カテゴリ:BMW K1( 165 )


2016年 09月 07日

【K1】K1サイドカー試運転による雑感

e0159646_8175261.jpg


さて、完成したk1サイドカー。
問題は無いと思うが、念の為試運転をすることに。
サイドカーに乗るのは初めての為、一体どういう動きをするのかは未知数。

K1サイドカーのフロントは、アールズフォークでノーズダイブの無い、サイドカーとして正統派の造りをしている。
そんなこともあり、まぁ倒れないバイク、三輪車みたいなものか、という予想のもと走り出した。

走り出して直ぐに、特殊な違和感を覚える。
それは、まがいなりにも『バイク』の乗車姿勢を取っているので、体はバイクに乗っている感覚でマシンを操作しようとしてしまう。交差点などで、大きくハンドルを切って曲がることは、違和感以外の何物でもない。

ただ、交差点のようにあからさまに曲がる時は意識をする為特に問題はないが、それは直進している時に突然起こる。

路面のうねりなどの影響だろうか、マシンが不意に左側に寄ることがある。その時、『バイクに乗っている意識』で、車体を右に傾けようとするも傾かず、ヒヤッとするのだ。
進む方向を調節されないマシンは、そのまま路肩へまっしぐら。低速で走行していたのでとっ散らかることは無かったが、これはとんでもない乗り物であることに思い知らされた。

『真っ直ぐ走らない』

この表現方法が正しいとは決して言えないが、乗ったことのない人への説明としては妥当性を得ていると言えよう。

そもそも、タイヤの位置関係が均等ではない。
バイク側の前後タイヤに対して、側車側のタイヤは後輪のやや前側に位置している。駆動力は後輪のみの為、真っ直ぐ走る為のバランスを欠いていると言わざるを得ないだろう。

とはいうものの、数キロの走行を経て直線道路で時速100km程の巡行は出来るようになった。
ただ、その時の緊張感は、2輪で時速200km以上で走行しているのに匹敵するのだが。。。

右コーナーと左コーナーの違いはいうまでもない。
右側に側車を持つk1サイドカーは、右コーナー時、左側に遠心力が掛かる時は側車に押されるような感覚になり、左コーナーでは遠心力を無視して曲がる感覚がある。

また、これは初心者の私の感想であり、短い時間で感じたことなので根拠に乏しいのだが、左右コーナーとも体を左側に張り出すようにすると曲がりやすかった。
左コーナーはまだしも、右コーナーでは、体を右に入れ込んだ方が曲がりやすいと思ったのだが、逆に左に張りだし、まるで遠心力で飛ばされているかのような体勢になることで、側車側のタイヤの荷重が抜け2輪だけで力強く曲がっていくように感じられたのだ。

おそらくだが、体を右側に入れると側車側のタイヤに荷重が掛かることで、右に曲がろうとするバイクを左に押し返そうとする力が強く働いてしまうのではないかと考えた。
そこで、思い切って体を左に張り出すことで、側車側のタイヤの荷重を抜き、あるいは少し浮かせるようにすることで、側車の押す力を殺すことが出来るのかもしれない。

いやいや、まぁ、ほんの少しの時間しか乗ってないので語るには程遠いのだが、一つ確実に言えることは、『バイクでも、トライクでも、車でもない。サイドカーという全くジャンルの違う乗り物である』ということに尽きる。

by tm144en | 2016-09-07 08:54 | BMW K1 | Comments(0)
2016年 09月 06日

【K1】K1サイドカー復活!

