<   2009年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 31日

【husaberg】お山遊び♪

e0159646_1524082.jpg

うひょひょ〜い♪たーのしいぞ〜〜〜〜♫
リアタイヤズッポリハマってるぞ〜〜(笑)

この間来た時は、ウェアーが手抜き、というかアグレッシブスタイルでは無かった為、思い切り良く遊ぶ事が出来ませんでした。
ただ、今回は気温も高く(最高5℃)、テンションも高かったので、アグレッシブスタイルで来て思う存分楽しみました。

雪でトラクションがかかりにくく、荒れた路面状態ですが、スタンディングで腰を大きく後ろに引くと車体がしっかりと安定し、且つトラクションもかかり易かったです。
始めは車体中央よりやや前傾で乗っていたのですが、それでは全く安定せず、故にトラクションもかからずの2重苦でした。

どうも、これは『リンクレス』故の乗り方ではないのか?

リンクレス最大のメリットは『トラクション性能』ですが、その代わり『外乱に弱い』というデメリットも併せ持っています。
やや前傾の乗り方では、荒れた路面からの衝撃が『まっすぐ』リアショックに伝わり、その性能の限界点を超えた部分がマシンの挙動となって現れる。
したがって、腰を大きく後ろに引く事で、ある意味『無理矢理』リアタイヤを押さえつける。というか、上から押さえつけられたリアショックは、また『まっすぐ』リアタイヤにその力を伝えるので、路面を掴む能力に優れている。

ライダー→リアショック→タイヤ(路面)、、、という絵図が描けます。トラクションをかけようとしたライダーの意志が、まっすぐリアタイヤに伝わる、という『メリット』。

路面(タイヤ)→リアショック→ライダー、、、しかしながら、逆に考えると路面状態がまっすぐライダーに伝わる、という『デメリット』。

ボトムリンク式は、上記のメリット、及びデメリットの幅を狭くした。つまり、トラクションは『やや』かかりにくくはなるが、路面からの衝撃、いわゆる『外乱』に強くなるというメリット。

そんなボトムリンク式のマシンなら、ライダーは前傾のままでも、路面からの外乱はリアショック及びリンクによって最小限にとどめられるので、『安心して』乗れる。

オフロードバイク(ここでは、『ファンバイク』の意)に求められる、一番大事な性能は『安全にオフロードを走れる事』なので、やはりリンクレスのマシンは安全に関しては『ハンデ』があるように思えてなりません。

、、、、などと勘ぐってますが、真意の程は定かではありません。というのも、所詮『僕のレベル』のお話なもので。。。


さてさて、能書きはここまでにして。。。。

久しぶりの快感に酔いしれて乗っていたら、、、、おっと!!!!!!!!!!!!!!

e0159646_24018.jpg
e0159646_2414167.jpg

やっちまったぁぁぁぁ!!!!

写真では判りにくいですが、結構な谷です。
しかし、幾度となくこのような経験はしてきたので、いまさら慌てるでもなく、記念撮影する余裕。

ではここで引っ張り出し方の『コツ』をご紹介☆

まず、燃料コックはオフにしておきます。そして、足下の悪い場所なので、フォークにタイダウンベルトを引っかけ、それを利用しまず『フロント』から引きずりだします。

e0159646_246441.jpg

この位置まで引き上げたら、リア側に取りかかる前にまず、

e0159646_252324.jpg

あっち側向いてるフロントタイヤを、

e0159646_2524896.jpg

こっち側に切り返します。これをしないでリア側を引き上げたら、再びフロントタイヤは奈落の底へ、、、。
切り返した状態で、フロントタイヤが浮いちゃってたり、タイヤが地面に付かないようではだめですが、もしそれが叶わないような状況なら、タイダウンベルトが複数本あるのであれば、ベルトでフォークをどこかの木に繋いで谷に落ちないようにするという方法もあります。

はい、出来上がり☆
e0159646_312590.jpg


一人でも、出来ました♫

この後、燃料コックを開けるのを忘れずに、、、、。

なんだかんだで、小1時間程度で今日は撤収〜☆夜、飲み会なので、帰って寝まーす。

e0159646_344278.jpg

無事ガレージに帰着。
汚れベル、10段階で『4』ってとこでしょうか。

いつもこの汚れを眺めなら、今日も無事に帰って来れた事を愛機に感謝して、ガレージに戻してあげます。

by tm144en | 2009-03-31 03:08 | HUSABERG fe650e | Comments(0)
2009年 03月 29日

【DUCATI 748】タイヤサイズ考察

e0159646_5163826.jpg

748のフロントタイヤサイズは、120/60ZR17が純正です。

最初の頃はそのサイズでずっと乗ってましたし、特に問題はありませんでした。
しかし、一つ気になる事がありました。タイヤの使ってる部分(路面との摩擦で、表面が削れている範囲)が、端まで目一杯なのです。
最初は「俺もなかなかやるなー☆」などと思ってましたが、よくよく考えてみると峠だけで端まで使って、果たして良いのだろうか?まして、僕の腕で、748が限界ギリギリのスピードで走ってるとも思えませんし。。。。

