<   2011年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 27日

【サンバー】銭函ドライブ

e0159646_19492218.jpg


バズーカ砲をぶっ放す為、銭函とその近辺をウロウロしてきました♪
デジイチデビュー戦、カメラマンゴッコの旅☆

して、その成果は如何に??

写真の出来は置いといて、とりあえず

楽しい〜〜〜☆☆☆


e0159646_19545374.jpg


カモメさん達をバズーカ砲で狙撃してるのが、メッチャ楽しかった〜♪

カメラを構え、中心のフォーカスポイントで『獲物』をロックオンし、シャッターで

「ファイヤ〜!!」

『写真撮影』じゃなく、『シューティングゲーム』感覚でしたね(笑)

さすがデジカメ!無駄玉打ち放題♪

今日1日で使った無駄玉は全部で300発。

ヘタの鉄砲数打ちゃ当たる?


当たんない当たんない!!そんなに甘く無い!!

ピントと構図が『ギリギリセーフ』なだけで、良いか悪いかで言ったら

評価に値しない


自分自身が楽しむだけならさておき、人様にお見せするようなモノでは御座いません。

だけどもだっけっど、僕の成長の証として残しておく事にします。

そんな駄作集はコチラをクリック!!

by tm144en | 2011-02-27 22:00 | SUBARU SAMBAR | Comments(2)
2011年 02月 26日

買っちった(大汗)

e0159646_15335440.jpg


自分で自分が怖くなる程の購買意欲に、ただただ唖然。そして興奮。

僕の将来、絶対苦労するだろうなぁ〜。。。

ま、でも、

『今』が全てでしょ!!


e0159646_15345524.jpg


既存のレンズと比べて、少し長い程度です。

そして、その画像は、、、

e0159646_1537333.jpg


が、

e0159646_15375325.jpg


です☆

いいねぇ〜♪

しかし特筆すべきは、そのズームではなく、

フォーカス速度



手ぶれ補正機構

です。

僕の様なシロートには、ココが重要。そして使ってみなければ解らなかった事。

まずそのフォーカス速度は、

文句無し!!

状況にもよるでしょうが、寸分の迷いもなく、

スパッ!!

っと合います。

また、『OS』と呼ばれる手ぶれ補正機構も、バッチリ!!

1と2があるのですが、1の機能が秀逸!!
ファインダー内の画像が、補正されるのです!!

被写体を狙ってピントを合わせると、

サッ!シューン。。。


ってなるんです!!(じゃ、解らない 汗)
何分、僕に知識がないので、どう説明したものか(汗)

ズーム端で、手持ちで全然余裕で撮れますね!!被写体の狙い打ちが心配されましたが、全然大丈夫ですねっ☆☆☆

とにかく、

もの凄くイイ!!

少なくとも、僕の様なシロートには文句無しです☆

重量感は否めませんが、テンション上がってるんで、気になりません(笑)

レンズの暗さも、外の明るさがあれば全く問題無いでしょう!!


いやぁ〜良いモノ買ったぁ〜!!

これから5ヶ月間、ビンボー生活ですが(涙)

by tm144en | 2011-02-26 15:48 | PENTAX K-5 | Comments(4)
2011年 02月 26日

【フサベル】完、、、、成!?

e0159646_12262587.jpg


あ、背景変わった(笑)


ーーーーさて、長く続いたフサベルエンジンO/Hネタも、大団円となりました☆
残す作業はあとわずか。

まずは、

e0159646_12284248.jpg


これを付けます。謎の部品。油圧系統のなんかだと思うのですが!?
そう言えば、バラしてる時に調べるつもりでいたのすっかり忘れてました(汗)

e0159646_12302193.jpg


エンジン右側面の油圧クラッチのピストンの隣にあります。

e0159646_12321958.jpg


オイルを少量付けて、20Nで締め込みます。


次に、フライホイール(電磁ローター?オルタネーター?)のセンターのナットを60Nで締め込みます。

e0159646_1234098.jpg


ココは逆ネジなので、逆方向にも使えるトルクレンチでなければ使えません。ま、そこまでトルクにコダワル必要も無いと思いますが。。。

最後に、

e0159646_12352821.jpg


セルモーターを取り付けます。泥を綺麗にし、Oリングを新品にします。


、、、、あっ!!


