カテゴリ:tm 144en( 190 )


2013年 10月 15日

【tm】超貴重体験!!

また、貴重な体験をさせていただいた。

『tm』というマシンを所有することが出来た。それだけも貴重な体験と言えるのに、タイヤのテスト開発のお手伝いもさせて頂いたり、貴重なお話の数々。

====

144を引き取って頂いて以来、うえさかさんとは基本的な接点が無くなってしまった。
とはいえ、それではあまりにも寂し過ぎるので、久しぶりにご挨拶に伺った。(時間を持て余しているもんで 笑)

そしたら、たまたま今日新型’14モデルを空港まで取りに行くご予定と言うではありませんか!!!

「え!?マジ!?」

てな具合に、ご同行させて頂く事に!!!

空港のその敷地は、有刺鉄線で囲われ厳重管理がされており、入るには身分証明が必要な程。外国から航空便で送られてきた物を引き取る為の場所なのだ。

そして、その敷地のすぐ見える所に『ソレ』はあった。

e0159646_19225242.jpg


tm125EN

tm250EN


日本初上陸。いや、世界初上陸。つまり、tm本社からの輸出第1号という訳!!
出来立てホヤホヤ、届きたてホヤホヤ。

会社に戻り、早速開封作業!勿論、『野次馬』はこれにも参加☆

フロントフォークは外され、リアショックも特に縮められる事もなく箱に梱包されていた。
ちなみにフサベルの時は、リアショックもフロントフォークもしっかり縮められた状態で木枠に固定されていたが、tmは外したタイヤ等を上手く利用し、車体に強い負荷が掛からないような梱包がされていたのだ。
tm社の、サスペンションへのただならぬ『コダワリ』を垣間見た気がする。さすがオリジナルのショックを造っちゃうだけのことはある。
『何が一番大事なのか?』ということを、しっかりと理解し、遂行している証拠と言って良いのではないでしょうか?(マァ、フサベルとしか比べてないので、他のメーカーがどうかは判りませんが 汗)

========

、、、あ、ノウガキはいいから、早く画像を見せろって?

、、、え〜〜、どうしよっかなー♪

もうちょっとウンチク語らして貰ってからでー☆

========

梱包状態から、まずはフロントフォーク、フロントタイヤを組み、リアタイヤを組む。それからハンドルバーを取付け工場へ移動。この日は仮組みだけで、本格的な整備は明日行うとの事。『整備』っていうのは、まさしく『整備』。バラバラの状態の物を組み立てて、ハイ、終了ではない。tmというメーカーを信用してないということではなく、自身が携わるマシンだからこそ、一つ一つ自分で確認していくといううえさかさんのコダワリと言えるでしょう。いや、言ってしまえば『当たり前』なのかもしれないが、今のご時世その『当たり前』ほど有り難いものは無い。

組み上げたマシンを見て、まず率直に『カッコイイ!』と思った。
白を基調として上手に水色をあしらう事で、よりいっそう『tmブルー』の美しさが際立っている。
私が所有していた'08 頃は、全てのカウルが水色で、所々のデカールでそれなりに見せていただけなので、そういう意味では単純に『羨ましい。』
やはり、『青』と『白』のコントラストは非常に美しい。ドイツのBMW、イタリアのtm。国旗には青も白もまったく無いんですけどね(笑)
フサベルの青黄色も好きでした。これはスウェーデンカラーですよね。

、、、、話が逸れましたが、私が一番気に掛かっていた部分がある。それは『各部のクオリティー』
勿論、私なんかの心配には及ばないとは思うが、如何せんその販売価格から考えてどうも気になってしまう。
他のメーカーの各部の拡大写真なんか見てると、「ああ、まぁ、ねぇ。。。」という部分が見られるだけに、世界的に不景気な昨今、こういった趣味性の強い物にはコスト削減が必須なのかなーという懸念がどうしても拭えないのだ。

が、組み上がった姿を見て、私が知りうる限り各部のクオリティーが下がったなんてことは1mmも無かった。細部まで妥協無くしっかりと造られている。削り出しのアルミパーツはふんだんに使用され、ボルト一つ取っても妥協は無い。

「さすがだ!」

素直にそう思ったが、すぐにそれはむしろ失礼な発言だと自分を恥じた。
もしそこにtmエンジニアがいたら、「テメー!ナメテてんのか!」と言われるに違いない。誠に申し訳ないことだ。

一つ一つのパーツに一切の妥協をせず、本当の意味で『LADY TO RACE』を実現している、日本で手に入る唯一の市販車なのだ。それこそがtmの信条であり、根幹。その部分が揺らぐような『コストダウン』などある訳が無いのだ。

じゃぁ、なぜこんなに低価格なのか!?