まず一つ目に考えられる事は、僕の『乗り方』がバイクを倒して、いや倒し過ぎて曲がっているのでは、ということ。
つまり、ある程度のバンク角までいけば、あとは腰をさらに落として肩も入れて、いわゆる『リーンイン』を鋭くして曲がり、バイクはそれ以上傾けないのが『常』だとするならば、僕のはリーンインが甘いのか?

そしてもうひとつ考えられる事は、そもそものタイヤサイズが合ってないのではないか?
しかし、カタログなどに掲載されているサイズは、まぎれもなく『60』(扁平率)である。

では、他のスーパーバイクはどうか?
おっと、衝撃の事実である。

748の兄貴分に当たる、996はなんと『70』である。
アグスタF4 750は『65』ときたもんだ。

どういう事だ!?速度域の問題か?しかし、749は『70』である。
まぁ、この件に関しては『イタリア人の気まぐれ』という事で片付けまして、深く追求はしませんでした。

それよりも、『僕の走り方にタイヤサイズが合ってない』ということが問題です。
ショルダー部分をキッチリ使うのは良いが、峠で安全マージンが無いのも危険なので、扁平率を上げて端に少し余裕を持たせたい所です。

そこで、996系の『70』ではなく、ここはアグスタの『65』に習って、120/65ZR17にしてみる事にしました。
『70』のボッテリ感がどうも気にいらなかった、というのもあります。

果たして結果は、、、、、

大成功!!丁度5mm程余裕があります。もう少し倒しても、(おそらくは)大丈夫という事になります。

しかし、『端までビッチリ使ってる』という自己満足感が無くなってしまったのは、少し残念であります。。。。

by tm144en | 2009-03-29 05:48 | DUCATI 748 | Comments(0)
2009年 03月 28日

【TY250Z】公道使用化☆

この間の雪中レース以降、完全に放置プレイだったTY君を久しぶりに触る事に♪
DR君が車検切れてしまうので、街乗り用にします。


e0159646_881961.jpg

今日のご予定は、タイヤ交換とウィンカー、ナンバーの取り付けです。
タイヤは今ミシュランのM12を履いていて、勿体無いのでIRCに戻します。

チューブレスなので、あっという間に交換が終了。ところが、さぁエアーを入れようとしてもなかなか入りません。まだ気温が低いので、タイヤが固くミミがうまく上がらないので隙間から漏れてきてしまうのです。
悪銭苦闘するも全く入る様子がないので、イラッ!!
エイ!!!

e0159646_813232.jpg

チューブ仕様に変更です。
どちらにしても、そうするつもりだったので、(今日はそのつもりでは有りませんでしたが、、、)まあいいや、という感じです。
ただこのホイール、ビードストッパー付けれないからエアーはあまり落とせないんだよなぁ。。。

まぁそれは今度で、今日は急ピッチに作業を進めます。早く寝たいのです。
チャチャっとデビルウィンカー、及びナンバー付けて、

e0159646_8184269.jpg

一丁上がり☆公道仕様完成!



あれ?自賠責のステッカーが付いて無いぞ(汗)
あ、そういえば貰うの忘れてた。。。。。。
これで果たして公道仕様と言えるのか、、、、?

by tm144en | 2009-03-28 08:20 | YAMAHA ty250z | Comments(0)
2009年 03月 27日

ウェアー紹介☆748用ツナギ

e0159646_462088.jpg

首つり死体、、、ではありません(笑)
アレンネスのツナギです。一応カンガルーレザー使用の『お高い方の』です。
カンガルーレザーは牛革に比べ、重量対強度が高いのでウェアーを軽量化する事が出来ます。
とは言っても、100%使用ではなく、要所要所に牛革が混ざってるのが現状です。カンガルーの方は『ペラペラ』なので、関節部分等動かす場所に使い、逆に形を保ちたい場所等には牛革を使用しているようです。


e0159646_3174446.jpg

肩、肘、膝部分にはチタンプレードが埋め込まれています。ステンレスや鉄でも当然良いですが、やはりチタンの方が軽いのでウェアーの軽量化に一役買う事になります。
これはサーキットのコース上で転倒した際、人間がグラベルまで綺麗に『滑って』くれるようにする為に付けられているそうです。

