カテゴリ:BETA RR125LC( 37 )


2012年 04月 27日

【RR】後悔

後悔した。

一時の金策難の為、RR君とDR君を売りに出した。
値札を付けられた彼らを目にした時、今更ながらやめておけばと思った。彼らの目はこう言っていた。

「裏切り者」

と。。。。

無計画にお金を使い過ぎたしわ寄せの為に、売りに出されてしまった彼ら。私の不徳の致すところに他ならない。彼らに罪はないのだ。

彼らは私の身を守ってくれた。不束な運転スキルの私に力を貸してくれていた。
そんな彼らを、私は見捨てた。これを裏切り者と言わずして、何と言おう。

RR君を購入するにあたっては、748君を下取りに出している。すなわち、748君までも裏切った事になるのだ。

私はいつの間に、こんな冷たい人間になってしまったのだろう。
一生懸命整備して、愛情を注いでいたのではないのか?
ただ、自分の欲求を満たしていただけなんじゃないか?

そんな軽率な接し方をするヤツは、事故って死んで当然。マシンに殺されるんだよ。


ーーーー過ぎてしまった事は致し方無い。売りに出されてしまった彼らを、私はどうすることも出来ない。

後悔する気持ちがあるのなら、今後の生き方に活かせば良い。

今、ガレージに眠るあの子達に、精一杯の愛情を注いでやる事で、去ってしまった彼らへの崇敬の念としたい。


e0159646_658479.jpg



今まで有り難う御座いました

by tm144en | 2012-04-27 06:58 | BETA RR125LC | Comments(2)
2011年 10月 30日

【RR】アホアホ隊林道ツーリング

知り合いに不幸がありまして、ちょっと記事を書く気になれないので本日は写真のみとさせて頂きます。

楽しみにして下さっていた方には大変申し訳ありません。

ちなみに、今日のメンバーとは関係ありませんので。

e0159646_19454285.jpg
e0159646_1946567.jpg
e0159646_19462782.jpg
e0159646_19464735.jpg
e0159646_19471070.jpg
e0159646_194735100.jpg
e0159646_19481517.jpg
e0159646_19483686.jpg
e0159646_19485767.jpg
e0159646_19491778.jpg
e0159646_1949323.jpg
e0159646_19494621.jpg


by tm144en | 2011-10-30 19:49 | BETA RR125LC | Comments(2)
2011年 10月 05日

【RR】洗車DAY☆

e0159646_157878.jpg

1週間遅れの、、、いや、その前からなので1ヶ月遅れの洗車です(汗)

いやはや、すんませんねぇ〜。。。

e0159646_159742.jpg


先週末の寒さは、ただの夢だったかと思わせる好天っぷり♪
今年はあと何回こんな日に恵まれるのでしょうね☆

e0159646_213199.jpg


ホースの圧力でのみ泥を落とし、あとはカークリームとオイルスプレーで仕上げます。
毎回『これ』といった手法に拘っている訳ではありません。なんとなく、ああやったり、こうやったり。

e0159646_234950.jpg

リンク部分は、砂型鋳造でしょうかね!?表面がザラついているので、鍛造でも金型でもないと思うのですが。。。
鋳造だとしたら、強度弱くねっ!?125ccだからナメてんのか!?
でも車重はイッチョマエにあるし、速度だってダートで90km出せる時ありますから、ヘタするとリンクが破断したりして!?
要注意っすね(汗)

それ懸念を除いたとしても、単純に磨きずらい!綺麗にならない!!

そして、多分中のベアリングもヒドいことになってそう(冷汗)

見ないのが吉か?


、、、、あれ!?

なんかいつもこの子の事になると、文句ばっか言ってる気がしますね(汗)

まぁ、いろいろありますが、RR君の走破性能はかなり高いですよ。
マシンとしての完成度を、tm君やフサベル君と比べるから気に染まなくなるだけで、実際走ってる時はことのほか楽しめます。

パワーバンドが狭く、高回転域の1~2000回転位の幅から外してしまうと、4T125らしい鈍臭い加速になってしまいます。
なので、その高回転域をキープした走りに徹すれば『良し』かというと、そうでもなく、フロントのサスペンションが弱く、僕の腕ではコーナーで扱えきれません。

逆に、そのソフトなフロントの動きはウッヅ等の極低速走行時に威力を発揮するので、トライアル的な乗り方は存分に楽しめます。そこはさすがトライアルの名門です。

しかし、その遊び方をするにしては車重が重く、また重心位置も高いので、初心者向きにはなり得ません。ちゃんとしたトラ車で遊んだ方が練習になります。

、、、とまぁ、なんだか中途半端なマシンなのですが、その中途さがなんか気に入ってるんですよ♪なんかブルドックみたいな!?ブサ可愛いみたいな!?