それは、間で一人泣いてる方がいらっしゃる訳ですよね。誰とは言いませんが(笑)

とにかく、私が購入した時よりも50万円位安いのに、それでいてコストダウンのカケラも無く、マシンとしての正常進化は確実に行われている。早期予約は11月10日までですので、お早めに!笑

=====

、、、、え?いい加減早く見せろって?

じゃぁ、最後にもう一言だけ(笑)

写真に無いのですが、今回なんとブレーキとクラッチの油圧ホースが『白』なんです!カッコイイ☆☆
外装から始まり、tmの『ホワイト化現象』がついには油圧ホースにまで至ったのです!オッシャレー☆そして、輸入元泣かせ〜(笑)
各年式の共通パーツが少ないって事は、それだけ在庫コストが掛かるってことですから。純正パーツの在庫を信条とするうえさかさんにとっては、有り難く無い仕様変更でしょうけど(笑)、我々の様なユーザーには大変嬉しい事です。
やはり、輸入マシンを取り扱うにあたって、国内に純正パーツを在庫するっていうのは非常に重要なことであり、また大変なことでもあります。お客からの注文の度に都度本国に発注し、送料はお客が負担なんてちょっとどうかし過ぎてますよね。(国内でも送料は掛かりますが、ケタが違います)

一般的に、ガイシャが欲しい!と思った時に、最初に直面する現実が『で、純正部品はスムーズに手に入るの?』という部分です。マシンとは消耗品の固まりですから、買って終わりではなく、むしろ『買ってからが始まり』です。そういった意味で、純正パーツの供給体制がどのようになっているかは、ガイシャを買う上での重要な課題となる訳です。
勿論、頼んでもなかなか部品が届かないっていうのも、ガイシャとしてはまた一興という考えも出来ますが、オフ車は乗ってナンボ、壊してナンボですから、そうも言ってられないですよね。
そういった意味では、国内在庫があれば、殆どの場合1週間以内には確実に手元に届くのですから、日曜日に壊しても、次の日曜日にはまた乗れるって訳です。

そのことの有り難みが、しっかりと『車両価格』に含まれているべきであって、『安いから良い』ではないのです。輸入元、販売元がしっかりとしたサービスをお客に提供する為には、『高い方が良い』のです。そのことが、結果的に、そして確実に、マシンを購入した人に返ってくる事なのですから、目先の値段だけで物の購入を考えしまっては非常に浅墓であるとしか言い様が無い。
「何を貴様ごときが!」と思われるかもしれないが、今まで全身全霊を掛けてバイクを『買って』きたので、敢えて言わせて頂きました。

ーーーーーーそれでは大変長らくお待たせ致しました☆☆☆☆

e0159646_20483220.jpg


フォークは『カヤバ』仕様。
私、正直もし買うとしてもカヤバはねぇなーと思ってました。性能云々ではなく、単純に『カッコ良さ』として。
やっぱ『マルゾッキ』という響きが好きなのです。

でも、今日変わりました。

カヤバカッケェ〜〜!!!

『KYB』の白に青縁のデザインがtmのカラーリングにマッチして、お洒落感ハンパねぇっす!!!
一瞬でカヤバファンになりました☆(←ミーハー)

いや、まぁ、マシンは性能が『命』ではありますし、レーサーとしては『勝ててナンボ』なのも解ります。
でも、一般の人の『趣味の物』として考えたら、やはりその『所有欲』を満たすことも重要な『性能』だと私は考える訳です。それはカラーリングにしても、グラフィックにしてもそうです。

しかし、今回のtmの『カッコ良さ』はこれだけにとどまりません!!

e0159646_210313.jpg


青に白いラインの入ったこのシート!!

カッケ〜〜〜!!!
シートなんて、黒いグリッパーであしらわれただけの、もしくは良くて単色カラーの味気ない物が殆どだと思いますが、この白いラインのセンスにはシビレました。

そして、上の画像をご覧になって、お気付きでしょうか?
もう一つ『カッケーポイント』があることに。。。
今回の写真ではちょっと見えにくいのですが、コントラストをちょちょっと変えてみると、、、

e0159646_2135265.jpg


なんということでしょう☆

シートに『tm』のロゴが入っているではありませんか!!
もう、カッコ良過ぎて嗚咽しそうです!

e0159646_2151453.jpg


とにかく、(見える、判る範囲での)一切の妥協をせず、隅々までコダワり抜いて造り込まれ、削り出しパーツやカラーリング等マシンとしての『造形美』までも磨き抜かれた’14モデル。
まさに『才色兼備』
これを越える市販車は存在しません。ちょっと前まで、『tm以外で』なんか良いマシン無いかなーと探してたからこそ言える。各社、優れたポイントは勿論ある。だが、それを『全て』兼ね備えているメーカーは何一つ無かった。’14tmはその全てを兼ね備えていると断言出来る。そして、もし次買うとしても、迷わずtmを買う。

