま、でも、どうせ冷やかしになっちゃうからアレなんですが(笑)鮭が全然獲れないー(涙)

==========

さてさて、『マリオカート』ですよ。ご存知ですよね?


















e0159646_1656426.jpg


ちょっwwwおまっwww

===========

というわけで、

e0159646_1658135.jpg


火入れしました。

「いやいやいや!火入れっつーか、その前に、買ったんだ、てか、言ってたのと違うじゃん!つーか、もう設置しちゃってるし!無いんだ、買いましたーとか、穴開けてまーすとか!」

、、、、っていう声が聞こえる(笑)

すんません。ついうっかり写真撮るの忘れてました。
突然思い立ったんですよ。「やるぜ!」って。で、ジョイフルにソッコー買いに行って、ソッコー取付けたって訳です。
煙突は壁を通しました。

e0159646_172546.jpg


補強の金具、もう一カ所欲しい所ですが、とりあえず。
壁は、
『耐火ボード』ー『木枠』ー『耐火ボード』ー『外壁』
の造りなので、
①内壁の耐火ボードを1枚剥がして、木枠にメガネ石を置く為の台を造る
②外壁を剥がす
③メガネ石の穴に合わせて、外壁側の耐火ボードに穴を空ける
④外壁を付ける
⑤外壁に穴を空ける
⑥煙突を通す

というような手順でやりました。
メガネ石はコンクリートの980円のヤツです。

穴に若干の隙間が空いてる部分は耐熱パテで埋めました。煙突はシーズンオフになったら外す予定なので、煙突との隙間は空いたままです。

薪ストーブ、イイ感じです☆やっぱ、暖かさが違う。安物の卵形ストーブですが、これで充分に感じます。耐久性に乏しいのでしょうが、3980円でワンシーズン保てば、10年で40000円ですから、安い鋳物ストーブと同じです。ま、物は考え様ですね。
暖房性能は、2次燃焼だとか何も付いてはいませんが、ガレージ内の保温性を高めれば必要無いと考えてます。
一発「ガツーン」と焚いて温度を上げてしまえば、あとは焚かなくてもいいや的考え。
シャッター部分の隙間さえなんとかすれば、あのガレージはホボ密封状態まで持っていけるんです。すきま風ゼロ。窓、シャッター、ドアの断熱をしっかりすれば、かなり保温性は高いと思うのです。耐火ボードがどれくらいの断熱性を発揮するかによりますが。壁の隙間に断熱材は入ってないので。

しかし、あまり密閉性を上げてしまうと、薪ストーブなので換気、特に吸気の問題が出てきます。なので、吸気用の穴を空けるとかも考えたりもしたんですが、とにもかくにも、何をするにしてもまずはストーブを設置して、実際に火をつけてみない事には始まらないという結論に至って、今回の設置と相成ったのであります。

薪ストーブは空気を暖めるというよりは、輻射熱で物そのものを暖めるので、すきま風で空気が冷やされてもいいのかな?とも考えるわけですが、はてさて。。。

============

夜、車に乗っていたらスゴい綺麗な月が出てたので、急いで写真を撮ろうとしたのですが、間に合いませんでした。

e0159646_17254062.jpg


しかも、30秒シャッターじゃどっちにしてもムリ。

======

濃昼渓谷(?)

e0159646_17265847.jpg
e0159646_17272081.jpg
e0159646_1727439.jpg
e0159646_17282351.jpg


濃昼の山々も秋色に染まり、いよいよ秋味も終わりに近づいてきた事を感じさせます。
30000本獲って笑顔で終われるかどうかは判りませんが、最後まで気を引き締めて、怪我の無いまま終えることが出来たら、それが何よりです。

さぁ!明日こそ獲るでぇ〜〜〜!!!!

by tm144en | 2013-10-22 17:36 | 薪ストーブ | Comments(2)