フロントフォークの動きを硬くして、ハード走行に振ったら多分フレームからスイングアームから苦情が出て来るでしょうから、やはりバランスはこのままが良さそうです。

なので、林道でのハイスピード走行をしたければ、吹っ飛ぶ覚悟で練習するしかなさそうです。

腕に覚えのある方でしたら、多分高回転域で痛快な走りが出来ると思いますよ☆
僕の様な、マシンに『おんぶにだっこライダー』では、コイツを速く走らせてあげる事が出来ません。

ある程度熟練した人が、トレッキングに使用するならこのマシンは抜群ですね!

え?僕?

はい。『ある程度熟練した人』ですけど何か?(爆)

by tm144en | 2011-10-05 02:38 | BETA RR125LC | Comments(0)
2011年 09月 26日

【RR】萎えたワ〜林道ツーリング

萎えたワ〜

======

朝6時に出発。今日は一人で厚真地区の開発に行ってきます。『開発』とはいうものの、前人未到の地を行くということではなく、既に存在している林道の道筋を覚えに行くとうことになります。

ホームグラウンドと呼べる支笏湖周辺は、何だか最近走り辛くなってきてますし、砂利道が多いのであまりお気に召さなくなってきました。

e0159646_11572285.jpg


現地に到着。
この地区は、編み目の用に林道が存在しているので、全てを走りきるには相当な時間がかかります。
以前から何度か走って来てはいるので、今日はそれとは別の道を『開発』していこうと思います。

9時ちょっと前に出発。RRの航続距離は余裕をみて100km程あるので、とりあえず70km位は地図も何も見ないで適当に走ってみる事にしました。

気になる分岐があればとりあえず入り、面白そうなセクションがあればとりあえずアタックする。

『闇雲に走る』という行為、今までも何度も各地の林道でやってきましたが、今日のこれほどまでに分岐の多い林道ではあっという間に自分が何処にいるのか判らなくなってしまいます。
何となく記憶に残っている分岐点があったりもしますが、それは今日の記憶なのか、以前の記憶なのかが曖昧になってきます。

彷徨い走る事約二時間。

e0159646_12112498.jpg


見覚えのある地にやってきました!
そうです。ここは、去年の今頃、tmで泊まりがけでこの地を走った時に来た場所なのです。

e0159646_12144323.jpg


もの凄い懐旧の念が押し寄せて来ます。いままで心細く走って来た分、その思いは一層です。

と、ここで、

e0159646_12175846.jpg


寒くなってきたので、『袖』を装着します。川渡りや水たまりを散々渡り、全身水まみれになってしまい冷えてきてしまったのです。

小休止の後、出発します。

途中、

e0159646_1339121.jpg


こんな牧歌的な風景にも出くわし、テンションが上がります♪

それからさらに彷徨い走っていると、確実に見覚えのある分岐にやってきたので、覚えのある方に曲がると、

e0159646_12213960.jpg


いつものあの場所にやってきました。





楽しかったのはこれまでです。

そこからさらに彷徨い走ります。

どの位走ったでしょうか。

『林道』と言うよりは、『山肌』というべき道を走っていました。広く見渡せるその場所は、その『山肌』沿いに道が存在していて走っていると山をぐるっと回り込む様子が見て取れます。
いくつかの道があり、その山の頂上に向かって伸びる道を選んで走りました。

普通なら「面白い場所見つけた」と思う所ですが、今日はそういう気分になりませんでした。

というのも、『鹿の足跡』が尋常じゃないのです。今まで山を走っていて、鹿の足跡なんて当たり前のように見て来ましたが、これほどまでに大量の足跡は始めての事です。つまりこの場所には、相当数の鹿が存在しているということなのでしょう。

