<   2010年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

【tm】磨き!!

気持ちの良い日曜日。どこ行く予定も立ててなく、やることといったらバイクイジリ。

「今日はtm君を組み上げるぞ!!」と勢い込む。

が、結果的には、シリンダーとヘッドを磨いただけで終了と相成る。

e0159646_1921045.jpg

ヘッドのカーボンは、ワコーズのエンジンコンディショナーをタオルに付けて拭くだけで綺麗に取れました。つけ置きする程のこびり付きではなかったですね☆さすが!!

e0159646_19274895.jpg

クーラントの穴のバリがいいすねぇ〜♪そこじゃないんだよ、コダワルのは!!と言っています。

e0159646_19292541.jpg

その代わり、クーラントの通る隙間の広さにビックリ!!スッカスカです。これぞ『オーバーヒート知らず』たる所以でしょうか。

e0159646_19312316.jpg

↓↓↓↓
e0159646_19313945.jpg

う〜ん(汗)鏡面、、、、とまではいかないなぁ。。。

それより気になったのが、小さ〜い虫食いみたいな『穴』がイッパイあったのですが、これが元からだったのか、なにか原因があったのか今となっては判りようがありませんね。な〜んか嫌な感じです。もしかして、砂塵吸入してたんでしょうか!?
そうだとしたら、やはりエアフィルターの管理が重要になってきますね!

続いて、
e0159646_1935971.jpg

シリンダーの排気バルブもやりまーす☆

e0159646_19355579.jpg

パカッっとね♪

カーボンの混じったオイルで汚れていますが、拭き取れば簡単に落ちるのでお掃除は楽勝でした。

しかーし、ココの蓋は紙ガスケットではなく液ガスケットなので、その古いコーキングを剥がす作業が実は一番大変でした(大汗)
1時間位掛かってしまったのかな?
ピックでほじったり、ブラシでこすったりして
e0159646_19402133.jpg

それでもなんとか、ココまでにはなりましたが。

e0159646_19371136.jpg

で、シリンダー側も終〜了〜(汗)
ここまでで、作業開始から実に5時間は経ってしまいました。まぁ、コレだけを集中してやってた訳ではありませんが、予想外に時間を掛けてしまったというか、コダワってしまったというか。。。

結局、組み上げるにはほど遠い地点での終了となりました。
、、、、今日はもうツカレタ(爆)

e0159646_1947106.jpg

tm。

さて、今日はもう作業終〜了〜とガレージ前に車をズラした時、ふと見たtm君の後ろ姿に恍惚としてしまいました。

e0159646_19512588.jpg

普段はシートフレームが付いているので判りにくいのですが、こうして見てみると、、、、♡♡♡

「エロい。。。。」

抱きたくなってきた(爆死)

(ギョギョ!!後ろから748がコッチを睨みつけてる、、、、冷汗)

by tm144en | 2010-01-31 19:53 | tm 144en | Comments(2)
2010年 01月 30日

【tm】お歳暮

「お〜い、母さんやぁ〜!田舎のおじさんから、お歳暮が届いたぞ〜!」

「あらぁ〜本当!?今年は何かしらねぇ?」

「毎年色々送ってくれるから、助かるよなぁ〜」

「去年はおいしいお漬け物だったわよねぇ」

「あれはおいしかったなぁ!いまだに覚えてるよ、あの味は。一昨年のハムも高級品だったしなぁ!」

「毎年、楽しみにしてるのよねぇ。」

「今年のは結構重たいぞ!?お肉じゃないかな!?」

「お父さん、早く開けてちょうだいな」

「まぁまぁ母さんや、焦るんじゃないよ」

「どれどれ、、、、、?」








e0159646_9212528.jpg


「おおぉぉ!!」「まぁ!!」

「これはまた、立派なオーリンズじゃないかぁ!柔らかくて美味そうだなぁ!!」

「ヨダレが出そうね!」

「俺なんかもうタっちゃってるよ!!」

「あら、やぁねぇお父さんったら!」

「早く食べよう、母さん!」

「そうねぇ。お父さん早く付けて下さいよ」

「よーし!頑張るぞぉ〜!」

by tm144en | 2010-01-30 09:27 | tm 144en | Comments(2)
2010年 01月 29日

ニュー洗濯機☆

e0159646_14305114.jpg

『ニュー』と言っても、中古ですけどね(汗)
オフウェアーと作業用タオル専用です。今までは、壊れかけていたのを騙し騙し使っていたのですが、今日ついに駄目になってしまったので、急遽買いに走りました。こういう時、軽トラはつくづく便利ですねぇ〜♪