e0159646_12362867.jpg


ここキタネェ〜なぁ〜(汗)
セルモーター付けたら掃除出来なくなっちゃうから、先に綺麗にしておかないと。

、、、でも、もう今日は時間切れ〜。バウンス対策に時間掛け過ぎました(汗)

その対策とは、、、

e0159646_1238204.jpg


ロールスクリーンやら、カーテンやらをとりあえずそこら中に。。。
家に余ってた物を使って、即席で仕上げました。



e0159646_12395748.jpg


秘密の光源(笑)

スクリーンもカーテンもクリーム色なので、何か絵が全体的にクリーミーな感じになってますね。
カラー調整しようかな!?

最後に、、、

e0159646_12421974.jpg
e0159646_12423118.jpg


フルッフー♪

その光景は、まさに『カメラマン』でした(笑)

by tm144en | 2011-02-26 12:43 | HUSABERG fe650e | Comments(4)
2011年 02月 26日

欲しい。。。

欲しい!!!

黒くて、太くて、長くて、固くて、伸びたり縮んだりする、、、









e0159646_2243070.jpg


誰か助けてぇ〜〜〜!!沼が!!沼がぁ〜〜〜〜!!!!

でも、、、

安くね!?

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

というズームレンズなんですが、『50-500mm』って!!!

しかも、手ぶれ補正が付いてて、手持ちでも撮れるそうな!!

F4.5なので暗めのレンズですが、日中の外でしか使わないと思うので心配には及ばないでしょう。。。

レンズ単体で2000gありますが、筋肉鍛えればいいでしょう。。。

、、、、て、ダメダメダメダメ!!!!!

ダメェ〜〜!!!

大体、何を撮りたいの?ってか、500mmで何が撮れるの?小鳥さん撮ってどーすんの??

おちつけーおちつけー!!

とりあえず、まずはガレージの撮影スタジオ化からでしょ!!

レンズも被写体も逃げないから急がなくていいから!!

どなたか心優しい方!このレンズのデメリットがあればご教示願います!!メリットは要りません!!

、、、、あ〜だめだぁ(汗)
このブログ見てる人、多分みんな悪い人ばかりだろうなぁ〜。。。苦笑

by tm144en | 2011-02-26 02:36 | Comments(6)
2011年 02月 25日

【フサベル】ウォーターポンプ取り付け

フサベルネタは淡々と続く。。。

================

e0159646_5384761.jpg


クラッチカバーのボルトに固着したネジロックが付いていたので、ワイヤーブラシで磨きます。



あっ

e0159646_5401267.jpg


ダイス使ったら良いじゃん☆
楽勝楽勝〜☆

一通り綺麗にしたら、

e0159646_5412738.jpg


ネジロックを塗り直します。一般的な中強度の物です。独断と偏見にて。

最近ネジロック好きになってきました♪グリスより良いかも!?

e0159646_5425364.jpg


カバー取り付け終了〜☆

続きまして、

e0159646_5433373.jpg


ウォーターポンプです。
で、まずは、

e0159646_5441341.jpg


カバーを綺麗にします。

e0159646_5444451.jpg


隙間は得意のメンボーで。
あと気になったのが、

e0159646_5461228.jpg

接着面に『バリ』が出てるじゃないですか!
なん〜〜〜〜の問題もありませんが、

e0159646_5454443.jpg


綺麗好きなので。

e0159646_5481755.jpg


ボルトも錆が浮いてたので、磨きます。

e0159646_5475714.jpg

役者が揃いました☆
早速取り付けます。

e0159646_5494399.jpg


スクリュー、、、プロペラ、、、?
、、、を付けます。

e0159646_551819.jpg


ボルトにはグリスを塗布。錆び止めの意味で。紙のガスケットが入ってる部分なので、ネジロックよりグリスの方が良いとか、、、、ないか!?


