2017年 06月 23日

【DB7】『新』ディメンション解析

e0159646_5201065.jpg


e0159646_520331.jpg


先日、本気で撮影した画像から、再度ディメンション解析を行いました。

改めて見て気がついたのですが、ホイールベースが前側に1.3°傾いています。tmは後ろ側に0.7度の傾きでしたので、両車には大きな差があると言えます。

ホイールベースの角度はタイヤサイズに依存しますので、走行時の動きにはタイヤが潰れる分しか影響しません。
つまり、ロードモデルは基本的に前傾の姿勢であることが判りますね。

次回は、リアショック長とフロントキャスター角の関係を見ていくことにします。
ただし、週末の忙しさで死んでるかもしれないので、記事の作成が遅くなるかもしれませんので、ご了承ください。


by tm144en | 2017-06-23 05:31 | BIMOTA DB7S | Comments(0)


<< 休養のお知らせ      【DB7】オイル交換、エレメン... >>