で、洗う物が洗うものなので、リサイクルショップで激安品で十分なのですが、探しまわるのも面倒だし、なんかちょっと欲が出ちゃったのとで、結局1マンもするやつを買ってしまいました(爆)

さすがに、高過ぎる。。。。タオル何枚買えるんだって話です。

とはいえ、6キロのやつなので、かさ張るオフロードウェアーなんかも楽勝と思われます。(今までのは4、2キロでした)

by tm144en | 2010-01-29 14:36 | Comments(0)
2010年 01月 28日

外車って。。。

「外車は高い!」

「外車は壊れる!」

これは一般的な見解でしょう。国産に乗る方の二言目に良く聞く言葉です。

しかし、それって本当でしょうか?僕の印象とは違うのです。

まず『高い』という点。

価格の高い安いは、その『物の価値』を抜きにしては語れないと思うのです。
ガラスの玉とダイヤの玉。「ダイヤの玉って高いよね!」と言うのと同じです。

バイクは、数多くの部品の集合体です。そしてその一つ一つには値段(価値)があります。
主に金属の締める割合が半分以上であると思いますが、まずはそこ。

明快な所では『鉄』と『アルミ』。同じ重さで高いのはアルミです。
そしてアルミはアルミでも、詳しくは僕も良く解っていませんが、鍛造なのか、鋳造なのか、削り出しなのか、金型なのか、砂型なのかで値段(価値)は大きく変わってきます。

そしてそれはバイクの『性能』に大きく影響します。

単純に2台のバイクがあって、値段だけ比べて「高い!安い!」を語っても意味が無いということになってしまいます。

次に、これが一番大きな要因だと思うのですが、その人個人の『考え方』の違いという点です。

バイクはどちらかと言うと『趣味』に起因する方が大きいと思います。(もちろんお仕事で乗られてる方も大勢いらっしゃいますが。。。)

つまり、『趣味』にどれだけお金をつぎ込めるか、という事です。すなわち、その『趣味』がどれだけその人にとって重要な位置づけになるか?

親のスネかじって生きてる分際で、大言壮語も愚の骨頂なのですが、例えば僕はバイクが人生の全てです。
その為のお金は惜しみません。というか、給料のすべてをつぎ込んでいると言っても過言ではありません。

バイクに関する物は、何でも買いますが、関係無い物には殆どお金は使いません。
酒、タバコ、女もやりません。

例えば、、、、

週1回呑みに行ったとして、3000円使ったとします。
1日1箱タバコを吸ったとします。
女遊びに月1万(何代??)使ったとします。

これで計算すると、年間373,500円になり、5年で1,867,500円!!!!!!
tmを5年ローンで買ってもお釣りが来る!!!

つまりそういう事なんですよね。
その人にとって、その『趣味』がどの位置に来るのか?それによって価値基準が決まり、「高い」「安い」が決まるのです。

僕からすれば、テレビが10万円なんて「高い!!!」の一言です。
地デジだろうが、プラズマだろうが、液晶だろうが「興味ねぇ〜〜〜!」

でも、昔のプラズマが70万してたのから考えると、10万円台で買えるのなら「安い」訳ですよね。。。。


次に『壊れる』という点。

これは大きな間違いです。『壊れた』のではなく『壊した』なのです。
「じゃぁ俺の使い方が悪いとでも言いたいのか!!」と言われそうですが、とりあえず続きを読んで下さい(汗)

