<   2010年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

【モントーク】洗車&観察

e0159646_8584987.jpg

モントー君を洗車です。日曜日に乗って、月曜日はまるまる放置で、今日洗車です。
最近の傾向として、日曜日死力を尽くして遊んで、月曜日はまるまる放棄パターンが殆どですね(汗)。ほんの数年前までは違ったんだけどなぁ〜。。。


e0159646_914756.jpg

細々洗っていると、ふと、至る所に錆腐食があることに改めて気付かされました。


一番手痛いのは、
e0159646_933223.jpg
e0159646_934335.jpg

フロントの、、、、、フォーク、、、じゃなくて、、、、2本の棒?ステアリングアーム?、、、の、写真の様な腐食、ってかカビ!?

ちゃんとやってるつもりなんだけどなぁ〜。毎走行後必ず洗車しますし、ワックスだってかけてるし。エアーで水出来る限りトバしてるのに。。

e0159646_964674.jpg

フロントのブレーキディスクの塗装も剥げて来てるし、、、


e0159646_972841.jpg

パニアケースの持ち手付近の安っぽいメッキもイチコロだし、、、

e0159646_98946.jpg

エンジンのフィンの間なんて、どうやったってキレイにならないし、、、


e0159646_985398.jpg

下の方は飛び石で傷だらけだし。。。。


たったの5年で23000kmなのに、なんだかやつれてきてるなぁ。。。。毎回洗車には力を入れてるだけに、ショックですねぇ。

まぁ、機能に影響する所ではありませんが、この分だと、中身も怪しいぞぉ。。。


だって、
e0159646_912356.jpg

オイルの量がヤベェぞぉ〜。

写真を見る限りでは、「え?大丈夫では??」って感じですが、実はこれ、エンジンの左側面に点検窓があるんですが、サイドスタンド立ててメッチャ傾いてる状態ですから!!
車体起こしたら、当然窓からオイルが消えてしまいますよ!

日曜日、走行前に点検した時は大丈夫だったのを確認してるので、すなわち300キロで500cc以上は減った事になるのでしょう。
ま、そういえば、ムキになって随分ブン回したからなぁ。。。。
ちょっと酷使し過ぎたかな!?

ごめんよ〜モントー君〜(涙)

by tm144en | 2010-08-31 09:17 | BMW R1200c モントーク | Comments(5)
2010年 08月 30日

【モントーク】天勝ーリング (てんかツーリング)

本日は、とあるお方からのお誘いでツーリングチームのツーリングに参加させて頂くこととなりました。

ということで、モントークのタイヤを交換したりしてた訳ですが、当日出発前の時間を使ってプラグの交換もします。もう、2万キロ交換してないんでね(汗)

モントークはツインプラグを採用してまして、

e0159646_753667.jpg

ここと、

e0159646_75315100.jpg

ここ。

そう。一般的な上死点側に2個なのではなく、下死点側に1つ配置されているのです。

で、そのプラグですが、
e0159646_75249100.jpg

なぜか、ボッシュとNGKなんですよね。品番が違うだけならまだしも、なぜにメーカーまで変える必要があるんでしょ??これこそが、BMWの『コダワリ』というやつでしょうか???

e0159646_757516.jpg

BMWのプラグは、BMW専用なのですが、箱に締め付けトルクが記載されているので助かります。


e0159646_875216.jpg

右シリンダーの下死点側のプラグ(写真左)だけが、オイルで濡れてましたね。左シリンダーなら、サイドスタンドの関係で解らなくもないですが、右シリンダーって。。。。


して、残った時間を使って、
e0159646_80420.jpg

おバイクの身だしなみを整えます☆

その前に、オマエが風呂入れって感じですが(爆)


====================================

e0159646_81997.jpg


バイク屋さん主催のツーリングには何度も参加したことはありますが、こういったツーリングチームに混じったのは今回が初めてです。(当たり前ですが 汗)