「なんだか薄気味悪い」

そう思い早々に立ち去ろうとしますが、行き止まりが続き、来た道を戻る以外どこかに抜けれそうにもありません。

そうしていると、今度はなんとか抜け出せそうな道を発見したので、やっと抜け出せると思いそこへ進むと『それら』はありました。



バラバラに刻まれた『鹿』です。




始めに一目で『鹿』であると認識させたのは、すぐ目の前の木にぶら下がっているのが、まさに鹿の頭であったからです。
その『頭』はこちら側を見ており、その目は虚ろでした。

そして辺りを見渡すと、それまで自然の色に同化して見えてなかった『モノ』が確認出来るようになってきました。

すぐ足下にまでちらばる、血と骨の付いた肉辺の数々。

少し高い位置の枝にぶら下がる、『腰』と思わせる部分の塊。

『頭』がぶら下がっている木の脇に転がる、『足爪』。

全身の血が逆流するのが判りました。

咄嗟にUターンしようと試みますが、狭いスペース、ぬかるんだ足下のせいで、どうしても目の前の『頭』がぶら下がる木を迂回しなければならない状況でした。

あちらこちらに散らばる肉片を避けながら、『頭』の下に伸びる『白い物』が何なのかはなるべく気にしない様にし、『その木』をぐるっとまわり何とかその場所から立ち去ることができました。

今自分が見た光景の意味を頭で整理する事など到底出来ず、とにかく一目散で来た道を戻ります。
しかし、どうしてか思う様に進めず、何度も丸太に引っかかっては転んでしまう始末。普段ならなんてことないセクションが、足が言う事を聞かずコントロール不能になってしまうのです。

そして走っていると、足下から急に「ガコッガコッ!」という音がしたので、咄嗟にマシンを止め見てみると、

e0159646_1335218.jpg


チェーンがっ!!

まさか切れたか!?

いや、切れてはいませんでした。外れただけのようです。

いくらなんでも、今の精神状態でチェーン切れを起こしてしまったら、どうする事も出来なかったに違いありません。

外れたチェーンを元に戻し、また走り出します。

一頻り走ると徐々に冷静さも取り戻してきました。

そして、『あの状況』の事を頭で整理し始めます。

まるでアメリカ映画の、プレデターやジェイソンの仕業のような光景でしたが、冷静に考えてみるとあれは『人間』の仕業でしょう。
初め『熊』かとも思いましたが、おそらく熊はあんな風に鹿を襲って食べる事はないでしょう。普段彼らは木の実等を食べていると聞いた事があるからです。

では、『人間』の仕業とするなら、それは『鹿肉』の調達が考えられます。
あの場所で、鹿の解体作業が行われていたのでしょう。食べる部分ではない、頭や足爪の部分を捨て、モモや胴体の部分を持ち帰った。

また、そうすると無数の鹿の足跡も説明がつきます。

そうです。まさしく『あの場所』は、『鹿狩りの場所』だったのです。

見渡しの利く山肌に群がる鹿を、隣の山から猟銃で狙う。
そして、打ち倒した鹿を回収に行く為の『道』。僕が走っていたのはまさにその『道』だったのでしょう。

なるほど。なるほど。
想像の域は出ていませんが、仮説として一つ納得が出来たので、気持ちも大分落ち着いてきました。

考えてもみれば、牛の肉や豚の肉を平気で毎日食べていると言う事は、どこかでその『牛』や『豚』を『バラバラにしている人達』がいるということなんですよね。
そのことは理解はしていても、あまり実感のない事でしたが、なんというか今日突然『実感』してしまいましたね(汗)

都会っ子の僕にはとても衝撃的な光景でしたとさ。


======

さて、気分も萎え萎えになってしまい、ガソリンも残り僅かになってきたので一旦戻らなければいけませんが、携行缶でガソリンは持ってきてはいますが、今日はもう走らないですね(汗)

最後はGPSの地図で最短ルートを探し、その道で帰ろうとしますが、実際に行ってみるとそこは完全に廃道状態になっており、本当に抜けれるのか大変不安になってきました。
先程の事もあり、心が大分弱ってきています。

