2017年 11月 19日

【k1】クーラント漏れ対策 その後

さて、ホースジョイント部分に漏れ止め処理をしたk1ですが、日数を置いて完全硬化させた所でクーラントを補充。再度エンジンをかけて状態を確認してみることに。

降り積もる雪の除雪作業をしている間に水温を上昇させます。

頃合いを見て補修箇所を確認してみると、、、

e0159646_4194154.jpg


も、漏れてる。。。
わずかですが、依然として漏れが発生しています。
そしてよく観察してみると、漏れはどうやらホースとラジエターとの隙間からではなく、ホースの『肉厚の隙間』から漏れているではありませんか!?
ホースを成形しているワイヤーのような部分から滲む様に漏れてきているのです。

なんでこんな所から漏れてくるんだ!?
これだったらもう、ホースを新品に換える他ないですよね〜。

しかも、

e0159646_4192084.jpg


水温がここまで上昇してるというのに、ファンが回らないじゃないですか!!
根室行く前の試運転の時はファンの回転は確認したので、その後動かなくなったということになりますが、はてさて。。。

ま、雪も積もっちゃったし、今シーズンは終了ですわ( ´ ▽ ` )ノ


by tm144en | 2017-11-19 04:30 | BMW K1 | Comments(0)


<< 人の振り見て我が振り直せない      【サンバー】タイヤ交換 >>