<   2010年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

【tm】ポロリ〜ン♪

e0159646_3272325.jpg

今度の日曜日は、『tm』dayにしようと企み、乗り出し前メンテに取りかかります。

の前に、前回オイルをフックスからベルレイに変えた事により、同じ乗り方(開けっぷり)でもプラグがカブってしまうという事態になりました。

が、それは気温が高かったせいもあるとのご指摘をうえさかさんから受け、その為のキャブのセッティングを教わりました。
(前回のtmプラグカブりネタの記事アップ後、それをご覧頂いたうえさかさんがすぐにメールで対処法を送ってくれたのです!!これぞアフターフォローというやつではないでしょうか!?)
(DBの件はどうなってるんじゃ!!モトコルセめ!!)

でもって、セッティング内容は、
e0159646_3372257.jpg

この様な感じでした。
が、これは山での、ある意味応急処置『的な』方法らしく、本当はメインを下げた方が良いとのことでした。

というのはこの後で分った話で、とりあえずニードルのクリップの変更に着手します。

e0159646_3403535.jpg

他のバイクでもそうですが、この位ならわざわざキャブを外さなくても出来ます。

e0159646_3415139.jpg

ニードルを抜きます。

e0159646_3442278.jpg

段が5段も切ってあるんですね☆
RMXは確か3段しか無かったような(?)

で、このクリップを抜き、2段目に差し込もうと手こずっていると、、、

「ポロリ〜ン♪」

e0159646_3471431.jpg


「あぁあああぁぁあっぁぁぁぁあぁぁ!!!!!!!!!!」

、、、、落としました(爆)

いや、すでに2、3回はポロポロ落としながらやってたのですが、最後の最後に、

『見失いました』

(爆死)

e0159646_3491582.jpg

無い!

e0159646_3492561.jpg

無い!!!

e0159646_3494243.jpg

無いぃ〜〜〜〜〜〜!!!!

「終わったぁ〜〜!!!」

30分程探しましたが、どうにも無い、無い、無い!

どうしようもないので、うえさか貿易さんに泣きながら電話しました。

「クリップだけありませんかぁ〜(涙)」

「ばかめ!!アホなやり方でやるからじゃ!!ぐわぁっはっは〜!!」
、、、、とは言ってませんが(笑)

どうやら、このクリップの取り外しにはちゃんとした『正攻法』があるらしく、それはそれは目からウロコの方法でしたが、ちょっと聞くのが遅かった(泣)

が、奇跡的にクリップ『のみ』の在庫が1個だけあったので、それを速達で送って頂く事でなんとか日曜日RIDEには事無きを得そうです。
(というか、数千はあるだろうtm純正部品の『山』から、あの直径2ミリ程のクリップ1個って!!)

で、ついでに1番下のメインジェットも送って頂くことになり、どうやら日曜日は思う存分エクスタシーに浸れそうです♥

メデタシメデタシ☆

by tm144en | 2010-07-31 04:01 | tm 144en | Comments(2)
2010年 07月 30日

【フサベル】バルブメンテ

多分、こんなやり方はだめだろうなぁと、感覚的に判るが理性が伴わないのがB型の泣き所(笑)

===========================

まずは、難解なサービスマニュアルの解読から始まります。

e0159646_27432.jpg

何やら具体的な数値が記載されているので、どこがどうなっていなければならないのかを知るべく、必死で解読。

単語の意味と、翻訳ソフトのニュアンスから、何となくを想像するという作業。

で、判ったのは
1:シリンダーのひずみは、0.10ミリまで。

2:バルブディスクの『振れ』は、0.05ミリまで。

ということくらいです(汗)

バルブシートが云々の項目が、何を言っているのか判らない(多分、専門知識が足りない)ので、これはまた後日。

で、ひずみと振れのチェックはとりあえずOKということにしました。

で、やはり気になるのが、
e0159646_2133483.jpg

排気バルブの、このいけ好かないこびり付き。
やはり、どう考えても何かをコーティングしたとは考えにくい。

(とりあえず、フサベルジャパンにでも確認してみればいいのでしょうが、なぜかそれをしようとしないB型。自分で考え、自分で結論を出し、それに従う。そして、あとで泣く   笑)

e0159646_2172120.jpg

とにかくヤスリでゴシゴシ♪
アタリ面の部分はかる〜くゴシゴシ♪

で、
e0159646_2184737.jpg

ああ☆まぁこんなもんでしょ☆

でも、
e0159646_2192842.jpg

コッチ側がどうにも手強い(汗)
180番位のペーパーを使えば、削れない事もなさそうですがさすがに気が引けます。
さわった感じは滑らかなので、とりあえずここはこのままにしておきます。空気の流れにもそんなに影響無さそうですし。。。。

