<   2012年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 27日

【DB】スイングアーム取付け、締め付け

e0159646_11163083.jpg


チェーンスライダー塗装。
やや、何も言わないで下さい(笑)
白かったのがどうしても気に入らなかったのです。

ええ。チェーンが擦れる訳ですから。秒殺で剥げるのは解ってますって。
でも、塗らずにはいられなかったんです(笑)

e0159646_11185329.jpg


スイングアームピボット含む、ステッププレートを締め込みます。
トルクレンチ使っときながら、もう一声とか言ってマシ締めする私。。。だって、ピボットの締め付けが55Nなのが、なんか足りない気がするのです。tmやフサベルは100Nなのに。。。
やぁ、まぁ、構造が違うから、比較はできませんけどね(笑)

で、4カ所を均一に締め込んで、あ、エキパイ挿して無いじゃん!ってことになってやり直し(爆)

手順としては、、、


ステッププレートとスイングアームに軸を通す(*浮かしておく)

腹下の触媒を装着(仮セット)

後ろのシリンダーのエキパイを通す(仮セット)

ステッププレートのボルト類4カ所仮締め(触媒固定ボルト共締め)

エキパイ固定

ステッププレートボルト類締め付け

こんな感じでしょうかね?自己流ですけど。。。
触媒とエキパイとステッププレートとスイングアーム及びリンクプレートの軸とが絶妙に絡み合っているので、パーツごとに分けて作業を進めれないんですよね。

思いっきり手前味噌ですが、DB7のこの辺触ってる人は、北海道で多分私だけかと(笑)ケケケ♪買ったバイク屋さんにも触らせてませんし(笑)

e0159646_11282123.jpg


さぁ、ここまできたら、あとはひょひょひょひょひょひょいといきまっせーーーーーーー!!


ーーーーーーーーーあ、

今写真見て思ったんですが、DB7の独特の乗り味の『ウネウネ』。なんか解った気がしました。

リアショックの位置が車体の中心じゃないんですよね。加えて、リンク部分はスフェリカルベアリング、所謂ピロボールなので、ショックの下半分はかなり3次元的な動きを許容してます。普通はショックの上下のスフェリカルベアリング分しか許容してませんから、その差は歴然。

よって、リアサスペンションが、路面のウネリに対して過剰な程に反応するというか、全て拾うとでも言うか。加えてショックが右に位置して、スイングアームの形状もアシメトリーですから、こりゃぁもう、一癖も二癖も三癖もある乗り味になるのは、容易に想像出来ますね。

それが良いか悪いかはまた別として。。。

by tm144en | 2012-09-27 11:33 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2012年 09月 26日

【DB】スイングアーム取付け

e0159646_10265520.jpg


日差しは暖かくて気持ち良いのですが、空気は冷たく、いつの間にか秋が来てしまった事を実感させられる今日この頃。
体たらくな生活をしていたせいで、今シーズンは全くと言ってい程バイクに乗っておらず、残るシーズンも極僅か。。。。


、、、、、とか嘆いたって始まらんので!!


e0159646_10292166.jpg


うりゃおい!!


よっしゃやんぜー!!

パンタジャッキではパワーが足りなかったので、油圧のジャッキで再度軸の修正。

e0159646_10302729.jpg


まだズレではいますが、元々の状態がこの程度でしたので、これで良しとします。

e0159646_10312254.jpg


で、仮固定。

いやー、一時はどうなるかと思いましたよー(大汗)

でも、走ってる最中にスイングアームにストレス溜まって空中分解したらどうしよう(笑)

まぁ、スチールだからいきなり『逝く』ことは無い、、、でしょうが?

by tm144en | 2012-09-26 10:32 | BIMOTA DB7S | Comments(6)
2012年 09月 25日

【DB】スイングアームピボット軸補正

なんか、1分に一回位雷が光ってましたよね。夜中の3時位。
音は聞こえないレベルなのでかなり遠くなんでしょうが、光は結構明るいのもありました。

で、あ、撮んなきゃ!、、、と思い、そこそこ見晴らしの良い場所で車を停め、カメラを構え待機。

いやいや、しかし、三脚は持っていなかったので、手持ちでの撮影になりますが、夜中ですから、感度上げるしかありません。

で、光るのは一瞬の出来事ですから、なるべく長秒撮影にしたいのですが、橋の手すりを利用して1/4秒が限界な感じでした。

何度も何度も光ったので、チャンスはいくらでもあったのですが、いかんせんシャッターボタンを押す右人差し指の反射神経の鈍いこと鈍いこと(笑)

んで、結局撮れたのがコレ。

e0159646_6111816.jpg


ほら、真ん中らへんが、薄らと、、、ねっ!?