ただし、排気量で永遠に悩むことになるのだが。。。

by tm144en | 2013-10-15 21:18 | tm 144en | Comments(1)
2012年 12月 12日

【tm】分解

e0159646_11231671.jpg


行くぜ!!tm☆


e0159646_11242096.jpg

タンク
シュラウド
ゼッケンプレート
ナンバーホルダー
キャブ
エアクリBOX
シートレール
チャンバー
サイレンサー

e0159646_11494461.jpg

アクセルワイヤー取り回しメモ

e0159646_11501112.jpg

キズ発見!
タンクとワイヤーが接触してたみたいです。

e0159646_11503581.jpg

コッチも!
チャンバーが当たってる模様。

e0159646_11505844.jpg

配線メモ



e0159646_11512570.jpg

リアショックユニット
エンジンプレート
ジェネレーターカバー
クラッチライン
ラジエターコア
ラジエターコアガード
ラジエターホース
イグナイター類
サイドスタンド
アンダーガード



e0159646_11515685.jpg

リアブレーキライン一式
スイングアーム


e0159646_11521960.jpg

リンク類
チェーンガイドローラー



e0159646_11524442.jpg

エンジン



e0159646_1153714.jpg

ハンドルバー
フロントブレーキライン一式
トリプルクランプ
フロントフォーク
フロントタイヤ
フォークガード
フロントフェンダー
ナックルガード
フロントゼッケンプレート


e0159646_11533242.jpg

外したボルト類

e0159646_11535432.jpg

そして跡形も無くなった。。。

さよーなら。。。

by tm144en | 2012-12-12 11:55 | tm 144en | Comments(2)
2012年 12月 09日

【tm】除雪&洗車

基本的な除雪のルール。

道路、及び歩道の除雪は市が行う。
それ以外の部分は自分でやる。

ま、そりゃそうでしょう。

でもね、、、、


e0159646_7372886.jpg


まぁ、ガッツリ置いていくんだわ(笑)
グレーダーとラッセルでかき集めた雪を、人力でスコップで除雪しろと(笑)
確かに、道路と歩道は除雪されてますよ(笑)
車出せないでしょ(笑)
私はまだ若いし、むしろ冬の運動として考えてるからいいけど、老人には死の宣告に等しいよ(笑)

これが雪国の現状です。

、、、あ、あと、大雪の日に一日車を放っとくと、

e0159646_7434791.jpg


こうなります(笑)

まだ序の口ですが(笑)

========

さて、

e0159646_744457.jpg


tm君、始めます。
とりあえず洗車から。

え!?今頃!?

、、、、はい(汗)

お湯かけてやってたんですが、

e0159646_7454517.jpg


見る間に凍っていきます(笑)
泥の塊を落とすだけって感じです。

で、

e0159646_747010.jpg


ガレージで解凍作業。

後日、料理します☆

by tm144en | 2012-12-09 07:48 | tm 144en | Comments(3)
2012年 11月 02日

【tm】tm

何と言うか、自分で普通に所有しちゃってるから、tmというマシン(及びサービス)が普通になっちゃってますが、やっぱtmって他社に比べて別格なんだなぁと改めて思いますね。

他社の最新モデル見ても、私の年式(’08)が全然見劣りしません。
レーサーの世界で、5年落ちなんてもう見るも無惨で然るべきだと思うのですが。。。
13tmからみたら、見るも無惨な仕様なんですが(苦笑)

というか、他社の最前線(ヨーロッパ)で戦ってるマシンはちゃんと最新鋭の装備なのでしょうが、日本に送られてくるマシンだけ違うんじゃないでしょうか?ちゃんと進化してます?前モデルから何が変更になりましたか?

フサベルやKTMのエンデューロモデルは、いつになったらリンク式になるのでしょうか?
KTMのモトクロスモデルが、リンクレスからボトムリンクに『進化』させたことが、全てを証明してると思うのですが。。。
また、tmと日本車以外でアルミフレームの導入は?オフのみならず、ドカやアグ、ビモもクロモリにコダワってますけど(除パニガレ)、まさか、アルミの溶接技術がないとか!?それとも、クロモリの方が優位であるということなんでしょうか?
まぁ、クロモリの方が強度バランスが『やりやすい』と聞いた事はありますが。私にはよくわかりません。


毎年着々と進化を重ねるtm。(嬉しいような、悲しいような。。。)
いや、もしかしたら他社も着々と進化してるのかもしれませんが、どうもHPからはそれを伺い知る事が出来ません。というか見にくい(汗)
(フサベルの進化を見てると、安心します。'08で買っておいて本当に良かったと思ってます。)
(あーでも、ツインチャンバーのフロントフォークはちょっとくやしいかなー)
(あと、あのエンジンの置き方は、、、ちょっと気になりますねー)