あとは、
e0159646_2215839.jpg

コンパウンドでナラします。
本当はちゃんとした方法があるようですが、ま、もう手遅れです(笑)

(実作業と、ネット検索によるバルブ擦り合わせの方法の時系列が逆になってます 爆)

信じたのは、自分の指先の感覚と直感です。

そしてしまいには、

e0159646_2261817.jpg
e0159646_2262926.jpg
e0159646_2264144.jpg
e0159646_2265044.jpg


シリンダーヘッドの写真を撮って、ニタニタしている自分がいた。。。。


フサベル君、ちゃんと動くかなぁ、、、?

by tm144en | 2010-07-30 02:27 | HUSABERG fe650e | Comments(3)
2010年 07月 29日

【フサベル】ポート&バルブカーボン落とし

カーボン落としと言えば、
e0159646_4471856.jpg

最近はもっぱら『コレ』です。エンジンコンディショナーより強力なので、ゴム関係に問題無い場合はコッチの方が良いでしょう。

でも、高いワコーズ使うよりも、ホームセンターに売ってる塗装の剥離剤でも十分なのかな、、、?

ま、いいや☆

e0159646_450463.jpg

まずはコイツを、

e0159646_4504730.jpg

袋に入れ、そのなかでスプレーします。
し終わったら、口を閉じて密封します。そうした方が、リムーバーの乾燥を防ぐ事が出来るので、よりカーボンに浸透します。

e0159646_453422.jpg

バルブも同じようにします。もちろん、場所の印は忘れずに♪

しばし放置したら、
e0159646_454294.jpg

浮いてきたカーボンを削り落とします。

ま、この辺の作業は、2Tでもよくやってた事なので、なんのことはありません。

ポートの内側は、
e0159646_455488.jpg

こんなもの使ってみました。ペットボトル洗うブラシですね。
かな〜り飛び散りますけど(汗)

さて、バルブのほうですが、
e0159646_4571053.jpg

こびり付きが、ヘッドの方より激しいですね。真鍮ブラシでこすって、ペーパーでも磨きました。

でも、これは力加減間違うとポートとの密着が悪くなってしまいますので、慎重になります。(実はもうヤっちまってたりして!?)

e0159646_51811.jpg

このこびり付いてるのは、ヨゴレですよね?それとももともと?それにしては変だよなぁ〜。

ツルツルピカピカが正解ですよね!?
吸気側はツルツルなんですが、排気側が随分ザラザラしているのです。

e0159646_54362.jpg

燃焼室部分は大分綺麗になりましたが、

e0159646_544141.jpg

ポートの『縁』 の部分がまだ残ってますね。
いやぁ〜、、、ココは微妙だなぁ〜(汗)あんま削り過ぎたらやばいべな〜。。。


ああ、でも、なんか楽しいなぁ〜こういう作業☆
『エンジンイジってる』って感じがスゴいしますね♪

こりゃぁ、ピストンもやんなきゃダメか!?!?!?

by tm144en | 2010-07-29 05:08 | HUSABERG fe650e | Comments(2)
2010年 07月 28日

【DB】ネジ

日曜日のヨゴレを、今頃洗車しました(汗)
午前中、雨と雨の間を狙って(偶然!?)、難なくWAX掛けまで終了☆日頃の行いが良いからネェ〜♪

でもって、ガレージ内でDB君の隅々を磨いていると、

e0159646_2242430.jpg

この辺で、嫌なモノを発見!!


e0159646_2245440.jpg

ボッボッボッボルト!!!!!
こんな所で何してんの!?

e0159646_2254458.jpg

はてぇ〜、どこから落ちて来たんでしょう。。。ってか、いつからいたの?って感じです。
この間の1000キロ点検の時は、、、???

見た所、エアクリーナーBOXらしきものに付けられているボルトの様に見えますが、外れている箇所が確認出来ません。タンクを外さなければ、、、、ならないのか!?

う〜ん。。。いずれにせよ、今は君にそんなに時間を費やせないのだよ(汗)。解ってくれたまへ。。。

by tm144en | 2010-07-28 02:34 | BIMOTA DB7S | Comments(0)
2010年 07月 27日

【チャレンジ】DFDE DAY2動画完成☆

まだまだまだ続く、DFDE動画☆超大作ですね♪

今回のは、自作動画ランキングトップ3に入る出来でした☆特に最後の、、、、!?