そもそも一人で山を走っている時は心細いものです。砂利の敷いた太い道を走っている時は何とも思いませんが、うっそうとした道になると急に家が恋しくなってきます。

それでもいままでそれを乗り越えてきたわけですが、今日は事情が違います。

その廃道状態の道に殆ど半ベソ状態の僕は、何度もGPSで道を確認しますが、どうやら衛星の電波が弱く、GPSに『?』マークが出てしまいました。

おいおい。『?』は困るぜ、『?』はっ、、、(涙)

GPSも頼りにならず、かろうじてそこが過去『道』として使われていた痕跡だけを頼りに、とにかく前に進みます。

そうしてなんとか太い道に抜け出て、無事車の場所まで戻る事が出来たのでした。。。

e0159646_1338884.jpg


走行距離100km
走行時間4時間20分

RR君で走るとアベレージ速度が遅いのですが、それに輪をかけてあちこちアタックしながら走っていたこともあり、終始走り続けたわりにはこの様な数字になりました。

そしてなんだか疲労困憊ですわ。。。

=======

そんな疲れた身体を癒すため、

e0159646_13433184.jpg


やって来たのはユンニの湯。

やっぱ混み過ぎ!!
有名過ぎる場所はダメですね。

そしてそれから真っすぐ帰ることはせず、『ある計画』の為に場所を移動します。

e0159646_13461210.jpg


この長沼の広大な大地に沈む、『夕陽』を撮影してやろうと思ったのです。
入念に撮影場所を選定し、時間を待ちます。

先程の、
e0159646_1453210.jpg

これの件もありましたから、心機一転絶景を拝みたい所です。
(ちなみに、実際の『その光景』の写真を撮ろうとも思ったのですが、さすがにそれを記事に載せる事は出来ないので止めました)

秋の夕陽は1年で一番素晴らしいのですが、それでも条件が揃わないと『絶景』とはなりません。

稚内の時はデジイチのバッテリーが無く、先日の夕陽は仕事中の為自宅の屋上からしか撮れず、しかも手ぶれ。

三度目の正直とばかりに、今度こそと意を決するのですが、、、

e0159646_13514593.jpg


ダんメだぁ〜〜orz...

by tm144en | 2011-09-26 13:52 | BETA RR125LC | Comments(6)
2011年 09月 25日

【RR】リアホイールベアリング

BETA RR君ですが、

e0159646_4171865.jpg


ホイールベアリング部分に、ゴムシールがありません。
オンロードマシンならまだしも、オフロードマシンでこれは穏やかではありません。
レースユースなんかでは、ゴムシール分の抵抗を懸念して外すという手法もあるようですが、それは毎回交換のレースの世界故の事。
ベータはそもそもトライアル車のメーカーですが、トラ車のREV3もゴムシールはありません。ですが、金属の蓋がされていますので、むき出しよりはまだマシです。

多分ソッコーダメになるだろうなーと思ってましたが、

案の定

もうダメになってました(笑)

『ゴリゴリ感触』が出てしまったら、ベアリングとしては終了ですから要交換なのですが、まだギリギリ初期段階でしたので、

e0159646_424276.jpg


スプレー式のモリブデングリスを充填して、あと一回頑張ってもらいます♪

出来れば抜き出して綺麗に洗浄して、チキソグリースを充填させればまだまだ『保つ』とは思うのですが、ベアリングの内径部分にプーラー掛けて引っこ抜いたのでは、本末転倒になってしまいます。

まぁ、1回位なら大丈夫でしょ!?

でわ、行ってきマァ〜っす☆

by tm144en | 2011-09-25 04:29 | BETA RR125LC | Comments(2)
2011年 09月 24日

【RR】リアブレーキパッド他

e0159646_8191397.jpg


日曜日に出陣しようかと思うので、諸整備を行います。tm君もフサベル君も乗れませんので、この子しかいないのです。
というか、この子を買った理由が、『tm君とフサベル君の幕間繋ぎ』的な感じだったのですがね。
山走りたい衝動にかられ、整備疎かなままtmやフサベルを動かしたくはなかったもので。でも、この子は整備疎かなまま走らせてるんですが(汗)

======

e0159646_8232943.jpg


まずはチェーン調整。前回新品にしましたが、100km程の走行でもうダルンダルンです(汗)。レッジーナだろうがRKだろうが、428の140リンクのノンシールチェーンはすぐノビるってことでしょうか。。。
とりえず適正な張りに調節しておきます。

で、チェーンアジャスターの辺りをまさぐっていると、

e0159646_8273282.jpg


おおぉっと!!