初めての経験なので、いったいどうなることやら期待と不安で胸がイッパイイッパイでした。

が、

みなさんベテランライダーの方ばかりで、僕の不振な行動にも配慮して頂き終始なんの問題もなく走り切ることが出来ました♪

今回のルートは、

e0159646_8175229.jpg

こんな感じです。

e0159646_8183638.jpg

道中、オロフレ峠パーキングにて。

実はオロフレ峠って、
e0159646_8192032.jpg

こんな感じで道が通ってたらしんですが、あまりにも危険な道なので、現在の迂回路が出来たそうなのです。

このパーキングには『わざわざ』くる形になっています。赤い道が通れる時は、ここからそちらの方に続く道があるのですが、今はゲートで塞がれています。

でも、、、、

そのゲートはとても簡素なものなので、、、、、

、、、、、、オフ車で行ける、、、、かも、、、、、???


e0159646_8232352.jpg

久しぶりのチキウ岬です☆
ちょっとガスかかってたのであまりキレイに地平線は見えませんでしたが、天気は快晴だったので気持ちがよかったです♪


水平線?↓↓↓(写真をクリックして、もう一度クリックして、『元画像』というのをクリックして頂くと、大きな画像でご覧になれます)
チキウ2
チキウ2 posted by (C)だいちゃん


さて、今回のメインイベントである、『天勝(てんかつ)』さん。

e0159646_8362954.jpg

室蘭にあるそのお店は、かの天皇陛下も訪れたという、老舗中の老舗。

日曜日の昼下がり、シャッター街と化した小さな一角で、そのお店だけは異様な数の人で賑わっていました。

それはそれは、さぞおいしいんでしょうなぁ。。。

と、やや半信半疑な僕。

特性丼という、エビとホタテのかき揚げののった天丼を注文。

運ばれてきたどんぶりが、
e0159646_842821.jpg

確信犯的に器からはみ出している、天ぷら。

e0159646_8502991.jpg

見た所、至って普通の天丼ですが、して、お味の方は、、、、、






ウマい!!!


うまいうまいうまいうまいうまい!!!!


こーれーはーウマい!!!

天ぷらの表面は敢えてサクサクではなく、タレにつけてややしんなりとしていますが、それがまさに『絶妙!』

そして秀逸なのはそのタレ!!

言葉では表現出来ないこの味は、人生で1回は、いや10回は食べないとこの世に生まれてきた意味が無い!!と言ってもいいくらい。

こんな近場で、こんなに美味しい物に出会えるなんて☆☆☆☆

ああぁ〜多和平の焼き肉に匹敵するなぁ〜。。。

賛否あると思いますが、僕はオススメです♪

e0159646_8563661.jpg

無我夢中で食べました♪


して、食後はやっぱり、

e0159646_912668.jpg

ですよね〜☆

初めてご一緒した方々でしたが、この辺りの感性に相違が無かった事が良かったです☆

また機会が合いましたら、是非ご一緒したいと思います☆

=====================================
さて、モントーク談を一言。

『水平対向エンジンは、ヒラリヒラリがお得意』

今回のルートで、一番面白かったのが、洞爺湖の右側の道。
大きく回り込む様なコーナーも無く、ストレートも短め。右と左が交互に訪れる感じがする道で、まさに『ヒラリヒラリ』と走れるのです。
多分、DBだったらちょっと不完全燃焼しそうなレイアウトですが、モントークなら楽しく走る事が出来ました☆

あと、あまり褒められた事ではありませんが、街中でのすり抜け。

車の間を、右に左にスルリスルリと縫ってくのが、楽というより『快感』☆
普段殆どすり抜け等はしないのですが、今日に限ってなぜかしてしまいました。病み付きになったらどうしよう。。。

また、BMWのウィンカーが、この行為を資する事になるのです。

スルリスルリと縫ってはいますが、ウィンカーは的確(?)に表示し、運転操作に一切影響しません。この行為をもってして、初めて『BMWのウィンカーの位置』というモノを語れるのでしょう。
(ウィンカーが押し辛いだのという意見もあるので)

ウィンカー表示無しで、車の脇を走られる事程危険な事も有りませんし、(通常、国産の)ウィンカー操作してる最中程、ハンドル握ってない時も有りませんからね。

水平対向、左右親指ウィンカースイッチ。

繰り返しますが、

『水平対向はヒラリヒラリがお得意』

by tm144en | 2010-08-30 09:20 | BMW R1200c モントーク | Comments(4)
2010年 08月 29日

【フサベル】ギア、、、脱!!

モントークのフロントタイヤは、、、、

e0159646_346891.jpg

まだ履けるかな!?