e0159646_3102228.jpg


いつの間にか空が高くなり、秋の訪れを否応なしに受け入れなければならない今日この頃。

e0159646_3121029.jpg


今日も今日とて、作業をするのでした。

e0159646_3124136.jpg


先日ヤフオクで仕入れたプロペラシャフト。破損した物と交換します。
ジョイント部分の動きが、若干渋かった方を採用します。

と、その前に、スイングアームを綺麗にします。

e0159646_3144914.jpg


破損したプロペラシャフトが、スイングアーム内でグリスを撒き散らしながら暴れたため、内側がひどいことになっています。
汚れそのものは、洗い流すだけで解決しますが、それによって見えてきたものがありました。

e0159646_3183758.jpg


破損したジョイント部分のすぐ横には、テーパーローラーベアリングが備えられているのですが、その下に何やら敗れたシムのようなものが見えます。通常のK1には無い物なので、それが何かを突き止める必要があります。

e0159646_3171717.jpg


ベアリングを裏側から見ると、何とプラスチックのガイドレールが破損しているのを発見しました。暴れたプロペラシャフトが当たった衝撃で破損してしまったのでしょう。ベアリングを動かしても、ゴリゴリといった手ごたえが返ってきます。

これは、要交換。

しまった。先週の段階で発見していれば、部品注文を1週間早めることができたのに。。。

。。。

。。。

。。。

あ、

そういえば、ストックがあった。
私のK1に使用されていたピボットベアリングを、捨てずに取っておいたのです。
片方はガイドレールが破損していたので使用できませんが、もう片方は無傷。しかも、取り外しは外輪を押して取り外しているので、ローラー部分への不必要な負荷もかけていません。

勿論、新品のベアリングに越したことはありませんが、納品の待ち時間を考えると、中古とは言え今目の前にあるものを使う方が得策と考えました。なんせ残り少ないシーズン。『修理待ち』に貴重な時間を奪われてしまうのは避けたい所でしょう。
時間のある冬にでも、改めて交換すれば良いのです。

というわけで早速、

e0159646_3243466.jpg


ベアリングを取り外します。
通常のK1であれば、裏側から外輪であるレースの部分を押すことが出来るのですが、サイドカー用に作られたこの特殊なスイングアームではそれが出来ません。
したがって、ベアリングプーラーを内輪に引っ掛けて外すしかないのですが、非分解式のテーパーローラーベアリングではありますが、構造上分解は出来てしまいます。内輪を引っ掛けただけでは、

e0159646_340789.jpg


内輪だけが外れてきてしまいます。
しかし、幸運なことにレースが僅かに浮いてくれたので、

e0159646_3411626.jpg


爪を逆向きに付けたギアプーラーで、なんとかイケそうです。
これは、フサベルのステムベアリングを外す時に編み出した技ですね。

e0159646_3451629.jpg


無事摘出。

e0159646_346415.jpg


そして、現れた謎のシム。

e0159646_5455392.jpg


K1のパーツリストには無いパーツです。

そもそもこのスイングアームがK1のものでは無いので、当たり前といえば当たり前なのですが、じゃぁ一体どこから来たというのか?
K1サイドカーを製作したメーカーが造ったオリジナルかとも考えましたが、ファイナルケースの形状がK75シリーズに酷似していることから考え、BMWの他車種のスイングアームを流用して作られた物であることが判明しました。数種類のスイングアームを切った張ったした痕跡があったのです。

確かに、いくらサイドカーのメーカーとはいえ、スイングアームをゼロから設計して製作するのはコストが莫大にかかってしまいます。
すでに存在するスイングアームから作り出すことの方が賢い選択と言えるでしょう。

そんな経緯を経て、数多くあるBMWの車種のパーツリストを片っ端から探し、ようやく見つけ出すことができました。

e0159646_433948.jpg


R80R?なんか、よくわかりませんが、このシリーズの車種に使われているスイングアームで使用されていたシムのようです。
しかし、パーツリスト上にはパーツナンバーが存在しません。廃番ではなく、必要のないパーツだった、という扱いのようにも見受けられます。

というわけで、いろいろ考えた末、このシムは無しのまま組み上げることにしました。
まぁ、形状も不確かで、パーツナンバーも存在しないのですから、そうするしかありません。

ストックのベアリングを取り付け、あとは元に戻す作業。
あれよあれよの間に、

e0159646_3594366.jpg


元通りに完成しました☆

オメデトウ、俺。

by tm144en | 2016-09-06 04:00 | BMW K1 | Comments(0)
2016年 09月 03日

【K1】パラペラシャフト

e0159646_6904.jpg


ブツが届きました☆

e0159646_693097.jpg


プロペラシャフトが2本。
二つ合わせると、パラペラシャフトになりますね笑

どちらのシャフトも状態は申し分なく、肝心のジョイント部分も問題ありません。

ただ、ちょっと気になることが。。。

このジョイント部分、片方のシャフトは動きが渋く、もう片方のシャフトは動きが軽いのです。
渋い、というのはゴムシールの抵抗感であり、チェーンのそれとよく似ています。したがって、異常があるわけではないと言えるでしょう。