リアのブレーキパッドがもう終わりかけ、、、てか、オワタ!?

3ヶ月前にすでにパッドは頼んであるのですが、まだ来ません。ベータジャパンやる気無し!!

っていうか!!

以前のサイクロンの時もそうでしたけど、自分所で販売してる車種のブレーキパッドの在庫してないってどゆこと!?
全ての純正部品とは言いませんけど、消耗品の在庫位しておくのが当然ではないでしょうか!?ブレーキパッドないなんて、話にならんでしょ!乗るなってこと!? 

ベータが悪いのか、ベータジャパンが悪いのか、はたまたグリメカ(キャリパーメーカー)が悪いのか。北海道が相手にされてないのか。(←これ地味に一番あると思う!)

いやいや、問題はそんな所ではなく、

純正部品の確保も出来ずして、車両の販売をしてはいかん!!

ということですよ。

マシンの数々の不具合は、それは『ベータクオリティー』として納得出来るものですが、消耗品を用意してないっていうのは、ベータジャパンの怠慢以外の何物でもありません。


ーーーーーとまぁ、ボロクソ言わせてもらったところで、

e0159646_8435729.jpg


さて、どうしましょう。

キャリパーのメーカーは

e0159646_8452946.jpg


グリメカ製なのですが、よくよく見てみると、

e0159646_8462654.jpg


ブレーキパッドピンの目クラにイモネジの蓋を使用している辺りが、なんかニッシンっぽい感じがしますね〜。







e0159646_8475991.jpg




キラーン☆
ニッシンキャリパー見っけ♪

tm君のリアはニッシンなのでした☆

そこで、ちょっと拝借してRR君のと形を比べてみると、、、

e0159646_850147.jpg


おおおぉっと!!
ドンピ、、、シャ?


e0159646_851481.jpg


うーーん!!僅かにtmの方が長いっ!
形はほぼ一致してるだけに、諦めきれません!!

よしっ、

「削っちゃえ!!」

e0159646_8541464.jpg


1ミリ位なので、バイスで固定してヤスリで削ってしまいます♪

e0159646_855236.jpg


うん。バッチリですね☆☆☆

e0159646_856448.jpg


キャリパーとの装着具合も問題無し!!

ただ、タイヤを装着して回転させてみると、ほんの少しですが内側のパッドが厚過ぎて、ディスクと擦ってしまってました。
なので、一旦外して、コンクリートの床でパッドを削って少し減らして、再び装着。ディスクとの接触も問題無しになりました☆

ベータ(グリメカ)純正よりtm(ニッシン)純正の方がクオリティー高いでしょうから、これで万々歳です!

まぁ、ブレーキパッドを改造という、ある種『タブー』ではあると思いますが、許容範囲であると無理矢理納得しております(笑)

しかし、

10数回使用したtmのリアキャリパーですが、見た限り全く消耗しているように思えない程の厚みです。結構リアブレーキは使ってると思うんですけど。。。材質が良いんでしょうかね☆
対してベータの方は、マトモに乗ったのなんて4、5回しかないのに、もう無くなっちゃいました(爆)

まぁ、170マンのマシンと、50マンのマシンを比べるのも酷な話ですけどね(笑)

by tm144en | 2011-09-24 09:10 | BETA RR125LC | Comments(4)
2011年 08月 28日

【RR】ムチャ振りんどー〜そして全て完璧!!

土曜日、アホ隊2号士君からの『ムチャ振りんどー』のお誘い。

「マジ!?明日の話っすか!!急過ぎる!!」

全くなんの準備もしてないので若干萎え萎えになるも、ここんとこバイクに全然乗ってないし、オフもかなり間が空いてしまうという体たらくぶり。

そんなんじゃいかん!!