さぁ!!ラストスパートじゃぁ〜!!


by tm144en | 2011-02-25 05:53 | HUSABERG fe650e | Comments(2)
2011年 02月 24日

【CAMERA】フラッシュ考察

e0159646_13244570.jpg


ちょっと、雪解け早過ぎませんかね!?まだ2月ですよ(汗)

パドルタイヤ間に合うかなぁ〜。。。

==================

e0159646_13235756.jpg


ジャジャ〜ン☆
フラッシュ買っちゃいました♪暗いガレージ内で撮るにはやはり必須ですから。

最初は、

e0159646_13282494.jpg


こういうのにしようと考えてたんですが、ちょっと高過ぎたので、カメラに取り付けるタイプのにしました。


e0159646_13295646.jpg

本体に、別売りのディフューザーも取り付けてます。これを付けることで、フラッシュ特有のどぎつい感じが幾分和らぎます。

あとは本体を、

e0159646_1332924.jpg


このように上に向けてバウンスさせることも出来ます。バウンスとは、被写体に直接フラッシュを当てるのではなく、回りの物からの反射を利用する方法です。

あとは、フラッシュの光量と、バウンスの為の環境整備等、少しでも良い風合いの写真が撮れる様にこれから研究していく次第であります。

ちなみに、撮影比較。。。

①フラッシュ無し

e0159646_13363057.jpg

まぁ何とか撮れてはいますが、シャッター速度が遅いので、ちょっとブレてます。
全体的に、なんかどんよりした印象を受けます。

②本体内蔵フラッシュ
e0159646_13372850.jpg

レンズの先っちょの影が写り込んでしまってますね。近距離だとこうなってしまいます。
被写体の写り自体はまぁまぁですが、背景が暗くなり過ぎているのであまり頂けません。


③外付けフラッシュ(ディフューザーのみ)
e0159646_1342487.jpg

被写体も自然な風合いでしっかり写ってますし、背景も薄ら写ってるので良いですね。
もちろん、まだまだまだ改良の余地はありますが。。。

④RICOH GRDⅢ(フラッシュ無し)
e0159646_1343965.jpg

さすがリコー!フラッシュ無しの、F9でこの明るさ!!F1.9単焦点レンズの底力を目の当たりにしました!!
写りもやはり1番慣れてるカメラなので、しっくりきます。
この程度の写真なら、GRDで充分過ぎる程の写りです。

ま、あれやこれやと模索してる内が楽しいんです♪

by tm144en | 2011-02-24 13:58 | PENTAX K-5 | Comments(2)
2011年 02月 24日

デリタイヤ入荷!!

e0159646_4283861.jpg


キタァ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

うえさか貿易渾身のエンデューロタイヤ

Deli Tire

お得な『2daysセット』を2セットです。

『フロント1、リア2』で『2days』となります。120と140を頼んだので、合計6本になりますねぇ〜(冷汗)

これを11’シーズンの

足枷

として、乗って、乗って、乗りまくってやる〜〜!!!!

、、、ちなみに、120は初めtmに履かせ、その後ベータRRにお下がりします。
140はフサベル→チャレンジと履かせます。

tmとフサベルは、なるべく新品に近い状態でのみ履かせようという魂胆です。


e0159646_4364029.jpg
e0159646_4365154.jpg


これが『あの』フロントタイヤ。刺さりそう〜〜〜〜☆

e0159646_4374266.jpg


リアタイヤのブロックも、「シュッ!」っとなってて刺さりそうですね!ブロックの裾の部分が狭いので、刺さり易そうです。ミシュランの裾はもっと富士山的な感じでした。6daysも狭めでしたね。


e0159646_4412512.jpg


その他のアイテムもズラリ☆
Deriグッツも!!
Deriキャップいいですね☆ツインエアーのチャイニーズハットみたいなのもついてきました、、、て

エアフィルターです(笑)


大金すっとんだぁ〜(涙)

by tm144en | 2011-02-24 04:42 | tm 144en | Comments(0)
2011年 02月 23日

【フサベル】クラッチカバー取り付け!!