となると、動きの軽い方のシャフトが怪しくなってきます。
どのくらい軽いかというと、重力で自然に首が振れてしまう程です。
動きの渋い方は、ゆっくり持ち上げるだけでは首を振ることはありません。

アタリがついて、動きが軽くなっているとも考えられますが、走行距離は殆ど同じ車両から取り外したことになっていたので、大差があるとは考えにくいです。ただ、出品者が部品を混同している可能性はありますが。(同一出品者が、複数のプロペラシャフトを出していたので)

まぁ、僅かな差なので、気にするほどのことでは無いんですけどね。

by tm144en | 2016-09-03 06:21 | BMW K1 | Comments(0)
2016年 08月 30日

【K1】K1サイドカー緊急入院!

e0159646_493985.jpg


はい、というわけでありまして、K1サイドカー。
だいちゃんガレージにK1サイドカーがやってまいりました!デカイなー!やっぱデカイ!

e0159646_4105997.jpg


オーナーさん曰く、プロペラシャフトが破損したのではないか、ということです。走行中に異音がしたと思ったら、急にトルクが後輪に伝わらなくなったそう。

もう一台のK1オーナーさんも、プロペラシャフトが折れるということを経験されていたそうなので、おそらく間違いはないのでしょう。

プロペラシャフトの交換だけで済むのであれば、だいちゃんガレージでも出来る!ってことで、早速分解していきます。

ちなみに、K1の純正スイングアームはパラレバー方式で、トルクロッドがあるタイプなのですが、サイドカー付きになるとモノレバーのスイングアームになっています。

e0159646_4151666.jpg


しかも、肩持ちではなく両持ちのようなスタイルなので、これは完全にサイドカー専用に作られたスイングアームのようです。

まずはリアタイヤを外すわけですが、すでに苦戦を強いられます。

e0159646_4164673.jpg


タイヤは通常の位置にボルト4本で固定されているのですが、それとは別に、左側のスイングアームにもボルト2本で固定されています。

それらを外せばタイヤは外れるのですが、あちこちのクリアランスがギリギリ過ぎてタイヤを取り出すことが出来ないのです。

他の方法もあるのかも知れませんが、今回はとりあえず右側のショックの下のボルトを外して外側に寄せ、タイヤのエアーを抜いてなんとか抜き取ることが出来ました。

e0159646_4202782.jpg


続いては、スイングアームを外す為に、ブレーキキャリパーやその廻りを外していきます。
ちなみにリアキャリパーは、制動用とサイドブレーキ用の2個が同一ローターに取り付けられています。

e0159646_422244.jpg


スイングアームにくっついてるものを一通り外したら、ピボット部分のボルトを外します。

e0159646_4233685.jpg


本来であれば、プロペラシャフトはミッション側にクリップで固定されているので、スイングアーム内から引っ張り出されるはずなのですが、、、

e0159646_425973.jpg


アーラーラーラー

e0159646_4254551.jpg


コーリャーリャーリャー

e0159646_4262379.jpg


ソーラーラーラー

e0159646_4271538.jpg


『もぎ取った』という言葉がまさに当てはまるこの状態。
サイドカー付きにすることで、車重を始め様々な『想定外の負荷』がK1本体に掛かってきますが、それが顕著に現れるのがこのプロペラシャフト部分なのです。そりゃ、そうでしょう。

だって、重たいんだもの。

乗り方にもよりますが、2台のK1サイドカーは大体3〜40000KM位で折れているので、それ位が寿命と言えそうですね。

とは言っても

バイクで30000KM40000KMって、普通の距離じゃないですからね。その位の走行距離の国産中古車の流通量の圧倒的な少なさ、というかむしろ皆無と言っても良い状況から考えて、BMWの強靭な耐久性能は本当に特筆すべきことなのです。