==============================

さてさて、フサベルのクラッチハウジングのギア外しですが、前回少し難航を示しましたが、

『アルミの板を嚼ましてみれば?』という案を頂いたので、早速その方法を試してみることにしました。

要は、
e0159646_3485131.jpg

こういう感じで嚼み込ませてしまえば、回り止めになるということ、、、、ですよね!?

材質の強度が、とっても強いギアと、フニャフニャの生アルミ板とでは差が大きく開くので、ギアへの損傷の心配が無いと考えられる訳です。
また、アルミ板が柔らか過ぎるので数コマに渡って嚼み込み、結果、力の掛かるポイントが分散されるという利点もあります。

e0159646_3535473.jpg

こんな感じですね。
この時点でナットが緩みました。ヤッタネ☆☆☆

e0159646_355155.jpg

アルミ板にはしっかりと『歯型』が。まさに『専用工具』ですね☆
もう一カ所は、この歯型に合わせてやる事が出来ました。

e0159646_3571429.jpg

クラッチバスケットも外しました。
ただ、左上のギアは圧入されているので、手では抜けません。

e0159646_3592983.jpg

いつぞやに買っておいたギアプーラーが役に立ちました♪

e0159646_402250.jpg

全〜〜部外しました☆

そしたらいよいよ、、、、

e0159646_41148.jpg

こいつの出番ですねぇ〜☆

これはアストロさんの汎用セパレーターです。専用品はジャパン在庫が無く、また2万円程するそうなので、当然汎用品の道を選びます。とはいえ、これも7000円位しましたけどね(汗)

e0159646_432655.jpg

チャッチャッチャ〜と取り付けていきますが、汎用品は注意が必要です。

e0159646_445851.jpg

なぜか一カ所だけ浮いてます。
この状態でもセンターを締め込んでいけば、それなりにテンションが掛かるのでそのままやってしまいがちですが、斜めに力が伝わる事になるので、褒められた事ではありませんよね。

なので、
e0159646_481699.jpg

ちょうどいいカラーがあったので、それを嚼ましてバランスを取ります。

それでも、 微妙に斜めになっている所があるので、4カ所全てをエンジンに対して垂直になるように微調整していきます。

ということで、本日はココまで〜〜☆

次回はいよいよフサベル君のエンジンが『パカッ』っと、卵の様に割れますよ♪(多分)
魅惑のスウェーデン製エンジンの全貌が明らかに!?

by tm144en | 2010-08-29 04:12 | HUSABERG fe650e | Comments(2)
2010年 08月 28日

【モントーク】タイヤ交換(前編)

日曜日の出撃準備の為タイヤを交換します。
さくさくっと終わる予定だったのですが。。。。


まずは後輪から行います。
e0159646_3544275.jpg

先日購入したチェーンブロックのデビュー戦となりましたが、なんなく上げる事が出来ました!
添え木がポイントですね☆


e0159646_3564316.jpg

タイヤを取り外します。ハブのセンター部分が錆で固着してすんなり外れませんでした。反対側からハンマーで叩いてようやく外れました。古い三菱の車のタイヤみたい。。。スタンド時代の苦い思い出が甦ります(笑)

e0159646_3594565.jpg

完全に台形になっちゃってますね(汗)。ここまで減ったら、コーナリングに影響しますよね。
この間の、屈斜路湖の時の出発前の時点で既にヤバかったですから。さらにそこから800km程乗ってる訳で。。。

純正装着はブリヂストンでしたが、前回の交換でメッツラーのマラソンというのに銘柄を変更してました。
で、今回も出来ればメッツラーがよかったのですが、納期が掛かるとの事を受け致し方なくブリヂストンに戻しました。

e0159646_44798.jpg

まずはビードを落とします。

、、、あ、勿論手組みッスよ、手組み♪

e0159646_45470.jpg

ま、コレ使いますけどね。えぇ、ミミ傷つけたくないですから。

e0159646_46230.jpg

ああぁ〜、、、「硬い!!」
ってか「重い!!」

要領を得るのに手こずりました(大汗)

e0159646_475583.jpg

どりゃ〜!!「脱っ!!」

、、、でも、
e0159646_483112.jpg

オウェ〜ン(泣)傷付いちゃったよぉう〜!!