ということは、このツナギをストリートランで着用し万が一転倒した際、反対車線、はたまたその先まで勢いそのままに『滑って』しまうというで、、、、、。
、、、、買ってから気付いた事実でした(汗)



e0159646_3273735.jpg

綺麗なままのニースライダー。
どうしても748で膝を擦る事が出来ません。ストリートオンリーですが、VFRの時は擦れてました。後ろの人に言わせれば、「擦ってたしょ!」と言われますが、現にスライダーには傷一つ付いて無いので、擦って無いという事になります。『無理膝』しても届きません。(まぁその時はおそらくノレて無いので、バンクが甘いからだと思いますが。。。)
、、、、ま、危ないからいっか☆それにむしろ、擦れてない事が逆にポリシーになりつつあるし(笑)


e0159646_44577.jpg

憧れの『コブ』付きです。
これも諸説ありまして、高速走行時の風流効果や、転倒時のクッション等が言われています。まぁ両方でしょう。

郷に入っては、、、じゃないですが、やはり『相応しい格好』というのは重要です。
前傾姿勢の、いわゆる『レプリカ』に乗る際、その体勢にマッチしたウェアーを着用していないと、変な所が『突っ張ったり』して、結果ライディングに支障をきたすことになってしまいます。

以前748を乗る際、気温が低かったのでいつも着ていたツナギではなく、BMW用のウェアー(後日紹介☆)を着て乗ったのですが、その時は本当『ノレて』無かったのを覚えています。背中を丸めたり、腰をズラしたり、膝を開いたり、という身体の動きにウェアーが付いてこないのです。

「たかがストリートでツナギなんて、、、」と思う方も多いでしょうし、自分自身もそうです。トイレはメンドクサイし、夏は暑いし、、、、。
しかし、ライディングを最大限楽しむ為には、ツナギを置いて他にはありません。僕が748を乗る時は、『ライディング100%』の時なので、必然的にそうなってしまいますし、なんだか748に対しての『礼儀』の様にも思ってしまうのは考え過ぎでしょうか、、、(笑)

by tm144en | 2009-03-27 03:58 | ウェアー | Comments(0)
2009年 03月 25日

ガレージ模様替え

今だしっくりこない、とあるスペース。。。

e0159646_10362982.jpg

雑然、乱雑、散乱、散在、蕪雑。。。。。
特に、工具棚が横向いてるのが使いづらさ満点。(てか、なぜそうした!?)

しかし凹んでるスペース故、市販の棚ではなかなかうまくいかず過去何度も配置換えしてきましたが、納得のいくものではありませんでした。

しかし今回、突然降って湧いたある案。『ひらめき王子』の名に恥じぬひらめき。
とくとご覧アレ☆
↓↓↓
e0159646_1046843.jpg


サイズの違う棚を、横に2つ並べるという必殺技!しかも左隅の絶妙な入れ物。
この3つでピッタリサイズ。奥行きも揃うというおまけ付き☆
まだきちっと整理していませんが、レイアウトさえ決まればこれで太鼓判間違い無しですね♪

。。。。と思うのですが、上の写真の真ん中に置いてあったプラスチック製の棚の行き場が、実はまだ決まって無いんです(汗)。さてどうしたものか。。。。

、、、、あ☆またなんか売れそうな物が出てきた♪

by tm144en | 2009-03-25 10:50 | Comments(0)
2009年 03月 23日

【WR250F】 アホアホ隊1号マシン整備

ホイールベアリングの交換と、チェーンの長さ調節のご依頼を受けましたので、高額の謝礼金(?)にて実施。

e0159646_3481632.jpg

ホイールベアリングプーラーは持っているのですが、安物セット工具なので、微妙に使い勝手が悪いのはご愛嬌。
多少の知恵を要求されます。

この写真では、2本の足の置き場に手頃なプレートを敷いている様子が写し出されています。(←誰!?)


e0159646_3544532.jpg

カナーリ間端折ってマスが、完成☆

しかししっくり来ないのが、左右ベアリングと、その間にある筒状のカラーの位置関係です。
左側のベアリングから先に打ち込み、奥に『当たる』所までいったら次は反対側からカラーを入れ、ベアリングを打ち込むのですが、カラーとベアリングが完全に接触してしまうのです。

ベアリングとカラーに1ミリ程の隙間を作るのが『筋』じゃ無かったでしたっけ?

