カテゴリ:BMW K1( 198 )


2017年 11月 26日

【k1】ラジエターホースからのクーラント漏れの件


e0159646_05380151.jpeg
えんでぃど_:(´ཀ`」 ∠):


by tm144en | 2017-11-26 05:39 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 11月 19日

【k1】クーラント漏れ対策 その後

さて、ホースジョイント部分に漏れ止め処理をしたk1ですが、日数を置いて完全硬化させた所でクーラントを補充。再度エンジンをかけて状態を確認してみることに。

降り積もる雪の除雪作業をしている間に水温を上昇させます。

頃合いを見て補修箇所を確認してみると、、、

e0159646_4194154.jpg


も、漏れてる。。。
わずかですが、依然として漏れが発生しています。
そしてよく観察してみると、漏れはどうやらホースとラジエターとの隙間からではなく、ホースの『肉厚の隙間』から漏れているではありませんか!?
ホースを成形しているワイヤーのような部分から滲む様に漏れてきているのです。

なんでこんな所から漏れてくるんだ!?
これだったらもう、ホースを新品に換える他ないですよね〜。

しかも、

e0159646_4192084.jpg


水温がここまで上昇してるというのに、ファンが回らないじゃないですか!!
根室行く前の試運転の時はファンの回転は確認したので、その後動かなくなったということになりますが、はてさて。。。

ま、雪も積もっちゃったし、今シーズンは終了ですわ( ´ ▽ ` )ノ


by tm144en | 2017-11-19 04:30 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 11月 15日

【k1】クーラント漏れ対策

e0159646_243465.jpg


先日の層雲峡ツーリングの際に発覚したクーラントの漏れ。納沙布の時は大丈夫だったんですけどね。

エンジンをかけてしばらく放置し、水温を上げて漏れ箇所を探します。

e0159646_26253.jpg


発生箇所はここ。ラジエターコアの上部につながるゴムホースのジョイント部分からでした。
締込みが甘かったのかと思い増し締めしてみるも、バンドはこれ以上締まる余地がありません。おそらく、ゴムホースが劣化して痩せてしまったのだと考えられます。

いろいろ検討しましたが、今回はとりあえず、

e0159646_2101915.jpg


ガソリン用の液ガスですが、クーラントにも使えるみたいなので試しにこれで対策してみることにします。

e0159646_2113147.jpg


ラジエター側に液ガスを塗りホースをかぶせて硬化するまで放置。
ラジエターの圧力上昇に、果たしてどこまで堪えられるでしょうねぇ。。。


==========

今回の処置。一番の良策は新品のホースに交換することなのは言うまでもありません。

次に、少し小さめのホースバンドで締め付けるという方法もありますが、ゴムホースを傷つけない『少し小さめの』ホースバンドはなかなかありませんし、とにかく今すぐ直したいという衝動に駆られているのでこれも却下。

ありもので直す最善策として、ホースバンドとゴムホースの隙間にステンレステープか何かを巻いてホースを太くし、相対的にホースバンドの締め付けに余裕を持たせる方法を思いつきましたが、劣化したゴムホースをさらに追い込むような手段に少し躊躇しました。

というわけで、対策案としては最下位である液ガスによる処置ですが、まぁこれで治れば御の字ですね☆


by tm144en | 2017-11-15 02:21 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 10月 20日

【k1】紅葉見たいぜツーリング(その4)

さて、クーラントが漏れてるかもしれないという状況ではありますが、水温計とにらめっこしながら恐る恐る麓へと降り、層雲峡の温泉街へと目指します。

e0159646_2512448.jpg


層雲峡は渓谷に挟まれた小さな温泉街で、過去何度も通り過ぎてはいるのですが温泉に入るのは初めてです。

e0159646_2535394.jpg


北海道、散々旅してきましたが、まだまだ、まだまだ見てない所、知らない所ありますね。(というか、層雲峡は有名過ぎる場所ですが 笑)

有名過ぎる場所故、外国人観光客も多くいますし、お店なども英語を多用してましたね。

e0159646_2563539.jpg


ということで、今回立ち寄ったのは『黒岳の湯』という場所。層雲峡のホテルなどで日帰り入浴できる場所はあるのですが、ここは日帰り入浴が主で、多分ここ1箇所だけなんじゃないかと思います。