このムチャ振りに答えてこそ、隊長たる所以!!
、、、と、一念発起するも、問題が一つ。乗るとするならベータRRしかないのですが、どうやらこの子、そろそろチェーンが切れそうな予感。

というのも、純正でレッジーナのチェーンがついているのですが、これがまたみるみる伸びていくので少々不安になっていた矢先、先日のDUCATIツーリングの時ばったり同じベータRRの人に遭遇したのでした。
他に乗ってる人がいるという嫉妬が沸くも、どうやら様子がオカシイ。
事情を聞いた人の話によると、なんと

チェーンが切れた

らしいのです!!

(冷汗)

こりゃいかん。次乗る時は絶対新品に交換しよう!!そう考えていました。

しかし、さして乗る予定もなかったのでチェーンを交換する事もないまま、今日に至ったのです。そして明日乗ると言う。

土曜日の時点で、チェーンをオーダー入れて間に合う訳がないので、在庫を持ってるお店を探すしかありません。まぁ、選ばなければきっとどこかのお店にはあるだろう。そう思って、とりあえずサイズを確認したところ、428チェーンなのですがそのリンク数に驚愕!!

140リンク


なのです!!

終わったぁ〜!!
428で140リンクのチェーンを在庫してる店なんてあるわけねぇー!!

普通120か、長くて130でしょ!!

ああぁ、2号士君すまん。明日は不参加ですわ。。。。

そう諦念しかかるも、駄目もとでクルムスさんに行ってみると、、、

e0159646_12471994.jpg


あった〜☆

おそるべし!!クルムスさんの在庫力!!やはり、こういう所は『老舗』だからこその力ですよね。参りました(笑)

こうなると、もう私は明日走らなければならない運命にあるようですね!
よっしゃ!!やったるでー!!

e0159646_12475990.jpg


クリップチェーンで、しかもリンク数がドンピシャなので、ものの数分で作業完了☆

e0159646_1249118.jpg


よっしゃ!!準備万端!!

=======

そして日曜日。朝7時集合。

e0159646_12534733.jpg


早っ!!

実は、本日北海道マラソンが開催され、市内中心部の交通が12時から14時までの間通行止めになってしまうのです。僕の家側と、山側は丁度豊平川、石狩街道で寸断されているので、12時過ぎたら完全にアウトなんです。
なので、11時30分までには走行を終わらせ、帰宅の途に着く予定の為、スタート時間をカナリ早めたのでした。

まぁ、14時過ぎまで走るって『手』もあるんですが、ちょっとワタクシ夜に用事がありまして、土曜日からずーっと寝てないもんですから、早めに帰って寝かせてもらおうかと。

あ!?ええ。『例の』大ちゃん会です、はい。

ということで、おしゃべりもほどほどにし、早速出発します。
いつも通り、滝野側から入林しましたが、なんと!!

e0159646_130586.jpg


『土嚢』を積んで、入り口が完全に封鎖されているじゃないですか!!
いや、もう、「これでもか!!」って位積んでありましたよ。もう徹底的に。さすがに、脇から入るなんて出来るレベルではありません。トライアル国際A級ライダーなら楽勝で行けるでしょうけど(笑)

仕方が無いので、別の入り口から入る事に。ああ、でもコッチからの方が楽しいかも♪

e0159646_13114889.jpg

e0159646_13123015.jpg


短時間集中走行。

11時30分までに朝のスタート地点に戻れれば、マラソンの開始ギリギリには帰れるので、走りながら、ペースと、休憩の時間を逐一計算し、走る場所を考えていきました。
短い時間で、尚かつ充足感が得られるだけの走りはしたいので、『グチャグチャ』や『ワダチワダチ』や『ノボリノボリ』を選んで走行します。
そして、時間を見つつ、走れる距離も考えつつ、ショートカットで時間を調整しつつ、ガソリンの残量も気にしつつ。。。

で、奇跡的にも、ジャスト11時20分にスタート地点に戻る事が出来ました☆スバラシイ!!完璧なペース配分!!エンデューロやらせたら優勝しちゃうかもね!?

そして帰り道、

e0159646_13232078.jpg


今か今かと通行止めにしようとしてる警察官や警備員を横目に、

e0159646_13245577.jpg


無事帰宅!!