いやいや、過去にRM125用のアファムのハブを買った時も、同じように『隙間無し』だったので、もしかしたらレーサーはそういうものなのかも知れませんね。
まぁ、サービスマニュアルを見たい所ではありますが、、、、


続きましてチェーンカットですが、これまた工具がショボくていらん苦労を強いられるのです。

e0159646_46866.jpg

10年程前から使っている、デイトナ製のピン抜き、ピン入れ、カシメ用工具なのですが、度重なる『誤った使い方』により満身創痍になっており、ピンの部分は曲がり、『520』分の長さも足りなくなっている有様。

結果、ピンは途中まで抜けるものの、それ以上が押せません。「ん、ん〜ん!!」って感じ。

しかしひらめき王子は諦めません。
e0159646_4112647.jpg

半分突き出たピンを万力でしっかり挟み、タイヤレバーでチェーン部分をあおってやるとあっさり、ポロリ☆

う〜ん、、、反則技だが、なかなかの出来映えに自画自賛。自分大好き『B型一人っ子』。


余談。
先日、だいちゃんガレージに散在していたいわば『ガラクタ』を延べ34点、アホアホ隊1号氏にヤフオクで代理出品していただいており、本日受け取ったあまりの高額配当に気分はすっかり有頂天♫♪♫♪
目隠しで1枚づつ数えたあの興奮が、また甦ります。

一番『ウケた』のが、バイク屋からタダで貰って来た、何の車体のかも判らないような『メーター』が、13000円の値が付いた事でしょうか。勿論その影には1号氏の弛まぬ努力があるわけです。僕は何もしてません(笑)。ただ腕組んで待ってただけの怠け者です(汗)。

1号氏にはここで厚く御礼申し上げます。

しかし、ヤフオク侮れん!!!

by tm144en | 2009-03-23 04:30 | Comments(4)
2009年 03月 23日

【DR650】 タイヤ交換!!

もう雪道を走る事も無いだろうし、車検も近いし、やるぞ!!
e0159646_3334928.jpg

今日はすんなり行きますように。。。。

もう、いまさらタイヤ交換のネタ位で書く事も無いでしょうが、一応、
e0159646_335457.jpg

フロントタイヤの片側をハメる時、その面の耳にはビードクリーム塗らない方が、やり易い事を発見!!

e0159646_3364549.jpg

ビードストッパーの部分は、

e0159646_34278.jpg

タイヤレバーをこのように差し込んで、

e0159646_3384645.jpg

耳をストッパーとリムの間に巧い事納めます。

e0159646_3432733.jpg

手動でエアーを入れるの図。
ああ、だいちゃんガレージにコンプレッサーが欲しいですねぇ。。。。

by tm144en | 2009-03-23 03:45 | SUZUKI DR650se | Comments(0)
2009年 03月 23日

【husaberg】 隅々磨き☆

火曜日に乗って、スプレー洗車で軽く流しただけだったので、この5日間は気持ち悪くて気持ち悪くて、、、、。早く隅々まで綺麗にしてやりたかったですよ。

愛子達に順位を付けるのもいかがなものか、とは思いますが、一番大事なのがこの『フサベル君』ですので、やはりそこは気が気ではなかったですね。。。


e0159646_3122629.jpg

とりあえず、ポリのタンクにガソリン入れっぱなしだったので、これを抜く事に。これも早く抜きたかったぁ。。。


e0159646_3151855.jpg

そしてシート、リアフェンダー、タンクを外して、得意の『アーマオール攻撃』です。
上の3つを外す為に緩めるボルトは、M6が5本ですから、この作業性の良さも愛すべきポイントですね。


そしてついでに、というかこちらがメイン??

e0159646_3193030.jpg

自作後付け『電動ファンスイッチ』の、端子の接触不良の改善。
平端子を差し込んでいるだけなので、振動や衝撃ですぐ外れてしまうのです。そうするとつまり、ラジエターの電動ファンが回らなくなってしまうので、スタックしたらすぐさまオーバーヒートです。

もう少しキツく差し込むようにギボシを『潰して』、さらに、
e0159646_3245227.jpg

ギボシと、スイッチ側とに2ミリ程の穴を開けまして、

、、、、あ、写真無い(汗)

えっと、そしてギボシを差し込んで、その穴にエナメル線を通して『抜け止め』にしまして、
e0159646_329780.jpg

で、最後におまけのタイラップで完成です。

まぁ、後になって思えば、半田止めでも良かったんですけどね。。。。取れなきゃイイんです、取れなきゃ。

by tm144en | 2009-03-23 03:31 | HUSABERG fe650e | Comments(0)
2009年 03月 22日

??な出来事。

の前に、『だいちゃんガレージブログファン』の皆様、ご無沙汰して大変申し訳有りません(汗)
17日以降、更新が途絶えてしまって大変恐縮です。
いやぁ〜仕事が忙しくて忙しくて、、、(笑)