しかし、あまりの会心の出来に創り急いでしまった感があり、書き出し作業を終えて見返して「もうちょっと詰めれたなぁ、、」とちょっと後悔しました(涙)

ま、どぞ☆

(是非とも、フルスクリーンでドゾ☆)

高画質版↓↓↓


低画質版↓↓↓


by tm144en | 2010-07-27 02:47 | BMW G650x challenge | Comments(0)
2010年 07月 26日

【DB】ドカ札ーリング☆

今日はお店さんのツーリングに参加させて頂きました。。。。
、、、のはずが!!

寝坊!!

でもなんとか、第一休憩ポイントでの合流に間に合いました♪
1時間位の浅い眠りでまだ意識薄弱の中、高速をトバしていると、それが夢の続きなのか、はたまた今いったいドコに向かっているのか、よく判らなくなってきました。

e0159646_601957.jpg

お店のツーリングですが、ルートは僕の鉄板ルート☆毛無→裏パノ→パノです☆

しか〜し!!!ある意味一番楽しいはずの裏パノで、まさかのパトカー先導付き!!

oh! my ga~!!

e0159646_625533.jpg

しかも、そのままパノラマの方に曲がっていったので、已むなく休憩地点ではないパノラマ入り口のパーキングにて一時待機となります。
それにしてもKYP(空気読めないパトカー)でしたね!!

やはりマトモな時間に走ると、車も出てて思ったペースで走れませんね(汗)

そんなんで、毛無、裏パノとフラストレーション溜りっぱなしのまま、メインコースのパノラマに突入です。
さすがに車も少なく、快調な滑り出し♪

そんな中、鬱積していたアドレナリンが一気に垂れ流しになるという緊急事態が発生!!
なにをトチったか、前を走るライダー(仲間内)を左コーナー手前で外から抜きに掛かるという暴挙に出ます!!!

案の定、そんな遅いペースでは無いのであっさり前に出れる訳も無く、コーナー入り口でもインに付けず、いわゆる『膨らんだ』状態。

今世紀最大のミステイク!!!

キツい左コーナーなので、対向車の出現発見はほぼギリギリとなります。

慌てて減速するも、コーナー中、いわゆる寝かした状態なので急ブレーキを掛ければおそらくハイサイドをくらうでしょう。

それでも、対向車の出現に対する安全マージンを確保する為、限りなく急ブレーキに近い強めのブレーキを掛けます。

当然、車体はおかしな挙動を示します。

ところがどうでしょう。

このDB7というバイク。この状態での『おかしな挙動』が止まらないのです。いわゆる『ウネウネ』!!ここにきても!?

しかし、このウネウネが功を奏し、確実な制動と左レーンへの復帰が果たせたのです。

これがもし748だったらどうでしょう?

上記の『限りなく急ブレーキに近いブレーキング』で、寝かしてた車体が「ビクンッ!」となって一気に起きてしまいます。
そうなればそのまま前にしか進めなくなってしまうので、対向車線の路肩まで突き進む事になり、回避場所がなければ、『THE END』です。これがよくあるパターン。

でもDB君は、コーナー中の強めのブレーキングに対しても、制動の力と曲がる力を何とか両立させようと奮闘してくれたのでしょう。
この相反するベクトルが併存した時、あの『ウネウネ』という挙動となって現れたのではないでしょうか。

いや、ま、なんにせよ、アブナイ走りだった事には変わり無いですが(大汗)
(Sさんすみませんでした!!)

で、その後もキンタマ取れることなく快適に走りきり、無事昼食となりました☆
で、
e0159646_63901.jpg

ソフトも食べて、もう満たされたでしょ、、、、?



おや?


このあと一行は、中山ルートで帰路となるのですが、途中の定山渓で僕だけ『左折』!!!!!!!!!

「走り足りないってかい!!!!」

いえいえ、ここは皆さんが朝走って来られた場所。僕だけ寝坊で走ってないので、居残り走行して来たのです(爆)

で、ここでようやく燃やすもの全部燃やし、陶酔状態でガレージに無事辿り着く事が出来ました☆☆☆

by tm144en | 2010-07-26 06:49 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
2010年 07月 24日

【フサベル】バルブ『脱』!!