まず、その車両のコンセプトの違い、というか『勘違い』。

一般的な国産車は、『誰がどのように乗るか判らない!!』という考えをふまえて造られているので、ある程度のことでは壊れないのです。

ところが外車は、『こういう人がこういう風に乗る!』と、ある程度の予測の基で造られているので、その通りの使い方で壊れる事は無いが、そこから外れるといとも簡単に壊れるのです。

つまり、メーカーの『思惑』から外れた使い方をして壊れたのなら、それは『壊した』ということになってしまうわけです。

で、ここからが重要なのですが、そのメーカーの『思惑』を乗り手に伝える役目を担っているのは他ならぬ『バイク屋さん』です。

そして、

=========================
『バイク屋さんは、どれだけそのバイクの事を理解し、そしてお客さんに伝える事が出来ているか?』

『お客さん側は、バイク屋さんの言う事を素直に受け入れられているか?』
=========================

この2点に相違があった時、罪のないバイクが壊れてしまいます。また、悪質なバイク屋さんならば、そのバイクに『駄目バイク』とレッテルまで貼ってしまいます。これは大変遺憾な行為です。許される事ではありません。何も知らないお客さんに、バイク屋さんという立場を使い、自分の勉強不足を棚に上げ、ありもしない事を言いふらし、そのバイクとそのお客さんに秘められた可能性の芽を潰してしまうのですから。

どんなことになろうとも、バイクに罪はありません。罪は常に人間側です。

バイクは、そのオーナーの人となりを黙示します。『バイク語』が解る人が視れば、バイクからその人の性格や癖まで判ってしまいます。


国産が良いとか、外車が良いとか、一概に言える事ではありません。その人がそれに満足しているのであれば、それが一番なのですから。

ただ、今まで書いたような理由で『外車=駄目』になってしまっているのなら、それは大変勿体無いなぁ〜〜〜〜〜〜!!!!!!と、思ったのでこういう事を偉そうに書いてしまいました。

by tm144en | 2010-01-28 08:08 | Comments(5)
2010年 01月 28日

スゴーイ☆

ブログを初めて1年余り。

ついに、ヤフー、グーグル、エキサイトの検索サイトにて、『だいちゃんガレージ』でトップページの、しかも一番上に来る様になりました!!!!!!!!!!!!!(ヤフー、エキサイトではなぜか携帯電話用ページですが。。。)

これも一重に、ご愛読頂いている皆様のお陰で御座います。心より厚く御礼申し上げます。
また、口コミで広めて頂いた方、ブログにリンクして頂いたおじさん、samansaさん、大将さん、並びに自身のH/P上でご紹介して頂きました、tmの『うえさか貿易』さんには感謝の言葉すら見つかりません。


そもそも倦怠期というか、マンネリしていた『バイクライフ』に、輝きを取り戻させてくれたのが、ブログという存在のお陰です。『自分一人だけで楽しむ』という事には限界があるのだと、その時知りました。

『人様に見て頂く』という事が自分自身への活力剤となり、また励みにもなり今があります。

皆様に今まで以上に楽しく読んで頂けるような記事作りをする為、これからも励んで参りますので応援の程宜しくお願い致します☆☆☆☆☆☆

by tm144en | 2010-01-28 03:48 | Comments(2)
2010年 01月 28日

【tm】パドルフサベル動画☆

お待ちかね(?)動画の完成です♪

なにはともあれ、見てやって下さい!!


高画質版↓↓↓





低画質版↓↓↓



by tm144en | 2010-01-28 03:02 | tm 144en | Comments(2)
2010年 01月 27日

【tm】やっぱtmはスゲー☆

今日はリアショックのオーバーホール、及び腰上消耗品の購入の為輸入元の『うえさか貿易』さんにお邪魔しました。

e0159646_433452.jpg

ピストン
ピストンリング
ピストンピン
ピストンベアリング
Oリング
フォークオイル

です。

ところが、事前にお聞きしていたのにすっかり持っていくのを忘れてしまったモノがあります。

『ベースガスケット』です。

え?別に、持っていかなくても純正品でしょ!?判るんじゃないの!?