浴場は2階構造になっており、1階が洗い場と内風呂、2階が露天風呂とサウナという設計になっていました。
露天風呂は屋根をくりぬいたような構造で、遠くに層雲峡の渓谷は見えますが、あまり視界が広くはないので絶景と呼べるものではありませんね。まぁ、温泉街の真ん中にあるわけですから、そんなに広くも取れないでしょう。
湯はぬるめで、長く浸かるのには良いですが、熱いのが好きな私にはちょっと物足りなく感じました。
サウナは90度位で、中もい広く良かったのですが、テレビが無いと暇ですね(笑)

で、実は浴場があるのが2階で、1階にイタリアンレストランがあったので、入浴後に食事をとりました。

e0159646_34937.jpg


ゴロゴロ野菜のスパイシーカレーを頼みましたが、これがなかなかの絶品!観光客向けの大したことの無い味かと思ってましたが、良い意味で裏切ってくれました。次も必ず立ち寄って食べたいと思いますね。

e0159646_355591.jpg


昼時だったので店内はかなり賑わっており、料理は少し待たされたのですが、同業者ですから大変なのはよくわかっているので黙って待ってました。
というか、そこの店主らしき60歳位の方の動きがまた凄く、年齢をまるで感じさせない軽やかな動きで、料理の盛り付けから接客からビール注ぎから受注から、何から何までこなしていたのです。もうその動きを見ているだけで楽しくて、時が経つのも忘れる程でした。

しかも、ややイライラしながら働いているのがひしひしと伝わってきて、少し同情してしまいました。次から次からくる注文とお客さんの対応でテンションアゲアゲだったのでしょう。
まぁ、あの歳であれだけの仕事ができるんなら、私もまだまだだなと、つくづく感じましたね。

というか、今の60代の方は元気ですね〜。食べてる物が良いんでしょうか。某イタリアンレーシングオフロードマシンの輸入元の方もお元気ですし。
知識や技術という部門で60代に太刀打ちできないのは当然としても、体力部門でも負けてしまったらもう取り柄ないじゃないっすか〜!

e0159646_3153251.jpg


黒岳の湯で4時間半程過ごし、夕方。ぼちぼちと帰ることにしました。
黒岳の湯の前で、今回初の紅葉も拝めて大満足でしたね。

e0159646_318254.jpg


往復440KM程。片道2時間のプチツーリングでしたが、温泉入って美味しいもの食べて、紅葉も一応拝んで、人生についても考え、なかなか充実した内容の旅でした。

モントークの時もそうでしたが、BMWに乗ると旅先での出来事、楽しみが充実します。走りに負担が少ない分、降りている時間に有意義を見出せる。マシンのポテンシャルとしてなかなか伝わらない所ではありますが、それこそがBMWが旅バイクと言われる所以なのでしょう。

K1買って良かった〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!


by tm144en | 2017-10-20 03:27 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 10月 19日

【k1】紅葉見たいぜツーリング(その3)


e0159646_4484990.jpg


三国峠パーキングエリア。
例の光景が見れる場所は、このパーキングエリアからもう少し帯広側に向かった場所になります。

e0159646_4311347.jpg


路肩には、ね。
気温は1度か2度位で、雪もパラついていましたが、まだライダーも何人か見かけましたね。皆さん非常に寒そうにしており、「寒いっすねー」なんて声かけられたりもしたのですが、アトランティスウェアーにヒーターベスト着用でグリップヒーター付きのマシンに乗った完全防備の私的には「え?あぁ、まぁ。。。」って感じでしたね(笑)

その、グリップヒーター付きのマシンですが、、、

e0159646_4345377.jpg


あれれ!オモラシしてるじゃん!!!
オイル?、、、いや、クーラントですね。

e0159646_4352332.jpg


どうやら、どこかからクーラント液が漏れてきているようです。

e0159646_4362781.jpg


痕跡はあるのですが、場所がどこか特定出来ませんでした。カウルが邪魔で全然見れないんですよねぇ。
工具は持ってきているので、カウルを外して場所の特定と応急処置を施さないと、さすがにクーラントはマズイっしょって所なのですが、う〜ん。メンドくさい。。。

それに、漏れていたのは一時的で、断続的に漏れてるわけではないので、もうちょっと様子を見てみることにしました。とりあえず走りながら水温計とにらめっこします。

さて、この後どこ行く〜?