しかも、サイドカー付きで、です。

つまり、サイドカーが付いてなかったら、100000KMは当たり前でしょう。私のK1は壊れてましたが、あれは取り付けミスでしたから例外。

しかも、駆動部品です。普通のバイクで言ったらチェーンに該当する部品です。
それがどんなにすごいことか。

というか、むしろ『凄い事』ではなくもはや『当たり前の事』なのです。
つまり、『凄い事』というのは『壊れて然るべき状況において壊れない』から『凄い』と言えるのであって、BMWのプロペラシャフトは『壊れるような造りをしていない』からそれは凄い事でもなんでもなく『当たり前』の事なのです。

BMWが車体の耐久性が極めて高いのは、『構造上当たり前の事』。

ただ、その構造を大きく変更した事で、今回のように、破損してしまう箇所が出てくるのは、それも当たり前の事。
でも、その割に3〜40000KMももったっていうのは、これは『凄い事』ですね。

さらに、ですが、

e0159646_4413294.jpg


純正のスイングアームと比べると、なんとプロペラシャフトの入る部分に角度がついてるのです。こうしなければ、あのぶっといリアタイヤが収まらないのですから致し方ない。
つまり、スイングアームの上下動に追従するプロペラシャフトは、さらに右側にズレた位置に固定されているのですから、ジョイント部分に負荷が集中して当然です。
車重だけでも、またこの角度だけでも、どちらか一つであれば、まだもう少し破損するのは後の事だったかも知れませんが、悪い条件が重なっていたと言えるのでしょう。

まぁ、普通のバイクのチェーン交換だと思えば、こんなのどうって事ない故障です。

さて、そんなわけで、ヤフオクで中古のプロペラシャフトがゴロゴロ出てくるので、とりあえず2本落札しました。
どちらも走行30000KM程の使用でしたが、ノーマルの車体に使用されていた物であれば全然問題無いでしょう。
2本落札したのは、万が一不良品だった場合の保険の意味合いもありますし、2台のK1サイドカーがあるので予備として置いておくことも出来るからです。

さぁ、面白くなってきたねぇ〜☆

by tm144en | 2016-08-30 04:51 | BMW K1 | Comments(0)
2016年 08月 29日

【K1】載っちゃう

緊急連絡が入った!

すぐに駆けつけた!!



e0159646_3214037.jpg


K1サイドカー!!!

載せちゃった!!!!


e0159646_3221513.jpg


道交法的に、ちょっと問題はありつつも。。。

e0159646_3225818.jpg


為せば成る☆

by tm144en | 2016-08-29 03:23 | BMW K1 | Comments(0)
2016年 07月 14日

【K1】燃料ポンプ配線補修&タンク仮設置

『とりあえず』のオンパレードになってしまっている我がK1君ですが、とりあえずタンクを設置することに。

と、その前に、

e0159646_2392891.jpg


燃料ポンプの配線を補修します。
ご覧の有様で、線の被覆がガソリンに負けて、カチカチになっちゃってるんです。
これはおそらく年式によるところもあると思いますが、そもそもガソリンに耐性のある被覆ではないのでしょう。
以前調べた時、ガソリンに耐性のある線が秋葉原のどこかで売っていたのですが、確か1万円位したので(最小ロットがバカ長い)萎え萎え状態。

このままの状態では、プラスとマイナスの配線がショートしてしまう可能性があります。ガソリンの中でショートするとか、考えるのも恐ろしい。。。

そんなわけで、とりあえず普通の配線で修繕することに。

e0159646_2403155.jpg


ハンダで止めてあるだけなので、簡単に外せれますが、奥側がちょっと狭くて、難儀します。

e0159646_250326.jpg


普通の線の上からヒシチューブで覆い、さらにそれを2本まとめて覆うことで、それなりに耐久性を出したつもりです。
結局ガソリンに浸ってしまえば同じことではありますが、1年位は持ってくれるでしょう。

