2016年 03月 27日

【DB7】フロントフォークもう一つのワナ

話がややこしくなってしまうので、前回は書かなかった問題が実はもう一つあります。
それは、『スライドメタル』に関して。

今回新品のスライドメタルに交換するにあたって、スパイラルスピナーさんから並行輸入で購入した物を使用したのですが、この4箇所ある内の1個の内径が小さ過ぎてインナーチューブが入らなかったのです。
動きがキツイというレベルではなく、完全に入らない。

品番などの間違いがないかは確認しましたが、ありませんでした。

つまり、ちゃんと通る方のスライドメタルで、2本のインナーチューブを通してみると、片方の滑りが悪いのが発覚。

さらに、ちゃんと通らない方のスライドメタルで、細い方のインナーチューブを通してみるもやはり通らず、といった状況なのです。
ホント、最初訳がわからなくなりましたよ笑

これに関しては不良品だった事が考えられますが、まぁ並行輸入品ですし、たかだが1000円かそこらの物ですからいちいち文句を言う程のものでもありません。
くだらないクレームをつけて、スパイラルスピナーさんのヤル気を削いでしまうのは、巡り巡って自分への打撃になってしまいますからね。

インナーチューブの方は70000払ってますから、ちゃんとやって貰いますよ!

---------というわけで、

e0159646_98433.jpg


再購入。
在庫があったので、3日で届きました☆

っつっても、インナーチューブが無いのですが。。。

余談

ふと思ったのですが、『緯度』は関係無いでしょうか、、、?
先日料理用のハカリを購入したのですが、地域ごとに設定する項目があったのです。つまり、使用する地域によってハカリの方を微調整しないと、正確な値が計測されないということ。

北海道と九州とで重さが変わるというのだったら、長さに違いが出ることだって考えられますよね。

ただまぁ今回は、2本共ではなく1本だけのお話なので、それは工場出荷時にちゃんと揃えなかったということですから、地域特性とはまた別のお話とも言えますが。。。

by tm144en | 2016-03-27 09:22 | BIMOTA DB7S | Comments(0)


<< 【DB7】再コーティング      北海道産豚肉 >>