、、、、、と、思いますよね、普通。
ところが、今付いてるものの『厚さ』が何ミリなのかが必要なのだそうです。

良く聞くのは、ベースガスケットの厚さを変えて圧縮比を変更するチューニング方法。ああ、その類いかと思い「いやぁ〜、現状に満足しているのでチューニングは必要ありません。ノーマルのままで結構です」と言うと、どうやら違うらしい。

同じ『08’144en』の機種でも、それぞれベースガスケット及びピストンサイズが違うそうなのです。え?どういうこと?ですよね。。。

というのは、一つ一つ手作りの為製品に誤差が出てしまい、圧縮比などが変わってしまうので、ここいら辺で調節しているからなのです。

、、、と僕は解釈しましたが、誤りがありましたらご免なさい。


e0159646_929982.jpg

あれー、でも場所に寄って厚さが違うなぁ(汗)コンマ数ミリの話だから力の加減でも変わっちゃうし。。。

だから持っていけばヨカッタんだぁ!

それにしても、1台1台セッティングの違うマシン『tm』。純度100%『レーサー』の香りがプンプンしますね♪♫

by tm144en | 2010-01-27 09:37 | tm 144en | Comments(7)
2010年 01月 26日

【フサベル】パドルタイヤデビュー☆ 

*昨日は、不真面目な記事で申し訳御座いませんでしたm(__)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

せっかくニュートラにしたので、ラダーレールもおニューにしました☆

e0159646_4473145.jpg

ブリッヂワークスの240cmの2つ折りのベロです。梯子タイプではなく、幅は狭いですが板タイプにしました。

しかしながら、なんという弱々しさ!!
今までは、ホームセンターの2×4の板を使用しており重厚感があったのですが、アルミのラダーレールはしなるからなんかオッカナイですわ。。。。高かったのに。。。。

ま、それはいいとして。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遊び場はいつもの広場です。
車を止め、バイクを降ろしたらまずはエンジンを掛けます。気温は0℃、晴れ。この時期にしては大変暖かく、気持ちのイイ空なので、逸る気持ちを抑えるのにひと苦労です。

ベルレイの5wのおかげか、12月の時より幾分かセルの回りが軽かったように思います。

暖気をしながらウェアーに着替え、しっかりと水温を80℃まで暖めます。

『パドルタイヤ』
そのコンセプトは、ブカブカの雪やサンド路面で最大限のトラクションを得る事。
それ以外の一切の性能を削ぎ落とした、究極のタイヤ。その為大変『ピーキー』な性格となります。

車を止めた場所は圧雪で締まっているので、このタイヤではマシンはまともな動きをしません。いとも簡単に車体は回ってしまいますし、タイヤが転がっている時は「ガッタン、ガッタン」と、まるでパンクした自転車に乗っているかの様。

しかし、山の奥の方まで入りいざ深雪に飛び込むと、マシンの挙動は豹変します!
タイヤがすっぽり埋まってしまう程の深さの所でも、リアタイヤがグングン前へと車体を押し、ライダーは置いていかれそうになるのを必至でこらえるばかり。荷重が後ろに掛かり過ぎてしまうと、フロントは軽々と空へと舞い上がります。

e0159646_540089.jpg

「ひょえぇぇぇ〜〜〜!!!!」

楽しい!!楽しい!!今目の前で起きている事実を正確に把握する事は大変困難を極めるが、感情が揺さぶられ鼓動が高鳴っている事だけは間違いは無い。

ミシュランのクロスコンペS−12と言えば、ソフト路面ではトップクラスのグリップ力を誇るタイヤである。

そのタイヤでは太刀打ち出来ないような深い雪でも、パドルタイヤはいとも簡単に進む。

とはいえ、あまりにも深い所では進まなくなる事もしばしば。いくらなんでも、『スノーモービル並み』とはいかない。
いかないが、その状態から車体を少し後ろに下げ、雪道で車がハマった時と同じ様に前後に降ると、マシンはまた復活する事が出来る。

e0159646_538222.jpg


S-12を履いている時だったら、4輪で踏み固められた路面しか走行ラインに見えないが、このタイヤだと雪原全てが『走行ライン』に見えてしまうから不思議な物だ。

しかしながら、マシンへの負担は想像を絶するであろう。オイルの上を『60』にしたのは正解かもしれない。


日頃の運動不足のせいで、高まる気持ちとは裏腹に僕の体力はあっさり底を尽きてしまう。なんとも情けない。

しかしこれはタイヤの影響もある。『グリップ感』というものが無いのだ。
いや正確には、グリップはしているのだが、コントローラブルでは無い、と言う事。タイヤからの情報量があまりにも少ないのだ。