、、、の前に、当ブログ愛読者(?)であるマチョ鍋氏からの提案で、「燃焼室にガソリンを溜めて、ポートへの滲みを点検せよ!」との事だったので、さっそく実行♪

もしかしたら、バルブからの圧縮漏れがあったかもしれませんからね。

で、天の邪鬼な僕は、言われた通りにはせず、、、、

e0159646_4422110.jpg

『ポート』の方から、『灯油』を流し込みました(笑)。灯油の方が揮発性が無いので、滲みの点検なら向いてそうでしたし、ポートから注いで燃焼室側で点検した方が見易いかな?と思いまして。。。

で、しばし放置後滲みチェックをしてみると、、、

e0159646_447318.jpg

ガガ〜ン!!
ばっちり滲んでるし(汗)。しかもインテーク側!!
っつーことはキャブへの吹き抜け(?)が起こっていたのか、いないのか??

まぁ、ほんのちょっとですから、全然キャパだとは思いますが。。。
カーボン落としたら、多分直るでしょう☆

でわ!

外します♪

昨日買っておいた『秘密兵器』で、、、
e0159646_45093.jpg

ガブッと挟み込んで、スプリングを縮めます。結構力技ですね(汗)

で、ストッパーを外し、
e0159646_452184.jpg

スプリングを抜き取ります。

そしたらバルブは、
e0159646_4534643.jpg

スルッと抜けてきますので、

e0159646_4542386.jpg

スポッと抜き取ります☆

実は初体験だったりして☆
というか、4Tバラすのが初めて☆
組み立てないで、『バラバラにしただけ』というのなら、それでも一度だけ。2Tなら何度もやってますが。

ああ、でも、思っていたよりは簡単に(いまのところ)進んでいますね☆
まぁ、ちゃんと組み上げて、しっかり走ってからの感想ではありますが。。。



丸見えになったポートを良く観察してみると、、、
e0159646_503787.jpg

明らかにリューターか何かで削った痕が!!これはいわゆる『チューニング』では!?

製造過程での『バリ』を、手作業で一つずつ磨いているのでしょうね☆

外したバルブ類は、
e0159646_531523.jpg

外した場所をメモして分別しときます。
コレはマニュアルにもそう書かれていました。

さぁ♪

ピストンはどうする!?!?!?

by tm144en | 2010-07-24 05:04 | HUSABERG fe650e | Comments(2)
2010年 07月 23日

【フサベル】シリンダーヘッド(脱)☆

シリンダーヘッドを外します。迷わずどんどん外します♪
親切なマニュアルがあるので、恐れる事はありません。、、、、が、
e0159646_316456.jpg

英語苦手(汗汗)!!

その前に、、、
e0159646_3295643.jpg

『カムのお風呂』を発見☆
ちょうどカムの真下にオイルが溜るように出来た『お風呂』があります。エンジン始動時、カムがこのお風呂のオイルをパチャパチャ浴びながら回転することで、潤滑しているのでしょうね。

、、、と言う事は!

例えば、転倒した時に起こした後、エンジン始動を全く試みずそのまましばらく放置したら、次の始動時にこのお風呂にオイルが溜ってないでしょうから、カムの潤滑がうまくいかないのでしょうかね、、、?

また、今回のO/H後、ヘッドカバーを組み付ける前に、このお風呂にオイルを注ぐのを忘れてはいけないでしょうね、、、、、と、多分マニュアルに書かれているであろう☆

========================

さてさて、ヘッドを外すに当たり、まずはカムチェーンを外さなければなりません。
フサベルの場合、

e0159646_3184361.jpg

チェーンのピンを抜いちゃいます。ドライブチェーンと要領は同じです。
特工が必要な箇所ですが、デイトナのチェーンカシメツールが役立ちました☆17才の時から使ってますが、いまだ現役♪

とはいえ、一工夫必要ですが。。。
e0159646_3222892.jpg

こんな感じで。
『押す側』は、2.5ミリヘックスのコマを使用し、『支える側』はアタッチメントを本来の反対向きにして対応。
これでなんとか出来ちゃうから、やっぱデイトナ君はスゴい☆かしまる君じゃ出来んべ!?

で、カシメプレートが外れてもまだキツいので、「あれれ〜?」とか思いながらどんどんピンを抜いていくと

『バイィ〜〜〜ン』

といきなりチェーンが外れました!!
なぜにこんなにテンションが掛かっているのでしょうか!?、、、、ん?テンション?