配線問題も解決(?)したので、早速タンクに組み込んでいきます。

e0159646_2522712.jpg


燃料フロートの位置。

アチコチややこしいかなぁと思ってましたが、ちゃんとガソリンの流れを考えながらやればなんということはありません。

e0159646_254359.jpg


そして、車体に仮設置。
というのも、もう一度リアタイヤを空転させて異音の原因を探ろうと考えていたのです。

タンクにガソリンを入れ、エンジンをかけると、、、

「ジャバJAVAじゃばじゃ馬〜〜!!!」

またもガソリン流出の事態!!
今度はどこだー!?

e0159646_2583788.jpg


ここです、ココ。
タンクからインジェクターにつながるホースのタンク側。
ここも、例のカシメのホースバンドを使用している箇所。あーもー!このカシメバンド嫌い!!

、、、、と、それもありますが、燃料ホースが硬化しているので、これも交換しなきゃだめですね。

というわけでとりあえず、燃圧レギュレーターのホースを止めているネジ式のホースバンドをこちら側に付けて、そっちはタイラップで固定しました。
こっちは燃料ポンプの圧力が掛かるのでしっかりと固定する必要がありますが、そっちはそれほどの圧はかからないのでタイラップで充分。

ーーーーーそんなわけで、再度エンジンを掛け、リアタイヤを空転させてみましたが、、、

まず、クラッチを握った時の異音は4、5速に限らず、すべてのギアで発生することを確認しました。1、2、3速では、あまり勢いよくタイヤが回っていなかったので音が小さかったのです。

あとは、スイングアーム内のプロペラシャフトの音も結構うるさい。
センタースタンドでタイヤを浮かせた状態で、スイングアームの位置が走行の状態とは違い角度が付いているので、シャフトが当たっているのかもしれません。
ただ、ミッションケース内の音とは別。

う〜ん。。。いったいどうなっているのか。。。
というか、正解がわからないので、この音が異常なのかどうなのかすら判断出来ません。聞いてて不快な音と、機械の異常とは別物ですからねぇ。

さて、どうしたものか。

by tm144en | 2016-07-14 03:14 | BMW K1 | Comments(2)
2016年 07月 06日

【K1】ミッションが、、、

「カラカラカラカラカラカラ、、、」

ミッションから異音がします。
ただ、常に音が出ているわけでは無く、4速と5速でクラッチを離している時(レバーを握っている時)だけなのです。クラッチを繋ぐ(レバーを離す)と音は消えますし、3速でクラッチを離しても音は出ません。

参った。。。

4速と5速だけなので、おそらくそのギアに何か問題があるのだと思いますが、例えば異物が噛んでるとかギアがしっかり入っていないということであれば、常に音がするはずです。
しかし今回は、クラッチを離している時だけなので、ドライブシャフトにエンジンの回転が伝わっていない時の症状です。

ちなみに、ドライブシャフトは、テーパーローラーベアリングがついた、

e0159646_5111672.jpg


これ。
このドライブシャフトの、写真でいう下の方のギアで、ミッションの中間軸と繋がっています。

e0159646_11234278.jpg

e0159646_11295773.jpg


この一番右のギア。

この右のギアは、出力軸の5速と繋がっていますが、4速はその3つ隣。

う〜ん、、、、

予備のミッション見ながら考えないとわかんないなぁ〜。。。

by tm144en | 2016-07-06 05:20 | BMW K1 | Comments(0)
2016年 07月 05日

【K1】エンジン復活への最終局面

e0159646_650829.jpg


燃料ポンプが回らない原因はコイツでした。
サイドサポートスイッチとマニュアルでは表記されていましたが(Google翻訳がそう言ったのですが)、なんのことはない。サイドスタンドのスイッチです。
要するに、サイドスタンドを出した状態では、燃料ポンプを作動させないようにしてあるようですね。
とりあえずタイラップでスイッチを固定させます。