それにより、次の挙動の予測が立てられず、常に後手後手の操作になってしまい、気が付けばハンドルにしがみついて乗っている。いわば初心者乗りである。

今まで経験したことのない動きをするのだ。(履いた事の無いタイヤなのだから、当たり前と言えば当たり前!?)

これ以上の感動は、僕の拙い文章では表現しきれないので、後日動画アップ予定!!乞うご期待☆☆☆

by tm144en | 2010-01-26 05:41 | HUSABERG fe650e | Comments(2)
2010年 01月 23日

【フサベル】フォーク&エンジンオイル交換、ステムグリス

『だい』ちゃんガレージだから、『ダイ』ハードです。
あの映画のコンセプトは、『いつもギリギリ』。

そう。今日も『ギリギリ』でした。

e0159646_10532310.jpg

まずはフォークオイルを交換します。一度やった事があるので要領は得ています。

e0159646_10542780.jpg

トップキャップは、この工具(なんて名前でしたっけ?)を使って開けます。

そして、
e0159646_10555362.jpg

このようにしてロッドからトップキャップ部分を外し、スプリングを抜きます。

e0159646_1057826.jpg

オイル捨てます。2シーズン分のスラッヂたまってましたね。
このフォークはツインチャンバーではないので、作業は至って楽チンです。

で、新しく使用するモチュールのオイルで一旦洗い、再度捨てたら大体の所までオイルを入れ、

e0159646_10583622.jpg

コイツで油面を105mm付近まで調節します。
注射器の様になっていて、引き抜くとフォーク内のオイルが抜けてきます。

!!!!!!!!!!!!!!!あっ!

e0159646_116874.jpg

引っこ抜けた!!!!(爆)
げげぇ〜!オイルまみれぇ(涙)

しかーし、作業内容が押しているので続行します。

で、微調整はノギスで行い、後は元通りに戻してオシマイです。

感触はまぁまぁかな?

さて、残念ながらベアリングを交換する余裕は無いので、汚れを拭き取って、
e0159646_11952100.jpg

グリスアップのみとします。
本当は、違うグリスと混ざったらあまり良く無いのですが、とりあえず明日だけの話なので、良しとします。

e0159646_11115380.jpg

ネック部分の擦れていた所は、とりあえずステンレステープを張って応急処置です。
というか、これで解決か??

そして、トリプルクランプをフレームに取り付けたらフォークを差し込みます。

e0159646_1113065.jpg

フサベル君は気の利く子なので、クランプ部分に締め付けトルクが刻印されているのです。フォークだけですが。
ボトムが12N、トップが17Nです。

倒立フォークは、このクランプ部分の締め付けに関してはかなりシビアに考えなければなりません。
アウターチューブを締め込む形になるので、中を通るインナーチューブの動きに大きく影響するからです。特にボトム側が重要です。

僕なりのやり方ですが、まずフォークを差し込む前に、クランプのフォークの通る穴の内側にグリスを塗ります。クランプとフォークの当たる面です。締め付けのボルトにも塗ります。

こうすることで、かなり正確に、というか『均等に』フォークを締め付ける事が出来ます。

e0159646_11151246.jpg

このダイヤルゲージのトルクレンチを使用すると、フォークを締め付けている過程が目に見えて判るので、大変便利であり、安心出来ます。

3本ありますが、一つ目を12Nに合わせて、他の2つも合わせた後、一つ目をもう一度計測すると緩んでいるのです。アッチを締めたらコッチが緩み、、、、の繰り返しで、少しずつ触れ幅が少なくなり、最後にはピッタリ合う、という訳です。