そんなtmが、他より10万円ちょっと高い位で手に入るんですよ。オカシイですって!100万切る必要ないですって(笑)というか、切らないでくれー(切実)

別格は、別格のままでいて欲しいという個人的な意見。bimotaがそうであるように。

お求め易い価格で皆さんに乗って頂きたい反面、個人的所有欲は維持したいというわがまま(笑)

ああ。ぼやいてしまった(笑)

この話はフィクションですw

あ、あと、バイク屋さんなのに、バイクの写真の撮り方が残念だと、残念だと思います。
せっかくのカッコイイマシンが、写真の撮り方次第で、良くも悪くも見えてしまうからです。

なにをエラそうな事を、と思われるかも知れませんが、しかしながら事実は事実です。

車両の全体像を撮る時は少なくとも、

○なるべく望遠側で撮る

○ヘッドライトの向きに注意する

これだけでも全然変わってきます。

広角側はバイクが歪んで写ってしまうので、できるだけ離れて望遠にして撮った方が綺麗に映ります。

ヘッドライトは、構図にもよりますがカメラと平行よりコッチ側を向いてる方がしっくりきます。

e0159646_5442643.jpg


マシンの向いてる方の写真の端とフロントタイヤの間は、反対のリアタイヤのそれより大きい方が良いです。これが逆になると、マシンがどっか行っちゃいそうな感じに映ります。

真横の全体像を撮る時は(そもそも真横じゃマシンがカッコ良く見えない)、せめて(マシンが右向きなら)やや左に写す方が良いです。車両はなるべく垂直で。

コンデジの広角側で、サイドスタンドの反対側から(ハンドルが左に切れてる状態で)寄って撮った写真なんかは見るも無惨な写りをします。(中古車雑誌等でよく見かけます。)

あと、カメラの位置も、マシンの高さに合わせた方がいいです。上から見下ろす感じで撮ると、マシンが短足に映ります。(そもそも広角で撮るからなのですが)

バイクを『売る』プロは、バイクを『撮る』プロであって欲しいと、切に願います。
写真の力は絶大です。

料理の写真を撮る時は、いつも四苦八苦します。
自分の扱う商品をどう『魅せる』かに、言い訳は存在しません。

by tm144en | 2012-11-02 04:47 | tm 144en | Comments(5)
2012年 10月 29日

【tm】フレンギ&バステリ

寝坊。

私は寝坊した。また、寝坊した。

日曜日、午後から雨模様の予報とあり、午前中に走りを終わらせるべく早朝の出発を計画。6時には出発するつもりでいた。
仕事が終わったのが5時。6時までは少し時間があるが、早めに出発するのも悪く無い。

そう思ったのだが、どうにも体が動かない。少し横になりたい。少し。少しだけ。。。

そして気が付けば、時計は9時を指していた。また、やってしまったのだ。
今日は一人の予定なので、誰に迷惑を掛けることは無かったが、予定が全部狂ってしまった。

そして急いで準備を始めたのである。。。

粗方の準備は前日までに済ませてあったものの、まだやり残していることもあった。
携帯工具、及び予備プラグの準備。

e0159646_00511.jpg

ニーブレースの補修。

e0159646_023046.jpg

混合ガソリンの製作。
混合比 35:1。32:1が指定であるが、自己責任にて。

e0159646_033499.jpg

そして車体の積み込み。

e0159646_04885.jpg

朝ご飯の買い出し。
実は、ここからがピクニック気分で楽しいのだ。マシンを積み、おにぎりをかじりながらのんびり現地へと向かう道中。さしずめ修学旅行のバス移動の気分といった所だ。

だが、『のんびり』とは言ったが、

e0159646_095093.jpg


渋滞による『のんびり』の事では無い。時間帯がマズかった。出発時間が遅くなって、一般の人と同じ行動時間になってしまったのが敗因だ。だからこその早朝出発でもあるのだ。

いつもなら1時間程で着くはずだったが、本日は2時間近くも掛かってしまった。

だが、今日は2時間しか乗らないと決めていた。12時にスタートして、14時には終わる計算だ。なんのことはない。

e0159646_0121763.jpg


準備を整え、いざ走り出す

ーーーーーーーーーー

気温は10℃程。空気はやや乾燥しているだろう。この辺の正確なデータも今後必要になってくる。というのも、今日のエンジンの吹け上がりは各段に軽かったのだ。『混合気が薄い』と言われれば、大きく頷ける。それを一番強く感じたのは、4、5速程である程度の速度を出した後、アクセルをオフにし惰性で走行。しばらくの後、ほんの軽くアクセルを充てた時のエンジンからのレスポンスが非常にスムーズなのだ。
いつもなら「ゴボボボ、パイーーン」といった具合であったが、今回に関しては「パイイイイイ、フィーーーン」という感じ。