、、、、あ!!!

e0159646_3284146.jpg

テンショナー外すの忘れてました!!(爆)
そりゃ『テンション』掛かってるわな(汗)

とまぁ、慣れない作業に翻弄されながらも、時間を掛けて一つ一つ確認しながら慎重に勧めていきます。

で、
e0159646_3404792.jpg

カムシャフト『脱』☆

e0159646_3413547.jpg

カムに擦れ傷が付いてますが、これはいわゆる『アタリ』でしょうかね?それとも危険な傷だったりして!!!

、、、、でも、表面の形が変形している程ではないので、どう考えてもコレくらいは『アタリ』ですね☆

さて、いよいよ、
e0159646_3452931.jpg

ヘッドを『脱』しますよ☆




e0159646_3463531.jpg

パカっとね♪
うげげ(汗)しっかりデポジッってる!!!

e0159646_3475949.jpg

コチラ側も同じく。
でも、この位なら簡単に綺麗に出来そうな感じですね。

でもって、一応、、、
e0159646_349554.jpg

ヘッドのボルトは、取り付けてあった場所をメモしておきます。こうした方が良いと、僕にバイクの触り方を教えてくれた初代師匠が仰ってたので、その通りにします。

e0159646_3524877.jpg

プラグホールが斜めに空いてます。なんか、苦肉の策が伺えますね☆
「何とかプラグは真ん中に出したいけど、どうしても位置的にキビシい!!」とかなんとか。。。


さて、この後はお掃除ですが、バルブを外す為の工具が必要ですね。

e0159646_357372.jpg

アストロの汎用品です。おネェちゃん、爪長くて可愛かった☆(爆)

あれ!もしかして、アホ隊1号士君持ってたかな!?

あーそれにしても、お掃除はヘッド回りだけにするつもりでしたが、ピストンあのままってのはちょっと気がひけますよね〜。
でも、フサベル君はココからはエンジン縦割りなので、かなりシンドイ作業になってしまいます。
なにより、そこまでやって『ピストンだけ』なんてわけにもいかないでしょうし。。。

まいったぞ(汗)

by tm144en | 2010-07-23 04:03 | HUSABERG fe650e | Comments(2)
2010年 07月 22日

【チャレンジ】DFDE DAY1−2動画完成☆

DFDEネタは、まだまだ続きますYO〜♪

いろいろ工夫して、細かく仕上げていけばいく程、細かい所が気になってしまいます。費やす時間と、妥協点との折り合いが難しくなってきました(汗)

編集ソフトを使いこなせていないのか、ソフトの限界を超えているのかは判りませんが、どうもまどろっこしいやり方に難渋してます。

今回は、かなり『イタイ』動画になってますので、あらぬ誤解の無いよう今後のお付き合いの方宜しくお願いします(笑)


高画質版↓↓↓





低画質版↓↓↓



by tm144en | 2010-07-22 02:27 | BMW G650x challenge | Comments(6)
2010年 07月 21日

【フサベル】ヘッドカバー『脱!』

e0159646_1544387.jpg

「忘れてたでしょ!?」
「メンドクサくなってたでしょ!?」

い、いいえ(汗)そんなことはありま、、、せん。。。

やりまっせぇ〜☆

======================

で、まずはバラス前に、圧縮上死点にします。マニュアルでは、

e0159646_15464287.jpg

フライホイールをピックアップコイルのココに合わせろとなってましたので、そうします。

さらにさらに、その前に、
e0159646_15481186.jpg

あっちこっちのドロを落としておきます。

それでは!!!

いよいよ!!!

e0159646_1548483.jpg

「チャ〜〜〜チャ〜〜〜チャ〜〜〜〜♫」(←あの曲)

e0159646_1550069.jpg

「ジャジャァ〜〜ン♫♪」

御開帳〜〜☆

エンジン中を見ると、いつもながらになんか神秘的な感情になります。

e0159646_15514697.jpg

ヘッドカバーの方に、ロッカーアームが固定されているんですね。
っつーことは、タペットクリアランスはヘッドカバーをしっかり固定した後でないと出来ないことになりますね。

なんだ、結局やり辛いのかぁ(汗)
ま、でも、エンジン降ろしてるから、まだマシか☆

、、、、さぁ!とっかかりの状態まではもっていきましたので、あとは流れのままに作業をするだけですよ♪

by tm144en | 2010-07-21 15:55 | HUSABERG fe650e | Comments(0)