2016年 09月 10日

【DB7】ステッププレート取付、サイレンサーゴムシート作成

e0159646_434519.jpg


抜けるような青空の下、作業は続く。。。

e0159646_4355958.jpg


ステッププレートのヤスモンチタンボルト折れ折れ詐欺防止の為、ステンレス製のボルトに変更することにしました。

しかし、ボルトの強度を上げることによって、今度はステッププレートが負けてしまう可能性も出てきてしまうので、もしかしたらボルトを弱くしておく方が無難だったのかもしれません。

ウ〜ん。。。

で、兎にも角にも、

e0159646_4392140.jpg


ボルト穴に残ってしまってる折れたボルトを取り外さなければなりません。
通常でしたら、頭が折れたのであればネジ山に力はかかってませんから、ペンチで掴むだけでも回るはずですが、悲しいかなネジロック剤を使用していた為、それでは回すことが出来ませんでした。

というわけで、

e0159646_4414463.jpg


ドリルで真ん中に穴を開けます。
4mmのボルトなので、ドリル刃は2mmです。かなりきわどい作業でしたが、無事抜き取ることができました。

ちなみに、ボルトの重さですが、

e0159646_4434681.jpg


ヤスモンチタンが2本で約1グラムなのに対し、

e0159646_4445738.jpg


ステンレスの方は約2グラム。
4本仕様しているので、合計2グラムの重量増加になってしまいました。。。

==========

e0159646_447256.jpg


さて、サイレンサーの取り付けステー部分。ここからサイレンサーが割れるというご指摘をいただき、対策として間にゴムを挟むことを行いました。
その時仕様したのがタイヤのチューブだったので、今回

e0159646_4492377.jpg


EPDMのゴムシートに変更することにしました。
これは、ミラーの取り付け部分用で購入した時の余りですね。

こちらの方が厚みがあり、ゴムの性能もチューブより良いと考えました。

e0159646_4505075.jpg


サイレンサーを綺麗にして、取り付けます。

e0159646_4522952.jpg


外したタイミングカバーも元に戻して、ようやくここまできました。
残す作業は、ブレーキの掃除と、フロントタイヤの取り付け。あとはカウルの取り付けで終わりです。
本当は細かいところを磨くつもりだったのですが、結局前回のツーリングから丸々2ヶ月経ってしまいました(汗)

ああ。最近いつも、ツーリング当日になってもマシンが出来上がってないパターンですわ。

by tm144en | 2016-09-10 04:56 | BIMOTA DB7S | Comments(0)


<< 【DB7】祈願      【DB7】チェーンスライダー製作 >>