ダイヤルゲージだと、締め付けるトルクが逃げていく様が見れるので、判り易いです。

グリスがポイントですね。
クランプが締め込む方向に滑り易くすることで、アウターチューブに対して均等に力が加わりますので、インナーチューブの動きを最大限に発揮する事が出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タイヤを取り付ける時に大発見!!

e0159646_11335423.jpg

ちょっと解りづらいですが、アクスルシャフトが赤の点線の様に差し込んである訳ですが、青のカラーとフォークレッグ部分との隙間まで太い部分が入りこむ形になっています。

こうすることで、要はホイールのカラー間の幅よりフォークレッグの幅の方が広い事になるので、取り付けが楽に出来る、という寸法なのです。

本場エンデューロのレースで、タイヤ交換も一分一秒を争う訳ですから、非常に重要なポイントですね。

今までなんとも思わなかった所ですが、気が付いてちょっと感動しました☆☆☆
こういう発見が出来るのも、外車ならではですねぇ〜



、、、、と思いましたが、よくよく考えてみたら、それって別にフサベルに限った事ではないですよね(汗)
でも、この設計の狙いは、そういうことでいいの、、、かな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で、いざタイヤを取り付けフロントフォークの動きを確認してみた所、

「イイ!!!」

とても滑らかに動いて(いる様に思え)ます!!!
確実に変わりましたねぇ♪うんうん☆いいねぇ〜!フォークの動きが良いと、バイクそのものが良いものに思えてきますね☆

あ〜早くのりてぇ〜!!!

あ!そうそう、エンジンオイル忘れてました(汗)
e0159646_11424789.jpg

ベルレイさん、良い仕事してくれるかなぁ、、、?

あああ、もう今日はタイムオーバー。
でも、まだ外装の取り付けや、ウェアー類の準備から全然終わって無い(汗)
間に合うか!?

またしても、ギリギリだぁ〜〜(爆)

by tm144en | 2010-01-23 11:49 | HUSABERG fe650e | Comments(0)
2010年 01月 22日

【フサベル】オイル抜き取り、フォーク取り外し、のみ。

フサベル君を、日曜出撃の為の準備をしなければ!!ちょっとtm君に時間掛け過ぎてしまいました(汗)。こっちの方が急ぎなのに。。。

とりあえず今日は取るもん取るだけやっておきましょう!!

e0159646_10393433.jpg

まずはオイルを抜きます。ああぁ〜勿体無い!!!まだガソリン5ℓ分位しか乗ってないのに(泣)。取っておいて夏また入れようか!?

e0159646_10411521.jpg

オイルの再利用は無いにしても、フィルターはさすがに取って置きます。それだけは勘弁して下さい(汗)
モトレックス用フィルターってことで。。。

e0159646_1040576.jpg

続きましてフォークを外します。
中身の交換は明日で。。。。

e0159646_10431081.jpg

ステムベアリングも交換するので、クランプも外します。いや〜、クレーンあると便利っすね☆

e0159646_1050587.jpg

おおっと!!やっぱ錆浮いてたかぁ!動きは大丈夫でしたが、前回も寿命が短かったので、なんか嫌な予感はしてましたヨ。
シール部分がめくれてしまってるのが原因でしょうか?
もしくは、ネック部分のハンドルロックの鍵穴から、地味に水が侵入しているのかもしれません。
一応対策しておいたほうが良さそうですね。

e0159646_10444140.jpg

ネックの部分が随分擦れちゃってますねぇ!!なにか対策しないと穴空いちゃうかも!?
どこと擦っているのでしょうか?

e0159646_1045568.jpg

とりあえず今日はコノ状態のまま放置プレイ♡
一晩かけてオイルを抜き切ります。

あ〜〜言わないで下さい。判っております、意味無い事は。どうせ一晩置いたって、抜けて来ないオイルがあるのです。
でも、やらせて下さい。『気分』も交換したいのです。。。

by tm144en | 2010-01-22 10:54 | HUSABERG fe650e | Comments(2)