裏側を外すのがかなりしんどくて、ちょっと力に任せたら『ガリガリッ!!』って(涙)
モントークだからまだ良いけど、DBを手組みするにはまだまだ修行が足りないなぁ〜。。。

で、
e0159646_411142.jpg

はめるのは簡単♪ホイールへの傷付きも、レバーの当て方が逆になるので心配ありません。
チューブレスなので嚼み込む事も無いし、ビードストッパーも無い。

シリコンスプレー噴いて、「おりゃぁ!」ってやったら、レバー無しで片側は入ります。
残りのミミもサクサクッとはめて、、、、あっ!!
e0159646_4141469.jpg


忘れてた!!そういえばこんなマークあったね(汗)。新品ロードタイヤ組み込むの久しぶりだから忘れてました(恥)

e0159646_4155941.jpg

なんとかマーク位置を合わせて(かなり大変でしたが 汗)、エアーも手ポンプで充填してなんとか完成☆☆☆

でも、まだ車体への取り付けにはかかれません。

ホイールの
e0159646_4173386.jpg

ココと、

車体側の、
e0159646_418840.jpg

ココの錆腐食汚れをキレイにしてからじゃないと、夢見が悪いです!

潤滑剤付けて、ペーパーで磨きます☆

あと、
e0159646_4193939.jpg

ハブボルトも磨きます。コチラは真鍮ブラシで。

仕上げは、
e0159646_4202644.jpg

お母さん、、、、じゃなくて、グリースを塗布。
でも、ここのすぐ外側はリアのブレーキディスクなので、遠心力でグリースがディスクに付いたりしないだろうか、、、、などとちょっと心配になってみたり。

ま、いっか♪
ブレーキの効きより、錆の方が心配!!

e0159646_4232839.jpg

ハブボルトの締め付けを、いくつにしようか悩みました。(聞けよって話ですが)

車だったら105Nが一般的ですが、果たしてそんなにしめたものか。

ボルトの締め付けトルク推奨値を調べようとちょっとだけ覗いてみたら、かなり奥深い感じがしたので慌てて引き返しました(汗)
チラッと76N(M12)というのが見えたので、じゃぁ80Nで、、、、ってことにしてみましたが、なんかちょっと足りない感じがしたので、もう10N増し締めて、90Nにしました。手応え的にもまぁまぁな感じでしたし。
(ってか、だったら最初っから感覚で締めれば良いじゃん!って言われそうですが 汗)
(ただ単に『トルクレンチ』を使いたかっただけなんス。。。)
(エクステンションかましてるし、差し込み角換えるヤツも付けてるしで、まったく正確ではないんですけどね)


で、本日は後輪のみで

ノックダウン!!

by tm144en | 2010-08-28 04:32 | BMW R1200c モントーク | Comments(6)
2010年 08月 27日

’10 《Moment of memories》 best3

《思い出の瞬間》ということで、まだ8月ですけどちょっと振り返ってみます☆


【第3位】第1回 DTNE(滝野〜登別エンデューロ)

e0159646_248338.jpg


帰宅直後の瞬間。

オフロード遊び歴も7、8年になりますが、『達成感』という意味では格別でしたね。目標地を立て、ルートを設定し、それを忠実にこなしていく。
往復300kmという道のり。もしかしたら『たったの』300kmかもしれませんが、今の僕にとっては過酷な距離です。それを走破した事への喜びと達成感は、今でも深く胸に刻まれ、思い出す度にアツくなります。

また、『チャレンジ』というバイクの素晴らしさを痛感したという意味でも、思い出深いものがあります。


【第2位】’10 初日の出ツーリング

e0159646_2525152.jpg


初日の出の瞬間。

後にも先にも、24時間走り続けたのはこの時だけです。しかも、マシンは至って普通のスズキDR250。まだそんなに寒さの厳しい時期ではないというものの、基本的には終始氷点下でのライディングです。

初日の出を見ることになんの意味があるのか?
わざわざ野付まで行く意味はあるのか?

