2017年 08月 16日

【DB7】エアダクトホース取り付け改良

DB7のエアクリーナーボックスはタンク下に設置されており、

e0159646_317462.jpg


フロントカウルに空けられたダクトから取り込まれたエアーはホースを通ってフィルターへと送られます。

この構造自体は良いのですが、その取り付け方に少し問題があるのです。

まずは、右側のダクトホースですが、

e0159646_322217.jpg


エアクリーナーボックスと接続される部分に変な折りグセがついてしまっているのです。確かに取り付けの際少し凹ます様なやり方にはなるのですが、おそらくその時にちゃんとはめられてない状態のまま放置されたのかもしれません。
私が初めて外した時には既にこの状態でした。

そして、このダクトホースはエアフィルターにも直に接触するのですが、

e0159646_3252191.jpg


形状が一致してないので、隙間が出来てしまっているのです。
左側のダクトホースはボルトで固定される様になっているので、ある程度密着するのですが、

e0159646_32713.jpg


右側のダクトホースはただはめ込まれているだけなので、こちら側にも隙間が発生しています。

ダクトホースとフィルターとの接触が甘いのに関しては、まぁラムエアが弱まるだけの話で済むのですが、フィルターとボックスとの接触が甘いのは大問題です。吸気の負圧がフィルターを通らないで直接ボックス内に送り込まれてしまうことになるからです。

ということで今回、その点だけも改善する為に、

e0159646_3313256.jpg


とてもオーソドックスな物を用意。これを使用することにします。
この隙間テープを、

e0159646_3322489.jpg


この様に、ボックス内側から貼り付け、フィルターとボックスとの隙間を塞ぐ様にします。
右側のダクトホースとボックスとの接続は今回改善していないので、そこには若干隙間が出来てしまいますが、その隙間から入ったエアーはフィルターを通るのでマシンへの悪影響はありません。

e0159646_3344253.jpg


左側のダクトホースには金具と取り付けボルトがあるので、この隙間テープをつけることで完璧な処置となります。
右側も同じ造りにしてくれれば良かったんですけどねー。。。

e0159646_336273.jpg


とりあえず今回はこんな感じで仕上げました。

あとは、なんとか右側のダクトホースの取り付け方もちゃんとしたものになればよいのですが、はてさて。



by tm144en | 2017-08-16 03:39 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
Commented by warmeet1126 at 2017-08-16 06:31
これでアイドリングが調子良くなれば良いのですが…。
Commented by tm144en at 2017-08-17 06:23
アイドリングの調子は、やっぱエンジンの中のカーボン綺麗にしてクリアランスとかやんないとだめでしょうね〜_(:3 」∠)_


<< 【デロリアン】第23号:エンジ...      【DB7】汗をかき 雨にも打た... >>