いやぁ〜、時間は短かったですが、その分集中して走りましたし、ペース配分もバッチし上手くいったので、満足満足♪

アホ隊2号士君には、感謝感謝☆

ああ、もうだめ、、眠いzzz...

by tm144en | 2011-08-28 13:26 | BETA RR125LC | Comments(2)
2011年 06月 27日

【RR】アホアホ隊合同林道ツーリング☆

の前に、

e0159646_23448.jpg


まずはフロントだけタイヤ交換します。ブレーキを強化したら、急にフロントタイヤが不安になってしまいました。

で、タイヤを外してビツクリ!!!

e0159646_2362042.jpg


リムバンドが(汗)
私が悪いんでしょうか?、、、と言えば、私が悪いんですと言われる。
リムバンドが悪いんだ!、、、と言えば、リムバンドが悪いんですと言われる。

こだまでしょうか?

いいえ、だれでも。。。


と、言ってる場合ではないので、応急処置をせざるを得ないでしょう。
実は以前からちょっと気になってた方法がありまして、

e0159646_2403753.jpg


リムにガムテープを巻いてしまうという処置です。この方法だと、ガムテープが『イイ感じ』に馴染むとチューブレス化出来る程の密閉効果があるという話を聞いた事があります。

e0159646_2431356.jpg


とりあえず3周程巻き付けてみました。
まぁ、『イイ感じ』に馴染んだ時、多分もう取れなくなってそうですけどね(笑)

で、せっかくなので、

e0159646_2445724.jpg


バルブの部分にも、外側からOリングを嚼ましてみました。多分これで中に水等が侵入することが殆ど無くなるでしょう。

、、、よしっ完成☆


==============


今日は別チームと合同で走る事になりました。

e0159646_2485548.jpg


、、、と言うと体が良いですが、正確には『合同』というか、『吸収』ですね(笑)

前日にアホ隊2号士君からのメールで、

『別チームと合流する案があるのですが、だいちゃんは隊長じゃなきゃ嫌ですか?』

と入ってきました。

「オラ、隊長じゃなきゃ嫌じゃ〜〜!!」

、、、というだだっ子さんではないので、勿論快く承諾しましたよ(笑)

総勢17台だったのですが、どうやらとてもマニアックな林道を制覇してる方々のようで、新地開拓に期待が膨らみます☆

行程としては、

e0159646_256548.jpg


オコタンペ湖のほうから美笛に抜け、スラロームのように林道を繋いでいき、

e0159646_258364.jpg


いつしか中山峠にいました。

そしてさらにそこから定山渓まで林道で抜け、その時点で解散となります。

そんな所で解散になって、230号線をダラダラ走って来るなんて話はないので、簾舞からまた林道に入り、滝野まで戻って来た次第であります。

途中、林道詳細地図にすら載ってない道を通ったりもして、その道を発見、開発した人達はとても楽しいと思いますが、ただ後ろからついていっただけではその面白味は味わえません。やはりこれは、自分で地図とにらめっこした人の特権と言えるでしょう。

ただ、支笏湖の『左側』、道々78号線はなかなか走り応えのあるルートでした。感じとしてはまさに『トライアルパーク平和の滝』です。
そして、そういうルートになると、RR君の血が騒ぎ出しますね☆さすがトライアルの名門『BETA』の血が流れているわけです!!

極低速で、倒木や段差を右へ左へ上へかわしながら進んで行くスタイルです。こういうシチュエーションを、シートに座って、足をバタバタさせながら進んだのではなんの意味もありません。

スタンディングでステップにしっかりと立ち、いかに『足を地面に付かずに』走行出来るか。これこそがまさに

トライアル


です!!

久しくトライアルに乗ってなかったので、とても楽しかったですね☆REV3復活させないと!!もうステアケース登れなくなってるだろうな〜(涙)


そんな『トライアル風ルート』の道々78号線を抜けた後のルートは、至って普通の林道でしたので、そうなってくるとRR君の嫌な面ばかりが目立ってきてしまいます。これでこのマシンの方向性がハッキリしてきました。

道中、でっかい丸太が横たわっていたのですが、

e0159646_3183212.jpg



チェーンソー登場☆

勿論、バイクに積んできたんですよ(笑)
もの凄い気合いを感じます!