その答え、僕には解ります。

答えは、『意味なんて無い』。
ただ、1年で最初の太陽が昇るから、野付という場所があるから、行ってみただけのこと。それ以上でも、それ以下でも無い。

来年の初日の出は、どこで見ようかな。。。。


【第1位】DFDE (DAY3) in多和平

e0159646_383062.jpg


多和平で過ごした時間。あ(汗)、瞬間じゃないや(大汗)
、、、、、ま、いっか☆

これほど穏やかに過ぎた時間は、今まであったでしょうか?ほぼ丸1日過ごした訳ですが、特に何かをしていた訳ではありません。

写真を撮ったり、昼寝したり、焼き肉したり。。。

そんな普通の事が、ただ単純に面白かったのです。時間を気にする事無く、のんびり過ごす。

『時を忘れる』ということが、あるいは現代社会に生きる人間にとっての、最高の贅沢なのではないでしょうか?
お金がイッパイあったら、なんか贅沢出来そうな感じがしますが、それに時間が伴っていなければ、本当の意味での『贅沢』とは言えないのでしょう。

ただ、こういう事をするにはやはりお金が必要なので、日々の努力は必須なのですが。。。

今年1番思い出に残っているのは、この多和平で過ごした時間。
あの青空を思い出すと、心はいつでもあの場所に飛んでいきます。
デスクトップの画像も、この写真に変更しましたし(笑)

by tm144en | 2010-08-27 03:24 | Comments(2)
2010年 08月 25日

【フサベル】フライホイール&クラッチ側分解(1)

忘れてました?

忘れてませんよ!!



e0159646_312343.jpg

フライホイール抜き☆
フサベルの純正工具なのに、『KTM』って書いてあって、MADE IN GERMANY って。。。随分回り道してますねぇ(汗)

で、早速、

e0159646_3142997.jpg

外します☆

e0159646_3145444.jpg

外れました♪
、、、って、当たり前過ぎますか(汗)

続いて、『微品』を外してしまいます。
e0159646_316035.jpg

油圧クラッチのユニット、オイルエレメント、等々。

そしたら、今度は反対側面です。いよいよクラッチ側ですよ!!『ギア』がイッパイ出て来ますよ!!

e0159646_3171813.jpg

シフトペダルの位置記録。

e0159646_3184386.jpg

クラッチカバーのM6ボルトをさくさく外していきます。
そしたらプラハンで軽〜く叩きながら慎重にカバーを外していきます。

e0159646_320718.jpg

カバー外したら、残ってたオイルがジャバーっと出て来ました。ま、分ってたから、新聞紙敷いてたんですが、今思えば、トレーの上でやれば良かったですね(汗)

そしたらお次は、クラッチのプレッシャープレート及びクラッチプレートを外します。

おおぉっと!?
e0159646_322677.jpg

なんか出て来た!!
こんなの見た事無いっス!!なんなんだ!?コレ。。。

ま、その辺はまた後で考えるとして。

e0159646_3243571.jpg

クラッチボスも外します。

e0159646_3253147.jpg

ああぁぁぁ〜。。。ギアがイッパイだぁ〜。。。めまいがするぅ〜。。。

で、さてさて、この後はマニュアルには、

e0159646_3264740.jpg

ここのナットを外せ、となっているのですが、回そうとしてもクラッチバスケットと一緒に回ってしまいます。

外す為には、
e0159646_3284853.jpg

ギアの隙間にかませる為のギアを使うよう、マニュアルには指示が載ってました。

ああああああん、なんでもっと早く気が付かなかったのん!!

フライホイール外しと一緒に頼めば良かったのに!!

さて、いかがいたしましょうねぇ。。。

by tm144en | 2010-08-25 03:33 | HUSABERG fe650e | Comments(4)
2010年 08月 24日

【DB】アレンネスグローブ☆

e0159646_3582769.jpg

ボスコモトさんのネット通販にてゲット☆(あれ!?マズかったかな!?)

今まで使用してたエルフのグローブがカビてしまったので、洗えば使えますが、以前から欲しかったのでこれを期に新調しました☆

これで、アレンネス3点セット(スーツ、ブーツ、グローブ)が揃ったことになります♪

で、実はこれ、古いモデルなのですが、『敢えて』今回これにしました。ニューなモデルはイマイチお気に召さなかったのです。

ではなぜさっさと買わなかったかというと、これ牛革なんです。ベリックではカンガルーのラインナップがあるのですが、アレンネスにはありません。「いずれ出るだろう」と思ってましたが、ニューモデルにもカンガルーがなかったので、じゃぁ、止む無し、、となった訳です。
スーツの方がカンガルーなので(部分的ですが)、そこはカンガルーで揃えたいのは山々ですが、まぁ無い物をねだっても仕方が無いですよね。

ま、デザインが他のよりピカイチなので、GOODでしょ☆
なんといっても、手首部分のゴツいプロテクターがなんとも言えないでしょ!?