さて本題です。所有者名義変更に関するお話です。

3月11日。陸王破産管財人に、2台分の完済証明及び車検証をFAXし、所有権変更を依頼。

3月16日。クレジット会社から、所有権変更に付いての案内が届く。「ああ、弁護士さんからクレジット会社に連絡がいったんだな」と思い、案内にある方法で管財人に、今度は4台分の書類を郵送する。

そして今日。自宅の郵便ポストに2通の封書が。。。。

e0159646_5574149.jpg

あり得ない組み合わせ。
右は、重量オーバーで戻ってきてしまった、16日に送った封書。
左は、管財人から送られて来た、譲渡証。

??????????

事実はこうです。

管財人から送られて来た封書には2台分の、つまり11日にFAXした分のが届いたという事。
16日にクレジット会社から来た案内は、たまたまタイミングが『ビンゴ』なだけで、管財人から連絡がいった訳ではあかったのです。

そしてたまたま、16日に送った封書が重量オーバーで戻ってきたのと、管財人からのが今日同時に到着したので、なんだか狐につままれたような気に落ちたのでした。

もし、重量オーバーではなくちゃんと配達されていたら、きっと弁護士事務所の方で「??なんだコイツは??」という事になていたでしょう(笑)

しかし、重量オーバーの封書を、ポスト→郵便局→自宅、で戻す手間があるんなら、そのまま届けてくれたって同じ手間なのに。。。あと10円欲しいが為に、2度手間ですよ。
、、、、とはいうものの、そのまま安い切手で届けるのも悔しいだろうし、かといって、切手を切ってしまったらクレーム来るだろうし、、、、難儀な商売ですね、郵便屋さんも。。。。

というわけで話はそれましたが、残り2台分の書類を、今度は、もう郵便は日にちが掛かるので、直接事務所に投函してこようと思います。その方が早いし。。。

by tm144en | 2009-03-22 06:15 | Comments(2)
2009年 03月 17日

【husaberg】09’シーズン始動!!!

先日の日曜日も、月曜日もダラダラ過ごしてしまい、「それはそれでいいか」と思っていましたが、今日バイトの子に「腕が丸くなりましたね」と言われ、やっと危機感に目覚めました。
「ヤバい!!着実に身体が衰えてる!!!」

そうなれば、もうやるしか無い!!

仕事を終えて、朝の5時頃から準備を始めました。そう、『フサベル』の始動です。今シーズン初です。
道路も融けてるし、気温も0℃だし、おそらく乗れるだろうと安易な発想。

タンクにガソリンが入ってないので、DR君から拝借する事に。一旦携行缶に移してから、フサベルのタンクに入れます。

「ビチャビチャビチャビチャ♪♫♪♫」

e0159646_8384555.jpg

げげげぇぇぇ!!!!ガソリンホース抜いたままだったぁあっぁぁぁぁぁぁあああっっっx!!!!

、、、、、、疲れ、溜まってんじゃない??

幸先悪いですが、改めて気を引き締めて、フサベルのエンジンに点火します。
少し手間取りましたが、なんとかエンジンに火が灯されました。いざ、出発!!!!




到着〜〜いつもの遊び場入り口。
e0159646_8431024.jpg

四駆で踏み固められているので、なんとか入って行けそうな感じです。、、、ってか入れ!甘ったれるな!!

中はこんな感じ。
e0159646_8461716.jpg
e0159646_8463583.jpg

さすがに上り坂や、細かい所はまだまだもっさり積もってて、走れそうに有りませんが(パドルなら行けるか!?)、踏み固められた所はそれなりに走れたので、30分程フサベル君と戯れました。

30分、というか、3分でもうバテバテでしたが、「腕丸くなりましたね」を思い出し、ムチを打ちます。

e0159646_8511033.jpg

いやぁ、全然ノレてませんが、久しぶりのフサベルはやっぱ楽しいナァ♫今日も仕事だと思うからあまり無理して乗れませんでしたが、これは今週末はアツいか!?

テンション上がって、帰り道の凍ったアスファルトでスッテンコロリン〜☆!!

帰って来て、軽く洗車して、今9時ですから、これはちょうど良い早朝トレーニングになるなぁ。また、やろう☆

ではお休みなさいませzzz

by tm144en | 2009-03-17 08:56 | HUSABERG fe650e | Comments(0)