、、、

「ああ〜。」って声が聞こえルーーーーーー(><;)

深夜の街路樹

e0159646_613243.jpg



=========

さて、軸ズレの件ですが、どうやら私、ヤっちゃったみたいです(苦笑)

ベアリングを入れる際、プレスで変な方向に力入り過ぎたみたいで、、、、、

もともと軸はズレていたんですが、さらに追い打ちを掛けたというかなんというか。。。

、、、、、ま、ということで、

e0159646_6153164.jpg


曲がっちまったのなら、元に戻せばよかろーもん!!

鉄は自由自在ったい!!

塑性域結構あるったい!!

大丈夫だべ!!

by tm144en | 2012-09-25 06:16 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
2012年 09月 24日

【DB】リアサスペンション組み立て

e0159646_9223957.jpg


やはり私は夜が好き。青空広がる昼も好きだけど、夜は夜でまた別の顔があるから。

さて、

e0159646_92426.jpg


とりあえずガレージの掃除から。
アチコチに散らばる、綿棒とタイラップの切れ端。このだらしなさに乾杯。

ーーーーさぁ、今週中に組み立てて、今度の日曜日に乗るぜ!!

e0159646_9251885.jpg


どんどん組み立てていきます。
まずはスイングアームプレート。

e0159646_9264962.jpg


取り付けの為のボルトは、座面グリス&ロックタイト243。私の好きなパターンです☆

e0159646_9273147.jpg


座面にグリスを塗っていきます♪

e0159646_9283350.jpg


言われてませんが、プレートとスイングアームとの当り面にグリス塗布。

e0159646_9293024.jpg


これまた言われてませんが、アクスルシャフトを通した状態でプレートのボルトを締め込んでいきます。
プレートの固定の僅かな『ブレ』で、左右がズレる、、、、、様な気がするだけで、実際は多分問題無いでしょうが(笑)

e0159646_933834.jpg


ショックユニットを取り付け、

e0159646_9333996.jpg


リンクアームを取り付け

e0159646_9341626.jpg


リンク、、、、なんだかもう名称が判りませんが(笑)、リンク廻りのアームだかステーだかプレートだかを取付けます。

e0159646_9354259.jpg


ガンダム合体の日は近そうです。

ただ、ちょっと思う所がありまして。

スイングアームの軸がズレてるんですよね。シャフトが思うように通らない。
これをどうしようかと考えているのですが、はてさて。。。

by tm144en | 2012-09-24 09:37 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2012年 09月 23日

【K-5】幸せになりたくて

ボクはただ、、、、シアワセになりたいだけなんだ。

『キミ』がボクを、きっとシアワセにしてくれるって、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、






e0159646_955548.jpg



、、、と、いうわけで、散々色々頭を悩ました結果、『コレ』が今のボクをシアワセにしてくれるに違いないと。

コンパクトなAPS-Cもいいけど、それは所詮月1〜2回の事。
しかし、ガレージ作業風景は殆ど毎日の事。(最近はさっぱりですがw。だからこそ尚の事 )

D80を使用していた時は、ニッシンのスピードライト&F1.4 30mmで幸せな写真を撮っていたんですが、K-5にしてからは、ビンボー臭いアルミ箔バウンスで撮影しており、しかも光量が足りないのでISOを上げて撮ってました。

まぁ、それで何の問題も無かったので、1年近くそれで過ごして来ました。

ニッシン製のスピードライトは、ニコンとキャノンにしか提供しておらず、ペンタ使いの私は純正品を買うしかありませんでした。しかし、純正はニッシンの約2倍の値段。
同じモノに2倍の値段を払う事がどーーーしてもバカ臭くて今まで我慢してきました。