してその履き心地やいかに???

e0159646_425438.jpg


まぁ、まだ新品なのでその部分での硬さはありますが、その分を差し引いても、あまり操作性の高いグローブという感じはしないですね。
全体的なゴツゴツ感が、手の繊細な動きを阻害しているように思います。ま、見た目から想像してた通りですけどね☆

e0159646_4132954.jpg


コッチ側が特にゴツゴツしてますね。

とにかく、転倒して滑ってる時に、擦れるであろう部分がしっかり補強されているので、転ぶつもりのある方からすれば安心感の高い代物と思えます。手首のプロテクターも然り。こんなの付いてるのあまり見かけないですしね。

ただ、僕は転ぶつもりは全くないので、その辺の安心感は求めてないんですケドね(笑)

ガンダムチックな造りが僕のハートを射抜いてしまったので、性能は2の次3の次です。

ああぁ!コレ履いて早く乗りたい!!!

by tm144en | 2010-08-24 04:18 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2010年 08月 23日

【チャレンジ】第2回DTNE(だいちゃん 滝野〜登別エンデューロ)☆☆☆

今日はアホ隊1号士君と2台で、滝野登別間を激走します。僕は2回目ですが、アホ隊1号士君は初めてです。

(第1回はコチラ☆)
(第0回はコチラ)

片道150kmに及ぶ道のりですが、通しで走ったのはまだ1度しか無いので、やはりなかなか分岐地点に戸惑いがあります。
とはいえ、地図やGPSにかぶりつき、、、、という程ではなく、どうしても自信の無い所だけ確認する、といった具合でした。

アホ隊1号士君は同い年で、僕とオフロード歴もほぼ一緒なので、あまり気を使わずに走れます。淡々と自分のペースで走り続けても、だいたい後ろにピッタリくっ付いています。
(逆に、ちょっと引き離してやろうか!?、、、とペースアップしても、やはりピッタリ後ろにいるのでちょっとヘコみます 笑)

ということで、いつものごとく休憩もあまり取らず走り続けました。
いかんせん距離が長いので、時間に制約がある以上あまりダラダラも出来ません。

9時過ぎに出発し、登別到着が13時過ぎでした。

e0159646_7293547.jpg


今回は登別で昼食も取ります。

登別に到着して感慨無量に浸りたいのですが、ここはあくまで『折り返し地点』です。すなわち、あと『2倍』の行程が残されているということ。

4時間掛かるので、日没を逆算して14時には登別を後にします。

そういえば、このルートでのメインイベントであるはずの『激川渡り』が、残念ながら

e0159646_7375316.jpg

ココ最近の好天続きの影響か、水量がとても貧相になっていました(涙)。侵入を躊躇うくらいの水量が興奮するのですが、やはり春先か秋口じゃないとだめですね。


基本的にとにかく、淡々と走り続けます。時間的にややギリギリというのもありましたが、路面はフラットダートばかりなので、延々続く道のりにだんだん酔いしれてくるのです。無我の境地と言っても過言ではないはず。
それこそがまさにこの『DTNE』の醍醐味☆

気温が高い時のオフロードは、こういう走り方の方が気持ちが良いですね。ヌタ場アソビは暑さで危険な状態になってもおかしくないですから。。。。

、、、、そんな陶酔状態で走る僕の目に突然、路肩に倒れてる人が!!!!!????


e0159646_741279.jpg

、、、、と思ったら、ただの布団でした(爆)
布団の肉厚感と赤い色したモノが、血を流してる人と見間違えさせたのです。陶酔状態であったことも影響してるでしょう。

いやぁ〜ビビった!!


e0159646_752099.jpg

帰りの行程は、登別から一気に口無し沼まで走りました。

で、無事滝野まで辿り着き、さぁゴールまであと数十メートル、、、というところで、何を思ったか突然重量級のチャレンジでヌタ場にダイブ!!!

e0159646_7572813.jpg


乾いたフラットばかりの行程だったので、どうしても『ドロ』が恋しくなったようです(笑)