さて、燃料ポンプの作動も確認出来ましたので、いよいよ

e0159646_653821.jpg


エンジンオイルを入れます。
オイルは、フックスのチタニウム。5w-50です。

ミッション&ファイナルの方は、

e0159646_6541753.jpg


ガルフの75w-90のGL-5です。
本当は80W-90が指定されているのですが、tmの時に買いだめたこのオイルがまだ余っているので、とりあえずこれを使用します。

e0159646_6571928.jpg


マフラーを取り付けます。

クランクブリーザーの件は、

e0159646_659744.jpg


これを、

e0159646_701680.jpg


こうして対処します。
とりあえずエンジン掛けるだけなので、これでいいでしょう。

そして、ラジエターのサーモスタット部分のコの字パッキンの件は、とりあえずOリングで対処。別にコの字じゃなくても大丈夫そうです。が、ちょっとサイズが太かったので、無理矢理感が否めませんが。。。

ガソリンは、タンクを取り付ける為には配線をもうちょっとまとめる必要があるので、

e0159646_733783.jpg


とりあえず横にオケを置いて、その中にガソリンを入れます。
よくある点滴みたいなやつで、、、とはいきません。燃圧レギュレーターから戻って来るガソリンがあるので、こうする必要があるのです。
それに、燃料ポンプなので、高い位置に無くても大丈夫ですし。

ただ、この状態のままではあまりにも危険すぎる!

、、、いや、実の所、ガソリンスタンド経験が長い私は、ガソリンに対しての警戒心が欠落しており、このままやるつもりしていたのですが、一緒にいたK1オーナーの方から「それは危ないでしょ!」というご指摘をいただいたので、

e0159646_7114435.jpg


ラップで保護。
万が一ショートした火花などが飛んできても大丈夫なようにはしました。
いやはや。慣れ、慢心は禁物ですね!!


ーーーーさて、これにていよいよ動画にもありましたように、エンジン試動と相成ったわけですが、1回目。突然の煙発生にアタフタ。
エンジン始動の喜びをかみしめるのも束の間。一気に気分はどん底に突き落とされます。

オイル漏れてる〜〜〜!!!

下から覗くと、ベースガスケット付近から滴り落ちる液体。。。

なぜだ!?なぜ漏れる!?ヘッドボルトはしっかり締めた。ガスケットも新品。

ということは?

思い当たる節が。。。

そういえば、ヘッドの座面を面取りした記憶が。。。

そもそも、確かラジエターの水が滲んでいたので、面取りの必要性があったのですが、それを自力で行ったのです。

あれか、、、?あれがダメだったのか、、、?ちゃんとストレートエッヂで計測したんだが、、、、?

、、、、ん?

違う?

、、、、ガソリン?


e0159646_7133670.jpg


ん!?

なんと!燃圧レギュレーターから漏れてるじゃぁないですか!!

e0159646_7214140.jpg


触ってないホースの継ぎ目から漏れてます。
ホースバンドは、ネジ式ではなく使い捨てのカシメタイプ。なので外すわけがありません。
なぜこんな所から漏れるのか。。。
というか、このカシメが気に入らない!
確かに、ホースに傷をつけないし、形もスリムで良いですが、使い回しが効かないのがバラシ屋としては困ります。

そんなわけで、とりあえずブリーザーホースで使用されていたネジ式のホースバンドを拝借。
しっかりと固定し直しました。

そして2回目のエンジン再試動。
まだ余熱の残るエンジンは、チョークを引かずとも一発で始動。安定したアイドリングを見せました。
まだ激しいブリッピングは控えましたが、とりあえず3000回転位まではスイスイ回ります。

続いて、センタースタンドを使用しているので、ミッションを入れ後輪を回します。
1、2、3、4、5速と問題なく変速します。

問題無く、、、

ん?

by tm144en | 2016-07-05 07:29 | BMW K1 | Comments(0)
2016年 07月 03日

【K1】復活\(^o^)/










by tm144en | 2016-07-03 15:52 | BMW K1 | Comments(0)
2016年 06月 30日

【K1】燃料ポンプに関する回路図考察

e0159646_4465619.jpg


えっと、、、アレがコッチ行って、コレがアアなって、コッチがコウで、コッチがコウで、アッチがコウで、、、




e0159646_4521029.jpg


by tm144en | 2016-06-30 04:52 | BMW K1 | Comments(2)