が、

今回、様々なコンパクトカメラを物色する間に、『本当に必要な物』をよくよく考えた結果、このスピードライトである事に気が付いたのです。

一番のポイントは、バウンスの角度と光量の調節が自在であること。

今までのやり方では、どうしても上手くいかないシチュエーションがありました。奥まった箇所を撮影する時等です。

デジイチを手にしてから、一番多くの写真を撮ったのがガレージ作業風景です。
という事は、その為の投資なら一番意味があると考えました。

コンパクトなAPS-C(数ヶ月後にはフルサイズ!?)も魅力的ですが、それは一過性の物に過ぎません。どうせ飽きます。

K-5を購入した時に、こう誓いました。

「コイツと共に、数多くの『記録』を残していこう』と。

レンズを増やすこともせず、K-5とDA☆16-50だけで、全ての被写体に挑む。そう決めていました。

人間なんていい加減な生き物で、1年近く経ったことで、すっかりその事を忘れてしまっていたようです。

なので今回、このスピードライトを手にした事で、再度イチからカメラと被写体に向き合っていこうと決意を新たにしました。

その為には、撮影場所であるガレージに赴かなければなりません。
今の私があるのは、あのガレージがあるからです。

バイクを触り、記録する。

そして、記事に残す。

この基本を今一度。。。

by tm144en | 2012-09-23 09:28 | PENTAX K-5 | Comments(4)
2012年 09月 22日

近況報告

何もしてない訳ではないんです。
まぁ、かなり等しいですが

とりあえず、写真でご報告いたします。雑ですみません(汗)

【DB7】
e0159646_941297.jpg
e0159646_9411974.jpg


【フサベル】
e0159646_9413891.jpg
e0159646_9415543.jpg
e0159646_94216100.jpg
e0159646_9423445.jpg
e0159646_9424973.jpg
e0159646_943418.jpg
e0159646_943203.jpg


by tm144en | 2012-09-22 09:43 | Comments(0)
2012年 09月 21日

コンパクトフルサイズ

ええぇ!?うそ!?

ソニーーーーーーーーー!!


by tm144en | 2012-09-21 09:45 | Comments(3)
2012年 09月 20日

物欲。。。

なんでしょう。なんというか、バイオリズムなのか、周期的に訪れる『カメラ欲しい欲しい病』(笑)

今悩んでいるのは、

RICHOかSIGMAです。
APSーCサイズの撮像素子で、コンパクトなのが欲しいのです。

で、RICHOでしたら、GXRシリーズでレンズはA-12の28mmか50mm。

SIGMAでしたら、DPメリルの1か2。(28mmor50mm)

e0159646_333720.jpg


e0159646_335119.jpg

ああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ

悩む!!

いや、お金あんのか!?って話もあるんですが(汗)

まず、根本的に焦点距離をどっちにするかさえ定まっていません。
いや、両方持つという選択肢はありません(笑)
広角の28mmか、標準の50mmか。

使用目的は主にツーリング先での風景。なので、28mmの方が安定の焦点距離だとは思いますが、、、

風景を、F値絞って撮るのなら実際APS-C要らないんですよね。っていうかむしろAPS-Cじゃない方が良い場合もあるくらい。1/1.7で充分なのです。
(注:ブログ掲載目的の観点。)
(被写界深度が深い1/1.7の方が都合が良い場合もある)

が、しかし

ムダにデジイチなんか振り回して、ボケた画像に酔いしれてしまった為、旅先でも絶対ボケ画像が欲しくなるに決まってるんです。

となると、やはり大きな撮像素子が必要になってしまうわけで。。。
(注:1/1.7でもボケ画像は撮れますが、大きなボケはマクロ域になってしまうので、やはり用途が限られる)

しかも、ボケボケを重視するなら、28mmよりも50mmな訳で。。。

まぁ、50mmで撮る風景だって充分説得力のある物が表現出来るでしょうし、むしろ僕みたいなトーシローは50mmで学べ!!的な所があると思います。

なので、焦点距離に関しては50mmにかなり気持ちが傾いてはいるのですが、たまーに、いや、しょっちゅう、パースペクティブに酔いしれたくもなるわけで。。。
(でも、そうなると、28mmでも長いという説も。。。)

DPメリルの売りは、何と言っても4600万画素でしょう。その解像度たるや、見えてなかった物さえ写し出す力。

が、しかし、

そうそう容易く4600画素なんて使いこなせません。
確実性を狙うなら三脚は必須です。手持ちで4600万画素活かせる画像にする為には、そうとう条件が整ってないと撮れないでしょう。もしくは、私の鍛錬あるのみ。

しかも、所詮ブログの500キロバイトにサイズダウンするので、その恩恵は皆無と言っていいでしょう。

ただ、メリルのメリット(笑)はそれだけではありません。フォベオンセンサーによる豊かな階調表現、色の再現性、そしてなにより、前シリーズからの大きな違いで、JPGでもその恩恵に預かれるというところがあるのです。これ重要!