しかし、タイヤがもう
e0159646_758385.jpg

かなり減っていたので、そのヌタ場から自力で這い上がる事が出来ず、アホ隊1号士君の力を借りるハメに(恥)
一人だったらヤバかったですね(汗)

e0159646_803224.jpg


なにはともあれ無事ゴール♪

いやぁ〜、いつもながら達成感ありますねぇ〜☆
チャレンジはほんと良く走ってくれます。WRも優秀機ですね。


=============================
そしてその帰り道、注文しておいたブレーキパッドを取りにサイクロンさんに寄ったら、2つの驚きが。。。

一つは、伊藤清春さんがサイクロンで社員として勤務していたという事実。今年の4月からだそうです。

そしてもう一つが、、、、、


e0159646_851687.jpg


バキューンッ!!!!!!!!!!!

by tm144en | 2010-08-23 07:10 | BMW G650x challenge | Comments(4)
2010年 08月 22日

APチェーンブロック

いつもガレージ作業の際、

e0159646_1431794.jpg

このようにして、車体を正立させて行っています。メンテナンススタンドはいまいちグラグラしますし、サイドスタンドでは当然のごとく左に傾くので作業がしにくい。

クレーンで吊った状態にしておけば、マシンが倒れて来る事が無いので作業に集中出来ます。
また、この状態でリアタイヤをジャッキアップした場合も、安定感はピカイチです。

フロントタイヤをやる場合、クレーンのジャッキで浮かせることになりますが、実はこれがちとメンドクサイのです。

クレーンのアームは油圧で支えているので、降下防止の為のストッパーを自作で付けています。
なので、

1)一旦アームを上げてストッパーに掛かってるテンションを緩め

2)ストッパーを外し

3)アームを適度な位置まで降ろし

4)たるんだタイダウンのベルトを張り直し

5)再びアームをジャッキアップさせ

6)ストッパーを掛ける

という行程を踏まなければならないのです。
なので、フロント廻りのメンテナンスが疎かになりがちなのです。

タイダウンを引っぱり上げるだけで、タイヤが浮けばいいのですが、なかなかそうもいきません。

、、、ということは!?

e0159646_1584352.jpg

こういうモノがあればいいんじゃない!?これをタイダウンの代わりに使用すれば、クレーンはそのままで簡単にフロントを浮かすことができるのでは☆

早速やってみましょう♪
チェーンブロックをクレーンにセットし、、、
e0159646_1592933.jpg


、、、、、、、(汗)


e0159646_215536.jpg



orz

by tm144en | 2010-08-22 02:02 | Comments(2)
2010年 08月 21日

【DB】テールレンズ

e0159646_2513516.jpg

やっっっっっっとキタ☆
といっても、別に、ただのクレーム修理の部品だから特に嬉しくもなんともないですけどね(笑)

イタリアからモトコルセに届くのが遅かったのか、モトコルセの対応が遅かったのか、ま、別にどうでもいいことですが。
細かいこといちいち気にする人は、ガイシャには乗れませんからね。

、、、、それにしても、カッコイイレンズだこと♪
どれどれ?裏を見てみると、、、、、??

e0159646_255066.jpg


『MADE IN PRC』???『PRC』ってどこだ??
どいうことで、ウィキってみると、、、

PRC=People's Republic of China

『中華人民共和国』ですかぁ〜!!
イタリア製じゃないのかい(汗)。ま、こういうモンはそういうモンかもしれませんね。。。
そりゃ、新車ですぐに切れるわな(汗)。

あ〜、、、
e0159646_30960.jpg

さすが中華ドレッシング!!配線になにやら怪しげな傷が(笑)
こりゃ時間の問題で、また切れるな(爆)

コレを平気で送ってよこすモトコルセも、

「どうかしてるゼ!!」(←ブラマヨ吉田風)

ホント、北海道が(あ、俺だけ!?)ナメられてますね。そりゃ、都心の富裕層の方々の方が大事なお客様でしょうよ。

塗装の件やヒールガードの件を、ほっとかれればほっとかれる程、モトコルセポイントが下がっていきますね。
ま、もうマイナスですけど(笑)

ガイシャだから、ガイジンの対応や行動が遅いってんなら納得しますが、取り扱ってる日本人が紳士的じゃないと、普通にイラッとしますね。

ま、別に、いいんですけどね。

(↑とか言いつつ、結構愚痴ってるヤツ 爆)

(↑いいじゃん!いいじゃん!ブログでくらい愚痴らしてぇ!!)

by tm144en | 2010-08-21 03:09 | BIMOTA DB7S | Comments(2)