キャブのセッティングは、『濃く』する方に振ってあったはずなので意外な心境である。

それでいて、トルク感が失われていないかどうかは、正直今日の走りでは判断出来なかった。ヌタの登りの再発進等のシチュエーションが無かった為である。やはり、そのシチュエーションでの『ネバリ』や『トラクション』での判断したい。

ただ、加速は凄かった。加速感ではない。音が軽いので、加速感も存分にあるが、加速『力』も抜きん出ていた。
その証拠に、フロントが浮いて浮いて仕方が無かったのだ。特に浮かせるつもりが無くとも、アクセルを『ガバッ』と開けると、簡単にフロントは宙を舞い、アクセルをそのまま開け続ければ、そのままの状態でマシンはグングン前に進んで行く。
速い、遅いは別にして、とにかく『楽しい』の一言に尽きる。曲芸の『ウィリー』ではない。『加速』しているフロントアップ。故に安定もしている。

そんなマシンに気分を良くして走ってはいたのだが、同時に右手の人差し指に異変も感じていた。

フロントブレーキのタッチが甘いのだ。

以前にも同じ現象があった。攻め込んでくると、フロントの制動力が甘くなってくると。効き始めが遅くなるというか、レバーの握りが大きくなるのだ。
その時はブレーキ液のせいと思い、液を新品にすることで解決したかのつもりでいたのだが、また今回同じ現象に出くわしたのだ。

恐らく、ある一定の攻め込みが必要なのだろう。ハードブレーキングの割合というか。

今回は、かなりフロントの制動力に頼った走りをしていた。突っ込んでフルブレーキ、突っ込んでフルブレーキの繰り返し。ブレーキシステムにとってはかなり過酷な状況だったに違いない。

プロなら、絶妙にコントロールして、システムをいたわりながらの走りに出来るのだろうが、ド素人のハードブレーキほど手荒い物はないだろう。

ただ、誤解の無いようにしていただきたいのが、あくまでtmクオリティーでのお話で、かなり高度な次元での変化であるということ。毎回なるべく同じ環境で乗っていて、かろうじて判る程度の変化。決して制動力が破綻している訳では無い。

逆に言えば、もしかしたらそれは当たり前の変化であって、私にそれを感じ取れる能力が備わっただけ、とも言えるかもしれない。

あとは、パッドがレーシングパッドに換装してあって、純正のフィーリングとはまるで違うというのも付け加えておく。

ーーーーーさてそんな中、フロントタイヤをケチってお古のままにしていた事を後悔していた。

リアタイヤの新品のグリップ力はヨダレもので、それもあっての先のフロントアップもあるだろう。
キャタピラーの様なグリップ感は、デリタイヤならずとも、新品タイヤの特権と言えるだろう。

ただ、それに対して、フロントのグリップ力が追いついていなかったのだ。
そう言えばもう相当使用しているはずだ。フロントは、リアのようにあからさまにブロックが減っていく事がないので、ついつい『使えそう』という気になってしまうが、2タンク分も走れば、もう役目は終わっていると考えた方がいいだろう。角が無くなった時点で、もうグリップしていないといっていい。

ただ、やはり『勿体無い』という気分はどうしても拭えないかもしれない。

しかし、考えてみよう。

数日前からこの日を心待ちにし、朝から準備をして、いざ有頂天で走り出したら、フロントのグリップ感が甘くてイマイチ気分が乗らなかったら。
1本7000円のタイヤ代を『勿体無い』ととるか、
今日という掛け替えの無い1日を『勿体無い』ととるか。
まぁ、人それぞれの価値観ではあるが。。。

とはいえ、グリップの甘いフロントも、裏を返せばスリッピーで面白い。プロライダー宜しくフロント滑らしながらのコーナリングに酔いしれるのだ。
勿論、プロライダーのそれとはまるで違う『質』ではあるのだが。。。

ーーーーーーさて、中継地点から折り返し、全体の4分の3程の道のりになった所で、いつも私のテンションはトップギアに入れられる。
集中力がそんなに持たないし、前半はなんだかんだ体が慣れていない。
1日の最後の方で『本気』を数分間だけ出すのだ。

その時は大抵、ヘルメットの中で叫んでいる。人間は大声を出す事で、ポテンシャルが少し上がるように出来ている。
まぁ、「うおぉぉ〜〜〜!!」とか「あぁぁぁぁあああぁぁあぁぁ」とかだが、今回はちょっと変えてみた。

overtureかーらーのCONTRADICTION☆☆☆

と言って、何人の人に通じるだろうか(笑)

けど、解る人には、これがどれほどのアドレナリンを放出させるか伝わるだろう。もう、ドッパドッパの駄々漏れ状態であることは、想像に難く無い。

ただ、この歌は危険だ。バイクに乗っている時は。
「ブレーキなんか要らない!」の歌詞は、駄目だろう。それは生き方での話で、リアルブレーキはちゃんと操作しないとw

ーーーーーさて、少し脱線したが

e0159646_1352020.jpg
e0159646_1354057.jpg


今日も無事、走り終える事が出来た。

本日の走行データ。

走行距離:89.78km
走行時間:1時間53分
平均速度:42.5km/h

90km走って、タンクの残量はまだ結構残っている。リザーブにも至ってない。
以前は80kmでカラッポになってたはずだから、燃費が上がってることになる。
という事は、混合気は薄いセッティングなのか?
はたまたスキッシュの影響か??
乗り方か?