(ネタが薄いので、いつもより余計に引っ張っております 笑)

by tm144en | 2017-10-19 04:44 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 10月 18日

【k1】紅葉見たいぜツーリング(その2)

k1は、高速道路の走行が一番快適で素晴らしい。故に楽しいということになりますが、そうするとツーリングの度に通行料を払うことになるので、なかなかバカにならない。

だがこうも考えられる。

高速道路は、一般道に比べて事故に遭う確率がかなり低いと言える。交差点が無い、人の飛び出しが基本的には無いというだけで、もはや事故は限りなくゼロに近いと言える。
あとは、自身の運転ミスだけ気をつければ良いことになる。
つまり、高速道路の通行料は、ある意味では『安全』を買っている、と言うことができるのだ。
今回、往復で6000円の通行料でしたが、それで安全を買ったと思えば安いものである。

高速道路を走ることが楽しく無いのであればその限りではないのだが、なんせ楽しいんだから、もはやこれ以上はないと言える。

e0159646_313460.jpg


上川層雲峡ICを降り、三国峠を目指す。

e0159646_3145362.jpg


三国峠へ向かう国道の入り口に『路面凍結注意!』の電光表示がされていた。

が、構わず進む。

e0159646_3164475.jpg


路面は濡れてはいるが、さすがに凍結するほどの気温ではない。この辺の限界点は、もう散々経験してきたので直感で判る。

e0159646_3173248.jpg


遠くに見える山は、うっすら雪化粧をしていた。
否応無しに、あともう少しで冬がやってくるのだ。(記事作成本日、市内初雪)

走りながら、、、、、なんとなく、、、、、嫌な予感というか、、、、、

e0159646_3193663.jpg


ちょっと遅かったみたいね(笑)

e0159646_3204268.jpg


見頃は9月末頃だったのでしょう。
せっかくここまできましたが、『アレ』を見ることはできませんでした。

実は、まだ一度も生では見たこと無いんですよね。確か、以前来た時も遅かったような。。。

ま、でも、この天空を走る道路はいつ見ても優雅で美しいですね。

さーて、これからドウスル??


by tm144en | 2017-10-18 03:23 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 10月 17日

【k1】紅葉見たいぜツーリング

紅葉見たいぜ!!

三国峠のアレ見たいぜ!!

e0159646_3154321.jpg


有名なコレ!!

よっしゃ行くぜー\(^o^)/

e0159646_3162310.jpg


いきなり高速でドカーーーン!!
k1は高速道路での巡航が一番ですね!k1の『k』は、高速の『k』か?

e0159646_318027.jpg


ダンパーイイ感じです!フロントのフルード交換をしただけですけど、前回の時と全然違います。ダンパーがしっかり効いてるのがわかりますね。気温が4度位だったので、そのせいもあるとは思いますが、やや効きが固くて、路面のゴツゴツがもろに伝わってくる感じがありますが、速度域が高くなればむしろこの位の効きの方が安定します。
あとは、タイヤの信頼性が上がれば、私のk1は無敵の戦闘機になることでしょう☆

、、、、ま、タイヤは来年かな、、、?

e0159646_322149.jpg


オチッコが我慢できず、途中のパーキングにて停車。

e0159646_323990.jpg


寒空の下、冷たいクエン酸飲料を補給。
最近は、なるべくコーヒーは飲まないようにして、こういったクエン酸やビタミンCの入った飲料を飲むようにしています。
コーヒー飲んでも疲れ取れないし、そもそも缶コーヒーは体悪くなりますね。ただ、基本的には好きなので、「ここぞ!」という時の1杯に止めるようにしてます。

さて、三国峠での紅葉は拝めたのでしょうか?
続きはまた明日〜


by tm144en | 2017-10-17 03:27 | BMW K1 | Comments(2)
2017年 10月 15日

【k1】フォークフルード交換(後編)

フルード量450cc

e0159646_08124613.jpg
ってことで完成〜\(^o^)/

ってことで行って来るぜ〜\(^o^)/


by tm144en | 2017-10-15 08:13 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 10月 13日