しかし、へそ曲がりのアホ隊長は、せっかく切り取った部分を敢えて通る事はせず、華麗に丸太越え〜、、、

爆!!

フロントから着地してしまいました(涙)
ハズカシ〜!!

e0159646_3223429.jpg


久しぶりの大所帯での林道ツーリングでしたので、なんだか陸王時代を思い出しました☆
たまにはこういうのもいいですね。というか、たーだ後ろから付いて行くの楽ですね(笑)

そして本日の走行の、最後の最後で『ヌタ場』登場〜☆

ワダチ☆

に、なんか懐旧の念を抱いてしまいましたよ(笑)
やっぱ、こういう道の方が好きなんだな〜、ボク。



by tm144en | 2011-06-27 03:28 | BETA RR125LC | Comments(5)
2011年 06月 25日

【RR】移植

無視、、、

、、、という訳にもいかんべ!!

やはりブレーキですから、心残りがあってはいけません。『完璧』にしなければ。
とはいえどうしたものか。原因はおそらくマスターのピストンでしょう。もしくはマスターまるごと。日曜日に使用するので、部品発注では間に合いません。というか、純正品のクオリティーの問題だと思うので、新品が来た所で解決にはならないでしょう。

、、、、、あ

e0159646_5573271.jpg


キラ〜ン☆


e0159646_5581379.jpg


奪取!!

フサベル君のブレンボマスターを、ちょいと拝借♪マスターを移植しちゃいましょう☆

ただ、

e0159646_601317.jpg


バンジョーの形が合いません。ベータとブレンボでは、バンジョーの取り付け位置が90度違うので、融通が利きません。

しかし、ここで諦める訳にはいきません!!(もう外しちゃってるしね 汗)
バンジョーの曲がりが合わないのなら、『合わせて』しまえば良いのです!泣かぬなら、泣かせてみよう、なんとやらです!!

e0159646_634011.jpg


確実に、荒技です。バーナで炙って、曲がりの角度を90度変えます。

e0159646_65883.jpg


こんな感じになりました。もし「ポキッ」って折れてたら、、、、多分フサベル君のブレーキホースまでも拝借することになってたでしょうね(笑)


そして、、、


e0159646_672195.jpg
e0159646_673925.jpg


バッチリ!!

ホースの取り回しが、ギリギリではありますが問題無く取り付けることが出来ました☆
あとはエア抜きをすれば完璧、、、のハズ。

で、結果は、、、


Good feeling!!!

文句無しのタッチになりました!ベータマスターだったら、フルブレーキ握るとアクセルグリップにレバーがくっ付く程でしたが、ブレンボに換えたら半分から3分の2位の握りでフルブレーキになります。
実際の効きも問題無しで、しっかりと握った分が伝わってます。
ただ今度は、パッドの効きの悪さが目立っちゃいましたね(汗)。まぁ、でも、交換前に比べたら雲泥の差ですが☆

いやぁ〜、ブレーキのタッチが改善されたら、RR君もちょっとだけ良いマシンに思えてきました☆





さて、フサベル君の方をどうしようか。。。

by tm144en | 2011-06-25 06:18 | BETA RR125LC | Comments(2)
2011年 06月 24日

【RR】ブレーキ液エア抜き。。。

e0159646_15175818.jpg


RR君のブレーキ液を交換します。前回乗った時、最後の方多分フェードしてたんで。DOT3が混ざってたのかな?

e0159646_1519225.jpg


キャリパーピストン裏からの揉み出しをします。

e0159646_15194797.jpg


あとはマスターからひたすらエア抜き。。。。





30分経過。。。



いつまで出て来る〜〜!!


いつまでたっても、「プクプク〜、プクプク〜」

マスターイカれてるんじゃね!?

見てみましょう。

e0159646_15232720.jpg


あれ!?

e0159646_15245752.jpg


抜け止めのクリップ無し!?

ブレーキレバー外したら、そのまま抜けてきました(汗)
まぁ、、、アリっちゃ、アリか。

e0159646_15252416.jpg


多分、この2カ所のゴムが『ガサイ』んでしょう。ここから延々エアを吸っちゃうんだと思います。



よしっ!

無視っ!!

by tm144en | 2011-06-24 15:28 | BETA RR125LC | Comments(4)