乗り方と言えば、以前このマシンで、平均速度45kmで走った時もあった。今日の走りはその時よりも『遅い』ということになる。
気分的には、軽い吹け上がりも相まって相当速く走ってる気分でいたが、同じどころが遅かったという結末。

プラグは中古品スタートであったが、今日はカブリの『カ』、いや『k』すら無かった。まぁ、あれだけの軽い吹け上がりだったのだから、当たり前か。

e0159646_1444170.jpg


リアタイヤも当然ながら角が削れてしまった。
まだ使うけど。

久しぶりのオフロード、休憩無しの2時間走行にも関わらず、疲労感はとても心地の良いものと言える。
が、睡魔が襲って来る。そうそうに撤収作業を進める。

e0159646_1464133.jpg

e0159646_148504.jpg

e0159646_1502454.jpg


すっかり秋色に染まった風景に、ちょっぴりセンチメンタルになりつつも、今日の走りの充足感に満たされてもいた。

e0159646_1491063.jpg


揺れ動く 女心と 秋の空

e0159646_151471.jpg


寒空に 響き渡るは 秋の音

e0159646_1522321.jpg


腹減った 満たす胃袋 減るお金

お後が宜しいようで。。。  

by tm144en | 2012-10-29 01:55 | tm 144en | Comments(5)
2012年 10月 26日

【tm】乗り納めへの序章

e0159646_13515598.jpg


粛々と新品タイヤに交換する。明後日の日曜日で、今シーズンコイツに乗るのを最後にしよう。そう決めた。

そう決めたからこそ、悔いの無い走りにしたい。そう願う。

そう願うからこそ、準備に余念は無い。

今回の目標は至ってシンプル。ワンタンクを、休憩無しの全力疾走で燃やしきる。それだけ。時間にして2時間程。

その為に選んだ場所は、tmとは切っても切り離せないあの場所。連日の雨で、路面も良い感じに仕上がっていることだろう。

いつになく不安が募る。大丈夫だろうか?
ここの所バイクには殆ど乗っていない。それ故に、何かを忘れている気がしてならない。

だが、まぁ、考えても仕方が無い。あとはやるだけだ。

日曜日。己の気力と体力を全て燃やし尽くし、灰になるまで、、、

走れっ!!

by tm144en | 2012-10-26 14:01 | tm 144en | Comments(3)
2012年 09月 11日

【tm】どしゃ降りからの栄光

『ヤル気』が突然漲った。

店が暇だった事もあるだろう。
雨が止んだ事もあるだろう。

でも一番の理由は、「昨日の借りを返してやる!」という思い。。。。

e0159646_839446.jpg


某スペシャルステージ駐車場。4時30分到着。
日の出が日に日に遅くなっている。

、、、というか

どしゃ降り。
狂ったように降っている。

いずれにせよ、車内でしばし待機。。。

e0159646_8411816.jpg


5時30分。

雨も小降りになってきた。乗るなら今だ!!!

========

キック3発で目覚めた144。
今回の目玉は、なんといってもキャブセッティングの変更だ。メインもスローも濃くし、ニードルも換えた。いったいどのような変化が体感できるのか、楽しみである。

マシンの『具合』をカラダで感じながら、ノロノロと走り出す。

エンジンのレスポンスを確認し、「良し」というところで、アドレナリン分泌量を60%まで持っていく。。。。

先日の雨によるヌタ場を期待していたのだが、今尚降りしきる雨の影響で、砂利ではない、土の路面は単なる水たまり天国、いや、地獄?
面白さは大した事がなく、ただただ下半身がどんどん濡れていく。。。。

阿鼻叫喚ヌタ場地獄絵図は、この雨が上がり、土が水を充分吸い込み、何台かのマシンでこねくり回す必要があるのだ。

とはいえ、晴天のハード路面とはまた違うそのシチュエーションに一喜一憂する。


ーーーーーそこそこカラダもならし、アドレナリン分泌量を80%程にした時、事件が起こる。

先程まではあまり感じなかったのだが、コーナー立ち上がりでのマシンの力強さが豹変したのだ。
大きめに開けるアクセルに呼応するように、リアタイヤがマシンをグイグイ押し出すのを感じる。
いや、グイグイどころじゃない。「ドカッ」と押し出す。

アクセルガバッ!
リアタイヤドカッ!