終わりが見えてキタァ〜〜♪

まずは、

e0159646_12523365.jpg


シフトチェンジシャフトとキックスターターシャフトのシールを交換します。

あっためてやろうかなぁ〜と思ったんですが、

e0159646_12541912.jpg


なんかメンドクサかったのでそのままパカスカ打ち込みました(汗)

次に、

e0159646_12545590.jpg


ウオーターポンプ部分のシールも。
コチラは、エンジンオイルとの仕切りにあたる部分なので、重要です。

、、、、こっちこそちゃんと暖めてやった方がイイのでしょうが、

e0159646_1256394.jpg


ガンガン打ち込んで、この有様(爆)

だめだぁ〜。。。完成急いで、適当になるパターンだ(汗)
イカンイカン!!ちゃんとせねば!!!

クラッチカバーを閉じるにあたって、

e0159646_12584180.jpg


ここに、Oリングをセットするのですが、引っかかりがないのですぐ落ちてしまいます。

これをどうしたかというと、

e0159646_12594947.jpg


シリコンガスケットを少量塗り、

e0159646_1302073.jpg


それをノリ代わりにくっつけてしまうという、策です。

、、、が、多分、メーカー側の思惑は、エンジン寝かせてやるから、そんな必要は無いのでしょうね。

エンジンの作業台が有ればそれは簡単な事ですが、無いと横にするのも一苦労です。反対側は真っ平らではないので安定しませんし、なんかエンジン横にするのそもそも好きじゃないのです。

あとは、

e0159646_1335726.jpg


ウォーターポンプシャフトにOリングをはめる際、ビニールで保護してゴムを傷つけないようにします。
しかもそのあと、ビニールのサイズをもう少し小さくして、クラッチカバーを取り付ける時にも使用します。ウォーターポンプシールの傷付けにも留意が必要です。ここはかなり慎重にやるのが良いでしょう。

、、、が、ちゃんと専用のシリコンカバーが純正部品で売ってるので、買った方がお利口さんです。

それでは、

e0159646_1385814.jpg


閉鎖っ!!!

e0159646_1394414.jpg


ま、当然のことではありますが、ボルトは全箇所均一になる様に徐々に締め込んでいきます。で、僕の場合お約束のグリス塗布をします。

で、10Nで締め込みます。

そして、、、、


e0159646_13113070.jpg



よっしゃ〜〜〜〜〜〜☆☆☆☆
ついにここまでキタァ〜!!!!


by tm144en | 2011-02-23 13:12 | HUSABERG fe650e | Comments(5)
2011年 02月 23日

【CAMERA】絞りとシャッタースピード、、、かーらーの、適正露出

今回は、絞りとシャッタースピードの関係をまとめます。

最近理解したばかりの内容を、いけしゃあしゃあとエラそうに書いてることについては、ご容赦下さいませ(汗)


===================

絞りとシャッタースピード。絞りは、前回お話しした様に、映像を取り込む『穴』の大きさを変化させる事。
シャッタースピードとは、文字通りシャッター(カシャッ!)の『速さ』の事です。シャッタースピードが速ければ、動いてる被写体の一瞬を捉える事が出来ます。まるで時間を止めたかの様に。
また、逆にシャッタースピードが遅いと、動いてる被写体の場合、分身の術でも使ってるかの様な画像になります。おそらく、どなたにでも経験のある事だと思います。

なので単純な話、『動きのある被写体』を撮る場合シャッタースピードを速くすれば良いのです。

また、前回の話に戻りますが、奥行きのあるピント、『深い被写界深度』の写真を撮りたければ、絞りをガッツリ絞ってあげれば良いのです。





が!!

