2016年 03月 24日

【DB7】フロントフォーク組み立て、、、、のハズが

雪解けが進み、春の足音が聞こえ、妙にそわそわしているバイク乗りの方は多いことでしょう。

「もう乗った!?」なんて会話が、そこかしこから聞こえてきそうです。


アレ!?乗れるバイク無いじゃん!!

e0159646_4161824.jpg


組まねば〜!早急に組まねば〜!!

ーーーーという事でまずは、

e0159646_4211056.jpg


ダンパーカートリッヂの外れちゃったキャップから。
ダンパーカートリッヂの取り外しの際、このキャップ部分に工具を引っかけて回すのですが、キャップも正ネジなのでカートリッヂじゃなくキャップだけが外れちゃったのです。

フォークご自身で分解される方は、お気をつけ下さいねー!
これ外れちゃったら、ボトムクランプ外さないと外せないですよー!

ーーーそんな訳で、

e0159646_4234616.jpg


ネジロック剤をしっかり塗って、

e0159646_4242344.jpg


例のダンパーカートリッヂクランプでしっかり掴んで、締め込みます。
これ、結果的に買って良かったんですが、どうも釈然としませんね。

カートリッヂの次は、

e0159646_4265286.jpg


スライドメタルを取り付けます。

本当はボトムクランプを先にやろうと思ってたのですが、なんか見えない力によって気がつけばスライドメタルの方に取りかかってた訳で、、、


e0159646_4292347.jpg


アウターチューブをしっかり暖めます。
外す時は自作工具を使用しましたが、入れるときはベアリングと同じで温度差で入るかな〜と思ったのですが、どうやらそれでは入りません。

e0159646_431636.jpg


32mmのインパクト用ソケットを使いました。
外す時に使用したアルミのカラーでは、スライドメタルより僅かに小さかったのです。
スライドメタルは、円では無く『C字』になっており、はまっている状態の時よりも外径が少し大きくなります。
外す時に充分だったカラーの外径では、開いたスライドメタルに対しては小さくなってしまうんですね。
(逆に、外す時は32mmのソケットじゃぁ入らない。)

e0159646_4351331.jpg


工具を使用して入れますが、アウターもちゃんと暖めます。

4つのスライドメタルを全て取り付け、

e0159646_43669.jpg


早速フォークオイルを塗って、クロムナイトライドホヤホヤのインナーチューブを差し込んでみると、、、

アレッ!?

片っぽ、おかしいヨ!?!?

入るには入る。

だが、

e0159646_4382716.jpg


抵抗がキツ過ぎて、自重では途中で止まってしまいます。
勿論、もう片方は自重で「ストン」と下まで落ちます。

え!?なんか、スライドメタルおかしな事した!?

そう思い、それぞれを入れ替えてやってみると、、、、

え!?

おかしいのは、、、、
インナーチューブの方、、、?

まさか。

だって、これは東洋硬化さんがちゃんとコーティングしてくれた物ですし、仕上がり表でも寸法を確認しましたから。。。

。。。

。。。

。。。

。。。

。。。

。。。

だが、しかし、、、

目の前の現実が、インナーチューブの非を証明している。。。

チョトマテチョトマテオニイサン

よし、ちょっと計ってみよう。

e0159646_4453541.jpg


マイクロメーターで、数十箇所のポイントを、何度も何度も計測した結果、、、

太さに平均0.03mmの違いがあることが判明しました。

ちなみに、東洋硬化さんの採寸表には、、、

e0159646_16355934.jpg


となっています。
まぁ、勿論、私の測定技術含め、測定器の精度もありますから、一概に「違うじゃネーカ!」と言える物ではありませんが、、、、

しかし、、、

実際にアウターチューブに対しての動きが悪い

と言う現実があるので、結果論としても0.03mm程度の仕上がりの誤差があることは間違い無いと考えて良いでしょう。

ーーーーーという訳で、その旨を東洋硬化さんに伝えた所、衝撃の返答が!

「出荷時に、0.02mmの太さの違いは確認してました」

え、、、マジスカ(汗)

でも、採寸表にはその様な記載は、、、マァ、あんなの手書きですから、、、マァ、、、ソノ、、、アレデスヨネ。。。

==========

実際問題として、インナーチューブの仕上がり交差が±0.02mm程度は許容範囲なのかも知れません。もしかすると、他社製のフォークなら問題無いのかも知れません。

しかし、オーリンズはアウターチューブ側にスライドメタルが取り付けられた特殊な造りをしています。
それが故、たった100分の2ミリの誤差でさえ、許容出来なかったと言えるのかも知れません。

この件に関しては、目くじらを立てて「ドウシテクレンダー!」と言えるような事ではありません。
インナーチューブが傷だらけになって帰ってきたというならまだしも、たかだか0.02mmの誤差、しかもそれは『コーティングの厚み』がですから、それが技術的にどれほど難しい大変な事かは、想像に難く無いでしょう。
勿論、それをも凌駕して「ビシッ!」と決めてくるのがプロの仕事とも言えますが、機械加工に公差はつきものなのもまた事実。

つまり、今回の問題点は

「ボクの要求レベルが高すぎてスミマセ〜ン」

という事になるのでしょう。。。。

、、、アレ?皮肉?


、、、、そんな訳で、

e0159646_572780.jpg



行ってらっしゃ〜い☆

by tm144en | 2016-03-24 05:06 | BIMOTA DB7S | Comments(2)
Commented by ナツウサギ at 2016-03-24 18:46 x
胸の熱くなる展開になってきましたね。次回が楽しみです。
Commented by tm144en at 2016-03-26 03:43
とりあえずの所、東洋硬化さん次第と言ったところですね。


<< 失態      地球チョコ④ >>