アクセルガバッ!
リアタイヤドカッ!

そう。まるでフサベルのあの暴力的な押し出し感。たったの144ccの2Tエンジンとは思えぬその押し出し感にアドレナリンの分泌量がどんどん上がっていく。


そして、、、、


、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

e0159646_992670.jpg



落下↓↓↓

誰だよ!こんなところに落とし穴仕込んだヤツは!!!

しかも、V字になってるから、すげー出るの苦戦したし!

体力かなり消耗したし!!!

テンション下がったし!!

でも、まだ走るけどね〜〜〜〜!!!

が、しかし、

いつもの上り坂が登れず、撃沈orz...

屈辱のUターンで来た道を戻るのであった。。。。

しかし、まぁ、今日のこの雨では、土の路面もあまり楽しく無いし、なんかもう腕上がってるし、今日はこの辺にしとこう。

と、予定の3分の2程の行程で終わらせる事にした。

そしてその帰りすがら。

砂利の道で、トルク感モリモリの144に陶酔した私は、いつしかアドレナリン分泌量が100%を超えていた。。。

雄叫びを上げ、タイトなコーナーを『シッティング』で攻め出した。

私のライディングスタイルは、基本的には99%スタンディングである。
が、スタンディングによるタイトコーナーはあまり速度が乗らない。というか、操作が難しい。

普段スタンディングによるコーナリングに徹しているので、それをシッティングに変えるとその鋭さは数段上となる。

アウト側の膝でタンクを押し、ステップに踏ん張り、イン側の足を投げ出す『あの』スタイルだ。

わたしにはリスクが大きい。前十字靭帯が無いので、このスタイルでスリップすると、膝が『うへぇ!!』ってなるからだ。

が、アドレナリン分泌量が100%を超えてしまった今となっては、そんな事は考えておらず、ただひたすらマシンのコントロールに集中していた。

が、『速い』かと言えば、そうでもない。多分、いつもと然程変わらないだろう。

しかし、今日は『何か』が違った。

それは、『ギア比』である。

例えば、いつも2速で曲がるコーナーを、もう少しで3速で曲がれそうだったのだ。
つまり、コーナーのアベレージ速度が一段上がるということだ。

これはとんでもないことである。

キャブのセッティングの効果が大きいのだろう。
もう少しで、高みの領域に踏み込めそうだったのだが、このあと一歩がなかなか踏み込めなかった。。。

===

e0159646_9303519.jpg


駐車場に戻ってきた時、雨はまたどしゃ降りとなっていた。
どしゃ降りの下、屋根の無い場所での着替え。

火照ったカラダが休息に冷えていくのが判る。

カラダを拭くタオルすら持って来なかったので、濡れたままのカラダで服を着ることとなる。

車の中はベチャベチャ。髪もベチャベチャ。カラダも服もベチャベチャ。どう考えても最悪の状況。

そんな中、私の顔には、笑みがこぼれていた。。。

by tm144en | 2012-09-11 09:35 | tm 144en | Comments(4)
2012年 09月 09日

【tm】寝坊

《土曜日早朝》

e0159646_393693.jpg


準備は引き続き行われた。

e0159646_3101237.jpg

e0159646_3102763.jpg


キャブレターの清掃&セッティングの変更。

MJ:#180→#182
SJ:#42→#45
ニードル:NJWE→NOEF(上3段目)

所謂『濃い』方向への変更に思われますが、トルク感がアップするそう。

e0159646_3194138.jpg


組み立て完了。

e0159646_3142965.jpg


EgO/Hで意外とバカにならないクーラント液。
色はお気に入りの青。
この原液は、エチレングリコール50%なので、倍に薄めて、25%にして使用します.
エチレングリコールの濃度が濃い(約40%以上)と、アルミに悪影響をあたえるそう。

ガソリンも買って、混合液も作って、フィルターオイルも買って、プラグも買って、、、、、


。。。

。。。

。。。

。。。

当日寝坊

10時待ち合わせで、9時30分起床。

待ち合わせ場所までは約1時間。

が、しかし、

バイクがまだ組み上がっていない。

キャブも取付けてない。
外装も付いてない。
フォークシールも掃除してない。
ブレーキも掃除してない。
チェーンも清掃してない。
エアフィルターも取付けていない。
ウェアーも準備してない。

。。。

。。。

。。。

THE END...


========

情けない。

本当に最近情けない。

先日の8/19の時も寝坊した。

タイヤテストの時もすっぽかした。
寝坊はしていなかったが、もう少し早く起きて出発していれば、例え道を間違えても余裕で間に合ってた。

もう、日曜日に朝から遊ぶ事が出来ないカラダになってしまったのか?