世の中そんなに甘く無いのです。
ここで立ちはだかるのが、タイトルにもありますように、

適正露出

を得られるかどうか。これに掛かってくるのです。

適正露出とは、簡単に言えば『ちゃんとした写真』かどうかという事。白飛びしてたり、真っ暗だったりでは『適正露出』とは言えません。

ここで、例を挙げます。


e0159646_3322550.jpg

F値(絞り):1.9
SS(シャッタースピード):1/49

上記の設定で、適正露出を得る事が出来ています。ちゃんとした写真になってますよね。
しかし、奥のバイク(999R)が少しボケてしまってます。
999Rにもしっかりピントを合わせたいので、

絞りだけF1.9→F9

に変更します。それ以外の条件は統一です。

すると、、、


e0159646_3365828.jpg

F9
SS1/50

今度はどうでしょう。コレを『芸術だ!!』と言い張れば、そうなってしまうのかもしれませんが、常識的に考えてマトモな写真とは言えないでしょう。つまり、適正露出を得ていないということになります。

なぜこのようなことになったかというと、『絞り』を絞る(F1.9→F9)ことで、レンズから入って来ることが出来る『光の量』が制限されてしまうからなのです。
(*光の量=映像の鮮明さ)

では今度は、絞りはF1.9のままで、シャッタースピードを上げたらどうなるでしょう。


e0159646_3471557.jpg

F1.9
SS1/1000

これも、②と同じ様な結果になってしまいましたね。絞りを開放(F9→1.9)して光を取り込む穴を大きくしましたが、取り込む時間が短過ぎたのです。1000分の1秒ですから。

では逆に、シャッタースピードを下げたらどうなるでしょう?


e0159646_3571755.jpg

F1.9
SS1”

と、今度は白飛びしちゃいました。この撮影場所の光源下では、絞りがF1.9の場合、シャッタースピードは1秒でも、1000分の1秒でも、駄目ということになります。

つまり、適正露出を得る為には、

どれだけの『量』の光を

どれだけの『時間』取り込むか


を、しっかり把握しなければならないのです。

では、試しにやってみます。

後ろの999Rにもピントを合わせたいので、絞りはF9にします。
でもって、シャッタースピードは1秒のままにします。


e0159646_43269.jpg

F9
SS1"

おお〜☆イイ感じになりましたねぇ!

でも、ちょっと明る過ぎる感じがします。
絞りはこれ以上絞れない(GRDⅢはF9まで)ので、シャッタースピードを少し速くします。


e0159646_453419.jpg

F9
SS1/4

おお〜〜☆☆これで完璧ですね!つまり、適正露出を得ることに成功しました♪

①の写真はカメラのオート設定で、奥の999Rにはピントを合わせてくれませんでしたが、手動で絞りとシャッタースピードを調節してあげたことで、999Rにもしっかりピントがあいました。


================

昔々のフィルムカメラの時代、適正露出を得る事が最大の難関でした。適当に撮っただけでは写真にすらならないからです。現像屋さんに持っていっても、ネガ代だけ取られて、写真は1枚も無しという事がざらでした。子供心には「ぼったくられてる!」と思ってましたが、今思えば、ちゃんと写ってなかったのでしょう。

ところがデジタルカメラになったことで、『適正露出』を『自動で』得る事が可能になったのです(*注 多分 )

撮影者は、被写体にカメラを向けてシャッターを押すだけで、簡単に写真を撮る事が出来るようになったのです。血のにじむ様な努力をしてフィルムカメラをマスターした人からすれば、腹立たしいことこの上ないでしょう。

カメラの『オート設定』だけでは物足りない人の為に、『絞り優先』や『シャッタースピード優先』というのがあります。
絞りか、シャッタースピード『までは』撮影者の意向に添う、、、といったもの。

絞りやシャッタースピードの任意の設定に対し、カメラが適正露出を得る為に自動でシャッタースピードや絞りを調節してくれるのです。

なんと有り難いことなんでしょう!!