そして、カメラ機能の割り切りっぷりも、マニア心をくすぐります。華やかな機能は一切ありません。

コンパクトカメラだけど、その撮影スタイルは中判D645スタイルと言えるのです。1枚1枚をしっかり丁寧に撮るイメージです。

ーーーー対するRICHO GXR

コチラはなんといっても、馴染みが良い。以前GRDを使用していたこともあり、操作関係で悩むことは殆どありません。
しかも、持った感じも抜群。DPメリルは持った感じがあまり良くありません。まぁ、三脚前提であれば関係ありませんが。

、、、、しかし、せっかくのコンパクト。しかも、結構お高いカメラなので、週末のツーリングのみでしか使わないのはちょいと勿体無い。普段使いでも重宝したい気持ちもあります。

まずなんといっても、『メモ帳』としての役割。買い物言った時とか、作業の時とかで、コンデジをメモ代わりに使用することがあると思いますが、まさにそれ。デジイチ引っ張り出すのは、ちょっとねぇって時。店先でデジイチなんか取り出したら、「オイオイ!」ってなりますよね(笑)

あとは、普段プラプラ歩いた時に、なんとなく撮りたくなった時。

まぁ、GXRにA12の50mmユニットを着けた場合、ポケットサイズから少々(かなり?)はみ出してしまうのですが、ブカブカのツナギのポッケならなんとか入るので、ギリギリ許容範囲ではあるのです。

しかも、50mmの方はマクロ機能もついているので、これもなにかと重宝します。
K-5はマクロレンズに投資してませんので、作業中の撮影で、どうしてもパーツをアップで撮りたい時なんかに役立ちますよね。(K-5でトリミングすれば済む話なのはナイショ)

DPメリルは、バッテリーの保ちが悪かったり(4600万画素使わなければもっと保つのかもしれませんが)、操作系がややもっさかったりと、普段使いのレスポンスの良い使用方法ではちょっとかったるさを感じることがあるかもしれません。
ただ、それをも帳消しにする画を吐き出してくれるとは思うのですが、いかんせん使ってみないと分らないので、悩ましい所です。
もう、冒険は出来ないですからねぇ。。。
GXRなら、安定の画を得る事が出来るので、購入後の不安はありません。使用感が想像出来るので、ある意味買う楽しみはありませんが、必要な物を買う、ただそれだけって感じです。

なので、ドキドキを買うならDPメリル、、、


あああああああああああぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜もうっ!!

by tm144en | 2012-09-20 04:01 | Comments(7)
2012年 09月 17日

ももクロっすよ

土曜日は道民モノノフオフ会、日曜日夜は、クラブでももクロDJイベント!
ももクロ2DAYS☆☆☆
もう、体ボロボロっすわ(笑)

いやー、でも、楽しい♪ホント楽しい♪

ももクロが楽しいのもありますけど、なんか曲に会わせて躍ったり叫んだりするのが面白いのです。
そう言えば若かりし頃は、そういうの好きだったもんなー。

なんか、バイク乗るようになってから、暗くなってきたんじゃないか!?

バイクは自分と向き合う為の最良のツールで、音楽フェス的なものは、集団を一つにまとめる最良の行事ですね。

ももクロ最高〜〜〜〜〜☆☆☆


e0159646_21310.jpg


*この格好で歩いてたら、人生初の「写真撮らせて下さい」攻撃(笑)次から次へと(汗)決め顔考えておかないと(笑)
道行く人に、「あ!!モノノフだ!!」とかって指差されるし(笑)

基本的に目立ちたがりなのは、何やってても一緒w

by tm144en | 2012-09-17 02:01 | Comments(4)
2012年 09月 13日

空っ!

e0159646_12495756.jpg


空〜〜〜〜!!!

空が好きだぁ〜〜〜〜〜!!!

あと何回この空〜〜〜〜?

1日1日をムダにすんなぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

by tm144en | 2012-09-13 12:51 | Comments(0)