徹夜が出来ない。
それのみか、仮眠しても起きられない。

なんか、もうだめだナァ。。。

ネガティブになってきた。。。

仕事終わってからのバイクイジりも出来なくなってきたし、かといって日中起き出すのもしんどい。
結局家でグダグダしてる昨今。
珍しく先週は割と活動的だったのに、この有様。

乗れない、イジれない。

バイク。。。

今まで打ち込んできた、積み重ねてきた、つぎ込んできた。
そういう想いがあるから、今もなんとか首の皮一枚で繋がっている気がする。

こういう事考えるの良く無いし、まして記事に残すのも良く無いし、コレを読んでくれてる人達は、僕のこんな記事読みたく無いと思う。

解ってる。

けど、あまりにも結果がお粗末過ぎて、自分が嫌になる。

ももクロ?

やーやーやー。それはそれで、それほどでもないですよ(笑)
今週末はオフ会ありますけど(笑)
勿論参戦しますけど(笑)
ウリャオイしてきまけど(笑)

でも、それはそれ。

これはこれ。

悩み?

悩みねぇ〜。。。

無い事も無いけど。。。


『趣味』が、いつのまにか重荷になっちゃったのかなぁ。
やりたかった事が、やらなきゃいけない事にいつの間にか変わってしまった。

乗るとイジるのバランスが悪くなってきた。

最近では、イジってても、心がこもってないのが自分でも判る。
だから、こんな精神状態の私にイジられるマシンも可愛そうだと思う。

だったら触らない方が、、、、とも思ってしまう。

でもそうすると、余計離れていってしまう気がする。

去年までは無邪気に遊んでたハズ。今年の初日の出ツーリングだって楽しかった。
フサベル組み上がった時なんて感動したし、F4のライディングに没頭もした。

でも、密度がだんだん薄くなってきてたんだよね。

ま、こういう時期もあるんだろうってことで、気にすることもないんだろうけどさ。

でも、今日の寝坊はかなりショックだったなぁ。。。

by tm144en | 2012-09-09 09:48 | tm 144en | Comments(5)
2012年 09月 08日

【tm】クラッチハウジングカバー装着

e0159646_2561883.jpg


しれっと

穴が空いてます。クーラントの通る穴です。

まぁ、空いてるよね。。。。と思われるかもしれませんが、よく見て下さい、この先。
この先は、、、

クランクケースです。

ソウナンデス。tmは、クランクケースごと水冷なんデス☆☆☆

昨日、自分の機種が型落ちしてきて凹んでましたが、それはtm内でのお話。

他社車の最新モデルと比べたら、私の'08でもまだまだ性能的には上です。
その辺りの所有感は、やはりtmにしといてヨカッターー!ってところですね☆

ーーーーーさて、

e0159646_2594821.jpg


ここまで終わり、残す作業は、、、

クーラント補充
チャンバー、サイレンサー取り付け
キャブO/H

、、、えーと、えーと、

ブレーキ掃除
各部清掃

あとー、、、

ガソリン
エアフィルター取り付け

だけだっけ〜?

あ、

ウェアー類まとめて

、、、あっ!フォークやってねー!

あとー、、、

タイヤ、、、どうすっかなー。。。もう一回使おうかなー。。。

あ、ミッションオイル忘れてた(汗)

えーと、あと、、、

あ、アンダーガード。

あ!!タイラップの在庫無い!!どうしよう!!

あーもー、バタバタするーーーーーー!!!!!!!!!

by tm144en | 2012-09-08 03:10 | tm 144en | Comments(0)
2012年 09月 07日

【tm】切ないねぇ〜

考えても仕方が無いし、言っても仕方がないことですが、私の144enより遥かに性能の高い同機種が、私の買った値段より遥かに安く手に入るというのは、


切ないねぇ〜


新機種が性能高いのは当然ですが、価格が安くなってるというのが羨ましいですわ。フサベルもそうですが、私がかった07~08頃は、ユーロが確か160円位の時でしたから。。。。

ま、そう意味では、'08所有者=勇者 
ということにさせて頂きましょうか(笑)
それなら、私の気分も晴れます(笑)

それに、04~05は確か200万位でしたよね!?それから比べれば私もまだまだ良い方です。




マシンをガイシャに買い替えようかなーとご検討中の方は、ご自身の幸せな状況を噛み締めて下さいね!!

これでもまだ「高い!」とか言う人は、バイクを買う意思の無い人ということですから。


新型tm144enは絶っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ対


『買い』

ですよっっ!!!!!!!

アホアホ隊の皆さんは、強制購入で(笑)

私も買い替えようかなー。。。。

ナンチャッテ(笑)

by tm144en | 2012-09-07 03:42 | tm 144en | Comments(6)