ただし!

『マニュアル設定』はそうはいきません。全て撮影者の責任になってしまいます。
なので、撮影者がミスると②〜④の様な写真になってしまいます。

また、⑤の様に好みの範囲と言える『明るさ』にする場合、『露出補正』という機能があります。

しかし、露出の明暗を調整する機械的な構造はありません。あくまで『絞り』と『シャッタースピード』が基本なので、カメラが撮影者の意向に添った露出にする為、絞りやシャッタースピードの値を自動で計算してくれるだけなのです。
なので、『マニュアルモード』で『露出補正』の機能は働きません。

=================

デジタル技術の進歩によって、カメラが格段に使い易くなった今、『絞り』だの『シャッタースピード』等を『正確に』理解する事が果たして意味があるのか無いのか、、、、はさておき、とにかく知っておくに越した事はないでしょう。

間違った解釈をしていたら、自殺もんですが。。。(冷汗)

by tm144en | 2011-02-23 04:32 | PENTAX K-5 | Comments(0)
2011年 02月 22日

【フサベル】あわや!キックスターター他

e0159646_10385444.jpg


e0159646_10391662.jpg


スズメちゃんとか撮ってみたり。。。

使い方とか、訳解らん(汗)

=========================

フサベルの、クラッチカバー内での出来事が依然として続いてまして、そろそろ飽きが回って来る頃だと思います。

e0159646_10441875.jpg


、、、そろそろ終わります(笑)

その前に、重大な事を思い出しました。ほんと、「ふと」思いついたのです。

キックスターターギアのワンウェイ構造の部分なのですが、

e0159646_1043255.jpg


『コレ』の取り付け、こうじゃ無くて、

e0159646_10451496.jpg


こうなんです。

上の状態だと、エンジンが回ってる間、ずっと「カラカラカラカラ、、、、」ってなってしまいます。初めそんなもんだったっけ?とか思いながら気にしてませんでした。
しかし、よくよく考えてみると下の写真の様に、キックレバー定位置に来るとコマがキックギアに当たらない様に収納される仕組みになっていたのです!!

エンジン掛かってる時にキックレバー降ろしたら「カラカラカラ!!」って鳴りますよね。あれって、このワンウェイクラッチのコマが当たってる音だったんですね☆

それが上の写真だと、レバー戻しても音が鳴り止まない所だったんです!!

気付いて良かったぁ〜〜♪

ホント、「フッ」っと降臨してきましたから。

さて、そしたら後はまた同じ行程をこなしていき、

e0159646_10533335.jpg


再生した緩み止めのワッシャーも取り付け、

e0159646_10541231.jpg


クラッチスプリングとボルトの固定までやっと辿り着きました☆☆☆


長かったぁ〜(遠目)


まぁ、まだまだ先は有りますが(汗)

とりあえず次の行程は、クラッチカバーの取り付けです。

が、その前に、

e0159646_10564634.jpg


キレイキレイしなきゃね!隙間が多いので、手こずりそうです。。。

シール類も取り替えます。


e0159646_1058773.jpg


磨き行程は終了〜☆

シール打ち換えはまた後日〜♪

(*ちなみに最初のスズメと最後の写真はデジイチですが、まだまだ修行が足りませんね。というか、GRDと同じ様にはいかないです。多分広角の違いだと思いますが、なんか違和感を覚えます。
あと、どうせならオートフォーカスではなく、マニュアルフォーカスでやってみましたが、目が着いてかないです。
ま、まだ初日なので。。。)

by tm144en | 2011-02-22 11:02 | HUSABERG fe650e | Comments(0)