【k1】フォークフルード交換(前編)

なんで休みの日にやっておかないの!!
e0159646_04362489.jpg
ごもっともなんですが、なんせ計画性というものが皆無でして。。。
しかも、今回ただフルードを入れ替えるだけなので、またいずれシール交換の為に再度外さなきゃいけないのですよ。
で、タイヤ交換もあるし。

k1のフロント周りはそこそこ手間の掛かる作業ですから、フルードとタイヤとブレーキパッドは一回の作業で行った方が断然効率が良いのですよ。

わかっちゃいるけど、、、

わかっちゃいるけど、、、

e0159646_04402796.jpg
さて、k1のフォーク。シンプルな正立です。

e0159646_04420700.jpg

実は、正立フォーク分解歴の方が圧倒的に少ないのですが、まぁそんな困ることはない、、、かな?

フルードはスラッヂが混ざってかなり汚れてましたね。
新しいフルードを入れて洗います。

で、吊るしてしばしの放置プレイ。
、、、の間にブログを書くという、ここだけは効率的(笑)

e0159646_04470736.jpg
ストーブ始めました。



by tm144en | 2017-10-13 04:47 | BMW K1 | Comments(0)
2017年 10月 11日

【k1】キーシリンダー考察

e0159646_2555097.jpg


私のk1の鍵ですが、左側収納スペースの蓋部分だけ違うものが使用されています。おそらく、蓋を紛失したのではないかと思われます。

まぁ、鍵が2つあってもそんなに不便というわけでもないのですが、一つで開けれるにこしたことはないですよね。

そんなわけで、

e0159646_25884.jpg


やってみようと思います。

e0159646_258366.jpg


まずは、キーシリンダーのハウジングを蓋から外します。

e0159646_303534.jpg


シリンダーを固定しているリングを、カシメピンを抜いて外します。
そして、シリンダーをゆっくり抜いていくと、、、


e0159646_312148.jpg


バララ〜ん!!

もう、いきなし玉みたいのとかバネとかでてきてしまいました\(^o^)/アジャパー☆

観察してみると、案外単純な構造でした。

e0159646_345917.jpg


鍵をさす方のシリンダーに、4箇所『玉』がはめ込まれており、

e0159646_355741.jpg


鍵をさすことで、鍵の山に合わせて玉の位置が変化します。
画像は違う鍵なので玉の位置がバラバラになっていますが、合う鍵であればこの玉の位置がシリンダーの側面とツライチになるのです。
位置がバラバラだと、例えば凹んでいる場所の場合ハウジング側の玉がそこに引っかかり、逆に凸っている場所はハウジング側に引っかかっている為鍵が回らない、という仕組みになっているんですね。

すなわち、この玉を入れ替えて、使用したい鍵をさして玉がツライチになるようにすれば良いということになります。

、、、が、玉の組み合わせがうまくいかず、

e0159646_39539.jpg


とりあえず2個だけを合わせることができました。
玉の長さが短いのばかりだったので、どうすることもできなかったですね。長い玉でしたら、削って高さを合わせればなんとかいけるのではないかと思います。

まぁ、2個だけでも引っかかってれば鍵としては一応機能してるわけですから、これでよいんじゃないでしょうか。
他の鍵で空いてしまう確率がものすごく高くなってしまいますが(笑)

e0159646_3113924.jpg


で、なんとかシリンダーを取り付け、鍵を回してみると、、、

ま、回らない・・・

どうやら、引っかかっちゃってるようですね。

ん?

ってことは、、、

え?

これ外れないんじゃ、、、、

だって、抜くとき会う鍵をさしながらじゃないと抜けないから、、、

え?

e0159646_3162052.jpg


よかった〜。なんとか外せた〜
ピッキングできてよかった〜(笑)

ーーーーーそんなこんなで、

e0159646_3174768.jpg


玉無しで取り付けました。
そう、どの鍵でも空くっていうね。
っていうか、鍵どころかマイナスドライバーでも、いやむしろ爪でも空く。

むしろ、走ってる最中に振動でも空く(笑)

だめじゃんorz


by tm144en | 2017-10-11 03:19 | BMW K1 | Comments(4)