カテゴリ:鉄( 4 )


2014年 12月 08日

固体物理学を求めて

e0159646_10144075.jpg


すっかり雪化粧を施してしまいました。

e0159646_10155373.jpg


35年の人生で2度目の市電に乗って向かった先は…

e0159646_10171736.jpg


エロ本通り越して、カオス本を借りに札幌の中央図書館へきました。

35年の人生で初めての図書館。
図書館で本を借りて読むなんて発想が全くありませんでした。しかもタダで借りれるなんて!!
いかに今まで本と関わり無く生きてきたがモロバレ(笑)

しかし!

札幌市民じゃないと貸せないだと!

ああああああああ

住民票移動してないから、私は札幌市民じゃないんだ(笑)
でも、私宛の郵便物があれば良いらしい。

そんな訳で、一冊だけなら借りれるそうなのですが、借りたかった本は上下巻っていうね(笑)

ただ、知りたかった事は下巻の方だったので、とりあえず下巻だけ借りてきましたとさ。

メデタシメデタシ♪

by tm144en | 2014-12-08 10:13 | | Comments(5)
2014年 12月 04日

応力ひずみ曲線

e0159646_357299.jpg


上の曲線は、SCM420(炭素量0.3%以下のクロームモリブデン鋼)に近いものとなってまして、金属の種類によって曲線は様々となります。

まず面白いのは、塑性変形した先に引張り強さ、つまり一番応力の高い点があるという点。
例えば、この曲線のボルトがあった場合、締め付けトルクを増していって一瞬力が抜けた先に、一番強く締め付けられるポイントがあるということです。
しかしその場合、ボルトが塑性変形しているので再利用は不可。
シリンダーヘッドボルト等で、この手の物があるかもしれませんね。

さて、今回のスイングアームの修正に当たって、まずポイントとなるのは『降伏点』と言えます。
SCM420等の低炭素合金鋼には、この降伏点が明確に現れるそうなので、作業性は良いと言えるかも知れません。この降伏点を過ぎた所から塑性変形が始まりますので、すなわち修正したい分の変形を加えることが出来るということです。

ところが

ここである問題が生じます。
この降伏点から破断の間の塑性変形では、『加工硬化』という現象が起こります。
これは、塑性変形した金属は硬さが増すという現象で、変形が増すごとに硬さも増していくのです。
(故に『破断』するのでしょう)

つまり、修正したフレームは、修正前と比べて若干『ねばさ』が無くなってしまうと言えるのではないでしょうか?
まだ、『ねばさ』が無くなるということは、折れやすくなるということなので、もしかすると修正した箇所からポッキリ折れてしまう、、、、なんてこともあるかもしれません。

ただ、まぁ、モトジグさんのように、フレーム修正というものが一般的にあるのですから、塑性変形がすぐにポッキリ、というのも言い難いでしょう。勿論、やり方の違いはあれど。。。

さて、加工硬化でウィキってみると、固体物理学についての文献にぶちあたり、アマゾンで3冊1万円なんだが、どうしたものか。。。
このペースだと、本ビンボーになっちまうだよ(泣)

この間の鉄の本も易しくて良かったんですが、肝心な部分が記載されてないので、やはりもう一歩踏み込むべきなのか。。。

しかし、バンプラバーの特注代で2万位掛かりそうだし、いやはや、詰みそうだ。。。

by tm144en | 2014-12-04 03:55 | | Comments(2)
2014年 10月 25日

【鉄】熱処理の概要

鉄の熱処理とは、加熱及び冷却によって組織を変化させいろいろな性質を作り込む操作のことである。
目的と種類によって大きく4つに分類される。

e0159646_552079.jpg

e0159646_5524758.jpg

e0159646_55351.jpg

e0159646_554947.jpg

e0159646_5535199.jpg

e0159646_5543176.jpg


*参考文献:日刊工業新聞社『元素から見た鉄鋼材料と切削の基礎知識』横山明宜著

by tm144en | 2014-10-25 05:58 | | Comments(0)
2014年 10月 24日

【鉄】鋼と鋳鉄の違い

鋼と鋳鉄の違い。それは、、、

炭素含有量2、14%

の違い。

炭素含有量が2、14%以下のものを



炭素含有量が2、14%以上のものを
鋳鉄


《鋼の性質》
たたいても割れない鉄
→たたいて形を作れる。
鍛造


《鋳鉄の性質》
たたくと割れる鉄
硬いがもろい
→たたけないので、型に流し込むしかない。
鋳造



炭素含有量のボーダーラインは、『バレンタインデー』で覚えましょう☆

===========

ちなみに、鉄が面心立方結晶になる、所謂『オーステナイト』は911℃。そう『911テロ』です。
あの時、ビルの柱が高温で溶け出すという映像がありましたが、鉄の融点は1536℃なので間違えないようにしましょう(笑)
オーステナイトは、まだ固体です。

(常温:フェライト)→(911℃:オーステナイト)→(1392℃→フェライト)→(1536℃:融点→(2750℃:沸点)

フェラ、オース、フェラ。911、いざ国!で覚えましょう♪

by tm144en | 2014-10-24 03:45 | | Comments(4)